銀座 にし かわ 沖縄。 銀座に志かわが沖縄那覇にオープン!高級食パンの値段や賞味期限、予約方法などをご紹介!

8月20日(火)マスコミ対象の銀座に志かわ沖縄県メディア試食会をザ・ナハテラ..(株式会社銀座仁志川 プレスリリース)

銀座 にし かわ 沖縄

『銀座に志かわ』店頭イメージ より画像引用 銀座に志かわ沖縄那覇店は、2019年8月23日に那覇市おもろまちにオープンした高級食パンのお店です。 2018年9月に銀座で1号店をオープンし、今回オープンした『沖縄那覇店』を含めると全国に23店舗を展開するチェーン店です。 「アルカリイオン水」「小麦粉 カナダ産最高級 」「生クリーム」「バター」「はちみつ」などを使用し、独自の製法で作る柔らかな食感が特徴の食パンを販売します。 ここからは、銀座に志かわ沖縄那覇店の「」「」「」「」を項目ごとにご紹介していきます! 各項目をクリックでジャンプできます 銀座に志かわ沖縄那覇店の食パンの予約方法 ここでは、 銀座に志かわ沖縄那覇店の食パンの予約方法をご紹介しています。 銀座に志かわ沖縄那覇店では 『 電話での予約』が可能で、オープンからまもない間は予約必須の状況のようです。 『098-864-2400』の電話番号でお店に予約してから、店舗で購入するのが確実でしょう。 銀座に志かわ 食パンの賞味期限 銀座に志かわの食パンの賞味期限は、 購入した日を入れて「3日目」までが美味しく食べられる目安とのことです。 もし「3日以内」に食べきれなさそうな場合は、購入した日に食べやすい厚さにスライスして冷凍するのが良いです。 1日目は焼きたてならではの香りと繊細な食感。 2日目はしっとり落ち着き、甘みが増します。 3日目はトーストすると外はカリカリ、中はモチモチ。 上記のように変化するんだとか。 住所:沖縄県那覇市おもろまち4丁目9-1• 駐車場:無し• 電話番号:098-864-2400• 休み:不定休• 営業時間:10:00-18:00 売り切れ次第終了• アクセス:ゆいレール『おもろまち駅』から徒歩8分• オープン日:2019年8月23日 銀座に志かわ沖縄那覇店 周辺地図 こちらは、 銀座に志かわ沖縄那覇店周辺の地図です。

次の

銀座に志かわ(沖縄)の駐車場や予約方法は?値段と味や口コミも!

銀座 にし かわ 沖縄

最近、高級パンブームが到来しており、値段も高級なだけあってお高めですが、パン好きの方も増えているせいか、かなり人気ですよね〜! ここ、沖縄でも2017年に高級生食パン『乃が美はなれ』がオープンし、私の周りでも美味しいと評判でした。 そんな中再び、沖縄に高級食パン専門店『銀座に志かわ』が2019年夏にオープンしたんです。 今回は、 銀座に志かわ沖縄那覇店の場所や駐車場、予約方法、食パンの値段や味と口コミについてもまとめて見ました。 この記事は以下の項目でまとめています。 ただ、恐らく駐車場のご用意はなく、近場のコインパーキングになるのでは?と予想しておりますが、わかり次第追記致します。 店舗に来店または電話で、 ・お名前 ・お電話番号 ・ご希望の本数 ・受け取り日時 を伝えるとスムーズにいきます。 また、オープン日は8月23日(金)ですが、 事前予約受付は8月13日(火)12時から開始しているようなので、どうしても食べたい!!っていう方は、事前予約の8月13日(火)12時に電話の前にスタンバイしておくとなお、銀座に志かわの食パンに早くありつけるかもしれません。 しかしながら他店舗の情報を見ますと、『予約のお電話は多くの方からのお電話が集中し電話回線に限りがございますため、一部のお客様に対してはお電話が繋がらない状況が続いているとのこと』ですので、混み合っている可能性は十分にありえます! 繋がらなくてもあきらめずに電話をかけるのが唯一の方法かと思います。 比較対象としてよくあげられる高級食パンでおなじみの乃が美の「生」食パンも、食パン1本2斤サイズで864円(税込)で同額の金額で販売されていました。 小麦の香りは弱め、生食は適度な甘さで口どけもべたつかず思っていたより悪くない。 乃がみのほうが甘さやねっとり感が気になる。 トーストしてもクラムクラスト共にサックリ歯切れよいので日常食べるのにいい感じ。 — 蒼子 souko3210 生食パンは今まで 1. 銀座に志かわ 2. 乃が美 3. 銀座 に志かわは、甘くて フレンチトーストみたいな味がした。 それも天然水よりもPh値を高め、各種ミネラルバランスを添加したアルカリイオン水を使用することで絹のようにしっとりした耳、雪のような口どけのほんのり甘い食パンに 仕上げたんだそう。

次の

銀座に志かわが沖縄那覇にオープン!高級食パンの値段や賞味期限、予約方法などをご紹介!

銀座 にし かわ 沖縄

当店は商品名にもございます通り「水にこだわる高級食パン」でアルカリイオン水を仕込み水に使用し、これまでに実現できなかった、絹のように柔らかい、ほんのりとした甘みのある唯一無二の食パンを実現いたしました。 店舗にある工房で毎日、焼き上げ、手作りでお客様に提供しています。 この味、食感でこの激戦区でも一人でも多くのお客様に食べていただけますよう尽力してまいりたいと思います。 これに先立ち8月20日(火)午前11時よりザ・ナハテラスにてメディア試食会も開催いたします。 (詳細は下段ページでございます。 元来、アルカリイオン水はイーストの活性につながりにくくパンがうまく膨らまない等、パンの製造には不向きと言われてきました。 しかしながら一方では食材の旨味を引き出すことに優れていると言われ、このアルカリイオン水で、はちみつ、生クリーム、練乳などの旨味成分を引き出し、ハイブリッドな味、食感を提供できないか?この夢のような食パン開発のために、試行錯誤を繰り返し2018年2月にとうとうパン作りにも対応できる独自のアルカリイオン水を発見しました。 そして、お客様の行列を生み出すまでの味、食感の高級食パンの誕生に至りました。 なお、この高級食パンのベースとなりましたのは伊勢神宮にも奉納実績のございます513ベーカリー(三重県津市)の食パンでございます。 〇パン職人の「勘」を独自の視点で数値化 ー全国、どこの店でも同じ品質の食パンー 食パンの窯出し 開発に熟練スタッフが加わり長い年月をかけて開発した「水にこだわる高級食パン」。 この1種類の大事な味、食感をどの店舗で購入しても同じ商品として提供するために、スタッフは気温、湿度などに応じて吸水率や発酵時間を調整するなど日々の徹底した数値管理を行っています。 また、各店の食パンを毎月1回、本店でチェック、工房内にはWEBカメラを設置し、東京の本店で製造課程を確認、オブザーバーがいつでも確認できるシステムを構築いたしまいした。 こうして「誰が・どこで・いつ作っても、美味しい食パン」を基本コンセプトにキャリア50年以上の製造長が自身が経験してきたノウハウで各店舗の研修スタッフを短時間でパン職人に成長させることに挑戦しています。 そして目標として3年で100店舗を目指しています。 しっとりとした、のど越しでほんのり甘く耳まで柔らかいモチモチした食感を堪能するには購入1日目の生食が一番でございます。 また、その後の経過時間と共に生食とは違った「水にこだわる高級食パン」を楽しむこともできます。 水分が1日目よりかは減少した2日目以降はトーストにしますと、外はカリッ、中はふんわりした生食で得られないような香ばしさを加えた楽しみを増やすことができます。 また当店の食パンは和の食材との相性が抜群です。 きんぴらごぼうや柚子胡椒などの和惣菜、奈良漬けなどのお漬物や佃煮、いかの塩辛や明太子、酒盗といった酒の肴にもよく合います。 またお酒ともよく合います。 ワインなら、やや酸味がある軽めの赤やロゼ、重めの白。 そして、スパークリングワインにも合います。 日本酒なら微発泡もしくはにごり系、スパークリング日本酒がおすすめです。 カクテルなら桃、びわ、柚子など果実を使ったものと相性がいいです。 食パンというと朝食のイメージが強いですが、当店の食パンは夜にも食べていただける食パンです。 現在、多くの方が利用していますSNS。 #銀座に志かわで検索しますと、閲覧しているだけで食指が動く画像ばかりでございます。 この変幻自在、無限の可能性を秘めた食品が銀座に志かわの食パンでございます。 料亭のおもたせを彷彿させるような手提げ紙袋を採用し、「プチ贅沢」「自分へのご褒美」「ちょっと気の利いた手土産」と言った従来の食パンにはなかった新しいニーズの掘り起こしに取り組んでいます。 またアツアツのパンの蒸気が籠らないように、上が大きく開くタイプのパン保存袋を使用し、手提げ紙袋の底にはポール紙を入れて型崩れを最小限に防ぐなど、細かいところまで気を配り、最高の状態でお客様に焼きたての美味しい食パンを提供するように努力しています。

次の