フレッツ光から乗り換え。 フレッツ光プロバイダ12社を辛口比較!おすすめ乗り換え先も紹介【2020】

現在フレッツ光を契約中のお得なプロバイダ乗り換え方法

フレッツ光から乗り換え

フレッツ光からauひかりに乗り換えた方が良い4つの理由 auひかりとフレッツ光を比較してわかったおすすめポイント4つを紹介します。 auひかりはプロバイダ込みで月額料金が安い auひかりは月々の基本料金の中にプロバイダの料金が含まれています。 しかし、 フレッツ光は月々の基本料金とは別でプロバイダの料金が発生します。 フレッツ光に申し込んだだけではインターネットを利用することは出来ず、その回線の先から全世界へとネットワークを広げるためにはプロバイダーも契約しなければなりません。 この差によって料金がどのくらい違うのか同じプロバイダを選択した時の料金の差を比較してみます。 フレッツ光は東日本と西日本で料金が少し違います。 ただ、こうして比較してみるとauひかりが圧倒的に安いことがわかります。 ただ、このプロバイダですがauひかりとフレッツ光では選べる数が違います。 【auひかりとフレッツ光のプロバイダ】 フレッツ光 auひかり プロバイダ数 1000社以上 AsahiNet OCN nifty BB. excite BIGLOBE hi-ho ぷらら WAKWAK など 8社 GMOとくとくBB nifty tcom auonenet BIGLOBE So-net AsahiNet DTI auひかりのプロバイダは7社に対して、フレッツ光のプロバイダは1000社以上あります。 よっぽどプロバイダにこだわりがある場合は別ですが、auひかりのプロバイダは大手がそろっているので7社でも十分です。 プロバイダを別で契約しなければならない手間と、料金の高さを考えるとフレッツ光を契約するメリットはないです。 注意 プロバイダに関しての注意が1点あります。 それは、 auひかりは1度契約したプロバイダの変更が出来ないということです。 auひかりの場合は一度解約してからもう一度契約しなおすという方法でしかプロバイダを変更することが出来ません。 解約するとなると2年や3年契約のプランだと違約金がかかってきてしまいますし、撤去工事費や初期工事費の残債、新たな工事費もかかります。 auひかりの場合はプロバイダを変更してもメリットはないのでよほどのことがない限りしない方がいいでしょう。 契約する際はよく吟味して決める必要があります。 一方、フレッツ光はフレッツ光を契約したままプロバイダの変更が出来ます。 その場合、新しいプロバイダに先に申し込みをしてから今のプロバイダを解約することをおすすめします。 先に今のプロバイダを解約してしまうと、インターネットが使えなくなる期間が発生する場合があるからです。 ただし、契約しているプロバイダによってはキャンペーンの契約期間などにより違約金が発生する場合があります。 何かしらのキャンペーンを適用させている方は事前に確認しておくことをおすすめします。 auひかりはスマートバリューでスマホ料金が安くなる auスマートバリューとはauスマホの通信費が永年割引されるというものです。 このauスマートバリューが適用されるのはauひかりだけではありません。 今のところ、「So-net光」「BIGLOBE光」「コミュファ光」が適用できます。 また、50歳以上の家族の場合は、契約している住所と別の住所でも申し込みが可能です。 つまり、離れたところに住んでいるおじいちゃんやおばあちゃんとも割引が出来るので家族みんなでauにしてしまえばかなりお得になりますね。 これを機に家族全員で携帯をauに乗り換えてしまうのもアリです。 現在auのスマホを使っていて光回線をフレッツ光にしている方は損をしていますのでauひかりに乗り換えることをおすすめします。 auひかりはキャッシュバックがある auひかりの公式サイトでは2つのキャンペーンを行っています。 対象プロバイダ 他社インターネット回線の違約金相当額の還元 GMOとくとくBB、 nifty、 TCOM、au one net、BIGLOBE、So-net 最大30,000円 ASAHIネット、DTI 最大15,000円 プロバイダをGMOとくとくBB、 nifty、 TCOM、au one net、BIGLOBE、So-netにした場合30,000円となります。 ASAHIネットかDTIを選んでしまうと最大15,000円になってしまうので注意が必要です。 フレッツ光はキャッシュバックなし 一方、 フレッツ光に関してはお得なキャンペーンもなければキャッシュバックもありません。 フレッツ光東日本では月々の料金が割引になる「にねん割」というものがあります。 しかし、この割引を適用させてもauひかりの料金とは差がないので、キャッシュバックを貰えるauひかりの方がお得です。 こうして見ると、auひかりの方が新規登録料も初期工事費も高いです。 ただし、 auひかりはこの初期費用が月々割引されるので、実質無料になります。 なので、初期費用のことを考えずに利用することが出来ます。 この実質無料はどのプロバイダを選んでも適用となります。 フレッツ光の場合は、初期工事費を分割払いで払っていかなくてはなりません。 つまり、確実にお得になるのはauひかりです。 フレッツ光との比較で見えたauひかりのデメリット auひかりは料金もお得でキャンペーンもあるので自信をもっておすすめ出来る光回線です。 しかし、どんなに良い光回線にもデメリットはあります。 ここからは、フレッツ光と比較して分かったauひかりのデメリット3つを見ていきましょう。 違約金 戸建て マンション フレッツ光 (東日本・にねん割) 9,500円 1,500円 フレッツ光 (西日本・光はじめ割) 10,000円 7,000円 auひかり 9,500円 (ギガ得・2年) 7,000円 (お得プランA・2年) 条件を揃えるために、すべて2年契約のプランで比較しました。 フレッツ光の「にねん割」はマンションで契約した場合、他に比べてかなり違約金が安いですが、それ以外はauひかりとフレッツ光の違約金はどちらもほぼ同じという結果になりました。 auひかりは違約金にプラスして 戸建てで契約していた場合、解約時に「回線撤去工事費」として28,800円がかかります。 多くの光回線会社ではこの回線工事は任意で行われます。 しかし、auひかりはこの回線撤去工事は 強制になっています。 2018年2月28日以前は撤去費用が10,000円で工事は任意で必須ではなかったので、それ以前に契約をしていた方は工事費10,000円、工事は任意になります。 しかし、2018年3月以降に契約した方は解約時の撤去工事費28,800円の支払いが強制になってしまいました。 残置設備が非常に多く、再利用が進んでおらず、今後さらに増えていく見込みで、保守管理にかかるコストがふくらんできていたのが理由のようです。 この撤去工事費の負担をなくすためには、他社の乗り換えキャンペーンを利用すると良いです。 auひかりのテレビサービスは地デジが観られない フレッツ光とauひかりはどちらもテレビサービスがありますが、大きな違いがあります。 それは、 フレッツ光は地デジが観られるがauひかりは地デジが観られないということです。 また、月額料金にプラスして有料放送を観られるプランもあります。 auひかりテレビの場合、どのパックで契約しても地デジを観られません。 テレビアンテナは地方や業者にもよりますが、 約50,000円前後といわれています。 地デジを観るだけの目的であればテレビアンテナを立ててしまった方がコストパフォーマンスが高いです。 フレッツ光からauひかりへ乗り換える方法 現在フレッツ光を利用していてauのスマホをお使いの方はauひかりに乗り換えた方が確実にお得になります。 auスマートバリューとは冒頭でも書いた通り、スマホの利用料金が永年割引されるというものです。 フレッツ光には携帯との割引がないので、この割引が適用になることでかなり月額通信費が抑えられますよね。 また、auスタートサポートは乗り換えた時の契約違約金をau WALLETカードへのチャージまたは郵便為替で還元してくれます。 つまり、フレッツ光を解約する際にかかる違約金 フレッツ光東日本でにねん割適用の場合9,500円とプロバイダの解約金の合計が最大30,000円まで還元されます。 これは、あくまでも契約違約金を還元なので工事費の残債分は含まれないので注意してください。 正直このオプション必要ないですよね。 いくらキャッシュバックがもらえるからとはいえ、使わないサービスに毎月お金を出すのは馬鹿馬鹿しいです。 そこで、僕がauひかりの申し込み窓口で一番おすすめなのがauひかりプロバイダの『GMOとくとくBB公式サイト』です。 オプションに入る必要がなく、だれでも51,000円のキャッシュバックが受け取れます。 戸建てでもマンションでもキャッシュバック額は変わらず、振込希望口座の登録をすれば自動的に現金が振り込まれます。 キャッシュバックは欲しいけど、ネット代理店からは申し込みたくないな…という方はぜひ『GMOとくとくBB』の公式サイトを覗いてみてください。

次の

光コラボから光コラボへの乗り換え【事業者変更】|手順と注意点

フレッツ光から乗り換え

フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換えは、工事費・解約金もかからない転用という方法をとります。 気軽に切り替えができるため、よく電話やショップで勧誘があるのではないでしょうか。 しかし、 メリットばかり並べられてデメリットを紹介されないため不安に感じているかと思います。 ソフトバンク光に限らず 光回線は2年契約が基本です。 違約金のこともあるし安易に乗り換えできませんよね。 そこで実際にソフトバンク光を利用中の筆者が乗り換え前に知っておきたいデメリット・メリットから乗り換え方法、注意点を分かりやすくまとめました。 「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないためにも語られないソフトバンク光のデメリットについて知っていきましょう! ソフトバンク光の知っておきたいデメリット フレッツ光からの乗り換えで感じるデメリットは大きく2つです。 おうち割光セット適用にオプション加入が必要 フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換えを考えている人は、ソフトバンクユーザーかと思います。 乗り換えたらスマホ代が割引になる『おうち割光セット』が強みなのですが、適用させるためには 月額500円のオプションパックへの加入が必須となります。 月額3800円〜利用できる光回線と言われていますが、実質4300円〜となります。 この点はあらかじめ知っておきましょう。 申込先によっては不要なオプションをつけられる ソフトバンク光の申し込み先によっては、 不要なオプションをつけられてしまいます。 その多くは初月無料のオプションで、解約し忘れると月額3000円程度のオプション料金がかかってしまいます。 「 フレッツ光からお得になるから切り替えたのにどうしてこんなに高いの!?」という悪い評判もあれば、1年間気づかなかった人もいました。 これから転用する方は申し込み窓口によっては起きる可能性があるので注意してください。 フレッツ光から乗り換えるメリット• キャッシュバックがもらえる では、順番に見ていきましょう。 基本料金が安くなる ソフトバンク光に切り替えることで基本料金が安くなりました。 フレッツ光の料金は、『フレッツ光 NTT 』+『プロバイダー料』と2種類支払っていました。 しかし、ソフトバンク光では『 プロバイダ料を含んだネット代金』となり安くなりました。 実際にフレッツ光時代の料金と比較すると以下のような差が出ました。 おうち割光セットが適用される ソフトバンクユーザー限定 ソフトバンク・ワイモバイルユーザー限定の特典のおうち割光セットです。 ソフトバンク光 おうち割光セット 月額 割引額 2年間 割引額 50GB、20GB、5GB 1000円 24,000円 データ定額 3Gケータイ 500円 12,000円 ワイモバイル光 おうち割光セット 月額 割引額 2年間 割引額 スマホプランS 500円 12,000円 スマホプランM 700円 16,800円 スマホプランL 1,000円 24,000円 月額500円必要になるデメリットはありますが、遠方に住む家族も適用され、最大10名まで適用されるのが嬉しいポイントです。 一人で加入となるとそこまで魅力的に感じないかもしれませんが、 家族3人で加入すると年間最大36,000円割引となります。 フレッツ光を使い続けてもこれだけの割引はありません。 切り替えない損をしているかもしれません。 接続設定不要!さらに無線LANも使える ソフトバンク光では光BBユニットというモデムをレンタルします。 こちらはおうち割光セットの適用時のオプションパックに含まれています。 下記の基本プランにあたります 参考 光BBユニットを使えば• ネット設定はつなげるだけ• Wi-FIは側面に記載されているパスワードを入力するだけ• さらにIPv6ハイブリッドで高速通信 という環境を手に入ります。 難しいインターネットや無線LAN機器の設定は不要となりました。 慣れていても面倒なのでこの点は魅力的でした。 違約金がかからない 光回線を乗り換えるわけですから、解約がありますよね。 しかし、フレッツ光からソフトバンク光へは転用という形になるので、フレッツ光の工事が入りません。 更新月以外の転用でも転用であれば違約金不要。 転用で 事務手数料3000円は必要となりますが、ほとんど負担がないところがメリットと言えます。 キャッシュバックがもらえる• 料金が安くなる• スマホ割引がある• 設定不要・負担がほとんどない だけでなく、 ソフトバンク光の代理店を通すと転用で13,000円のキャッシュバックがもらえます。 公式サイトやショップ経由ではありません 自宅にいながら全て手続きができるのでおすすめしています。 具体的な手続き方法は『ソフトバンク光へ転用する方法』にて解説していますので、引き続き読み進めてくださいね。 ソフトバンク光へ乗り換える前に気になる疑問 ソフトバンクのデメリット・メリットがわかったけど、まだまだ疑問点はあるかと思います。 よくある疑問点をまとめてみました。 フレッツ光とソフトバンク光の違いは何? 使っている光回線 光ファイバー は一緒なので、フレッツ光と変わりません。 詳しくは『』にて解説していますが、契約する会社がNTT東西からソフトバンク光に変わるだけと考えてください。 これまでは、回線の調子が悪るかったり、修理が必要なときはNTTまたは、プロバイダに問い合わせが必要でした。 しかし、どちらかに問題があるわけですから、 NTTとプロバイダ間でたらい回しにあうこともしばしばありました。 これからソフトバンク光の問い合わせ先一本で良いので、上記の心配がありません。 全て一括して一つにまとめられる点で楽になります。 違約金や工事費用はかからないの? フレッツ光から ソフトバンク光への乗り換えは転用という形を取るため違約金や工事は発生しません。 フレッツ光とは別にプロバイダの方で違約金が発生することがあるので注意してください。 BB 5,000円 5. 000円 ソフトバンク光の場合は不要 So-net 3,000円 3,000円 24か月ごと自動更新 BB excite 6,000円 6,000円 24か月ごと自動更新 Plala ぷらら 無し 無し — 工事費用が残っている場合はどうなるの? NTT東日本の場合、フレッツ光の初期工事費を分割支払い中で残債(未払い金)があった場合、転用後も支払継続となります。 請求はソフトバンクからとなります。 NTT西日本の場合、フレッツ光の工事費請求はありません。 参考 電話番号はそのまま使えるの? ホワイト光電話に切り替えても同じ品質で利用できます。 電話番号も変わりませんし、緊急通報(110番、119番、118番)も可能です。 フレッツ光に戻せるの? 転用後、フレッツ光に戻すことはできません。 フレッツ光に戻るには、一度ソフトバンク光を解約して再度契約しなければなりません。 NTTで転用承諾番号を取得• ソフトバンク光を申し込む• 2ヶ月後キャッシュバック11,000円受け取り 前半部分は面倒なのでこの記事を見ながら進めていきましょう。 NTTで転用承諾番号を取得 転用承諾番号とは、スマホのMNPのようなもので、転用に必要になる番号のことを言います。 転用前に以下の4点を準備してください。 お客さまID、ひかり電話番号もしくはご契約者さまの連絡先電話番号• ご契約者様名• フレッツ光ご利用場所住所• NTTポイントがあれば使い切ろう! フレッツ光では、会員サービスの一環として利用年数に応じてポイントを獲得できます。 ソフトバンク光の設定をしよう【超簡単】 フレッツ光を開通した時は自宅に訪問してもらったから 接続方法がわからない…と不安に感じている方も安心してください。 ソフトバンク光では簡単に設定できる無線LANルーター 光BBユニットをレンタルすることができます。 初心者の方でも 光BBユニットの機器を利用すれば簡単にネットにつなげます。 基本的な繋げ方はソフトバンク光のサポートサイトにて動画やイラストで解説しています。 参考 トレブルシューティングも用意してあるので、わかりやすいかと思います。 安心して設定を進めてくださいね。 キャッシュバック受け取りで完了! キャッシュバックは開通から2ヶ月後に振り込みされ完了となります。 N'sカンパニーの場合は手続き不要。 自動的に振り込まれます。 ソフトバンク光へ乗り換え後の注意点 フレッツ光へ乗り換えたあとは2点やることがあります。 プロバイダの解約 フレッツ光からソフトバンク光に切り替わったらプロバイダを解約しておきましょう。 フレッツ光は自動的に支払いが止まりますが、プロバイダは解約する必要があります。 「ソフトバンク光に転用したので解約したい」と伝えましょう。 NTTの不要なオプションは解約 光コラボの落とし穴なのですが、フレッツ光時代に使った有料オプションはそのまま継続されるケースがあります。 ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら乗り換えよう デメリットもありましたが、フレッツ光時代よりもソフトバンク光へ切り替えるメリットが優っていました。 ネット上の口コミが悪かったので躊躇していましたが、私は切り替えて正解でした。 ネット環境は快適に使え、料金も安くなり満足しています。 フレッツ光を利用中の方は、解約金不要ですし、設定などはほとんどありません。 この機会に切り替えてみてくださいね。

次の

auひかりからフレッツ光への乗り換えはアリ?必要コスト・デメリット・他のおすすめ回線を解説

フレッツ光から乗り換え

この記事の目次• フレッツ光からドコモ光に転用する3つのメリット 現在フレッツ光を利用中の人は、もれなく転用が利用できます。 月額料金・キャンペーン・割引などを比較して、自分に一番あった光コラボへ乗り換えすることをお勧めします。 戸建て ドコモ光 フレッツ光 東日本 西日本 5,200円 5,700円 5,300円• マンション ドコモ光 フレッツ光 東日本 西日本 4,000円 4,500円 4,100円 表は一般的な割引プラン適用で比較してあります。 フレッツ光からドコモ光へ乗り換えれば、月々の基本料金が安くなりますね。 家族数人がドコモ携帯・スマホを利用していたとしても、対象となる契約回線は1回線のみです。 これをペア回線といいます。 ドコモ光パック割引額 容量 パケット パック シェア パック 2GB -500円 5GB -800円 -800円 10GB -1,200円 15GB -1,800円 20GB -900円 30GB -1,100円 -2,000円 50GB ・戸建 -2,500円・マンション -2,400円 100GB ・戸建て -3,200円・マンション -3,000円 パケット通信容量の大きいプランは月額料金が高いですが、光パックの割引額も大きいです。 家族の中で、一番大きいパケットプランを契約しているスマホをペア回線にするとお得でしょう。 または、シェアパックすると家族全員で使う場合に安くなるので、シェアパックで契約した回線をペア回線に登録するのもお勧めです。 フレッツ光側への解約違約金も発生しないので、フレッツ光の更新月も気にする必要がありません。 そもそも光コラボは、フレッツ光の回線を卸売りして提供しています。 光コラボユーザーが増えれば、フレッツ系回線のシェアが広がりNTTにも利益があるので、転用に関しては工事費や解約金を取っていないのです。 乗り換え時に発生するのは、 事務手数料の3,000円のみです。 豪華なキャンペーンや高額なキャッシュバックを利用できる GMOとくとくBB ドコモ光へ乗り換えると、キャッシュバック等の豪華なキャンペーンが適用されますよ。 特に、「GMOとくとくBB」から申込むのがお勧めです。 GMOとくとくBBから申込むと貰える特典 特典 適用条件 キャッシュバック 5,700円 フレッツ光からの転用 dポイント10,000pt ドコモ光のペア回線の契約者がdポイントクラブ会員であること v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料 最低37カ月利用すること セキュリティーサービス1年無料 特に無し v6プラスを利用するためには、通常、光電話ルーターが必要ですが、 GMOとくとくBBでは無料で「v6プラス対応Wi-Fiルーター」をレンタルできます。 光電話の契約不要でv6プラスが利用できることは、大きなメリットと言えるでしょう。 v6プラスの契約をすると速度が速くなる v6プラスを契約すると通信方式が変わり、プロバイダーの混雑と無縁になるので、インターネットが快適に利用できますよ。 ドコモ光のキャンペーンサイトについては、「」の記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してみてくださいね。 ドコモ光に乗り換え(転用)のデメリット プランによっては料金が上がる可能性も フレッツ光からドコモ光に乗り換え後、月々の基本料金が高くなる事があります。 「光もっともっと割」 西日本エリアで長く使うと安くなるサービスで、3年目以降はドコモ光より安くなります。 「Web光もっともっと割」 このサービスを利用しているなら、フレッツ光のままの方が安いです。 西日本エリアに住んでいて上記のようなサービスを利用している場合は、ドコモ光に転用することで月額料金が上がってしまいます。 フレッツ光マンションプラン2なら安い? フレッツ光は、マンションの契約見込み数によって料金が変わります。 契約見込み数が多いマンションから順に「プラン2」、「プラン1」、「ミニ」と分けられていて、プラン2が一番安い設定です。 フレッツ光マンションプラン2なら、ドコモ光より料金が安いです。 プロバイダがエキサイトBBなら・・・ 業界最安値の「エキサイトBB」だと、プロバイダー料金は500円です。 それに対しドコモ光はどのプロバイダーを選んでも料金が一律のため、フレッツ光で激安プロバイダーを選んだ場合よりも高くなってしまいます。 通信速度が落ちる可能性がある? ドコモ光に乗り換えても、フレッツ光で利用しているプロバイダーと同じものを選べば、速度が落ちることは無いです。 ドコモ光では26種類もプロバイダがあり、乗り換え時に選択したプロバイダーによっては、通信速度が落ちるので注意が必要です。 通信速度が低下する原因 インターネット速度低下の主な原因は、プロバイダーの認証装置での混雑によるものです。 認証装置はプロバイダーごとで設備の規模やユーザー数が違うため、通信速度に差が出るのです。 インターネットを利用中のユーザー数と、認証装置の規模の比率で通信速度が決まりますが、プロバイダーの加入ユーザーが少なければ速いという訳でもありません。 加入ユーザーが少ないプロバイダーは、認証設備の規模も小さいからです。 この比率は地域ごとでまったく違ったりするので、どのプロバイダーが速いか遅いかを正確に知る術はありません。 ご自身のお住まいのエリアと、プロバイダーのクチコミを参考程度にした方が良いでしょう。 通信速度を向上させる方法 通信速度に関しては、対処する方法もあります。 それは、「v6プラス」対応のプロバイダーを選ぶことです。 GMOとくとくBB• ビッグローブ光• @ニフティ v6プラスは無料で契約できますが、v6プラス対応ルーターが必要になります。 光電話ルーターがその対応ルーターになるので、ビッグローブ光と@ニフティは、光電話の契約が必要です。 先ほども紹介しましたが、 GMOとくとくBBに関しては、無料でv6対応Wi-Fiルーターをレンタルできるので光電話契約が不要です。 プロバイダーの変更が必要になる場合もある 現在フレッツ光で使っているプロバイダーが、ドコモ光でも使えるプロバイダーでなければ、ドコモ光へ乗り換えと同時にプロバイダーも変更する必要が出てきます。 プロバイダーを変更すると、現在のプロバイダーが提供しているメールアドレスが使用できなるデメリットもあります。 再転用ができない 光コラボの「転用」は、一度きりしか使えません。 一度フレッツ光からドコモ光へ乗り換えてしまうと、さらに、ドコモ光から別の光コラボへの転用は出来ないという事です。 違約金が発生したり、契約の解除はとても面倒なので、「転用」を利用して乗り換える場合はよく検討するようにしましょう。 フレッツ光からドコモ光への乗り換え手順 フレッツ光からドコモ光への乗り換えは、比較的簡単です。 転用サービスはを利用するために、フレッツ光側から転用承諾番号を受け取り、次に乗り換え先にその番号を伝える流れです。 先走って旧プロバイダーを解約してしまうと、インターネットができない期間ができてしまいますし、 旧プロバイダーを解約し忘れると、料金を無駄に支払う事になります。 フレッツ光とプロバイダーは別物です。 ドコモ光へ切り替わりと同時にフレッツ光は解約になりますが、プロバイダーは自動で解約されないので注意しましょう。 まとめ:基本料金はフレッツ光よりドコモ光が安い 基本的に、フレッツ光よりもドコモ光の基本料金のほうが安いですが、フレッツのプランによっては、乗り換えたほうが割高になるケースもあります。 ドコモ光に乗り換え(転用)するのであれば、 キャンペーンなどをお得に受け取れるGMOとくとくBBサイトを利用してみて下さいね。 ぜひこちらも参考にして、判断してみてくださいね。

次の