ジャンゴ 声優。 ワンピースのジャンゴの声優さんは、矢尾一樹さんなのに、どうして、ワ...

【ワンピース】ジャンゴの声優はあの人?扉絵ではその後海軍に!?

ジャンゴ 声優

「 いいかお前ら 海賊なんて… 最低だっ」 概要 本作の世界の均衡を司る三大勢力の一つに所属する軍人。 元々は「1・2のジャンゴ」の異名で知られるであり、一時は「」の2代目船長まで務めていたが、シロップ村でのとの攻防戦で敗北後、紆余曲折を経て海軍本部大佐(当時)のの直属の部下となる。 最後に登場した際の階級は「三等兵」(2年後である現在は不明)。 常にハートマーク型のサングラスをかけているが、後に実は 目の輪郭そのものがハート型という変わった風貌が明らかになった。 また、顎から生えている縞模様の物体はキノコ(の食べ残し)であり、ダンサー時代に食うに困って口にして(非常にマズかったらしい)以来、催眠術を開花させている。 海賊時代 海軍ロゴの入ったチューリップ帽にジラフ柄のYシャツにネクタイとオシャレな出で立ちだが、海軍では一等兵以下は制服・制帽の着用が義務付けられているため 堂々たる軍規違反である。 性格 元は海賊なため、基本的に粗暴な言動を用いており、当初は計画遂行のためなら仲間も犠牲にし、女子供も殺しに掛かる残忍さも見せていた。 一方で、(ジョークなのか素なのかは不明だが)自身の発言と逆張りした言動を取ることが多々あり、その都度周りからツッコまれている。 また、海賊より以前はダンサー志望だった経緯もありダンスをこよなく愛しており、ダンスを通して意気投合した海兵のために助けに駆けつける人情味もみせている。 フルボディ共々、上官のヒナに対して恋心を抱いており、それを完全に曝け出しているが、ヒナには実力を含めて部下として認められてこそいるが恋が実る気配は全く見られない。 能力 幾つものを武器として懐に隠し持っており、これを投擲して相手を攻撃する。 チャクラムの斬れ味は鋭く、ものの数分で小さな林を丸坊主にしてしまえる。 また、そのチャクラムを糸に繋いで振り子代わりにし、を掛ける事も出来る。 むしろこれがジャンゴの真骨頂であり、催眠術師としての腕は文句無しに高い。 手法は、相手に振り子を見つめさせながら「ワン・ツー・ジャンゴ!」の合図で相手がどのようになるのか暗示をかけるという至ってシンプルなもので、顔を見合わせながらならまず間違いなく催眠にかかってしまうほどだが、あまりに強力すぎて度々 自分にまでかかってしまう。 発動の直前に帽子のつばで顔を隠し、自分の催眠に抵抗する技を身に着けたのは ごく最近のことらしい。 相手を眠らせるだけでなく、自身の言葉通りに行動させたり、記憶を改竄したりと様々な用途で使用されている。 中には、仲間である海賊団の船員たちに一斉に催眠をかけて凶暴化させ、麦わら一味にけしかけるなどの応用も見せていた。 ただし、当然ながら相手が振り子を見ていないと催眠にかけられないため、手の内を知った相手に目を瞑られて回避されることも。 なお、催眠術が使えるようになったのは、 顎に生えてきたキノコを食べてかららしい。 この時のキノコの味は大変不味かったらしく、今でも食べ残した茎の部分が顎に残ったままになっている。 新種のか何かだったのだろうか? 戦闘には関係ないが、元々ダンサーを志望していたこともあってが大得意。 その実力はほぼ飛び入りで参加したダンス大会でしっかり優勝してしまうほど。 もお手の物で初登場時もムーンウォークで歩いていたところをたまねぎに発見されて大騒ぎになった。 作中での活躍 海賊として 初登場時はの故郷・シロップ村編から。 晴れて賞金首としての束縛から解放されたクロは、その後、資産家の娘であるに接近し、その財産を略奪するために「執事の」として潜伏。 ジャンゴは繰り上がりにより(表向きは)2代目船長として海賊団を率いるようになる。 3年後、クロの謀略が成熟に差し掛かり、彼のカヤ暗殺計画(クロに財産を分配する遺書を書かせた上で殺害する)を遂行するべくシロップ村に上陸。 しかし、カヤの幼馴染であるウソップや達に計画を知られ、彼らによる海岸での迎撃で海賊団とクロは敗走。 自身もカヤやウソップ海賊団(にんじん、ピーマン、たまねぎ)の抵抗を受け気を失ってしまう。 気がついたときにはクロと部下たちはすでに退散しており、結果、シロップ村に一人置き去りにされてしまった。 (もっともクロは元々カヤを殺害した後、口封じのために ジャンゴ含むクロネコ海賊団も始末するつもりであったので、結果的に命の危機から免れたとも言える。 ) シロップ村で食事をしていたところをたまねぎに見つかり逃走、3人の子供たちに追われながら、小舟で島を脱出した。 …なお、この航海中、かつて自らの催眠術によって性格を狂わせたとニアミスしているが、お互い昼寝をしていたため気付くことはなかった。 装いを変えなんとか正体を隠したが、偶然発見したダンスコンテストに惹かれてうっかり飛び入り参加。 ちゃっかり決勝まで勝ち進み、すっかり追われていることも忘れて白熱し、しっかり優勝してしまう。 決勝の相手だった海軍本部大尉フルボディと(お互い正体を知らず)意気投合し酒を酌み交わすも、部下の海兵がジャンゴの服を発見したため島内の警戒体制が強まってしまう。 そんな中、ユリカー率いるチューリップ海賊団が島に上陸、混乱に乗じて一般人と紛れて逃亡し、自身の正体にも気付けぬ無能な海兵を嗤いながらそのまま島を離れる… …はずだった。 チューリップ海賊団が一般人の女性を人質にしたため手を出せなくなったフルボディのピンチに、ジャンゴはその正体を明かして救援に入る。 その後は二人でダンスのように華麗なコンビネーションで海賊たちを一網打尽にする大活躍を見せ、島民からは「二人のダンスヒーロー」として囃し立てられた。 しかし、海兵という立場上、賞金首の海賊であるジャンゴをフルボディたちは見過ごせず、ジャンゴはその場で逮捕。 本部裁判所にて縛り首の刑が科せられてしまう。 しかし、この判決にフルボディとその部下たちが異議申し立てのダンスを披露。 いつしか裁判所のボルテージが上がり、傍聴人や裁判官までもが踊りだし、結果ジャンゴは無罪放免、フルボディは降格処分となった。 海兵へ転身 無罪判決後、再び海に旅立とうとするジャンゴはフルボディに別れの握手を求めるが、やはりその立場上、決して相容れぬ関係だと拒絶される。 苦しむ二人は、いっそ催眠術でこれまでの友情を忘れようとするも、偶然通りかかった海軍大佐に一目惚れし、共に彼女の部下になった。 以後は海兵として生活しており、アラバスタでの麦わらの一味の拿捕やキューカ島でのバロックワークス残党狩りなどに参加している。 にも参戦したが終始これといった活躍の機会は無く、最終的にはルフィが無意識に発動させた覇王色の覇気によって意識を失ってしまう。 第2部でもヒナの部下に就いているらしく、彼女の為に花束を用意していた。 階級は不明。 ジャンゴのダンスカーニバル 劇場版『』と同時上映された短編。 なんと 同エピソードでは主役を務めている。 表紙連載にも登場したミラーボール島にて海軍大佐率いる部隊に発見され、偶然にも島に上陸していた麦わら一味も同じく追走されることになる。 ルフィたちが高台から飛び降りた拍子に島の巨大なミラーボールが振り子のように振られ、咄嗟にジャンゴはMCのマイクを奪って 島の人間全員に「倒れるまで踊り続ける」催眠術を発動。 の『READY! 』に合わせて島民・海軍・麦わら一味共々、夜通し踊り続けることになる。 明朝には、あのですら疲れ果てて倒れたにもかかわらず、ジャンゴとルフィだけは依然ダンスに興じていた。 余談 TVアニメ版で声を担当する氏は、同アニメでは以降他にも 、などを演じており、3名とも声だけでなく「踊りが好き」というところまで共通している。 また、何気にそれぞれにキャラクターソングが存在してたりする。 また、作中には彼の他にも強力な催眠術を使うキャラクターとして、の マリアンヌ が「カラーズトラップ」という絵の具を使った催眠術を使用している。 関連タグ () 関連記事 親記事.

次の

ジャンゴ(ONEPIECE) (じゃんご)とは【ピクシブ百科事典】

ジャンゴ 声優

ヒナに憧れるジャンゴ 視聴対象について 『ONE PIECE』は尾田栄一郎の作品で、『週刊少年ジャンプ』に連載されている。 また、東映アニメーション株式会社が映像化し、フジテレビ系列で放映されている。 催眠術師としての腕は高いものの、自分にもかかるという難点がある。 当初キャプテンクロの手下であったが、後に海軍に入隊する。 ワンピースにおいて、ヒナが登場するシーンで、たびたび登場する ジャンゴと強い関連を持つ人物 関連する人物一覧 人物名 関連 ヒナ 海軍入隊後、ヒナに憧れている。 ジャンゴの参考画像 以下にジャンゴの参考画像と登場したエピソードを記載する。 初登場時のジャンゴ ジャンゴ初登場 「第10話 史上最強の変な奴! 催眠術師ジャンゴ」で初登場したジャンゴ。 へんなヤツと呼ばれている。 催眠術を披露するジャンゴ 催眠術を披露 同エピソードでピーマン、にんじん、たまねぎに催眠術を披露するが、自分にもかかってしまい寝てしまうジャンゴ。 ジャンゴ再登場 ジャンゴ再登場 「第128話 海賊たちの宴とアラバスタ脱出作戦! 」で海軍の隊員として再登場したジャンゴ。 ヒナに憧れるジャンゴ ヒナに憧れるジャンゴ 「第130話 危険な香り! 七人目はニコ・ロビン! 」でヒナに憧れるフルボディとジャンゴ。 ジャンゴの登場エピソード 以下にジャンゴ登場エビソード一覧を記載する ジャンゴの登場エピソード シーズン 話数 エピソード 10 史上最強の変な奴! 催眠術師ジャンゴ 12 激突! クロネコ海賊団 坂道の大攻防! 13 恐怖の二人組! ニャーバン兄弟VSゾロ 14 ルフィ復活! カヤお嬢様の決死の抵抗 15 クロを倒せ! 男ウソップ涙の決意! 16 カヤを守れ! ウソップ海賊団大活躍! 17 怒り爆発! クロVSルフィ決着の行方! アラバスタ激闘編 130 危険な香り! 七人目はニコ・ロビン! マリンフォード編 462 世界を滅ぼす力! グラグラの実の能力 466 麦わらチーム到着 風雲急を告げる戦場 467 死んでも助ける ルフィVS海軍戦闘開始 ゾウ編 777 世界会議へ 王女ビビとしらほし姫 まだ見ていないエピソードは、この表に記載していません。 視聴後、順次データを追加していきます。 もし間違っていても怒らないでください。 ここは読者の「 知識」と「 忍耐力」と「 寛大さ」が試されるウェブサイトです。 テキトーに配置したもんで・・・。 ナオシカタ・ワカラヌうぅーィ。 なぜで指定したものが迷子になるの?。 なぜIEさんは孤高の道を進むの?。 なぜCSSはロッテンマイヤーさんみたいにキビシイの?。

次の

ワンピースの声優「矢尾一樹」はフランキーとボン・クレーの声を担当してるって話知ってた?

ジャンゴ 声優

ドイツ人賞金稼ぎに助けられた黒人奴隷が生き別れた妻を取り戻す()。 監督・脚本は、出演は、、。 世界で高い評価を受け、アカデミー賞では5部門ノミネート、内、とを受賞。 タランティーノの脚本賞受賞は代表作『』以来2度目、助演男優賞を受賞したヴァルツについても 、タランティーノ監督の前作『』に続いての快挙となった。 興行成績も非常に高く、アメリカ・世界共に、タランティーノ作品で最高収益を上げた『イングロリアス・バスターズ』を超えて大ヒットを記録した。 あらすじ [ ] 南北戦争直前のアメリカ南部。 黒人奴隷ジャンゴは、ドイツ人賞金稼ぎの歯科医キング・シュルツの標的の顔を知っていたため彼に助けられる。 標的の抹殺には手段を選ばず飄々としたシュルツだが、南部の白人達に奇異に見られながらもジャンゴを白人と対等に扱い、共に標的の三兄弟を追跡する。 三兄弟を仕留めた後、ジャンゴの銃の才能に気づいたシュルツは、彼を相棒にして銃の扱い方と賞金稼ぎという仕事を教え込む。 ジャンゴの生き別れの妻・ブルームヒルダ(ヒルディ)が、黒人の酷使で有名な農園領主カルビン・キャンディの下にいることを突き止めた2人は、彼女を助け出すために特に黒人差別が酷いミシシッピへと向かう。 彼らは格闘奴隷の買い付けを行う奴隷商の振りをしてキャンディに近づき、1万2000ドルの大金を見せ金にして彼に気に入られる。 キャンディの農場に招かれたシュルツらは偶然を装ってヒルディを買おうとするが、キャンディ一族に忠誠を誓う黒人の老僕・スティーブンがシュルツらの真の狙いに気づく。 騙されたことを知ったキャンディは、脅迫して彼らの大金を巻き上げようとし、ヒルディを1万2000ドルで売りつける。 シュルツは得意の話術でキャンディのプライドを傷つけ一矢報いるが、それをやり返そうとしたキャンディの人間性についに耐えられなくなり、彼を射殺する。 結果、シュルツはキャンディの側近に撃ち殺されるも、その隙を突いて銃を奪ったジャンゴはキャンディの部下達を次々と射殺していく。 だが、ヒルディが人質に取られたことが決定的となり、捕まってしまう。 キャンディの部下達はジャンゴを局部の切除や犬に食わせることで処刑しようと相談するが、それは普通の黒人にも行われることだから特別な罰にはならないとして、過酷な現場で有名なレクィント・ディッキー鉱業社に奴隷として売ることを決定する。 鉱業社の従業員らに運ばれる道中、ジャンゴは言葉巧みに彼らを騙し、貰った銃で射殺して再び自由を得る。 キャンディ農場に舞い戻ったジャンゴは、キャンディの部下達や姉らを残らず殺害すると農場の母屋を爆破し、助け出したヒルディと農場を去る。 キャスト [ ]• - ジャンゴ・フリーマン• - ドクター・キング・シュルツ• - カルビン・J・キャンディ• - ブルームヒルダ・ヴォン・シャフト• - スティーヴン• - ビリー・クラッシュ• - スペンサー・"ビッグ・ダディ"・ベネット• - ララ・リー・キャンディ=フィッツウィリー• - レオニード・モギー• - ディック・スペック• - マーシャル・ギル・テイタム• - ミニー• - テネシー・ハリー• - ロジャー• - エリス• - ビッグ・ジョン・ブリットル• - カーティス• - ウィルソン• - アメリゴ・バセッピィ• - ランディ• - 女性トラッカー• - トラッカー・レックス• - トラッカー• - トラッカー・チェニー• - レクィント・ディッキー鉱業社の従業員• -フランキー レクィント・ディッキー鉱業社の従業員 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ジャンゴ キング・シュルツ カルビン・キャンディ ブルームヒルダ スティーブン ビッグ・ダディ アメリゴ・バセッピィ 鉱業社の従業員 製作 [ ] 企画 [ ] パリ・プレミアでのクエンティン・タランティーノ監督(2013年1月)。 2007年にクエンティン・タランティーノが『』にて、アメリカ合衆国を舞台としたのアイディアがあると語った。 タランティーノは製作意図について「僕はずっと、このアメリカのヒドい過去である奴隷問題を扱った映画を製作したいと思っていたが、歴史に忠実な映画にはしたくなくて、ジャンル映画として描きたいと思っていた。 特にアメリカのウエスタン作品は、極端に奴隷問題を避けて描いてきた作品が多かった。 海外の国は強制的に過去に犯した残虐行為に対して、国ごとに対処しなければならなかったが、どこかアメリカはこの奴隷問題に関しては、みんなの過ちとして捉え、誰もしっかりと、この問題を見つめていないと思う」と説明した。 2009年11月、タランティーノは『イングロリアス・バスターズ』の宣伝のため来日した際、滞在先のホテルで、買い込んだ大量の西部劇映画のサントラを聴きながら本作の最初のシーンのアイデアが生まれ、ホテルのメモ用紙に書き始めたという。 2009年12月、タランティーノは『イングロリアス・バスターズ』とは異なるジャンルのプロジェクトの存在を明かした。 2011年5月2日、そのプロジェクトはかつての主人に復讐する元奴隷を描いた『 Django Unchained』であり、2007年に語った「Southern」であることが判明した。 タランティーノは2011年4月26日に脚本執筆を完了し、に最終案を提出した。 2012年10月、頻繁にタランティーノのコラボレーションをしているは、『ジャンゴ 繋がれざる者』と彼の監督映画『』でクロスオーバーの企画が存在していたことを明かした。 クロスオーバーの内容は、RZAのキャラクターの若い頃、奴隷オークションに出されるという内容であった。 スケジュールの都合により、RZAの参加は困難となった。 インスピレーションのひとつは、の1966年の『』 邦題、続・荒野の用心棒)から得ており、が本作にカメオ出演している。 他に、奴隷が戦闘訓練を受ける箇所は1975年の映画『』から影響を受けている。 タランティーノはさらに雪のシーンでは『』のオマージュが含まれていると語っている。 『』のインタビューで「『殺しが静かにやって来る』は雪の中で撮られている。 私はそんな雪の中でのアクションが大好きで、『ジャンゴ 繋がれざる者』でも途中で大きな雪のセクションがある」と述べた。 タイトル [ ] タイトルの『 Django Unchained』は前述の1966年のコルブッチの映画『 Django』(『』)のほか、1959年のイタリア映画『 』(『』)、1970年のアメリカ映画『 Angel Unchained』が基となっている。 キャスティング [ ] 当初、タランティーノはジャンゴ役にとを候補にしていると報じられたが、最終的に発表されたのはジェイミー・フォックスであった。 また当初、の『』( Django)でジャンゴを演じたがカルヴィン・キャンディを演じると報じられていた。 エース・ウッディ役にはへ交渉がなされていたが 、スケジュールの都合により降板した。 代わりにが加わったが 、その後降板した。 ラッセルの降板後、同キャラクターに改めてキャスティングはされず、演じるビリー・クラッシュと合併された。 にも出演依頼がされていたが、『』とのスケジュールの折り合いがつかず、実現しないと報じられた。 しかしながら2012年6月15日、ヒルは登用可能となり、キャストに加わったことが発表された。 2012年4月4日、出演が予定されていたは、自身の映画監督デビュー作『』を優先させるために断念することを発表した。 ゴードン=レヴィットは、「私は本当に、本当に出演したかった。 彼は大好きな映画作家のひとりだ」と説明した。 衣裳デザイン [ ] ジャンゴの衣裳はによる1770年の油絵『』に触発されている。 2013年1月、『』のインタビューで衣裳デザイナーの ()は、映画の衣裳はマカロニウエスタン作品やその他の芸術作品の影響を受けていることを明かした。 ジャンゴの衣裳についてデイヴィスとタランティーノは、テレビドラマの『』の影響について言及している。 2人は同番組で演じるリトル・ジョーがつけている帽子を作った職人を雇った。 デイヴィスはジャンゴの外観について「ロックンロールな性格を持っている」と説明した。 ジャンゴのサングラスは『』(1977年)でのキャラクターが着けているものに影響されている。 さらにデイヴィスはジャンゴの服のためにの1770年の油絵『』を参照した。 最後のシーンのブルームヒルダの衣装は『』(1965年)で ()のキャラクターのそれと類似している。 デイヴィスはカルヴィン・キャンディの衣裳のアイデアはと述べた。 キング・シュルツのコートは『』ののものに影響を受けている。 デイヴィスはさらに映画の最終カット版に採用されていない衣装のアイデアがあることを明かしている。 撮影 [ ] は2012年1月よりカリフォルニア州 、2月にワイオミング州 、3月にルイジアナ州で行われた。 撮影はので行われた。 2012年7月末に130日間に及ぶ撮影が完了した。 編集 [ ] 編集はこれまでタランティーノ作品を手がけていたが2010年に亡くなったため、アシスタントだったが今回より起用された。 音楽 [ ] 詳細は「」を参照 映画ではオリジナル曲と既存の音楽の両方が使われた。 映画のために特別にの「100基の黒い棺」、の「フー・ディッド・ザット・トゥ・ユー」、と ()の「アンコラ・キ」、の「フリーダム」が作曲された。 他にも映画のためにオリジナル曲を書いたが、タランティーノは拒否し、「オーシャンはあらゆる方法で本当に素敵で詩的で幻想的なバラードを書いたが、それに丁度良い場面がなかった」と説明した。 オーシャンは後に自身のブログ上で「Wiseman」という題の曲を公開した。 配給 [ ] マーケティング [ ] 最初のティーザーポスターはイタリアの画家のFederico Mancosuによるファンアートポスターの影響を受けている。 彼のアートワークは2011年5月にシノプスと公式タイトルが発表された数日後に公開された。 2012年8月、タランティーノの要望により、製作会社はMancosuによるアートワークをプロモーションで使うために買い取った。 公開 [ ] アメリカ合衆国では2012年12月25日に配給 、イギリスでは2013年1月18日に配給で公開された。 2012年12月1日、に向けて初めて上映された。 プレミア上映は2012年12月14日を予定していたが、の影響を受けて中止された。 作中で使用されている過去の楽曲を作成した音楽家のエンリオ・モリコーネは、多くの血が流れる本作をあまり好まない旨の評価を述べている。 論争 [ ] の批評家は本作で「」という単語を多く使っていることを非難した。 一方でいくらかのレビュアー はアメリカの奴隷制度の歴史的文脈を示し、単語の使用を擁護した。 また、一部の批評では映画が非常に暴力的であることが批判された。 『ジャンゴ』のプレミア上映は2012年12月14日にコネチカット州で起こった銃乱射事件後、延期された。 映画監督のは『 』のインタビューで本作を見ないと述べ、「私が言おうとしてるのは、この映画が私の先祖に対して失礼だということだ。 これは私の意見で... 誰かを代表しているわけではない」と説明した。 リーはまたツイッターで「アメリカの奴隷制はのマカロニ・ウエスタンではない。 私の先祖は奴隷だ。 アフリカから盗まれた。 彼らに敬意を払う」とつぶやいた。 の ()は、映画を「人種戦争のための準備だと思った」と述べた。 歴史的な不正確さ [ ] タランティーノはマンディンゴの戦いについて「こうしたことが実際に起きていたということを、常に気にかけていた」と述べたが、映画で描かれていたような、奴隷主が奴隷達をに仕立て上げて殺し合わせ見世物にしたという歴史的証拠は無く 、噂はされていたものの記録されたものはない。 『』のジェラニ・コブは、タランティーノが時折見せる史実の柔軟な扱い方は映画の価値を高めていると指摘した。 映画で登場する覆面略奪集団「レギュレーターズ」は実際のではなく南北戦争後のKKKの精神的な祖先として描かれた。 受賞 [ ] その他の賞はを参照。 賞 授賞式開催日 部門 対象 結果 2013年2月24日 撮影賞 ロバート・リチャードソン ノミネート 脚本賞 クエンティン・タランティーノ 受賞 作品賞 ステイシー・シェール、レジナルド・ハドリン、ピラー・サヴォン ノミネート 音響編集賞 ワイリー・ステイトマン ノミネート 助演男優賞 クリストフ・ヴァルツ 受賞 2013年2月10日 監督賞 クエンティン・タランティーノ ノミネート 編集賞 フレッド・ラスキン ノミネート 脚本賞 クエンティン・タランティーノ 受賞 音響賞 Mark Ulano, Michael Minkler, Tony Lamberti, Wylie Stateman ノミネート 助演男優賞 クリストフ・ヴァルツ 受賞 2013年1月13日 監督賞 クエンティン・タランティーノ ノミネート 作品賞 ドラマ部門 ジャンゴ 繋がれざる者 ノミネート 脚本賞 クエンティン・タランティーノ 受賞 助演男優賞 レオナルド・ディカプリオ ノミネート クリストフ・ヴァルツ 受賞 日本国内• 優秀外国作品賞(2013年)• 第87回ベスト・テン• 読者選出外国映画ベスト・テン 第2位• ムービープラス・アワード2013• 映画スペシャリスト大賞 作品賞(洋画)第3位 参考文献 [ ]• Huffingtonpost. com. 2012年12月11日閲覧。 Blogs. indiewire. com. 2012年12月11日閲覧。 2012年12月17日. 2012年12月17日閲覧。 2013年5月11日閲覧。 「」2014年2月下旬決算特別号 207頁• Dimako, Peter 2011年6月22日. Upcoming-Movies. com. 2012年2月2日閲覧。 2011年6月22日. The Wrap. The Wrap News Inc.. 2012年2月2日閲覧。 Dimako, Peter 2011年10月26日. Upcoming-Movies. com. 2012年2月2日閲覧。 Courtney O. 2011年9月14日. MovieWeb. com. 2012年2月2日閲覧。 Jagernauth, Kevin 2011年10月11日. The Playlist. indieWIRE. 2012年2月2日閲覧。 Dimako, Peter 2011年9月28日. Upcoming-Movies. com. 2012年2月2日閲覧。 EmpireOnline. com. Bauer Consumer Media 2011年11月10日. 2012年2月2日閲覧。 MovieWeb. com. 2012年2月2日閲覧。 Franklin, Garth 2011年11月3日. 2012年2月2日閲覧。 FirstShowing. net 2012年5月28日. 2012年6月12日閲覧。 Goldberg, Matt 2012年6月15日. Collider. com. 2012年6月17日時点のよりアーカイブ。 2012年6月17日閲覧。 Barry, Vic 2011年10月17日. TheMovieBit. com. 2012年2月2日閲覧。 2007年4月27日. 2012年4月14日閲覧。 シネマトゥデイ 2012年12月23日. 2013年2月6日閲覧。 - シネマトゥデイ• Tarantino. info. 2011年4月30日. 2012年4月16日閲覧。 Child, Ben 2011年5月5日. GuardianNews. com. The Guardian. 2012年9月16日閲覧。 Lyttleton, Oliver 2012年10月22日. indieWIRE. 2012年10月26日時点のよりアーカイブ。 2012年10月26日閲覧。 Child, Ben 2012年6月7日. Guardian. 2012年8月12日閲覧。 2012年12月12日. The Guardian. 2012年12月12日閲覧。 2012年12月30日閲覧。 Grantland. com. 2013年1月9日閲覧。 Pack, Howery 2012年12月26日. Dallas Morning News. 2013年1月5日時点のよりアーカイブ。 2013年1月9日閲覧。 FilmJunk. com 2011年6月22日. 2012年2月2日閲覧。 Eisenberg, Eric 2011年11月16日. 2012年12月25日閲覧。 Laster, Ryan 2011年5月6日. If It's Movies. の2011年5月10日時点におけるアーカイブ。 2012年2月2日閲覧。 Franklin, Garth 2011年7月18日. 2013年1月2日時点のよりアーカイブ。 2012年2月2日閲覧。 Enk, Brian 2011年9月15日. NextMovie. com. MTV Networks. 2012年2月2日閲覧。 Yamato, Jen 2011年9月30日. 2012年2月2日閲覧。 Ben Child. Guardian. 2012年6月12日閲覧。 Rich, Katey 2012年5月10日. CinemaBlend. com. 2012年8月3日閲覧。 Virtel, Louis 2011年11月10日. 2012年2月2日閲覧。 Holmes, Matt 2011年11月11日. What Colture!. Obsessed with Film LTD. 2013年11月3日時点のよりアーカイブ。 2012年2月2日閲覧。 Matt Goldberg, Matt 2012年6月15日. Collider. com. 2012年6月17日時点のよりアーカイブ。 2012年6月17日閲覧。 O'Connell, Sean. ScreenCrush. com. 2012年4月5日閲覧。 2013年1月8日閲覧。 Sandle, Tim 2012年1月27日. DigitalJournal. com. 2012年1月27日閲覧。 ABCLocal. com. 2012年2月15日. 2012年2月23日閲覧。 Christine 2012年2月25日. OnLocationsVacations. com. 2012年3月20日閲覧。 Nicoletti, Karen 2012年2月24日. 2012年4月11日閲覧。 Thompson, Anne 2012年7月25日. IndieWire. 2012年12月1日閲覧。 Chitwood, Adam. Collider. com. 2012年9月15日閲覧。 Film Music Reporter 2012年11月28日. 2012年12月1日閲覧。 NME 2012年12月1日. 2012年12月1日閲覧。 FedericoMancosu. com. 2012年11月14日閲覧。 Collider. com. 2012年6月6日閲覧。 Reynolds, Simon 2012年6月6日. 2012年6月6日閲覧。 Breznican, Anthony 2012年12月2日. Entertainment Weekly. 2012年12月3日閲覧。 Child, Ben 2012年12月24日. The Guardian. 2012年12月26日閲覧。 2012年12月13日閲覧。 2012年12月13日閲覧。 Spill. com. 2012年12月26日閲覧。 McCarthy, Todd 2012年12月11日. 2012年12月27日閲覧。 Village Voice. 2012年12月18日閲覧。 Dershowitz, Jessica 2012年12月25日. CBS News. 2012年12月26日閲覧。 Child, Ben 2012年12月24日. The Guardian. 2012年12月26日閲覧。 2012年12月21日. 24 Dcember, 2012閲覧。 2012年12月24日閲覧。 Fox Nation 2013年1月11日. 2013年2月6日閲覧。 Rodriguez, Rene 2012年12月26日. The Miami Herald. 2013年2月6日閲覧。 2012年12月24日. 2013年2月6日閲覧。 2012年12月25日. 2013年2月6日閲覧。 Cobb, Jelani 2013年1月2日. 2013年1月2日閲覧。 Holslin, Peter 2012年7月14日. 2013年1月2日閲覧。 2013年2月28日閲覧。 Goodacre, Kate 2013年2月25日. Digital Spy. Hearst Magazines UK. 2013年2月25日閲覧。 Reynolds, Simon 2012年12月13日. Digital Spy. Hearst Magazines UK. 2012年12月13日閲覧。 Goodacre, Kate; Bell, Amy 2013年1月14日. Digital Spy. Hearst Magazines UK. 2013年1月14日閲覧。 公式サイト. 2014年1月17日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語).

次の