お 時間 を 取ら せ て しまい 申し訳 ご ざいません。 「急なお願いごと」をするとき、どんなメール文を書けばいい?

敬語チェックお願いします!

お 時間 を 取ら せ て しまい 申し訳 ご ざいません

ビジネスシーンにおけるコミュニケーションは、丁寧かつ正確な言葉を使って行うことが大切です。 言葉の丁寧さだけでなく、内容の丁寧さなども求められることが多く、相手への気遣いや心配りも重要です。 特に、相手に何かを依頼したり、謝罪したりする際は、より丁寧な表現や気遣いをすることが大切です。 ちょっとした一言や一文があるだけでも、相手への印象が変わることもあるため、気遣いや丁寧さを表現するフレーズのバリエーションは、たくさん知っていた方が良いでしょう。 今回は、気遣いや丁寧さを表現するフレーズの1つである「お手間を取らせてしまい」といいう言い回しをテーマにして、意味や使い方を考察・ご紹介していきます。 Web電話帳を導入しませんか? まずは、「お手間を取らせてしまい」というフレーズの意味について考えていきます。 「お手間を取らせてしまい」という言葉の意味について考える際、解釈に迷いやすいのが、「手間」という言葉だと考えられます。 そこでまずは、「手間」という言葉の意味について考えていきましょう。 「手間」について、「goo辞書」では以下の引用のように解説されています。 引用の内容によると、「手間」という言葉には、大きくわけて3種類の意味があるとされています。 「手間」の1つ目の意味や、物事などを行う際に必要となる時間や労力のことだとされています。 2つ目は、「手間賃」という言葉を略したものとしての意味です。 そして3つ目は手間賃を取って行う仕事や、それらの仕事を行う人のことだと言われています。 1 そのことをするのに費やされる時間や労力。 2「手間賃」の略。 3 手間賃を取ってする仕事。 手間仕事。 また、その仕事をする人。 最近は、仕事の相談や交渉なども、メールでやり取りするケースが多いと言われています。 そこでまずは、ビジネスメールにおける「お手間を取らせてしまい」というフレーズの使い方について考察していきます。 メールにおいて、「お手間を取らせてしまい」を使用する場合は、依頼や謝罪をする際に使用されるケースが多いと考えられます。 また、相手に何らかの迷惑をかけてしまった場合に、「この度は、お手間を取らせてしまい申し訳ございせんでした」といった言い回しで謝罪の文章を記入すると、より丁寧な謝罪をすることが可能になります。 会話 上記では、「お手間を取らせてしまい」という言葉を敬語として使うには、前後の言葉の選び方に気を付けることが大切だと考察しました。 また、その一例として「申し訳ございません」などの言葉を選ぶことで、目上の人にも使用できる言い回しになることをご紹介しました。 反対に、目上の人に対して使用するのに丁寧さに欠ける言葉としては、「すみません」などが挙げられます。 「すみません」という言葉は、決して汚い言葉というわけではありません。 しかし、「申し訳ございません」と比較すると、相手への敬意の度合いは低い言葉だと考えられます。 そのため、同じ「お手間を取らせてしまい」を使った言葉であっても、「お手間を取らせてしまいすみません」は、上司などに使うのには微妙な言葉だと言えそうです。 会話の場合はややフランクでもOK 「お手数をおかけしてしまい」というフレーズもまた、「お手間を取らせてしまい」というフレーズと並んで、ビジネスシーンで頻繁に使われる言い回しの1つです。 「手数」という言葉の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手数」には2つの意味があると読み取れます。 1つ目の意味はある物事などをするのに必要な動作などを指すものとなっています。 そして2つ目の意味は、他人のためにかける手間だとされています。 上記のような意味から、「お手数をおかけしてしまい」というフレーズには、「お手間を取らせてしまい」と同じような意味があると考えられそうです。 1 それをするのに要する動作・作業などの数。 てかず。 2 他人のためにことさらにかける手間。 てかず。 お手を煩わせてしまい 「お手間を取らせてしまい」と似ている意味を持つフレーズとして、「お手を煩わせてしまい」という言い回しも挙げられます。 「手を煩わせる」という言葉の意味については、「weblio辞書」にて、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手を煩わせる」とは、相手に面倒をかけてしまうことを意味する言葉だと読み取れます。 上記のような意味を持つ「手を煩わせる」に、丁寧な意味を持つ「お」などを付け加えた言葉が、「お手を煩わせてしまい」という言い回しだと考えられます。 物事を依頼した場面において、相手に面倒をかけることを強調した、しへりくだった表現。 手紙文などで多く用いられ、「お手を煩わせ恐縮ではございますが・・・」などのように使う。 直接相手に言う場面だけでなく、「他人の手を煩わせる」などのようにも用いる。 「お手間を取らせてしまい」は便利なフレーズ.

次の

「急なお願いごと」をするとき、どんなメール文を書けばいい?

お 時間 を 取ら せ て しまい 申し訳 ご ざいません

就職面接の時、上司に話をしたい時、さらに取引先に自社商品の話を聞いてもらえる時など自分がお願いをして時間を取ってもらった場面で使える便利な言葉が「お時間を割いていただき」です。 謝罪でも感謝でも、どちらの意味の言葉とも一緒に使うことができる「お時間を割いていただき」と言う言葉は相手への心遣いとしてぜひ正しく覚えて使いましょう。 面接 あなたが企業の面接を受ける時、相手は忙しい仕事の時間を使ってあなたと会っていると言うことを忘れてはいけません。 実際に面接を行ってくれる人事の方や、その会社と縁があり最終面接まで進むことができれば経営者自らがあなたと面接をする時間を取ってくれることもあるでしよう。 フルタイムで仕事をしていると、一日のスケジュールは細かく決められています。 まして面接を行うような経営者や人事ともなると忙しい身に違いありません。 多忙なスケジュールの合間を縫って時間を作ってくれた相手に対して「お時間を割いていただにありがとうございます」と言うのはまだその会社に入社していなくても社会人として言えるようにしましょう。 ビジネス 特に営業職に従事している人は、取引先との打ち合わせや商品の説明をするため相手の時間を使っていると言うことを忘れてはいけません。 事前に約束をしていた場合でも、飛び込みで営業に行き話を聞いてもらった場合でもどちらでも時間を使ってくれたお礼を伝えることであなた自身はもちろん、会社全体の印象も良くなります。 あなたや会社の印象を良く保つことで次の商談にも繋がりやすくなりますし、きちんと社員教育のされている会社と言うイメージを与えることで会社への信頼度も上がります。 メール 最近はビジネスシーンでもメールを使うことが多いのではないでしょうか。 メールで「お時間を割いていただき」と言う言葉を使う時はある程度限定された場面です。 面接でもビジネスシーンでも相手と会って話をしたその後に送信するお礼のメールに使用します。 「先日はお時間を割いていただき誠にありがとうございました」と言った具合の文章を宛名と半分の間に置くのが一般的と言えます。 まずは先日のお礼を述べ、その後に要件に入って行きましょう。 手紙でお礼を述べる場合にもメールと同じように文頭に置くのが一般的ですので気をつけましょう。 謝罪 「お時間を割いていただき」は謝罪と一緒に使うこともあります。 相手に無理を言って時間を作ってもらった場合にこそ使いたい言葉でもあります。 その場合は「ご多忙の中、お時間を割いていただき大変申し訳ございません」と伝えましょう。 営業職の方が取引相手に無理を言って会ってもらった場合や、接客業の方はお客様に足を止めてもらった時にも使える言葉ですのでぜひ覚えておきましょう。 「お時間を割いていただき」の読み方 「お時間を割いていただき」を正しく読めていますか。 メールや手紙などの書き言葉としてはもちろん、口語表現としてもよく使う言葉ですので読み方もきちんと覚えておきましょう。 正しくは「お時間をさいていただき」と読みます。 「割(わ)る」とは読み方が異なるので注意しましょう。 「時間を割く」と言う言葉は忙しい中で無理に時間を作ると言う意味を持っています。 時間を割くと言う言葉に敬語の「お」を付けてお時間を割くと言う敬語に変化した表現です。 さらに「お時間を割く」の「割く」に補助動詞の「いただく」を加えて「お時間を割いていただき」となります。 書き言葉の場合は「お時間を割いていただき」の「いただく」は必ず平仮名で表記します。 補助動詞と言う動詞を補助する働きの言葉は平仮名で表記すると決められているので注意が必要です。 「お時間を割いていただき」の類語 「お時間取っていただき」も割いていただきと全く同じ意味を持つ言い回しです。 「時間を割いてもらう」の敬語なのか、「時間を取る」の敬語なのかの違いで使い方にも差はありません。 強いて言うなら、「時間を割く」を使う相手は多忙であることを理解している上で無理を言って時間を作ってもらうと言うニュアンスが含まれます。 「時間を取る」はあらかじめ決められていた予定に対して使う言葉ですがどちらを使っても失礼には当たりませんので心配はいりません。 「お時間を頂戴する」 「お時間を割いていただき」と言う言葉をより丁寧に表現したい場合や、初対面の人、または自分よりかなり目上の人と会うときは「お時間を頂戴する」と言う言い回しを使っても良いでしょう。 「頂戴する」と言う言葉は「もらう」の謙譲語に当たります。 相手の時間を自分のために使うので、時間をもらうと言う表現は間違いではありません。 この「頂戴する」と言う日本語を使う時により丁寧にしようと「お時間を頂戴致しまして」と言い換えてしまうがちですが、「頂戴する」と「致す」を合わせて使ってしまうと二重敬語となり間違った敬語の使い方になってしまいます。 「お時間を割いていただき」の例文 お礼の言葉を添える場面で「お時間を割いていただき」が使える場面は多々あります。 例えば自分から相手に呼びかけて時間を取ってもらった場合はもちろんのこと、相手が自分にとって良い知らせを持ってきてくれた場面で使っても良いでしょう。 「今日はお時間を割いていただきありがとうございました」と感謝を込めて使いましょう。 申し訳 「お時間を割いていただき、大変申し訳ございません」「お時間を割いていただき、大変申し訳ございませんでした」と言う謝罪の言葉と一緒に使うこともできます。 こちらの責任で相手の時間を浪費してしまった場合や、せっかく会っていただいたのにお役に立てなかった場合などは謝罪の言葉と合わせて使いましょう。 きれいな日本語を使おう.

次の

「お手間を取らせる」「かけさせる」「手間」の類義語と正しい使い方

お 時間 を 取ら せ て しまい 申し訳 ご ざいません

「時間がかかる」という言葉を敬語で表現する際、まずこの言葉の意味として多くの時間や労力を必要とし、すぐには解決しない状況のことを表す意味となります。 この言葉は相手に向けて使う場面が多く、こちらの都合で相手を待たせてしまう時に使用することが多いでしょう。 そして、その「時間がかかる」という言葉を敬語で表現したい場合、使う相手やそのときの感情によってその表現方法は変化していきます。 それでは「時間がかかる」を敬語で表現するとき、それぞれのシチュエーションによってどのように変化していくのかを見ていきましょう。 相手側に「時間がかかる」ときの敬語 相手に時間や労力をかけるときに使う「時間がかかる」の敬語には、感情の込め方によってその表現方法が変化していきます。 感謝の気持ちを込めて相手に伝えたい場合には、「お時間をいただき、ありがとうございます。 」と「時間がかかる」が「お時間をいただく」へと敬語に変わりました。 また、謝罪の気持ちを込めて相手に伝える場合には、「お時間をとらせてしまい、申し訳ございません。 」と今度は「時間がかかる」が「お時間をとらせる」というように表現されています。 このように「かかる」という言葉が「いただく」や「とらせる」という言葉に変化していくことで敬語で表現することができます。 また、「お手数をかけます」や「お手間をとらせる」といった「時間」に対して言葉が変化することもあります。 同じ相手でもその時の感情の込め方によって言葉やその意味が変化していきますので覚えておきましょう。 相手に対して自分側に「時間がかかる」ときの敬語 相手に対して自分側が時間や労力をかける際に使う「時間がかかる」の敬語として、自分が相手に迷惑をかけている状態が多いことから、謝罪する態度で表現することがベースとなります。 例えば、お客さまを待たせてしまうときの「時間がかかる」を敬語として表現したいときには、「商品をお持ちするまで、お時間がかかる場合がございます。 」と「時間がかかる」に「お~ございます」を付け加えます。 これは「時間がかかる」というのはあくまで自分側に働いているため、相手を敬う敬語表現ではなく、相手に対して自分が動作する敬語表現を使っています。 このように相手を立てて言葉を表現すること以外で相手に失礼な言葉にならない表現方法として、自分が謙遜した態度で相手に伝えていくことが必要なので頭に入れておいてください。 「時間がかかる」の敬語を上手く使うには? 相手に対して伝えたい言葉を敬語で表現する際、敬語の種類は3つ存在し、それぞれ「尊敬語」と「謙譲語」、そして「丁寧語」のいずれかを使用していきます。 例えば、「時間がかかる」をビジネスシーンで使用する場合は、相手を立てることができる尊敬語と謙譲語が主になってきます。 もし、相手や場面を選ばずに言葉を丁寧に表現したいときは、語尾にですます超をつける「丁寧語」を使用します。 では、この3つの敬語についてその特徴や含まれている表現などを詳しく見ていきましょう。 尊敬語 尊敬語とは、相手を敬って使う敬語になりますので相手の動作や状態を高めて表現します。 「お~になる」「ご~になる」「れる」「られる」「なさる」などをつけて相手に敬意を表します。 尊敬語を使った「時間がかかる」の敬語表現として挙げられるものは「お手数をお掛けします」や「お手間をとらせる」などです。 「時間」が「お手数」や「お手間」といったように変化し、相手に敬意する言葉に表現されます。 謙譲語 自分を相手より低くみて謙遜した態度で言葉を伝える際に使う場面では謙譲語を使用していきます。 「お~する」「ご~する」などをつけて相手に表現します。 謙譲語を用いて「時間がかかる」と表現すると「お時間がかかる場合がございます」が主に使われます。 相手に対して自分が時間や労力を割いたときには、この謙譲語を使用しましょう。 丁寧語 相手のことや状態を選ばずにですます調で用いる敬語となっており、日常会話で見かけることがとても多い敬語です。 語尾に「ございます」「です」「ます」をつけて表現し、また最も使いやすくすぐに実践できる丁寧な敬語です。 身近なところでは先輩や後輩ができるようになると、相手に対して敬意を払って話す機会があったり、また後輩から丁寧な言葉遣いで話しかけられることは誰しも経験があったことでしょう。 丁寧語は誰もがすでに使っている敬語として馴染みのある表現方法といえます。 「時間がかかる」ことをビジネスで使うとき ビジネスで「時間がかかる」ことを敬語にして使う場合を考えてみましょう。 まず「時間がかかる」という言葉には相手を待たせる表現が含まれています。 ビジネスシーンにおいて相手を待たせる場面として挙がってくのは、取引先やお客さまに対してではないでしょうか。 そのような場面では自分側が相手よりも上の立場として位置づけることになりますので、尊敬語や謙譲語を用いて「時間がかかる」を敬語に表現して相手に伝えていきましょう。 「時間がかかる」ことをメールで伝えたいとき メールで敬語を表現する場合、口語では気にする必要がなかった「二重敬語」に気をつけていきましょう。 例えば、「お手数をお掛けします」は「手数」と「掛ける」の前に「お」がついています。 この表現だと丁寧すぎてしまい、正しい敬語表現とはいえません。 文章で敬語を表現する際にはこの二重敬語には気を付けましょう。 ただし、日常会話などで無意識に二重敬語を使うひとがいますが、丁寧さがくどいだけであって失礼には値していませんので気にする必要はないでしょう。 二重敬語に気をつけた上でメールをする際は、相手が自分や身内に対して相手に時間や労力を使わせてしまった場合には尊敬語を、社外の人に対して待たせてしまうことを敬語で伝える際には謙譲語を主に使うということを覚えておいてください。 「時間がかかる」ことをお詫びとして使うとき 相手に謝罪するときに使う「時間がかかる」の敬語表現として、どのようにして相手に気持ちを伝えればいいのか確認しておきましょう。 時間がかかってしまったことに対して相手にお詫びをする場合、「お手数をおかけしてしまい」や「お時間をとらせてしまい」など尊敬語を用いることがほとんどな場面といえます。 なぜなら、時間を費やしたのは相手側になるため、このようなケースでは相手を立てながら謝罪の気持ちを込めるようにするのが筋となります。 「時間がかかる」を敬語表現して例文を作ってみよう! 相手に対して敬語で会話するといっても、自分にとって相手との関係性や伝えたい感情によって敬語の表現は変化するという内容に触れました。 それでは、実際に相手に伝える敬語のその表現方法について例文にしてみます。 こちらの例文も参考にしながら敬語の使い方を覚えてみてください。 相手側に時間がかかる場合 社長や部長といった目上の相手に使う「時間がかかる」の敬語として、相手の動きに対して 「お~になる」「ご~になる」「れる」「られる」「なさる」などをつけて例文を挙げてみます。 例文 ・「勤怠打刻を切り忘れてしまいましたのでご報告いたします。 お手数を掛けてしまいますが、勤怠の修正をよろしくお願いいたします。 」 ・「私の作業ミスにより課長にお手間をとらせてしまったこと、申し訳ございませんでした。 」 ・「この度はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございました。 」 相手が自分に対して時間や労力を割いてもらうときにはこのように表現しましょう。 自分側に時間がかかる場合 「時間がかかる」に「お~する」「ご~する」を付け加えた例文を挙げると、実はこの言葉には謙譲語として表現する機会はそれほど多くはありません。 そもそも相手を待たせてしまったときに使われる意味がほとんどであるため、自分側が時間を費やした表現を敬語にする場面は限られています。 「手数」や「いただく」といった言葉の変化もありませんので種類が少ない分、すぐに身につけてしまいましょう。 例文 ・「先週の水曜日にご注文された商品につきまして、在庫不足の関係により新しく仕入れてから発送するまでに1週間ほどお時間がかかる場合がございます。 」 ・「お客さまより頂いたお品物の査定には、1時間ほどお時間がかかりますのでご了承ください。 」 相手に対して自分が時間や労力を割いたときにはこのように表現します。 敬語を使う相手によって何かお願い事をしたり、あるいは断ったりする際に、間に相手を気配りした言葉を置くことによって、まさにクッションのような役割を表現してくれる言葉の使い方があります。 そのように相手のことを配慮することを目的として言葉を置く表現のことを「クッション言葉」といいます。 「ご不便をお掛けしますが」や「差し支えなければ」といった言葉を間に入れることでより丁寧に相手にこちらの意図を伝えることができますので、「時間がかかる」の敬語とクッション言葉組み合わせて例文を作ってみましょう。 「時間がかかる」の敬語とクッション言葉 「時間がかかる」ことをより丁寧な表現で相手に伝えていく言葉として「あいにくですが~お時間がかかる場合がございます。 」と「恐れ入りますが~お時間をいただいてもよろしいですか」がよく使われています。 ビジネスシーンにおいては、特に使うことの多い組み合わせとなりますのでチェックしておきましょう。 例文 「あいにくですが、ただ今大変立て込んでおりまして、予定時刻よりもお時間がかかる場合がございますのであらかじめご了承ください。 」 「恐れ入りますが、会員カードを新規作成いたしますのでお時間をいただいてもよろしいですか」 「時間がかかる」の敬語がクッション言葉にもなる 組み合わせて使うこと以外にも「時間がかかる」という言葉には、クッション言葉として使用することもあります。 「お手数をお掛けしますが~」や「ご足労をおかけして申し訳ございませんが~」などは相手に時間や労力を割いてもらった際に使うメジャーなクッション言葉と使われていることが多いです。 ぜひこちらもマスターしておきましょう。 例文 ・「お手数をお掛けしますが、こちらの書類にサインをお願いいたします。 」 ・「ご足労をおかけして申し訳ございませんが、自転車は市営の駐輪場をご利用くださいませ。 」 「時間がかかる」と同じ意味の敬語表現はあるの? お待ちいただく 「待ちます」を目上の相手に対して敬語表現する場合、尊敬語では「お待ちいただく」という表現になります。 この「お待ちいただく」の言葉は、「時間がかかる」の敬語である「お時間をいただく」と同じ意味を持つ言葉として使うこともできます。 例えば、「会議が終了するまでお時間をいただけますか」の「お時間をいただく」という言葉と、「会議が終了するまでお待ちいただけますか」の「待ちます」という言葉が、どちらも相手に対して時間がかかることを伝える表現として捉えることができています。 このように同じ意味を持つ例文を見比べてみることによって「待ちます」と「時間がかかる」には同じ意味として使用できることが分かり、「時間がかかる」の別の敬語表現として用いることは可能といえるでしょう。 「待ちます」の他の敬語表現について 「待ちます」を敬語表現すると「お待ち申し上げております」や「お待ちになってください」といった表現方法もあります。 しかし、これらの言葉には「時間がかかる」という意味は一切含まれていません。 例えば、「お客さまのご来店をお待ち申し上げております」という文には謙譲語が使われていますが、相手に対して自分が時間や労力を割いた表現にはなっていないことが分かります。 これを「お客さまのご来店をお時間がかかるようにいたします」と言葉を置き換えても、そもそも何を表現しているのかが分からなくなっています。 「お待ちになってください」の言葉についても「時間をかけてください」に変えて比べてみると、2つの文はそれぞれ意味の違う言葉として表現されていることが分かります。 以上のことを踏まえてると「待ちます」の全ての敬語表現が「時間がかかる」と同じ意味として使用できるとは限らないことを覚えておきましょう。 「時間がかかる」の敬語を理解してできるビジネスマンになろう!.

次の