東大 王 妊娠。 “頭脳王”東大生・河野玄斗「妊娠・中絶」報道、子育て自慢していた母親にも批判が飛び火!|日刊サイゾー

水上颯がA子(女子大生)を妊娠中絶!顔画像や大学の名前はFacebookに?

東大 王 妊娠

一方で 「 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト 」でベスト30にも残った経験のあるイケメンでもあります。 テレビ番組 『 最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王 』では二連覇を果たし、「東大王」や「頭脳王」の称号も。 昨年出版した著書 「シンプルな勉強法」は10万部を突破。 さらにアイドルのプロデュースも手がけ、 YouTuber としても活動している才能あふれる逸材。 『げんげん』とも呼ばれ、いまもっともブレイクしている東大生タレントです。 東大王・河野玄斗が元彼女A子さんにしたヒドい仕打ち その河野さんが、女性とトラブルになっていたというのです。 その記事の内容が、河野さんのイメージとは真逆の 「クズぶり」を露呈しています。 お 相手A子さんはこんな方• 今年5月、河野さんから 「新しい彼女ができた」と告げられる• A子さんは「支えてくれないなら連絡はいらない。 最後に会いたい」と伝える• しかし、河野さんは 「会えない」と断る• A子さんは河野さんに向き合ってほしくて「死」をほのめかす言葉を使う A子さんは、ただただ河野さんに、今回の件について責任をもって対応してほしいと思い、必死で訴えたのですが…。 彼女のもとにやってきたのは、河野さん本人ではなく、警察でした。 河野さんが「彼女を保護してほしい」と通報したそうです。 A子さんは河野さんのことをしつこく追い回したこともないのに 「ストーカー」扱いをされ、さらに警察で「今後は弁護士を通して連絡する」という趣旨の上申書を書かされました。 「東大で学んだ法律の知識を活かすのがこんなことだったのか…」とA子さんはますます傷つき憔悴したそうです。 河野玄斗の元彼女の妊娠・中絶についての言い訳 今回の記事では、A子さん側の証言だけでなく、河野さんへの直撃取材の様子も記されています。 おたがいそうなるとは(妊娠・中絶)思わず、びっくりした• 『産みたい』といわれて 『堕ろせ』とは言っていない• A子さんの心身のダメージについて 責任は取ったとおもっている• でも物理的にキャパシティがある。 7時間電話して実習にいったことも• 『法律上、なんの責任も負わない』というい判例も調べた• A子さんに会いにいかなかったのは、 自分の命のリスクも感じたから• 警察に通報したのはA子さんが、電話で 『この場で死ぬ』といいだしたから• 『弁護士を通す』と書かせたのは、自分が切り出したことではない いくつか、A子さんの証言と食い違うこともあります。 これらの言葉を見ていると、いろんな意味での河野さんの冷静さと頭のよさが垣間見られます。 さらに、「まだ脳が発達していないから~」などの発言をしたか?という質問について個別の回答はなかったそうで、後日、事務所を通して書面で返答があったそうです。 誠意を持って(中絶後の)約1年間彼女と向き合ってきましたが、この関係を長く続けるのはお互いのためによくないと思い、今年四月に今の関係に区切りをつけたい旨を申し出ました。 彼女を傷つけてしまったことに対して、 深く反省をしております」 A子さんにまつわる件に対しての河野さんの態度は、一貫してドライという印象を受けますね。 ちなみに河野さんは、 「将来は難しい医療訴訟を扱える弁護士になり、医療過誤で泣き寝入りせざるをえない人たちを救いたい」 という夢をもっているようです。 スポンサードリンク まとめ 河野玄斗は東大でもクズ?元彼女への妊娠中絶よりヒドい仕打ち 今年2月に『 最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』(日本テレビ)で2連覇を果たした河野玄斗さんの女性問題に関するスキャンダルが6月13日発売の週刊文春で報じられました。 河野さんと飲み会で出会ったA子さんは(河野さんの子を)妊娠・中絶しただけでなく、警察沙汰になりストーカー扱いされるなど、心身ともに傷つきました。 それに対して、河野さんは「反省しています」と文書を発表しています。 東大に一発合格した河野さんの優れた頭脳で、この問題をのりきっていくのでしょうか?今後の動向に注目が集まります。 おなじ東大に通う、東大王・水上庄 颯さんが文春にスキャンダルをスクープされました。

次の

東大王・水上颯にも妊娠中絶報道 同じ東大医学部の河野玄斗に続く告発

東大 王 妊娠

水上颯 女性トラブル報道 妊娠で 出典twitter. com 水上颯 女性トラブル報道のニュースは、次のように報道されています。 「生理が来ないことを伝えた途端、彼の態度は急変しました。 王子様みたいに優しかった彼の冷たい言動に耐え切れず、一人で堕胎することを決心しました」 大きな目から涙を流しながらそう語るのは、都内有名大学に通うA子さん(20代)だ。 彼女は、クイズ番組「東大王」(TBS系)で大人気の東大生・水上颯氏(23)と3年にわたって交際してきた。 だが今年5月、非常に不本意なかたちで中絶手術を受け、水上氏との子供を堕胎したばかりだという。 取材班が水上氏のトラブルに関する情報を掴んだのは6月下旬。 6月13日発売の「週刊文春」でクイズ番組「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」(日本テレビ系)で活躍する、 東大医学部生の河野玄斗氏(23)と女性タレントの中絶問題 を報じた、わずか1週間後のことだった。 交際相手であるA子さんに取材を申し込むと、A子さんは重い口を開いたのだ。 「私の恋人だったのは『東大王』の水上颯君。 『頭脳王』の河野玄斗さんと同じく、東大医学部に通っています」(A子さん) A子さんが水上氏に出会ったのは2016年5月。 A子さんが大学1年生、水上氏が大学3年生のときだった。 A子さんが明かす。 「颯君とは友人を通じて出会いました。 彼は最初から積極的で、みんなの前でハグをされて驚きました。 初デートでは恋愛映画を観に行ったんです。 その日に颯君から告白され、交際することになりました。 颯君は女性慣れしているように見えたし、私は大勢の中のひとりだろうと思っていたのですごくうれしかったです。 それから月に1、2回はデートをしていました」 そんな微笑ましい2人の交際は、4年目に差しかかろうとしていた。 「颯君は忙しいので、私から会いたいと言い過ぎないように気をつけていました。 でも昨年末に『本当はもっと会いたい』と伝えたんです。 颯君は『そうだったの? 今年3月下旬のことだった。 「性行為のときはいつも『避妊具をつけずにしたい』と言われていたのですが、妊娠するのが怖くてその度に断っていました。 その日も途中までは避妊していたのですが、度々求められるのでつい許してしまったんです。 最近たくさん会ってくれることが嬉しくて、期待に応えようとしてしまいました」 数週間後、A子さんは生理が遅れていることに気づいた。 すぐに水上氏に電話し、「生理がこない」と伝えたという。 「颯君は『1、2週間後にまだこないようだったら検査してみて。 赤ちゃんにもよくないからストレスを溜めないようにね』と言ってくれました。 親にも友達にも相談できずに悩んでいたのですが、この人だったら大丈夫だと思った。 万が一妊娠していたとしても、産みたいと思えるほど優しい言葉でした」 しかし、その電話の後から水上氏の態度が急変した。 「まだ妊娠検査薬で結果がわかる時期ではなかったのですが、颯君と早めに直接話をしておきたくて、何度もメッセージを送りました。 でもそのたびに忙しいことを理由に《その日は無理だ》と断られ続けました。 不安で不安で仕方ありませんでした」 そこでA子さんは意を決して、「(こちらを見てくれないのは)私に生理がこないからなの? 」と聞いた。 「不安で、声は震えていたと思います。 そうしたら『ずっと言いたかったんだけど……楽しくない』と、急に不機嫌な態度になってしまって。 数日前に電話口で聞いた優しい声とは全く違う、冷たい声でした」 A子さんは「パートナーと連絡が取れない」ことを理由に中絶同意書に一人でサインし、堕胎手術を受けた。 15万800円の費用は、A子さんが全額負担した。 出典headlines. yahoo. jp 「東大進学者数日本一のエリート校・開成高校に進学する際には『腕試しで受験したら受かった』という秀才です。 開成在学時には『第32回 全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)に学校代表グループとして出場し優勝。 開成高校の3連覇に貢献しました。 当時からテレビ局関係者は彼に注目していました」(テレビ局関係者) 東大医学部入学後にも「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」(日本テレビ系)や「ネプリーグ」(フジテレビ系)、「クイズプレゼンバラエティー Qさま!! 」(テレビ朝日系)などのクイズ番組のほか、「オールスター感謝祭」(2017、2018・TBS系)などバラエティ番組にも幅広く出演。 現在は東大王チームに、芸能人チームがクイズで挑戦する番組「東大王」にレギュラー出演している。 出典headlines. yahoo. 恋愛にはディフェンスも必要よ。 結局自分の体は自分で守るしかないですから。 人の気持ちが分かる大人にならないと。 こんな人医者にならないでほしい。 結婚したり子供を望んでいないのに、避妊を嫌がってたのが本当なら、頭が悪いと思う。

次の

東大王の私物プレゼント応募方法・条件は?期限やメンバーの私物まとめ

東大 王 妊娠

数週間後にA子さんは生理が遅れていることに気付くと、水上氏にそれを電話で伝えたところ優しい言葉をかけてくれたというが、数日後いざ直接会うことができた時には『ずっと言いたかったんだけど……楽しくない』と、水上氏に冷たく突き放されてしまったそうだ。 その約1週間後に妊娠検査の結果が陽性と分かると、一刻も早い中絶が母体への負担を最小に抑えられるということと、水上氏には冷たい言動を取られていたことからA子さんは1人で中絶同意書にサインして堕胎手術を受けたという。 この水上氏のスキャンダルについて世間からは《最近、東大生はっちゃけ過ぎだろ》《河野君に続いて、水上君もかい》《東大生のパッとしてる人ほどチャラいような気がする》《テレビに出てるからって、ちょっと調子に乗っちゃったのかな》などといった呆れ声が上がっている。 「先月13日には、同じくテレビなどに出演するスーパー東大生の河野玄斗氏が、20代後半の女性タレントをワンナイトラブの末に妊娠、中絶させたことが同誌でスクープされている。 今回のA子さんは、堕胎から約1カ月後にようやく水上氏から電話があったものの、その連絡は河野氏の中絶トラブルを同誌が速報したわずか2時間半後だったとのこと。 自分にも思い当たる節があったことから、焦って連絡してきたことが見え見え。 結局、A子さんが中絶したことが分かると『ごめん』と何度も謝ったのちに『いままでありがとう。 じゃあね』と、電話を切ったといいます」(エンタメ誌ライター) 昨年10月には14年の「ミスター東大コンテスト」ファイナリストであり、こちらもテレビ番組出演が目立っていた稲井大輝氏も30代女性に対する性的暴行の疑いで逮捕されている。 頭脳明晰な彼らが、なぜ中絶トラブルを防げなかったのか、その想像力のなさに驚く。 (権田力也).

次の