一口 馬主。 【一口馬主】クラブ掛け持ちのメリット!おすすめの組合わせ一覧

一口馬主とは? :: 一口馬主DB

一口 馬主

それを叶えてくれるのが「 一口馬主」(ひとくちばぬし、ひとくちうまぬし)というシステムです。 以前から一口馬主というのは、競馬ファンのあいだでは POG(ペーパーオーナーゲーム)などと同じように、ある程度知られているものだったと思います。 しかしここ十数年で、馬質が変わったのかはわかりませんが、オルフェーヴルやジェンティルドンナなどの超大物がでたり、宣伝すさまじい DMMバヌーシーが登場したりして、以前よりさらに認知度がアップした様子です。 直近の話をすると、2017年にはキャロットクラブのレイデオロが ダービー馬となり、また 2018年にはシルク・ホースクラブのアーモンドアイが 牝馬三冠を達成して、その勢いはとどまるところを知らないという状態。 彼らを見て一口馬主に興味をもった方もいるのではないでしょうか。 ここでは、そんな一口馬主の仕組みをサラッと説明します。 一口馬主の仕組み 一口馬主とは、1頭の競走馬を複数の人間で共同所有するしくみや、その所有する人をさします。 「 クラブ馬主」「 一口クラブ」などが同義的につかわれます。 クラブと呼ばれる法人がいくつかあり、それぞれ毎年、数十頭の競走馬を募集にかけます。 そのクラブに入会した人は、小口に分割された 競走馬の持ち分を買うことで、その口数に応じた権利を得ることができます。 株式投資や投資信託をやっている人にはわかりやすいかもしれません(実際、一口馬主も金融商品取引法の規制を受けます)。 ひとつの会社を多数の投資家でわけて持つように、 1頭の馬をみんなで分け合って持つのです。 クラブによってちがいますが、1頭の馬はだいたい 40〜2000口程度に分割して募集されます。 それに出資応募して 1口以上をもつことで、馬主と同じように、馬が走ったときに賞金をもらったり、レースに勝ったときに口取り式(優勝時記念撮影)に参加したりできるというわけです。 本物の馬主になろうとしたら、馬の購入にも維持にも大量の資金が必要ですが、みんなで分割すれば小額からでも楽しめるよね、というのが一口馬主のステキなところです。 「」より転載 実際に出資するにあたっては、1つのクラブにつき、2つの会社と関係を持つことになります。 上記は 2018年に牝馬三冠を達成したアーモンドアイの所属する、シルク・ホースクラブのケースです。 僕たちが実際にやり取りをするのは「 愛馬会法人」のほうで、「クラブ法人」のほうは普段はあまり気になりません。 ただ出資馬のレース出走時に、新聞などに記載されるのはクラブ法人の名称なので、そこは覚えておくと「あれ、微妙に違くない!?」というように焦らなくてすみます 笑。 ちなみに、シルクは 400口のクラブで、1口あたりの配当やリスクが小さいほう(多口)です。 本物の馬主との違い 一口馬主は、名称には「 馬主」と入っているものの、実際には馬主ではなく、 本物の馬主とは別物です。 そのため、競馬場の馬主席に入場したり、厩舎や美浦・栗東などのトレーニングセンターを訪問したり、出走レースや騎手を選択したり、引退を決定したりすることができません。 ただそれは特典であり、通常のサービスではありません。 中央競馬で馬主になるには「年間所得額が 1700万円以上」「資産額が 7500万円以上」という厳しい審査基準をクリアしなければならず、 未成年以外は基本的には入会できる一口クラブとは、違いがあって当たり前かもしれません。 とはいえ、一口馬主としてできることは少なくありません。 むしろ、本物の馬主とそん色ないくらいの行為はできると思って差し支えないです。 出資した愛馬に会いに育成牧場や外厩を訪問したり、 愛馬に命名したり、さらには 口取りに参加したりできます。 愛馬の近況も公式サイトでひんぱんに更新されるので、それを見て成長を感じたり、レースへ向けた調整を知ったりできます。 気になることや意見があれば公式サイトを通じて問い合わせることもできるので、本物の馬主と違うとはいえ、やれることの範囲はかなり広いと言ってよいと思います。 一口馬主の良いところ 一口馬主の良いところはなんでしょうか。 それは、出資した競走馬をより身近に感じて、親身になって応援できるところだと思います。 よく「 POG と何が違うの?」という質問が出ますが、小さい頃から多くの情報に触れて、ときには会ってその成長を感じてきた思い入れのある愛馬が、出走したりレースに勝ったりしたときの喜びは、レベルが違うでしょう。 POG では選んでしまえばあとは勝たなければ関心がわかないことが多いでしょうが、一口馬主では、勝ったら当然嬉しいですし、できれば上の条件へ進んでほしいのもたしかですが、 負けても楽しめる部分があります。 通常の競馬ファンや POG参加者は関心が強くないと思われる、未勝利戦などにも注目して楽しめますし、もし着外に負けてしまったとしても、 前走とくらべてのレースぶりの違いや成長を感じとることもできます。 なにより、お金がかかっているので応援への熱の入り方が違います 笑。 身銭を切っている者としてのプライドもあわせ持つことになりますので、愛馬の出走をただ楽しみ、無事に回ってきてくれることに安堵する一方で、より高い着順を得て賞金を稼いでほしい、という願いも強くでてきます。 というわけで、 POG や馬券などとは違う楽しみを覚えられる一口馬主、とてもオススメです。 この記事の作成日は 2018年10月17日 です。

次の

【一口馬主費用】年間でどのくらい必要かまとめてみました

一口 馬主

競馬ファンなら、誰もが一度はそんな夢を抱いた事があるのではないでしょうか。 しかし、個人で馬主になるには、所得と資産に関する高い要件をクリアする必要があり、一般の競馬ファンにはハードルが高いものとなっています。 そこで、一般の競馬ファンが馬主を疑似体験するために生まれたのが「一口馬主」という制度です。 一般の競馬ファンでも、クラブ法人が募集する馬の中から、気に入った馬に出資することで、馬主気分を味わうことができます。 募集馬はクラブ法人により40口から1万口の間の小口に分割されて募集されます。 例えば、総額2000万円の募集馬の場合、40分の1のクラブなら一口50万円、500分の1なら一口4万円が出資の際に必要となります。 レースに出走した場合は、賞金の8割に加え、出走手当などが支払われます。 出資者には、賞金諸手当からクラブ手数料などを引いた金額が、配当として口数に応じて分配されます。 競走馬の馬生に関わることで得られるさまざまな体験が、一口馬主の醍醐味であると言えます。 募集馬は、大半のクラブで、デビューする約1年前の夏から秋にかけての1歳の時期に募集が開始されます。 会員はカタログや動画を見て出資馬を選ぶことができます。 また、クラブが実施する募集馬見学ツアーに参加して個人馬主のように実馬を見て選ぶこともできます。 出資後は、クラブ公式サイトや会報で定期的にアップされる近況や、牧場見学で愛馬の成長を確認することが出来ます。 成長を見守ってきた馬がレースに出走し、優勝した際の喜びや興奮には、馬券では味わうことのできない魅力があります。 また、出資馬が優勝した際の口取り式や、クラブ主催のパーティーなど、クラブには様々な会員特典が設けられており、充実したクラブライフを送れることも魅力の1つです。 これらのイベントを通して同じ趣味の仲間を作ることもできます。 出資した馬がレースに出走すれば、馬主には賞金諸手当が交付されます。 新聞などを見ると、1着から5着までの賞金が掲載されていますが、中央競馬では6着から8着の馬に対しても、出走奨励金として賞金が交付されます。 2着から8着に交付される金額の比率は、1着賞金に対してそれぞれ40%、25%、15%、10%、8%、7%、6%となります。 GI競走のように、1着賞金1億円のレースなら、8着でも600万円を手にすることができます。 賞金に関しては、その金額の8割が馬主に入ります。 出走手当は馬主に全額支給され、1走当たり40万円から42万5千円(レースの格に応じて差がある)が交付されます。 出資者への配当は、賞金諸手当の合算から、手数料や消費税、源泉徴収税などが控除されるため、賞金諸手当の約7割が実質的な取得金額となり、口数に応じて取得金額が配当として分配されます。 例えば、3冠馬の場合、150万円の出資金で、2500万円以上の配当がありました。 出資した馬が輝かしい競走成績を収め、引退後、種牡馬になった場合は獲得した賞金のほかに、種牡馬の売却金額から経費などが控除されたものが分配されます。 馬は生き物であり、驚くほどの成長を見せる馬もいれば、血統の良さなどから期待の大きい馬が意外と伸び悩むケースも当然ありえます。 また、怪我により、能力を発揮できなかったり、デビューすらできないケースもあります。 1勝することの苦労は、馬に出資することで痛感する場面も多く、厳しい競争に勝ち抜くためには、相手関係や天候などの条件といった巡り合わせも時に必要となります。 さらに、高額な募集馬とリーズナブルなそれでは、出資する側も求めるモノが異なります。 高額馬に出資すれば、収支を考えると常に重賞で勝ち負けしなければいけませんが、リーズナブルな馬なら、1勝してくれれば収支が合う可能性もあります。 出資をする際は、自分に見合ったスタイルを見つけて検討すると良いでしょう。 クラブが募集馬を決定し、カタログが完成するのは、募集馬がデビューする1年前の夏から秋になります。 興味を持った方は、クラブに問い合わせてカタログを送ってもらい、写真や血統、募集価格などをチェックして、お気に入りの馬を見つけましょう。 募集時期はクラブ毎に異なりますが、大半のクラブでは1歳夏ごろに第一次募集があり、人気のあるクラブはこの段階で抽選となります。 第一次締め切りが終わり、まだ満口になっていない馬たちは、申込順で出資可能となる場合が多いです。 クラブによって、募集締切を行う時期もバラバラです。 1歳12月で終了するところもあれば、トレーニングセンターに入厩した段階で締切るクラブもあります。 1人が申し込める頭数は、空き状況があれば何頭でもOKですが、1頭に対して申し込める口数は、過半数に満たない口数(400口募集なら199口まで、500口募集なら249口まで)までと決められています。 まずはクラブに入会するにあたり、入会金が必要となります。 入会金は各クラブで異なるものの、およそ1万円から3万円が掛かります。 入会すると、公式サイトで会員専用ページが閲覧できたり、会報が届くなどのサービスがあることから、毎月会費が発生します。 この費用もクラブによって様々ですが、1080円から3240円となっています。 出資をする際、募集価格を支払うことになりますが、一括払いだけでなく、募集時期によって分割払いも可能です。 1億円を超える募集馬もいれば、1000万円以下の馬もおり、募集口数によっても一口当たりの価格が変わるので、自分の予算に見合ったクラブ、募集馬を探し出すことが重要です。 出資後は、預託代などの維持費のほかに、保険料出資金が2歳から年1回発生します。 これもクラブによって違いはありますが、募集価格に対して保険料率3%前後が必要となり、さらに2歳時、3歳時、4歳以上で割合も変わります。 まず、どのクラブに入会するかが重要な要素となります。 GI競走などビッグレースで活躍するクラブは、やはり人気も高い傾向にあり、そういったクラブでは、自分が欲しい馬がいても、抽選などの理由から出資できない可能性が高くなります。 各クラブの公式サイトで、募集状況を確認し、満口になっている頭数が多いクラブでは、思うように好きな馬へ出資する機会も少なくなります。 馬は生き物であるため、高額馬が確実に走るとも限らないのが競馬の難しさであり、楽しさでもあります。 いきなり高額募集馬に出資し、結果が出なかった場合のダメージは計り知れません。 一口馬主を始める際には、自分の予算に見合う馬を、好きな血統や馬体から選び出すことをお勧めします。 netkeiba. comの一口馬主向けコラムや新馬サーチ、出資者の方が自らの体験談を書くブログなどもあるので、それらを参考にしながら、どのクラブや馬が自分に合っているか探してみましょう。

次の

一口馬主コンシェルジュ

一口 馬主

Contents• まず最初に 一口馬主ライフを続けていると、「目当ての募集馬になかなか出資できない」、「違う牧場の馬にも出資したい」など様々な理由でクラブを増やしたいという気持ちが湧いてくると思います。 その時にどんな視点で掛け持ちするクラブを選択すればよいのか、この記事で様々なバリエーションを考察してみたいと思います。 仕入れタイプから掛け持ちクラブを考える まず、クラブの分類を把握しておくと後々役立ちますので一口馬主DBさんの以下のページをご紹介しておきます。 今回の記事でもこの分類をベースにしています。 一口クラブの分類・特徴紹介[一口馬主DB] 以下は一口馬主DBさんの「仕入れタイプによるクラブの分類」表を簡略化したものです。 系統 クラブ 社台牧場系 社台サラブレッドクラブ サンデーサラブレッドクラブ G1サラブレッドクラブ キャロットクラブ シルクホースクラブ グリーンファーム愛馬会 牧場集合系 ユニオンオーナーズクラブ ターファイトクラブ ローレルクラブ 独立牧場系 ノルマンディーオーナーズクラブ ロードサラブレッドオーナーズ 大樹レーシングクラブ ワラウカド バイヤー系 東京サラブレッドクラブ 友駿ホースクラブ愛馬会 サラブレッドクラブライオン 広尾サラブレッド倶楽部 DMMバヌーシー YGGオーナーズクラブ 京都サラブレッド倶楽部 折衷系(牧場・バイヤー) ラフィアンターフマンクラブ ウインレーシングクラブ まず皆さんが所属されているクラブがどの分類に属しているかを把握しておきましょう。 これをもとにどういったクラブを増やすべきかを考えていきます。 社台系クラブと非社台系クラブ掛け持ちのメリット 社台系、特にサンデー、キャロット、シルクの募集馬のメインとなるノーザンファーム生産馬は他牧場と比較して圧倒的な成績を収めています。 であればこういったクラブに入るのが最も活躍馬に出資する近道ではないかと思えますが、これらのクラブは人気が凄まじく、ほとんどの方は抽選漏れで目当ての馬に出資するのが難しいという状況です。 サンデーやシルクは実績制を取っており、過去数年で数百万以上の出資実績があれば希望の馬に出資することも可能ですが、なかなかそこまで資金を使える方も少ないでしょう。 キャロットは母馬に出資していた方や、前年・過去2年で最優先枠で出資できなかった人は出資がしやすくなりますが、それでも毎年好きな馬に出資というのは難しいです。 こういった現状を考えると、社台系のクラブで抽選に参加し当選した馬に出資、もう少し頭数を増やしたい場合に非社台系のクラブで出資をするという形が望ましいでしょう。 非社台系のクラブであれば即満口になるような馬はほぼなく、デビュー直前まで様子見できるクラブもあります。 こういった非社台系のクラブに入っておけば、世代ごとの頭数が調整できますし、栗東・美浦、牡馬・牝馬、種牡馬のバリエーションなども自由に組み合わせることができます。 社台系に比べて平均募集価格が安いのも魅力の一つです。 社台系クラブ掛け持ちのメリット 次に社台系クラブを掛け持ちするという案が考えられます。 例えばキャロット+シルクなど。 本来、同じ系統のクラブを掛け持ちするのは会費がかさむためあまり望ましくありませんが、現状これらのクラブの凄まじい人気を考えるとありです。 メリットは単純ですが、抽選で当選する頭数を増やせるという点です。 また、バイヤー系に属している東京サラブレッドクラブ、サラブレッドクラブライオン、DMMバヌーシーでも社台系の生産馬が毎年募集されているのでこれらのクラブと組み合わせるのもありかと思います。 非社台系クラブ掛け持ちのメリット 非社台系クラブといっても牧場集合系、独立牧場系、バイヤー系、折衷系と分類が分かれています。 個人的には「バイヤー系+その他のクラブ」がおすすめです。 バイヤー系の場合、セリや庭先取引で馬を買い付けて募集を行うため毎年新鮮なラインナップが楽しめます。 その反面、気に入った母馬がいてその馬の次年度産駒に出資しようと思っても募集される可能性は低いです。 これに対し、牧場集合系や独立牧場系の場合、クラブゆかりの血統といわれるような母馬の産駒が毎年募集されることもあり、例えば自分の出資馬が将来繁殖牝馬となった場合、その産駒が募集される確率もバイヤー系に比べて高いです。 一口馬主の楽しみの一つでもありますね。 ですので、バイヤー系で毎年変わるラインナップを楽しみつつ、牧場集合系や独立牧場系でおなじみの血統に出資する。 こういったことができるのがこの組み合わせのメリットです。 募集口数から掛け持ちクラブを考える 以下の表は各クラブの募集口数の大まかな一覧表です。 口数 クラブ 大口募集 (40~50口) 社台TC(社台) サンデーTC (社台) G1TC (社台) 中口募集 (100~200口) グリーンF (社台) ターファイトC (牧場集合) ユニオンOC (牧場集合) ラフィアンTC(折衷) 小口募集 (400口~500口) キャロットC (社台) シルクHC (社台) ローレルC (牧場集合) ロードTO(独立牧場) ノルマンディー (独立牧場) 大樹RC (独立牧場) ワラウカド (独立牧場) 東京TC(バイヤー) 友駿HC (バイヤー) TCライオン (バイヤー) 京都TC (バイヤー) ウインRC (折衷) 超小口募集 (1000口~2000口) 広尾TC (バイヤー) DMMバヌーシー (バイヤー) YGGOC (バイヤー) では早速ですが口数による掛け持ちクラブの組み合わせを考えていきます。 大口クラブと中口・小口クラブ掛け持ちのメリット 大口クラブの メリットは、 ・少人数で所有するため小口に比べて所有欲が満たされる ・活躍時のリターンが大きい ・牧場見学や口取りがしやすい ・命名がしやすい といった点があげられます。 デメリットは、 ・人気馬は競争率が非常に高い ・1口当たりの出資価格や維持費が高額 といったところでしょうか。 これに対して 中口・小口クラブに出資する メリットは、 ・1頭に対する出資者が多い為、出走する際などSNSが盛り上がる ・1口当たりの出資価格や維持費が安価 デメリットは、 ・活躍時のリターンが少ない ・牧場見学や口取りの競争率が高い ・馬名応募の競争率が高い つまり大口クラブとメリット・デメリットが逆になります。 これらを考慮すると以下の出資パターンが浮かび上がります。 ・大口クラブで年1、2頭 ・中口・小口クラブで足りない分を補い、また大口クラブでは出資し辛い高額の良血馬に出資 この組み合わせであれば大口クラブ出資馬で牧場見学や勝利時の口取りを楽しみつつ、中口・小口クラブで多頭数の出走を実現できます。 同口数クラブ掛け持ちのメリット この組み合わせは各出資馬を平等な気持ちで応援できるところがポイントになります。 例えば、40口募集馬と400口募集馬では10倍リターンが違うわけで、どうしても応援する熱量が変わってしまうことが予想されます。 同じような口数のクラブ同士であればこういった心配はいらず、どの馬に対しても同じ感覚で応援することができます。 ただこのあたりは個人差があると思います。 口数が違っても気にならない方も中にはいらっしゃるでしょう。 中口・小口クラブと超小口クラブ掛け持ちのメリット これは最初に上げた大口クラブ+中口・小口クラブの口数分割バージョンと考えてもらえれば良いです。 中口・小口クラブで1,2頭出資し、超小口クラブで足りない分を補うといった形です。 ただ、大口クラブのように牧場見学や口取りがしやすいという訳では無いので、少しメリットは薄れます。 このパターンの掛持ちを有効に活かすのであれば、例えばキャロットで最優先を毎年使って1頭確保しつつ、超小口で複数頭に出資。 シルクで最優先(抽優)を使って良血馬にチャレンジしつつ、超小口で複数頭に出資。 といった作戦などが考えられます。 仕入れタイプ・口数を組み合わせる 実際に掛持ちクラブを考えるには、仕入れタイプと口数の分類を組み合わせて考えるとより満足のいく結果が得られます。 組み合わせの一例(私が入会している3クラブ) ・キャロットクラブ( 社台牧場系・小口) ・ワラウカド( 独立牧場系・小口) ・広尾サラブレッド倶楽部( バイヤー系・超小口) 各クラブ簡単に解説していきます。 キャロットクラブ ご存知の通り社台系です。 ノーザン生産馬が大半を占め非常に成績の良いクラブですが、競争率が高くなかなか目当ての馬に出資できません。 2019年は7頭に応募して出資出来たのは2頭といった具合です。 ワラウカド 非社台の独立牧場系です。 パカパカファームの生産馬が募集されます。 2017年に開設されたばかりで会員数も少ない為、満口にならず締め切られる馬も半数ほどいます。 つまり早い段階であれば目当ての馬に確実に出資することが可能です。 以下の記事で詳しく解説しているので興味を持たれた方はご覧ください。 どのような考えでこの3クラブを選んだか キャロットとワラウカドは社台系と非社台系です。 キャロットで当選した頭数をベースに、補いたい分をワラウカドで出資することを最初に考えました。 そして、キャロットとワラウカドだけではほぼノーザンファームとパカパカファームの生産馬だけなってしまうので、もう少しバリエーションが欲しいと考え、バイヤー系の広尾サラブレッド倶楽部に入会しました。 数あるバイヤー系の中で広尾サラブレッド倶楽部を選択した理由は超小口クラブという点です。 当初は一口馬主を始めたばかりということもあり限られた予算の中で頭数を増やす目的で1口2口ずつ多頭数に出資していました。 最近はキャロットやワラウカドの頭数が増えてきたため広尾TCでは小頭数に絞り、逆に1頭当たりの口数を増やして400口、500口クラブと同等の割合にしています。 同口数クラブ掛け持ちのメリットは実は複数口出資でも実現できるんですね。 といった具合で、私の場合メイン・サブクラブといった住み分けはせず、各クラブの仕入れタイプや口数を考慮しつつ3クラブからバランスよく出資するというスタイルを取っています。 最後に 正直回収率を重視するのであれば1クラブに絞るのが会費負担を考えると最善ですが、満足度を高めたいのであればやはり掛持ちがおすすめです。 ただあまりクラブを増やしすぎても各クラブのサイトにアクセスして近況を見るのが煩わしくなったり、会費負担も馬鹿にならないのでほどほどが良いでしょう。 最初は1クラブから始めて徐々に目標のクラブ数に増やしていくもよし。 もしくは一気に5クラブほど入会して自分に合ったクラブだけを残して減らしていくもよし。 最終的な状態に落ち着くまでの道のりも色々なパターンがあるかと思います。 皆さんに合った方法で、好みのクラブを選択してみてください。 その際にこの記事が参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の