酒田 市 ゴミ 分別。 カミソリ替刃の捨て方(ゴミ分別による処分方法)

酒田市ごみ収集

酒田 市 ゴミ 分別

粗大ごみとして処分できないもの• リサイクル家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコン)に該当するもの• 事業活動で発生したごみ(商店・飲食店・事業所、農業等)• 自動車と部品(タイヤ・バッテリー・マフラー・バンパー等)• 原動機付き自転車、自動二輪車• オイル類(エンジンオイル・ガソリン・灯油等)• 建築廃材(家屋の解体や修理工事で生じたごみ)• 医療廃棄物(注射針)医療機関へ返却• ピアノ・消火器・ペンキ・農薬・農業資材(ビニール、パイプ)・ガスボンベ(LPG)等 粗大ごみの回収方法や処分方法 酒田市で粗大ごみを回収・処分するには、・の2つの方法があります。 粗大ごみの回収・処分は、 「有料で事前申込制」です。 回収処分前の注意点 行政・自治体で粗大ごみを処分するのは「酒田市内に居住所がある個人」に限ります。 市外に居住所がある場合や事業者は対象外です。 戸別回収 以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。 (1)電話またはインターネットで申し込む (1)住所、(2)氏名、(3)電話番号、(4)収集する粗大ごみの品名と数量、(5)収集を希望される日と時間帯(収集時間帯は、「午前」か「午後」か)を教えて下さい。 収集時の注意点• 収集時は立ち会いをお願いします。 室内からの運搬はしていません。 (3)手数料を納付する 品目ごとに決められています。 収集後に納付書でお支払いいただきます。 品目別の手数料は「」をご覧ください。 持込み処分 以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。 (1)施設に自己搬入する 施設名 酒田地区広域行政組合 住所 〒998-0104 山形県酒田市広栄町3丁目133 電話番号 0234-31-2882 受付曜日 月曜日から金曜日(祝日も受入します) 受付時間 午前8時30分から午後4時30分 休日 土曜日・日曜日・1月1日から1月3日 よくわからない…という方は自治体へご連絡ください。 これは自治体で処分できるのか?というご質問は以下の連絡先に直接ご相談ください。 名称 市民部 環境衛生課 管理係 電話番号 0234-31-0933 自治体処分に向いていないケースと業者のメリット 粗大ごみを自治体・行政を活用して出すことができれば、無料もしくは格安で処分することが可能です。 ですが、• 大量の粗大ごみ処分をしたいが、行政では対応してくれない…。 そもそも粗大ごみが大きすぎて屋外に出すこともできない…。 全てを一気に片付けたいが、行政では捨てられないゴミもあると言われた…。 このようなケースだと、自治体・行政での粗大ごみ処分には不向きだと思われます。 また、お急ぎの場合では自治体・行政では柔軟な対応はしてくれません。 また、持ち込み処分などの場合では、 「持ち込むためのトラック」などをレンタルしていると、レンタル料や借りるために移動したり、自治体に運んだりする時間コストを考えると、結果的に費用は高くなることもあります。 片付け110番ができること 無料・格安で処分ができるのはみなさんが納めている「税金」によるおかげです。 払った税金なので、今回のような自治体での処分方法をお読み頂き、 ご自身で処分できることがベストだと思っております。 ですが、ご自身で処分できる方ばかりではなく、「困ったから何とかしてほしい…。 」というお声を全国より頂いております。 そこで片付け110番では、自治体では解決できない粗大ごみの処分に対応するサービスを行っております。 粗大ごみを処分したいけれど 「行政では回収してくれないと言われた…。 」「どこに頼んでいいかわからない…。 」「急いでいるけどどこもスケジュールがいっぱいで困っている…。 」「信頼できる業者に頼みたい。 」そのようなお悩みをお持ちの方、一度片付け110番にご相談ください。 365日年中無休• 最大1億円の賠償保険付• お客様満足度90%以上 「自治体で処分したいから外に出すだけでも手伝ってほしい!」など、どんな小さなお悩みでも解決いたします。

次の

カミソリ替刃の捨て方(ゴミ分別による処分方法)

酒田 市 ゴミ 分別

山形県鶴岡市でいらなくなった不用品の処分に関する悩みや困った時の解決に役立てばと思います。 不用品の処分で困る事例としましてはお引越しの時、遺品整理でお部屋にある物を整理する時、大掃除の時など整理をしなくてはいけない時に不用品の処分で困る事が多いと思います。 ですがいざ不用品の処分をしようと考えた時に、どこでどの様に不用品を処分をしたらよいのか?どんな手順で処分をする必要があるのか?など分からない事も多いと思います。 不用品の整理をする機会は意外とありますので、いざと言う時に困らないように考えて行きましょう! 不用品と言いましても扇風機やラジカセ、電話機などの小型の電化製品からタンス、ベット、ソファーなどの大きな家具まで色々な物があります。 大掃除なのかお引越しなのかにもより出て来る不用品も異なります。 簡単に捨てられる物から手続きを経て処分しなければならない物まで不要となる物に合わせて処分方法を考えて行かないとなりません。 山形県鶴岡市ではどんな方法で不用品を処分できるか考えて行きましょう! 鶴岡市で不用品の処分方法は? 山形県鶴岡市で不用品やゴミの処分方法について対応を考えたいと思いますが、不用品の処分方法についていくつか方法がありますのでご紹介をしたいと思います。 新しい物や状態の良い物などはリサイクルショップで買取もしくは引取してもらう。 荷物量が多い場合などはテレビなどでも見かける便利屋さんやリサイクルショップで処分をしてもらう。 小型のゴミや不用品は指定日にゴミステーション(ゴミ集積所)に出して処分する。 大型ごみ(粗大ゴミ)は受付センターに連絡をして指定処理券を購入して収集処分してもらう。 小型家電リサイクル法対象製品は小型家電回収ボックスもしくは小型家電回収指定場所へ持ち込み回収処分してもらう。 自分で市のゴミ処理施設へ自己搬入して処分をしてもらう。 色々な方法がありますが以上が主な不用品処分の方法になると思います。 それでは各項目をもう少し詳しく見て行きたいと思います。 スポンサーリンク 鶴岡市のリサイクルショップで不用品の買取が可能か問合せ! お引越し時や遺品整理などで家電製品や家具など家財道具の処分や使わなくなった物を処分しようか検討の際には鶴岡市のリサイクルショップで買取が可能か問合せをしてみましょう。 リサイクルショップでは色々な物を買取していますがリサイクルショップにも色々なお店があります。 比較的何でも買取しているリサイクルショップから家電製品に力を入れているお店、家具をたくさん扱っているお店、服をメインに扱ってるお店、雑貨に力を入れているリサイクルショップなどリサイクルショップにも特徴がありますのでご自身の不用品とマッチしているお店に買取や無料引取が可能かを確認してみる事で不用品を処分する事が可能な場合があります。 リサイクルショップでは販売する事が前提となりますので、古い物や状態の悪い物など商品価値が無い物は買取をしてもらえませんが、買取をしてもらえる事になれば不用品を処分する事が出来てお金をもらう事も出来ます。 出張買取などのサービスを行っているお店も多いため引き取りに来てくれたりしますので、お引越しの時などお部屋にある物をまとめて処分の検討をしている時にはリサイクルショップを活用してみるのも良いと思います。 リサイクルショップ利用時のメリットは! 出張買取サービスを利用したら自宅まで引き取りに来て運び出しもしてもらえるので楽です。 買取してもらえた場合にはお金に換える事が出来ます。 引越し時や遺品整理など物がたくさんある場合でも買取してもらえたらまとめて処分が可能です。 不用品処分の時のリサイクルショップ利用例 引越しで買取してもらえそうな不用品を買取してもらい不用品を減らす。 遺品整理で買取をしてもらえそうな不用品を買取してもらい不用品を減らす。 大掃除・物置の整理などで出て来た不用品を買取してもらい不用品を減らす。 リサイクルショップを利用して不用品を処分する場合には買取してもらえると言う事が前提となります。 鶴岡市の便利屋さんで不用品を処分をしてもらう! テレビでもよく見る機会が増えて来ましたが、便利屋さんがゴミ屋敷を片付けたり遺品整理で不用品を処分したりしている番組を見た事がある方も多いと思います。 山形県鶴岡市にも便利屋さんはたくさんあり日夜不用品の処分を行っています。 便利屋さんでは不用品の処分を日常行っているので、引越し時の不用品や遺品整理など大量の不用品、大型の不用品など素人では手におえないような不用品でも手早く運び出し数時間~数日で片付けてもらえますので個人では対応できないような不用品の処分では便利屋さんを利用して処分してもらうと言う方法も選択肢として検討しても良いと思います。 最近では便利屋さんの数も増えて来て価格競争も起きていますので以前と比べると価格も安くなり、作業の質も良くなって来ていると思います。 料金体系は主に不用品の量によるところが多いですが、最近では軽トラック満杯でいくら!と2トントラック満杯でいくら!などと言ったサービスを行っている所もあります。 業者により料金に差があるので何件か見積もりを取り金額の確認も大事ですが、サービス内容や質なども確認するようにしましょう。 年々便利屋を利用する人は増えて来ていますので今後もっと身近なサービスになるかも知れません。 便利屋利用時のメリットは! 不用品処分の経験が豊富なので素人が行うより作業が早く手早く終わらせてくれます。 費用は掛かりますが大量のゴミや不用品でも処分をしてもらえます。 業者によっては清掃などオプションサービスなどもあります。 便利屋で不用品を処分利用例 遠方に住んでいる!時間が無い!など自分たちで作業を行う事が出来ない場合。 引越しで不用品がたくさんあり自分では不用品を処分しきれない場合。 遺品整理などでお部屋丸ごとなど不用品がたくさんあり自分たちでは処分しきれない場合。 ゴミ屋敷など大量のゴミや不用品がある場合。 便利屋を利用する場合にはお金を払って不用品の処分や作業をお願いする事になりますので、不用品がたくさんある場合など自分で処分が出来ない時に便利屋を利用する事が多いと思います。 ゴミの日にゴミステーションに出して不用品を処分する ゴミステーションに指定の袋に入れてゴミを出すと言うごくごく当たり前の方法になりますが、意外と何ゴミ?なのか分からないと言う事があるのではないでしょうか? 日常のゴミに付いては普段捨てているので燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、ペットボトルなどのリサイクルなど分かると思いますが、整理をしてると捨てられるのかなと疑問に思うような物が出て来ます。 そんな時には鶴岡市のホームページにあるごみの出し方分け方の中の「ごみ分別一覧表」を利用しましょう。 ゴミの出し方・分け方の中のゴミ分別一覧表にはゴミの区分など色々書かれていますのでゴミの出し方・分け方を見る事で何ゴミか調べる事が出来ます。 ごみの区分が分かる事により捨てる事が出来る品目や処分が出来るかなどを知る事が出来ます。 ごみの捨て方、種別等が分かる事で不用品の捨て方の幅が広がりますので、迷った時にはドンドン調べて行きましょう! ゴミステーション(ゴミ集積所)で不用品処分例 ゴミステーションには大量にゴミを捨てる事が出来ず、袋に入るような小さな物しか捨てる事が出来ませんのでゴミステーションで不用品を処分する時は制限があります。 大掃除などで出て来た不用品を処分する場合。 買い替えなどで不要になった小型の不用品を処分など。 スポンサーリンク 鶴岡市の粗大ごみ 鶴岡市では粗大ごみの収集を行っていません。 リサイクルプラザへ直接持ち込みを行うか一般廃棄物収集運搬業者へ依頼して収集してもらう方法があります。 持込場所 : 鶴岡市リサイクルプラザ 鶴岡市水沢字水京68番地1 受付時間 : 午前9時~11時50分、午後1時~4時30分 (土日、祝日及び12月29日から1月3日までを除く) 小型家電リサイクル法対象製品は小型家電回収で処分 小型家電リサイクル法とは使用済小型電子機器等に利用されている金属その他の有用なものの相当部分が回収されずに廃棄されている状況に、使用済小型電子機器等の再資源化の促進を目的とした法律となります。 鶴岡市では小型家電リサイクル法に基づき家庭で不要となりました年に一度小型電化製品を無料で回収しています。 回収品目例 ノートパソコン、デスクトップパソコン、液晶モニター、マウス、キーボード、ハードディスク、 携帯電話、ビデオカメラ、デジタルカメラ、ワープロ、ゲーム機(携帯型・据置型)、地デジ・BS チューナー、DVD・ブルーレイ・音楽プレーヤー 鶴岡市ではパソコンに付いては鶴岡市リサイクルプラザ「くるりん館」で通年回収を行っていますので持ち込む事でパソコンを引取してもらえます。 小型家電リサイクル回収ポータルサイトでは各市町村の小型家電回収品目や回収場所などを調べる事が可能です。 鶴岡市のごみ処理施設へ自己搬入で不用品処分 鶴岡市にお住まいの方ですと市のゴミ処理施設に自分で出したゴミを持ち込む事により処分する事が可能です。 ゴミ処理施設に不用品やゴミを持ち込む際には用紙への記入などが必要となりますので鶴岡市以外の方は利用する事が出来ません。 処理施設へ不用品やゴミを持ち込む際には燃やせるゴミ・燃やせないゴミ・粗大ゴミなど分類されていてゴミの種類により持ち込む場所も異なりますので、持ち込みする際には分類分けを行ってから不用品を持ち込みするようにしましょう。 鶴岡市のゴミ処理施設ではなんでも処分してもらえそうなイメージがありますが処分できない物もあります。 処理できないごみ ・家電リサイクル法対象品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機など) ・パソコン ・小型充電式電池・タイヤ・バッテリー ・プロパンガスボンベ ・注射針・消火器・オートバイ ・ホムタンク・ドラム缶・自動車・廃油や塗料の入っている容器・ピアノ ・農薬などの科学薬品・家庭用耐火金庫・事業系ごみは持ち込みしても処理してもらえませんので注意が必要です。 その他施設により処理が出来ない物があります。 自分のタイミングで持込する事が可能です。 ゴミ処理場へ持ち込みデメリット 自己搬入する必要がありますので、トラックなど大型の車をレンタルなど借りる事が出来るかなどがポイントになります。 自分でゴミの分別を行いゴミや不用品を持ち込むという作業を行う必要がありますので作業を行える前提となります。 鶴岡市のゴミ処理施設で不用品処分の利用例 鶴岡市に住んでいて鶴岡市で排出された不用品を処分してもらう事が出来ます。 お引越しで不要となった家具や不用品、ゴミを持込処分してもらう。 遺品整理で不要となった家具や不用品など持ち込み処分してもらう。 整理などで出て来た不用品をゴミ処理施設へ持ち込み処分が可能です。 鶴岡市で不用品処分のまとめ 不用品の処分方法は色々ありますが不用品の量や品目など自分で対応が出来る不用品なのか対応できないのかなどにより処分方法を考えて行く必要があります。 大量の引越しゴミをゴミステーションに出す事は出来ませんので引越しでトラックいっぱいになるようなゴミをゴミステーションでは処分できませんので状況に合わせた適切な処分方法を考えなければいけません。 不用品の量やゴミの量、自分で行える作業内容なのかなどにより対処方法は異なりますが、自分の状況と処理方法を合わせて不用品の処分を行っていきましょう。 皆さんの参考になればと思います。

次の

【令和2年最新】酒田市のゴミの出し方とゴミ収集(回収)日スケジュール | 山形の不用品回収廃品処分買取りなら山形片付け110番へ

酒田 市 ゴミ 分別

廃棄物とは、占有者が自分で利用したり他人に有償で売却したりできないために不要となった固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによって汚染されたものを除く)をいい、一般廃棄物と産業廃棄物に分類されます。 横浜市では、家庭生活から生じた廃棄物を一般廃棄物の家庭系ごみとし、店舗・会社・工場・事務所などの営利を目的とするものだけではなく病院・学校・官公署など広く公共サービス等を行っているところも含めて、事業活動に伴って生じた廃棄物を事業系廃棄物(事業系ごみ)といいます。 事業系ごみは、事業系一般廃棄物と産業廃棄物に大別され、そのうちの 以外のごみを、事業系一般廃棄物(一般ごみ)としています。 一般廃棄物と産業廃棄物のフロー図 事業者はその事業活動に伴って生じた廃棄物について「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び「横浜市廃棄物等の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例」で自己処理責任が次のように定められています。 事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければなりません。 (この事業活動については、すべての事業活動のことで営利目的は問いません)• 事業活動に伴って生じた廃棄物の再生利用等を行うことにより、その減量に努めなければなりません。 事業者は、減量化、資源化及び廃棄物の適正な処理に関する横浜市の施策に積極的に協力しなければなりません。 自己処理とは、排出事業者が自ら廃棄物の処理を適正に行うことをいい、 自ら処理できない場合に委託して処理することも含みます。 委託処理する場合、廃棄物処理法及び市条例で定める処理基準に従って処理しなければなりません。 委託処理とは、廃棄物の処理をすることができる許可業者に委託して行うことをいいます。 その場合、排出事業者は廃棄物処理法及び市条例で定める委託基準にしたがって委託しなければなりません。 古紙類などの資源物を、自治会や町内会等が行っている資源集団回収に提供することはできません。 併せて、市内各所に設置してある資源回収ボックスの利用もできません。 たとえ少量であっても、自己処理しなければなりません。 事業系ごみは、横浜市では収集しません。 また、古紙類などの資源物を、自治会や町内会等が行っている資源集団回収に提供することはできません。 併せて、市内各所に設置している資源回収ボックスの利用もできません。 たとえ少量であっても、資源物であっても、家庭ごみの集積場所に出すことはできません。 分別ルールを守らない者に対して、勧告、命令をし、なお分別しないでごみを出した場合は、罰則(過料2,000円)が科されます。 (平成20年5月1日から)(詳しくはへ) 事業系ごみの分別と、家庭ごみの分別とはルールが違います。 事業系ごみの分別については、へ• リサイクルの方法についてはへ• リサイクル施設はへ どうしてもリサイクルできない場合は、 一般廃棄物についてはに、 産業廃棄物についてはに、 収集を依頼し、有料で処理してください。 また、産業廃棄物の保管については、 に従って保管してください。 (割り箸の袋や封筒などの紙ごみは、一般ごみに入れられません。 また、ダンボールをごみ容器にするなどできません)種類ごとに分別して(ダンボールは折り畳むなどし、紙パック等は汚れを落としてから)古紙業者に引き渡して、リサイクルしてください。 量も減り、悪臭も抑えられます。 ごみ容器(ふた付き)や防鳥ネット等を適正に使用して、散乱等の防止対策を確実に行ってください。 この場合は、一般廃棄物が生じた区のへ事前申請が必要となります。 なお、搬入できない禁止物として、資源化可能な古紙類、 (廃プラスチック類・金属くず・ガラス陶磁器くず・建設業に係わる木くず・廃油等。 缶・びん・ペットボトルも含みます)などがあります。 ご注意下さい。 また、搬入禁止物を持ち込んだ場合、を行っています。 事業系ごみ収集の流れを説明した図 事業で発生しそうなごみの画像 小規模の住居併置事務所・店舗から出るごみを市が収集する場合、届出が必要です。 対象となる事務所・店舗 次の3つの要件すべてに該当する事務所です。 ごみの処理手数料はかかりません。 住居と併置する事務所であること (注意)マンションなどで1階に店舗があり、2階より上に住居がある場合や同じ敷地内でも住居と事務所が別棟の場合などは対象となりません。 従業員が同居の親族等で構成されていること。 ごみの量が常時一日平均「家庭ごみ・事業ごみ」合わせて5キログラム又は、「事業系ごみ」が3キログラムであること。 届出方法• 届出書は、お住まいの区のと一般廃棄物対策課で配布しています。 必要書類• 事業系一般廃棄物(住居併置事業所)処理届出書(3枚複写)• 世帯全員の続柄入りの住民票の写し 提出先• へ PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

次の