手紙 文例 ビジネス。 お礼の手紙 ビジネス》お客様・書き方と例文・文例

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

手紙 文例 ビジネス

7月の「の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」 7月の「時候・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。 「候(こう)」とは、時節や時季を表す言葉です。 「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」というように書きだします。 なお「初夏の候」は、夏の初めの時節の意味ですが、暦の上での初夏は6月6日頃までとなるため、6月上旬までに使われる時候の挨拶です。 7月には使いませんのでご注意ください。 「盛夏の候」「盛暑の候」【7月上旬~8月上旬】 「盛夏の候」(せいかのこう)、「盛暑の候」(せいしょのこう)の「盛夏」・「盛暑」とは「夏の一番暑い時期」を表します。 時候の挨拶では、実際に一番暑い時期ではなく、暦の上で秋が始まる8月8日頃の「立秋」の前日まで使うのが一般的です。 「酷暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「酷暑の候」(こくしょのこう)の「酷暑」とは「きびしい暑さ」の意味です。 「盛夏の候」と同じく、8月8日頃の立秋の前日までに用います。 7月下旬から8月上旬の間で猛暑日が続く時などに使うのがよいでしょう。 「大暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「大暑の候」(たいしょのこう)の「大暑」とは二十四節気の季節の名称で、7月23日頃が「大暑」の日です。 そこから立秋の前日まで使うことができます。 結びの言葉まで含めた「の候」の文例 「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。 儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<>を参考にしてください。 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 敬具 7月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。 基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。 また、私的に近い手紙の場合でも、ビジネスに関する手紙であれば「拝啓」「敬具」をつける手紙の基本スタイルで書くのがおすすめですので、例文に付け加えて利用してください。 【7月上旬】の慣用句と結びの言葉 ようやく梅雨も明け、本格的な夏が訪れましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろは一方ならぬお心づかいを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後におきましても変わらぬご指導をいただきたく、よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 梅雨明け十日の晴天が続いています。 〇〇様にはご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご支援を賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> これから夏本番ですが、どうかお元気でお過ごしくださいますようお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中にてご挨拶まで。 今年も酷暑になるのでしょうか。 皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後ともご助力を賜りたく、伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎお知らせまで。 海開き、山開きの便りが届く頃となりましたが、〇〇様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはお引き立てをいただきまして、まことにありがとうございます。 <例文> 暑い毎日が続きますが、〇〇様には一層のご健康をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら、書中をもってお知らせいたします。 【7月中旬~下旬】の慣用句と結びの言葉 日を追うごとに暑くなりますが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は多大なご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。 <本文> 暑さ厳しき折、ご自愛のほどお祈りいたします。 とりあえずご通知申し上げます。 今年の夏はひときわ暑いようですが、〇〇様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、お体には十分お気をつけください。 まずはとり急ぎお知らせまで。 【7月下旬】の慣用句と結びの言葉 暦の上ではもっとも暑い時期の大暑の候となりましたが、ますますお元気でお過ごしのことと存じます。 日ごろはご芳情にあずかり、ありがたくお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、〇〇様にはお健やかにお過ごしくださいますよう、心よりお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中をもちましてご案内申し上げます。 親しい方への夏の挨拶文と結びの言葉 親しくお付き合いをしている方へ、夏の挨拶を柔らかい言葉で書きたい時は次のような夏の挨拶文があります。 【7月上旬】 夏の到来を思わせるような太陽が照りつける毎日ですが、お変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。 いつもなにかとお世話くださり、本当にありがとうございます。 <本文> これからもどうか変わらぬお力添えをいただきたく、お願いいたします。 末筆になりましたが、お健やかにお過ごしくださいますよう、祈念いたします。 【7月中旬~下旬】 厳しい暑さの毎日が続いていますが、お変わりございませんか。 日ごろはご無沙汰いたしまして大変申しわけございません。 <本文> 今後ともどうぞ従来どおりご指導くださいますよう、よろしくお願いいたします。 時節柄、ご自愛のほど心からお祈りいたします。 7月の「時候の挨拶・季節の挨拶」を使った例文 7月の時候・季節の挨拶を取り入れた「招待状」と「お礼状」の例文を紹介します。 「招待状」の例文(7月) 拝啓 大暑の候、〇〇様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、このたび… を下記の通り開催いたします。 つきましては、… ご多忙中まことに恐縮ではございますが、ぜひご出席賜りますよう、お願い申し上げます。 敬具 記 日時: 場所: 「お礼状」の例文(7月) お中元のお礼状の例文 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てにあずかり、まことにありがたくお礼申し上げます。 さて、このたびは結構なお中元の品を賜り、まことにありがとうございました。 平素は一方ならぬご支援ご協力をいただいておりますうえに、このようなお心づかいをいただき、恐縮いたしております。 酷暑の折から、皆様のご健勝と貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずはとり急ぎ書中にてお礼申し上げます。 出席いただいたことへのお礼状の例文 拝啓 日ごとに暑さが厳しくなりますが、〇〇様にはお元気でお過ごしの由、お喜び申し上げます。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、… にご出席いただき、まことにありがとうございました。 これからも… 今後とも変わらぬご厚誼のほど、 伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎ書面にて、お礼申し上げます。 敬具 まとめ 7月は梅雨が終わっていよいよ夏本番という季節のため、上旬には「初夏」の言葉を使いたくなってしまいますが、暦の上での初夏は6月6日頃までのため、「初夏」の季語は7月には用いませんので注意してください。 初夏を表す挨拶文としては、上に紹介したような、これから日一日と暑くなることに触れるような口語調の言葉を使います。 7月に使う「〇〇の候」の慣用句では初夏を表す言葉はないようです。 7月の結びの言葉には、暑さをねぎらうような言葉も工夫して入れてみてください。

次の

【相手別】入院のお見舞いの手紙の例文・書き方|ビジネス

手紙 文例 ビジネス

ビジネスにおける手紙の構成とは? ビジネスレターには、決まった流れと構成があります。 文例を上げて、構成について説明していきましょう。 さて、先日は貴社訪問の折、ご多用中にもかかわらずお時間とご教授を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。 これをご縁にまた何かございましたら参上いたしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 まだまだ寒さも続きますので、どうかご自愛くださいますようご留意くださいませ。 まずは取り急ぎ書面にてお礼申し上げます。 前文…手紙の本文の前、挨拶の部分です。 「拝啓」などの頭語から、季節を伝える時候の挨拶、相手の健康や安否を気遣う言葉の3つが入ります。 この他、自分の近況や現況を伝えたり、お礼であればこの部分でまずお礼をひとこと述べます。 主文…手紙の本文です。 末文…相手を気遣う言葉と「敬具」などの結語から成ります。 後付け…日付・自分の名前・相手の名前で構成された部分です。 相手の名前は、横書きの手紙の場合は最後ではなく最初に書きます。 副文…「追伸」など、本文には入りきらなかった内容を書きます。 主文の主題とは少し外れた内容やプライベートなことである場合が多いので、フォーマルな手紙には使用することはあまりありません。 フォーマルな縦書きとカジュアルな横書き ビジネスにおいて、目上の方に送る時や改まった内容の手紙は縦書きが適しています。 横書きはカジュアルな印象を与えますので、身近な人や友人などに送る時に適していると言えるでしょう。 パターン別お礼状の書き方とポイント それでは、具体例を挙げて書き方とポイントの解説をしていきましょう。 お歳暮・お中元などをいただいたときのお礼状の書き方 拝啓 盛夏の候、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 さて、このたびはお心のこもった品を頂戴し、誠に有難うございました。 早速ではございますが冷たく冷やし、課の皆でおいしく頂きました。 いつもながらのお心遣いに心より感謝申し上げます。 まだまだ暑さも続きますので、どうかご自愛くださいますようご留意くださいませ。 取り急ぎ書面にてお礼申し上げます。 敬具 この文章のポイントは、早速会社の皆で美味しく食べましたと伝えることで、喜びと感謝の気持ちをダイレクトに伝えているところです。 食べ物を贈った側としては、すぐに食べてもらえた、喜んでもらえたと安心できます。 また、お礼状を出すのは早ければ早いほど良いとされています。 できればいただいた当日、遅くとも3日以内には書いて出すようにしましょう。 お得意様へのお礼状の書き方 拝啓 春光うららかなこのところ、ますますお健やかにお過ごしのことと存じます。 いつもお世話になっております。 今後とも何卒よろしくお願い致します。 まだまだ寒さが残る頃でございます、くれぐれもご自愛くださいませ。 敬具 お得意様ということは、お礼のメールや手紙も何度もお送りしている関係ということになります。 それだけに、同じ言い回しではテンプレートそのままだと受け取られかねません。 関係性や結びつきの強さを考慮した上で、かしこまりすぎず自分なりの言葉を多く入れることで、生きた言葉の丁寧な手紙になります。 出張先へのお礼状の書き方 拝啓 紅葉の侯、益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。 このたびの出張では、ご多用中にもかかわらずお時間とご教授を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。 3日間という短い期間ではございましたが、大きな成果を挙げることができました。 これもひとえに貴社のお力添えあってのことです。 これを機会に、また何かございましたら参上いたしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 まずはとりあえず、書中にて御礼申し上げます。 敬具 出張のお礼は、帰社後すぐにメールで送ってもかまいません。 ビジネスにおける感謝の気持ちは、スピードとタイミングが大事です。 先鋒と一緒にした仕事について触れ、またよろしくお願いしますとお礼の気持ちを伝えましょう。 パターン別依頼状のポイントと文例 支払いをお願いしたい時 毎度格別のお引き立てを賜り誠に有難うございます。 大変お手数ではございますが、ご確認の上至急ご入金いただけますようお願い申し上げます。 また、本通知と行き違いになりましたら何卒ご容赦くださいませ。 支払督促・依頼については必要以上にへりくだらないのがポイントです。 しかし、感情的に責め立てずに「先日通知を送っていること」「まだ確認できていないこと」を冷静に伝えた上で「至急」「早急に」と促すようにします。 最後に、手紙を出した・メールを送ったのと入金が入れ違えになっていたらお詫び申し上げます、と締めます。 新規取引や取引先を紹介してもらいたい時 拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素より格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。 このたびは、誠に勝手ながらお願い事がございまして筆を取りました。 後日あらためてお電話にてご都合をお伺いいたしますが、まずは書面をもってお願い申し上げます。 敬具 この例文は、お得意様に対して、取引先を紹介して欲しいとお願いする手紙です。 普段のお礼と、人脈を頼りにしているという事項を盛り込み、あらためて電話でお願いにあがります、と締めています。 そして電話で了承をもらえれば、担当者同士の打ち合わせ日程をすりあわせる流れになります。 ビジネスレターの結び方の注意点と文例 頭語と結語は合わせる 「拝啓」には「敬具」というように、頭語にはそれぞれ決まった結語があります。 相手との関係性や手紙のフォーマル度、内容によって正しく使い分けることが大事です。 また、年賀状や弔辞の手紙など、頭語と結語を使用しないものもあります。 それでは、組み合わせ例をいくつか挙げていきます。 この「吉日」とは、送付をしてから開封するまでのタイムラグがあっても良いもの、あえて日付をぼやかしたいもの、縁起を担ぎたいもの、という時に使用します。 そのため、日付をはっきりとさせたいビジネスレターや弔辞には使えません。 使えるもの• 祝い事の案内、招待状(結婚式を含む)• 親睦会などの集まりにまつわるお知らせ 使えないもの• 公的文書・ビジネスレター• 弔辞の案内、招待状 結び方の文例 手紙の最後を締めくくる「結び」は、大きく分けて「季節もの」と「そうではないもの」に分けられます。 季節ごとの結びの挨拶は、一月であれば年の初めにあたってや、寒さの中相手の体を気遣うものなどがあります。 本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 幸福に満ちた一年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。 季節に関係なく、相手の健康や会社の繁栄などを祈る挨拶は、年中使えるものなのでいくつか覚えておくと便利です。 くれぐれもご自愛くださいませ。 心穏やかにお過ごしください。 末筆ながら皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 風邪など召されぬよう、ご留意ください。 用件を最後にまとめてもう一度繰り返したい時や、その他よく使われる結語• まずはお礼かたがたご挨拶まで• 略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます• 乱筆乱文のほどご容赦くださいませ• 皆様へよろしくお伝えくださいませ まとめ ビジネスレターには基本の型があり、それさえ覚えてしまえば、心配しているよりもすぐに書けるものです。 自分なりのひとことや工夫、気持ちを込め、受け取る人にテンプレート以上の何かを伝えられる手紙が書けるようになりましょう。

次の

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

手紙 文例 ビジネス

7月の「の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」 7月の「時候・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。 「候(こう)」とは、時節や時季を表す言葉です。 「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」というように書きだします。 なお「初夏の候」は、夏の初めの時節の意味ですが、暦の上での初夏は6月6日頃までとなるため、6月上旬までに使われる時候の挨拶です。 7月には使いませんのでご注意ください。 「盛夏の候」「盛暑の候」【7月上旬~8月上旬】 「盛夏の候」(せいかのこう)、「盛暑の候」(せいしょのこう)の「盛夏」・「盛暑」とは「夏の一番暑い時期」を表します。 時候の挨拶では、実際に一番暑い時期ではなく、暦の上で秋が始まる8月8日頃の「立秋」の前日まで使うのが一般的です。 「酷暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「酷暑の候」(こくしょのこう)の「酷暑」とは「きびしい暑さ」の意味です。 「盛夏の候」と同じく、8月8日頃の立秋の前日までに用います。 7月下旬から8月上旬の間で猛暑日が続く時などに使うのがよいでしょう。 「大暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「大暑の候」(たいしょのこう)の「大暑」とは二十四節気の季節の名称で、7月23日頃が「大暑」の日です。 そこから立秋の前日まで使うことができます。 結びの言葉まで含めた「の候」の文例 「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。 儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<>を参考にしてください。 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 敬具 7月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。 基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。 また、私的に近い手紙の場合でも、ビジネスに関する手紙であれば「拝啓」「敬具」をつける手紙の基本スタイルで書くのがおすすめですので、例文に付け加えて利用してください。 【7月上旬】の慣用句と結びの言葉 ようやく梅雨も明け、本格的な夏が訪れましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろは一方ならぬお心づかいを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後におきましても変わらぬご指導をいただきたく、よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 梅雨明け十日の晴天が続いています。 〇〇様にはご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご支援を賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> これから夏本番ですが、どうかお元気でお過ごしくださいますようお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中にてご挨拶まで。 今年も酷暑になるのでしょうか。 皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後ともご助力を賜りたく、伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎお知らせまで。 海開き、山開きの便りが届く頃となりましたが、〇〇様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはお引き立てをいただきまして、まことにありがとうございます。 <例文> 暑い毎日が続きますが、〇〇様には一層のご健康をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら、書中をもってお知らせいたします。 【7月中旬~下旬】の慣用句と結びの言葉 日を追うごとに暑くなりますが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は多大なご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。 <本文> 暑さ厳しき折、ご自愛のほどお祈りいたします。 とりあえずご通知申し上げます。 今年の夏はひときわ暑いようですが、〇〇様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、お体には十分お気をつけください。 まずはとり急ぎお知らせまで。 【7月下旬】の慣用句と結びの言葉 暦の上ではもっとも暑い時期の大暑の候となりましたが、ますますお元気でお過ごしのことと存じます。 日ごろはご芳情にあずかり、ありがたくお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、〇〇様にはお健やかにお過ごしくださいますよう、心よりお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中をもちましてご案内申し上げます。 親しい方への夏の挨拶文と結びの言葉 親しくお付き合いをしている方へ、夏の挨拶を柔らかい言葉で書きたい時は次のような夏の挨拶文があります。 【7月上旬】 夏の到来を思わせるような太陽が照りつける毎日ですが、お変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。 いつもなにかとお世話くださり、本当にありがとうございます。 <本文> これからもどうか変わらぬお力添えをいただきたく、お願いいたします。 末筆になりましたが、お健やかにお過ごしくださいますよう、祈念いたします。 【7月中旬~下旬】 厳しい暑さの毎日が続いていますが、お変わりございませんか。 日ごろはご無沙汰いたしまして大変申しわけございません。 <本文> 今後ともどうぞ従来どおりご指導くださいますよう、よろしくお願いいたします。 時節柄、ご自愛のほど心からお祈りいたします。 7月の「時候の挨拶・季節の挨拶」を使った例文 7月の時候・季節の挨拶を取り入れた「招待状」と「お礼状」の例文を紹介します。 「招待状」の例文(7月) 拝啓 大暑の候、〇〇様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、このたび… を下記の通り開催いたします。 つきましては、… ご多忙中まことに恐縮ではございますが、ぜひご出席賜りますよう、お願い申し上げます。 敬具 記 日時: 場所: 「お礼状」の例文(7月) お中元のお礼状の例文 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てにあずかり、まことにありがたくお礼申し上げます。 さて、このたびは結構なお中元の品を賜り、まことにありがとうございました。 平素は一方ならぬご支援ご協力をいただいておりますうえに、このようなお心づかいをいただき、恐縮いたしております。 酷暑の折から、皆様のご健勝と貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずはとり急ぎ書中にてお礼申し上げます。 出席いただいたことへのお礼状の例文 拝啓 日ごとに暑さが厳しくなりますが、〇〇様にはお元気でお過ごしの由、お喜び申し上げます。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、… にご出席いただき、まことにありがとうございました。 これからも… 今後とも変わらぬご厚誼のほど、 伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎ書面にて、お礼申し上げます。 敬具 まとめ 7月は梅雨が終わっていよいよ夏本番という季節のため、上旬には「初夏」の言葉を使いたくなってしまいますが、暦の上での初夏は6月6日頃までのため、「初夏」の季語は7月には用いませんので注意してください。 初夏を表す挨拶文としては、上に紹介したような、これから日一日と暑くなることに触れるような口語調の言葉を使います。 7月に使う「〇〇の候」の慣用句では初夏を表す言葉はないようです。 7月の結びの言葉には、暑さをねぎらうような言葉も工夫して入れてみてください。

次の