大腸 憩室 炎 食事 レシピ。 憩室炎の食事

腸に負担をかけないやさしい食べ物、避ける食べ物

大腸 憩室 炎 食事 レシピ

Contents• 潰瘍性大腸炎におすすめの食事メニューの選定について <出典:より> ここでは私が、潰瘍性大腸炎の方におすすめだと思う料理について多数紹介していこうと思います。 潰瘍性大腸炎におすすめする選定基準は、病院の食事指導には乗っ取っていません。 なぜなら、私は病院が実施している食物繊維を摂取しない食事指導 「低残渣食」が間違っていると考えているからです。 私が潰瘍性大腸炎におすすめな食事メニュー・レシピの選定基準は以下の通りです。 魚料理である• 肉の場合は、鶏肉を使用している• 食物繊維が豊富に含まれている• 野菜がふんだんに使われている• ネバネバ食材を使っている• 発酵食品を使っている 主菜(魚料理) ここでは、メインのおかずとなる魚料理を中心にご紹介。 さばの味噌煮 魚の定番料理、さばの味噌煮です。 さばには抗炎症作用があるEPAも多く含まれており、さらに発酵食品である味噌で味付けされているので潰瘍性大腸炎のおかずとしてはとてもおすすめの料理です。 >> さばの煮付け しょうゆベースの甘じょっぱいタレで煮込まれたさばの煮付けです。 さばの味噌煮に続いて、定番の煮物料理ではないでしょうか。 さばの味噌煮に比べて、しょうがのかおりも引き立ち、さっぱりと食べることが可能な料理ですね。 >> さばの南蛮漬け 人参や玉ねぎ、いんげん等の野菜が一緒に和えられたさばの南蛮漬けです。 南蛮漬けは、お酢が入っているため、さっぱりと食べることができるので、暑い季節にはもってこいのメニュー。 お酢も免疫力を高める効果があるので、潰瘍性大腸炎には有効的です。 >> さばチリソース さばのアレンジレシピのチリソース和えです。 キノコやミニトマト、そしてチリソースでピリ辛に仕上げられた料理。 多少の辛みは、免疫力を向上させる効果があります。 >> さば缶ギョーザ 餃子をさばで作ったアレンジレシピ。 普通の餃子であれば、豚肉を使うのが一般的ですが、こちらはさばの魚肉が使われているので、潰瘍性大腸炎の方でも気兼ねなく餃子を楽しむことができるでしょう。 >> レンジアクアパッツァ たらやたいなどの白身魚を用いたイタリアン。 非常に淡白な白身魚は、再燃中であっても気兼ねなく食べることができる食品。 さらに、潰瘍性大腸炎に有効とされるオリーブオイルも使用しています。 >> 魚のわさびマヨパン粉焼き 揚げ物料理のようにみえますが、オーブントースターで調理をしているため、脂質の心配もない料理です。 たまに揚げ物が食べたい時などにはもってこいの魚の揚げ物風料理。 白身魚の他にも、鮭など様々なアレンジが効きそうレシピです。 >> 大根と白身魚のミネストローネ トマトで白身魚を煮込んだ白身魚のミネストローネです。 トマトには、高い抗酸化作用を持つ栄養素リコピンがたっぷりと含まれており、生活習慣病予防にも良いとされておりますが、潰瘍性大腸炎にも非常に有効です。 是非、積極的に摂取したい栄養素の一つですね。 >> 煮魚 潰瘍性大腸炎のおかずの基本である煮魚です。 煮魚は、油の心配がなく、それでいてたんぱく質・EPAなどを摂取することができるので、潰瘍性大腸炎の方は、煮魚をベースとした食生活が好ましいと私は考えています。 このレシピは味の素のHPより抜粋しているので、味の素の調味料が記載されていますが、しょうゆ・みりん・酒で代用可能です。 >> 白身魚の照り焼き 白身魚の照り焼きです。 日本人が大好きな照り焼き味で、白身魚は非常に淡白な味なので、油でちょっと焼いた方が私は好みです。 >> さけのホイル焼き アルミホイルに包みグリルで焼くだけの簡単料理の鮭のホイル焼きです。 鮭のホイル焼きの魅力は、調理が非常に簡単であると言う点と、鮭の他にも人参や玉ねぎ、きのこなどの野菜やキノコ類も一緒に摂取することができる点でしょう。 たんぱく質と食物繊維が一緒に摂取できるため、潰瘍性大腸炎には非常に良いメニュー。 >> さけの野菜たっぷりソテー 鮭とたっぷりの野菜を一緒に摂取することができる料理。 実は、非常に栄養価が高いピーマンとリコピンという抗酸化作用をたくさん含んでいるトマトを一緒に摂取することができるので免疫力を向上させると言う面では非常に良い料理。 和食に飽きた際に挑戦してみてください。 >> 鮭とたっぷりキャベツの寄せ鍋 寒い時期になると食べたくなる鮭と野菜類をたっぷりと使った鍋料理。 白菜やキャベツ、えのきやしめじ、しらたき、豆腐、食物繊維やたんぱく質をバランスよく摂取できる万能料理。 正直、鍋は免疫力を向上させるためには非常に有効的な料理と言えるでしょうね。 >> さけの甘辛煮 鮭を甘辛く煮つけた料理。 れんこんやしいたけなどの食物繊維を多く含む食材も一緒摂取することが可能で、さらにちょっとピリ辛を食べたい方は、一味何かをかけて食べると非常においしそうな一品。 ゴマ油の香りが食欲をそそる魚料理ですね。 >> 鮭のちゃんちゃん焼き たっぷりのキャベツともやしを使った鮭のちゃんちゃん焼き。 にんにくの香りが非常に食欲をそそり、調理方法も非常に簡単のため、手間がかからないのも魅力的。 バターを使うようなレシピになっていますが、気になる方はオリーブオイルなどに代用しても美味しくいただくことができるでしょう。 にんにくは多めに、ちょいと一味をかけて、残暑が残る夏に食べたくなる一品ではないでしょうか? >> まとめ 今回は、潰瘍性大腸炎とおすすめの食事メニュー・レシピについて考えてきました。 魚料理の目的は、潰瘍性大腸炎に有効な抗炎症作用のEPAを摂取することと、良質なたんぱく質・脂質を摂取することです。 たんぱく質がなければ、傷ついた腸壁が回復することもありませんので、積極的に魚料理は食べていってもらいたいと思います。 まずは、主菜である魚料理をご紹介させて頂きましたが、今後もこちらの記事に様々なメニューを追記を予定しています。 お陰様で健康を取り戻し、2018年には結婚し、幸せな家族を築くことも出来ました! 私は「腸内環境と免疫力」の重要性を一人でも多くの方に知ってもらいたいと考えております。 あなたは以下のような悩みを持っていませんか?• 「ステロイドを減量することができない…」• 「ステロイドの効果が得られなくなってきている…」• 「免疫抑制剤を服用したくないが仕方なく…」• 「潰瘍性大腸炎を完治させたい…」• 「旅行に行けるようになりたい…」• 「好きなものを食べれるようになりたい…」 そんな悩んでいる方々に是非試してもらいたいと考えております。 私が潰瘍性大腸炎を克服するために必要だと考えていることは、 「腸内環境を整えて、免疫力を向上させること」 潰瘍性大腸炎は決して治らない病気ではないのです。

次の

大腸憩室炎とは?症状・原因・治療・手術・食事制限!再発する?

大腸 憩室 炎 食事 レシピ

ことなどですが、これらは、はっきりとした症状が 出そろったクローン病の場合です。 クローン病の初期病変としての肛門病変は重要なものです。 初期のうちにクローン病を発見できれば、食事療法を行うことにより、 緩解期(症状の落ち着いている時期)を延長させることが できます。 クローン病は肛門病変を合併しやすいため、二十歳以下の若年者を 診察する時、私たちは、常にこの病気を念頭において診ています。 多彩な肛門病変や、年齢的に不自然な肛門病変をみた時は慎重に 診察し、腹部症状などの有無を聞き、クローン病が疑われれば、 採血及び大腸内視鏡検査を行い、大腸から小腸(回腸末端)まで 丁寧に観察するように努めています。 腸粘膜にアフタ(白斑のようなもの)などの所見があればクローン病 を十分疑うことになります。 所見がなくても、患者さん、家族にはその旨を十分説明し、 注意深くフォローアップしていきます。 2.潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎とは、「主として粘膜を 侵し、しばしばビランや潰瘍を形成する原因不明の大腸 のびまん性非特異性炎症」と定義されています。 はじまりは必ず直腸に発症し、病変部が上行性に広がり 大腸全体が侵される場合もあります。 しかし、大腸を越えて小腸まで病変が及ぶことはまずありません。 原因はクローン病と同じく不明ですが、免疫学的な面が最も注目 されています。 発症年齢が15~40歳の青壮年に多く、15歳~30歳の年齢層に ピークがみられますが、男女別の頻度の差はありません。 症状と診断 症状は血便、粘血便、下痢で、軽症例では粘血便のみですが、重症になると1日、 20~30回の血性下痢、発熱、腹痛などを訴え、時に中毒性巨大結腸症(おなかが パンパンに張ってくる)に陥って、大出血を起こしたり、腸管穿孔を起こしたりする ことがあります。 この病気の大部分は慢性の経過をとり、再発、再然を繰り返すのが特徴で、発病後 何年間も活動期が持続するようなこともあります。 慢性的に繰り返す粘血便があり、この病気が疑われる場合には、感染性腸炎などを 除外したうえで、大腸内視鏡検査や注腸X線検査を行って診断します。 消化管のどこにでもでき、先天性のものと後天性のものが あります。 大腸憩室のほとんどのものは後天的です。 消化管憩室の中では、大腸憩室の発生頻度がもっとも高く、 ついで十二指腸、食道に多いといわれています。 大腸憩室は他の消化管憩室とは異なり、多発性であることが多く、 憩室炎などの合併症を起こしやすいので、臨床的には大切な疾患です。 大腸憩室は高齢者に多いことから考えてみても、大腸壁が加齢とともに 弱くなって、血管が腸壁を貫通する部位に発生するようです。 大腸憩室は盲腸、上行結腸、S状結腸にできやすく、多発したものを 大腸憩室症と呼んでいます。 憩室の炎症が強くなると、腸管の周囲に膿瘍を形成したり、憩室穿孔を 起こして腹膜炎を合併して緊急手術をしなくてはならないこともあります。 炎症を繰り返すうちに腸壁が肥厚し、とくにS状結腸部では腸管の狭窄や 短縮がみられ、排便困難、排便時左下腹部痛などの腸閉塞症状を呈するよ うになります。 下血もときどきみられる症状ですが、たいていの場合は絶食 して安静にしていれば自然に止血します。 しかし、まれに大量出血を起こし緊急手術を要することもあります。 内科的治療にもかかわらず膿瘍、ろう孔を形成したり、腸管狭窄になり 強度の便通異常をきたすものや憩室穿孔、大量出血を起こすもの、 再三にわたり憩室炎くり返すものなどは外科的治療の適応となります。 大腸憩室症の食事療法としては、アルコールや刺激性の強い食品、 肉類などはさけ、消化のよい軟らかい食物をとるように心がけるのが よいといわれています。 大腸の過敏な運動によって起こる機能的な異常で、便通障害や いろいろな腹部の不定愁訴を訴えますが、種々の検査を行っても 特に器質的病変のみられないものをいいます。 一般の消化器系の症状を訴えて来院される患者さんの約半数に みられるともいわれます。 30から50代の青年・中年層に多く、男性より女性にやや多い ようです。 社会的、家族的に日常生活のストレスの多い年代に生じやすい のかも知れません。 便秘では便の量が少なく、うさぎ糞状のコロコロした便で、残便 感を強く訴えるものが多いようです。 診断は、がんや炎症性疾患などの器質的疾患や、便通異常、 腹部症状を呈するような糖尿病、慢性膵炎などの全身的な 疾患を除外した上で、詳細な病歴を聴き、的確に症状を把握 して行います。 最近では、腸管内圧の測定や、バリウムによる腸管運動の観察などを行って 客観的に診断を行うこともあります。

次の

大腸ポリープ切除後の入院の食事や献立は?オススメのレシピメニューは?

大腸 憩室 炎 食事 レシピ

大腸憩室とは何か? 「憩室(けいしつ)」とは、簡単に言えば、 消化管の壁が外側にくぼんだ部分のことです。 この憩室が発生した状態を 「憩室症」と呼びます。 消化管には、食道、胃、小腸、大腸がありますが、このいずれにも憩室はできます。 中でも最も多いのは 大腸憩室です。 日本人の 23. 憩室ができる状態を 「憩室症(けいしつしょう)」と呼びますが、 これがあるだけでは病的とは言えません。 症状も全くありません。 現に、憩室が100個以上ある方もたくさんいますが、普通に生活しています。 憩室がたくさんあっても、それ自体は治療の対象ではありません(というより治療で憩室をなくすことはできません) ところが、 憩室が様々なトラブルを起こすことがあります。 この「トラブル」には、大きく分けて以下の3つがあります。 憩室が細菌感染を起こす 「憩室炎」 憩室から出血する 「憩室出血」 憩室の部分で穴が開く 「憩室穿孔(せんこう)」 今回はこの中の 「憩室炎」について解説します。 憩室炎の原因 憩室は、大腸の壁がくぼんだ状態になっているため、便が付着するなどして、 細菌が繁殖しやすい構造になっています。 大腸に付着した細い管のような構造が炎症を起こす虫垂炎(「盲腸」と呼ばれる病気)と同じ理屈です。 憩室に大腸菌などの腸内細菌が繁殖して感染症を起こした状態が「憩室炎」です。 憩室炎の正体は細菌感染ですので、 ストレスなど精神的な要因で憩室炎になることはありえません。 憩室炎の症状 強い腹痛が起こります また 吐き気、 嘔吐が起こることもあります。 お腹の比較的狭い範囲が痛むことが多く、 歩いたり寝返りを打ったりすると痛い部分に響くため、 じっとしている方が楽、というのが特徴的です。 大腸はお腹全体に広がっている臓器なので、憩室炎では痛みが出る部位は決まっていません。 右下腹部のこともあれば、左上腹部のこともあります。 ただ、 60歳未満には右側の発症が多く、それ以上の人は左側が多い、という特徴はあります。 憩室炎の検査と診断 憩室炎が疑われれば、 腹部エコー(超音波)や 腹部CT検査を行います。 多くはCTで比較的容易に診断できます( 造影剤を用いたCTを施行するのが一般的)。 右下腹部の大腸に起こった憩室炎は、お腹の診察だけでは 虫垂炎と全く見分けがつかないため、画像診断はほぼ必須です。 CTで診断は可能ですので、特別な理由がない限り時間のかかるMRIを行うことはありません。 当然ながら、 憩室炎は憩室のない人には起こりません。 以前に受けた 大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)や注腸造影検査(バリウム検査)で「憩室がある」と言われた方は、受診時に医師にその旨を伝えましょう。 憩室炎を疑う重要な情報となることがあります。 広告 憩室炎の治療と入院期間 憩室炎は、軽症のものは 手術の必要はありません。 抗生剤(抗生物質、正しくは抗菌薬)の点滴で治ります。 ただし、治癒するまでには時間がかかりますし、多くの場合、治療には 入院が必要です。 まず、食事をとると憩室炎は悪化するため、 絶食していただきます。 病状によっては 水分も禁止です。 絶食の期間は、血液検査の結果や熱の出方を見ながら決めますので、 病状によって様々です。 短い人で 3〜4日、長い人では 1週間以上は絶食が続きます。 抗菌薬の点滴の期間も病状によります。 1週間以上行うことが一般的ですが、経過次第です。 問題なく改善すれば、 飲み薬の抗菌薬に変更して退院です。 ごく軽症の憩室炎であれば、最初から飲み薬の抗菌薬で外来治療することもあります。 しかし治療が中途半端に終わると、再発(正しくは「再燃」)することがあります。 医師の指示を守って、適切な期間しっかり治療しましょう。 一方、 膿(うみ)の塊(膿瘍:のうよう)がお腹の中にできてしまうような、重度の憩室炎を起こす人もいます。 この場合は、お腹の外から注射して膿を抜かなくては治りません。 膿を抜いたところに管(ドレーン)を入れて、治るまで管を入れたままにしておく ドレナージ治療を行うこともあります。 また、憩室に穴があき 「憩室穿孔」と呼ばれる状態に発展することもあります。 こうなると、大腸の内容物がお腹の中に漏れ、ひどい 腹膜炎(穿孔性腹膜炎)を起こします。 抗菌薬の点滴だけでの治療は不可能で、 手術が必要となります。 手術では、大腸を切ってつなぎ合わせたり、ひどい場合は 一時的な人工肛門を作ることもあります。 穴が空いて隣の臓器と繋がってしまうこともあります。 これを 「瘻(ろう)」と呼び、この穴を 「瘻孔(ろうこう)」と呼びます。 たとえば膀胱と繋がったケースは、 「膀胱瘻」といいます。 憩室は予防できる食事はある? 憩室症を予防するためには、バナナが良い、ヨーグルトや乳酸菌が良い、など様々な俗説があります。 しかし実際には、 大腸憩室ができる原因ははっきりわかっていないため、憩室ができるのを予防する医学的根拠のある方法は存在しません。 ただ、憩室は大腸内の圧力の高まりにより生じる可能性があるため、 食物繊維をしっかりとり、便秘を解消しておくことが大切と考えられています。 一方、憩室炎の危険因子としては、 喫煙と 肥満が挙げられます。 また、憩室炎を一度経験した人は、憩室がある以上は 憩室炎の再発の可能性があります。 現時点では残念ながら、 再発を予防する手段はありません。 食物繊維の摂取で再発率が下がる、とする報告もありますが、確実なものではありません。 一方、 憩室炎は大腸癌の原因にはなりません。 ただし、 憩室炎の精密検査をきっかけに大腸癌が発見されることはあるため、検診等で大腸カメラを受けたことがない人は、必ず受けることをすすめられます。 今回は憩室炎について解説しました。 腹痛+発熱は、憩室炎を疑う組み合わせです。 すぐに病院に行くようにしましょう。

次の