バンパー広告 事例。 バンパー広告とは?成果を上げるために必要なメリットや効果などの知識、入稿規定、設定方法および活用事例を紹介

なぜ6秒?短尺動画広告のメリットを事例を交えて紹介【この動画がスゴイ!12月号】

バンパー広告 事例

YouTubeの最近の広告が変わりつつあることに、あなたは気づいているでしょうか?よく考えると、スキップできる広告とスキップできない広告の2つが存在しているのです。 この記事では、そんな広告のなかで「バンパー広告」と呼ばれる、スキップできない6秒動画について実例を交えて解説していきます。 動画広告(バンパー広告)とは?従来の広告よりも、視聴者の心に届きやすい! YouTubeで再生される6秒の広告動画「バンパー広告」とは、本来再生したい動画の前に再生される、スキップ不可能な広告のこと。 自分で選択いて閲覧するweb媒体において、 強制的に見せるという広告は嫌悪感を抱かせてしまい、非常に難しい広告といわれてきました。 そんな中で登場した「6秒間で魅せる動画」。 これがバンパー広告です。 スキップができないため、視線が広告に注目されます。 そのため、 従来の広告動画をバンパー広告に変えたところ、動画からの収益がおよそ2倍という効果があったという企業もあるそうです。 魅せる広告動画「バンパー広告」の重要性 YouTubeの人気度増加に伴い、発展してきたバンパー広告。 確実に見せるという広告方法は、TVCMと同じような立ち位置にあります。 一般的には「6秒という短い時間で、一体何を伝えられるの?」と疑問に思いますが、要点を絞れば6秒あれば伝えることができるのです。 但し、強制的に見せるバンパー広告。 バンパー動画広告はスキップできなくても邪険にされず、企業側の伝えたいメッセージを届ける最適な秒数として研究された6秒で、バンパー広告を成立させなければなりません。 たった6秒の動画でも、最大限に魅せるCMを制作し、視聴者からの関心や注目を集めることがバンパー広告の着地点です。 たったの6秒で「伝わる」、見本にしたい有名なバンパー広告3選 もはや、広告紛争が起きそうなほど多く存在するバンパー広告の中で、効果があった(人気がでた)バンパー広告を3種類紹介します。 誰もが可愛さを感じる少年を起用したバンパー広告 Audi こちらはAudiのバンパー広告。 子供がジャンプすると同時に、飛躍するという意味の「Quantensprung」というドイツ語が表示されます。 そして車が走行した後、Qがあるところに道はあるという意味の「Wo ein Q ist, ist auch ein Weg. 」が表示されます。 強制的に見せる広告動画として、好印象な子供は有効です。 子供、そして車、最終的なメッセージと3部構成で制作されたこのバンパー広告は、実は45秒程度の動画です。 頭文字にQとつく単語を共通として、いくつかの動画に分けることで、より強いメッセージを視聴者に与えているそうです。 主張しすぎない!心理戦のバンパー広告 マウスコンピューター こちらは、乃木坂46というアイドルグループの西野七瀬さんが出演している広告です。 マウスコンピューターのテーマカラーである黄色を背景として、印象の強い広告に仕上がっています。 西野七瀬さんが動かず、マウスコンピューターのロゴが近づいてくるという演出もポイント。 動くものに視界を集めやすいといった、人間の心理を上手く利用した広告です。 最後の「マウス」という言葉を発言するのも西野七瀬さんではなく、男性の声。 その違和感で、この広告がさらに印象強く残るよう工夫されています。 このバンパー広告は、心理作戦を駆使した6秒間となっています。 動画視聴中、ほっと一息。 PG tips Green Tea こちらは、シンプルに人形が登場し、グリーンティの味を確かめる動画です。 強制的に視聴に導くバンパー広告において、ほっと安らぐキャラクターは安心感があります。 コメントも最小にとどめており、グリーンティの感想も「(心地よい)うーん」と優しい訴求となっています。 さいごに。 6秒で勝負。 厳しいバンパー広告の世界で生き残るには じつは動画制作の際に、伝えたいメッセージが多すぎて「あれもこれも」と詰め込んでしまうことはよくあることです。 そのため、表現するのには長い尺が必要になってしまうことも多いはず。 ですが昨今ではバンパー広告のように、 短い時間の中にどれほどの強いメッセージを残せるのかが最重要視されています。 伝えたいことは1つに絞ることが大切です。 弊社では動画SEOも考慮した、動画制作を承っております。 6秒という短い世界での勝負を検討される際は、是非ご相談下さい。 お問い合わせはこちら.

次の

《YouTube》6秒間の動画広告「Bumper(バンパー)広告」を発表|カルテットコミュニケーションズ

バンパー広告 事例

「飛ばせない」がミソ、バンパー広告 6秒動画の歴史からまず考えると、女子中高生を中心に大ヒットしたVineが、6秒動画のパイオニアと言えます。 そんなバンパー広告は2016年の登場以来多くの企業が活用しており、ビデオリサーチインタラクティブがまとめた2017年の動画広告素材の秒数分布のグラフでも「6秒以下」の動画の割合は増加していることがわかります。 引用: 「6秒」バンパー広告の事例 実際の企業が展開している事例とともに紹介します。 アルバイト求人サイト「マッハバイト」 ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する「NURO」という光回線のブランド名を印象づけることのみに焦点を絞ったクリエイティブを、全13パターン制作しています。 親父ギャグや脈略がないシチュエーションでコミカルにインパクを強調しています。 モバイル と PC の重複リーチはわずか 10. また、広告想起率、ブランド認知、サーチリフトのすべてで、下記のように高い結果を出すことができました。 画像引用: 6秒のなかにシズル感をギュッと濃縮してる分、インパクトが強く購買意欲が掻き立てられ、つい見てしまいます。 6秒にシズル感満載の動画をわざわざ撮影するのはカロリー高そうですが、たとえば、レシピごとにパートを分けて複数パターン制作してもおもしろいかもしれません。 食品系ならではの訴求ができそうです。 WebCM特有の長尺動画広告や、6秒というテレビCMでは考えられない短尺広告は、スマホ視聴に慣れたユーザーの心をつかむかもしれません。 画像引用: そんな中サイバーエージェントが今年の6月に設立した連結子会社、その名も「6秒企画」。 バンパー広告を中心に、6秒動画広告の制作と配信サービスを展開しています。 画像引用: 当社では短尺のオンライン動画広告の企画・制作に特化した新会社として、株式会社6秒企画を設立し、ディレクション・撮影・デザイン・編集まで一貫して対応可能な体制を構築することで、最も高い広告効果を生み出す動画制作を目指します。 短尺のオンライン動画広告のクリエイティブは、15秒や30秒尺のテレビCMのフォーマットとは異なり、簡潔かつ印象的なメッセージおよびインパクトのある表現を6秒の中でいかに伝えることができるかが重要となります。 まとめ 「6秒」動画広告のメリットは… ・スキップすることができないため視聴完了率が高い ・ワンメッセージをシンプルにインパクトを最大化させ訴求できる ・「TrueView」広告に対して、バンパー広告は低下価格で配信できるので幅広い層に複数回接触することが可能 テレビCMを何度も聞いているうちに、決まったフレーズやCM音楽が自然と刷り込まれ、気づいたら記憶に残っている経験はみなさんあると思いますが、バンパー広告でも同じ効果が見込めます。 企画するにあたり大事なポイントは、マッハバイト、NUROやカロリミットのように伝える内容は詰め込まず「ワンメッセージ」にこだわるということ。 さまざまな角度からターゲットに接触するために、複数のパターンを制作することです。 「6秒」という制約は、ハードルが高いように見えてまだまだ表現の可能性があります。 Web動画広告ならではの「6秒」の世界を制することが、今後の重要なポイントとなるでしょう。

次の

結局のところ6秒・スキップ不可の「バンパー広告」は何が良いのか?

バンパー広告 事例

YouTubeの最近の広告が変わりつつあることに、あなたは気づいているでしょうか?よく考えると、スキップできる広告とスキップできない広告の2つが存在しているのです。 この記事では、そんな広告のなかで「バンパー広告」と呼ばれる、スキップできない6秒動画について実例を交えて解説していきます。 動画広告(バンパー広告)とは?従来の広告よりも、視聴者の心に届きやすい! YouTubeで再生される6秒の広告動画「バンパー広告」とは、本来再生したい動画の前に再生される、スキップ不可能な広告のこと。 自分で選択いて閲覧するweb媒体において、 強制的に見せるという広告は嫌悪感を抱かせてしまい、非常に難しい広告といわれてきました。 そんな中で登場した「6秒間で魅せる動画」。 これがバンパー広告です。 スキップができないため、視線が広告に注目されます。 そのため、 従来の広告動画をバンパー広告に変えたところ、動画からの収益がおよそ2倍という効果があったという企業もあるそうです。 魅せる広告動画「バンパー広告」の重要性 YouTubeの人気度増加に伴い、発展してきたバンパー広告。 確実に見せるという広告方法は、TVCMと同じような立ち位置にあります。 一般的には「6秒という短い時間で、一体何を伝えられるの?」と疑問に思いますが、要点を絞れば6秒あれば伝えることができるのです。 但し、強制的に見せるバンパー広告。 バンパー動画広告はスキップできなくても邪険にされず、企業側の伝えたいメッセージを届ける最適な秒数として研究された6秒で、バンパー広告を成立させなければなりません。 たった6秒の動画でも、最大限に魅せるCMを制作し、視聴者からの関心や注目を集めることがバンパー広告の着地点です。 たったの6秒で「伝わる」、見本にしたい有名なバンパー広告3選 もはや、広告紛争が起きそうなほど多く存在するバンパー広告の中で、効果があった(人気がでた)バンパー広告を3種類紹介します。 誰もが可愛さを感じる少年を起用したバンパー広告 Audi こちらはAudiのバンパー広告。 子供がジャンプすると同時に、飛躍するという意味の「Quantensprung」というドイツ語が表示されます。 そして車が走行した後、Qがあるところに道はあるという意味の「Wo ein Q ist, ist auch ein Weg. 」が表示されます。 強制的に見せる広告動画として、好印象な子供は有効です。 子供、そして車、最終的なメッセージと3部構成で制作されたこのバンパー広告は、実は45秒程度の動画です。 頭文字にQとつく単語を共通として、いくつかの動画に分けることで、より強いメッセージを視聴者に与えているそうです。 主張しすぎない!心理戦のバンパー広告 マウスコンピューター こちらは、乃木坂46というアイドルグループの西野七瀬さんが出演している広告です。 マウスコンピューターのテーマカラーである黄色を背景として、印象の強い広告に仕上がっています。 西野七瀬さんが動かず、マウスコンピューターのロゴが近づいてくるという演出もポイント。 動くものに視界を集めやすいといった、人間の心理を上手く利用した広告です。 最後の「マウス」という言葉を発言するのも西野七瀬さんではなく、男性の声。 その違和感で、この広告がさらに印象強く残るよう工夫されています。 このバンパー広告は、心理作戦を駆使した6秒間となっています。 動画視聴中、ほっと一息。 PG tips Green Tea こちらは、シンプルに人形が登場し、グリーンティの味を確かめる動画です。 強制的に視聴に導くバンパー広告において、ほっと安らぐキャラクターは安心感があります。 コメントも最小にとどめており、グリーンティの感想も「(心地よい)うーん」と優しい訴求となっています。 さいごに。 6秒で勝負。 厳しいバンパー広告の世界で生き残るには じつは動画制作の際に、伝えたいメッセージが多すぎて「あれもこれも」と詰め込んでしまうことはよくあることです。 そのため、表現するのには長い尺が必要になってしまうことも多いはず。 ですが昨今ではバンパー広告のように、 短い時間の中にどれほどの強いメッセージを残せるのかが最重要視されています。 伝えたいことは1つに絞ることが大切です。 弊社では動画SEOも考慮した、動画制作を承っております。 6秒という短い世界での勝負を検討される際は、是非ご相談下さい。 お問い合わせはこちら.

次の