ご 自愛 の ほど お祈り 申し上げ ます。 とある高級メーカーで「時節柄、一層の自愛の程お祈り申し上げます。...

「末筆」の意味とは?末筆ながらの正しい使い方と例文を詳しく解説

ご 自愛 の ほど お祈り 申し上げ ます

スポンサードリンク 寒さ厳しき折の意味は? 立冬を迎えると、2月の立春までは、暦の上では季節は冬となります。 手紙やはがきの 時候の挨拶には冬の季語を入れたり、 冬を感じるような言葉を入れるとマナーよくご挨拶ができます。 時候の挨拶というのは、手紙の前文で頭語(「拝啓」など)に続く書き出しの言葉です。 この時期の挨拶の言葉として、 「 寒さ厳しき折 さむさきびしきおり 」 というのがあります。 「 寒さ厳しき折柄 さむさきびしきおりから 」 とも言います。 意味は、「寒さ厳しき」の部分はそのままです。 言葉通り、 「寒さが厳しい」 ということ。 「 折」という言葉は、 ある区切られた時点や節目のことです。 時や場所、状況、季節、時節、 といった意味合いを持っています。 「折を見て伺います」 というふうに時を意味する言い方もしますね。 手紙の場合は、その時の季節や時節を表しています。 なので、「寒さ厳しき折」の言葉は、 「 寒さが厳しい季節になりました」 「 寒さが厳しい季節ですが」 といった意味で用いられます。 「折柄」は、「折から」を漢字表記にしたものです。 これは「~から~まで」の「から」ではありません。 「柄」という言葉には様々な意味がありますが、 この場合の「柄」は接尾語的に使われています。 意味としては、 「そのものの性質やおかれている状況」 です。 たとえば、 「場所柄、スーツで行かなきゃ」 とか、 「仕事柄、気になるんだよね」 という時の「柄」と同じです。 意訳すると、 「それに相応して」 といった意味合いです。 「寒さ厳しき折柄」は意味としては「寒さ厳しき折」と同じですが、 「折柄」とするほうが、より「寒さ厳しき」を強調しているニュアンスがあります。 寒さ厳しき折を使う時期はいつ? 「寒さ厳しき折」「寒さ厳しき折柄」を使う時期については、明確な決まりはありません。 一般的には、「寒さ厳しき折(柄)」という言葉は12月に入ってから使われます。 前述のように、暦の上では立冬(毎年11月7日頃)を迎えると冬ですが、 11月の初旬はまだまだ秋の気分で、冬と呼ぶにはまだ何か足りない時期です。 この時期を「初冬」といいます。 暦の上で冬は、• 「初冬(はつふゆ・しょとう)」• 「仲冬(ちゅうとう)」• 「晩冬(ばんとう)」 の3つにわけて考えられています。 これらを「 三冬(さんとう・みふゆ)」といい、それぞれ陰暦の10・11・12月を指しています。 三冬を二十四節気に合わせてみると、以下のようになります。 初冬:陰暦10月……立冬(11月7日頃)から大雪(12月7日頃)の前日まで• 仲冬:陰暦11月……大雪から小寒(1月5日頃)の前日まで• 晩冬:陰暦12月……小寒から立春(2月4日頃)の前日まで 二十四節気というのは、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものです。 三冬でみると、「寒さ厳しき折」と感じるのは、仲冬から晩冬の時期です。 西高東低の冬型の気圧配置になって北風が強く吹き、日本海側では雪が降るのもこの頃です。 この時期は、体感的にも寒さが身にしみる頃ですよね。 「寒さ厳しき折」は、12月から立春(2月4日頃)の前日までを目安に使います。 「寒さ厳しき折」は冬の言葉です。 立春を迎えると、暦の上では春となるので「寒さ厳しき折」はふさわしくありません。 「寒さ厳しき折、お風邪など召しませぬようお気を付けください」 「寒さ厳しき折、ご自愛下さい」 「寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいませ」 「寒さ厳しき折、一層ご自愛のほどお祈り申し上げます」 「寒さ厳しき折、皆様どうぞご自愛の上お過ごしください」 「寒さ厳しき折、ご自愛の上ご活躍のほど、お祈り申し上げます」 「寒さ厳しき折、何卒ご自愛専一にてお願い申し上げます」 「寒さ厳しき折、どうぞ皆様お元気にお過ごしくださいませ」 「寒さ厳しき折、どうぞお健やかにお過ごしくださいませ」 「寒さ厳しき折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます」 「寒さ厳しき折、体調にはくれぐれもご留意ください」 「寒さ厳しき折、ご健康にご留意なさってお過ごしくださいませ」 「寒さ厳しき折、何卒お身体おいといください」 「寒さ厳しき折、お身体に気をつけてお過ごしくださいませ」 「寒さ厳しき折、体調に留意して暖かくしてお過ごしください」 書き出しに用いるにしろ、結びの言葉で用いるにしろ、「寒さ厳しき折」を使う時は、いずれも、相手を気遣う形で使われています。 そして、 相手の体調を気遣ってますよね。 「寒さ厳しき折」は「まだまだ寒い日が続きますが」という意味。 そう考えると、 「寒さ厳しき折」は相手の健康を気にかけたり、思いやったりする言葉だということがわかります。 手紙の書き出しや最後に「寒さ厳しき折」を入れると、相手に対しての心遣いが感じられますね。 寒さ厳しき折の意味とは?使う時期はいつ?挨拶と結び例文20選!まとめ 「寒さ厳しき折 さむさきびしきおり 」と「寒さ厳しき折柄 さむさきびしきおりから 」は同じ意味です。 「寒さが厳しい季節になりました」 「寒さが厳しい季節ですが」 といった意味で用いられます。 「寒さ厳しき折」は、12月から立春(2月4日頃)の前日までを目安に使います。 手紙などの時候の挨拶で使う場合は、 『相手を気遣う形』 で用います。 「寒さ厳しき折」は書き出しにも、結びにも使える言葉です。 時候の挨拶には季節を表すと同時に、相手の健康を気遣う意味もあります。 改まった相手や、親しい人へ宛てる書き方は、ご紹介した例文を参考にしてみてくださいね。

次の

【文末】ご多忙&ご自愛を使った例文

ご 自愛 の ほど お祈り 申し上げ ます

「お祈り申し上げます」の意味 「お祈り申し上げます」は 「相手に良いことがあるように祈っていること」を丁寧に伝える言い回しです。 ビジネスメールなどでは、 先方の成功や活躍・発展・繁盛などを願うことが多いとされています。 「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 ただ、「お祈り申し上げる」の「申し上げる」は謙譲語としては使いません。 「お〜申し上げる」は「お待ち申し上げます」や「お願い申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。 「お祈り申し上げます」は、 結びの挨拶としてメールや手紙の文末や改まった場での締めの挨拶として用いられます。 「お祈り申し上げます」の使い方と例文 メールや手紙の最後の締めくくりとしては、相手の幸せや健康を願う気持ちを入れるのが基本的です。 「お祈り申し上げます」に相手の幸福や健康を願う言葉を加えた文章は、定型文として使われています。 「お祈り申し上げます」は正しい敬語表現なので、目上の人に対して使うことができます。 「祈る」という行為は、目上の人に行っても失礼には当たりません。 「お祈り申し上げます」は手紙文の常套句なので、親しくない相手に対しても遠慮なく使えます。 また、この一言を入れることで、真面目な姿勢や好印象を与えられます。 相手によって「お祈り申し上げます」だと少々堅いなと思うときは、代わりに 「お祈りいたします」を使用できます。 相手の健康、活躍などを願う 「お祈り申し上げます」は結婚式の挨拶、年賀状、就活で不採用だったときのお祈りメールなどで使われます。 就活で不採用だった場合に「今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます」というメールがきます。 不採用となる旨を、「採用を見送らせていただく」「ご縁がなかった」などといった言い回しで表した後に、最後「ご活躍をお祈り申し上げます」という形で締めていることが多いです。 例文 ・ご結婚おめでとうございます。 二人のさらなるご活躍をお祈り申し上げます。 ・末筆ながら、皆様のご健康をお祈り申し上げます。 ・略儀にて恐縮ではありますが、今後、益々のご繁盛をお祈り申し上げます。 ・栄えあるご栄転を心よりお祝いいたしますとともに、より一層のご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 ・ 今後、益々の御社ご繁栄と、社員皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 ・皆様のご健勝と、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 ・新天地でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。 ・末筆ながら、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 ・一日でも早いご回復をお祈り申し上げます。 相手に不幸があったときにも使う 「お祈り申し上げます」は「相手に良いことがあるように願う気持ち」を表す言葉ですが、亡くなった人の冥福を祈る場合にも使います。 そのような場合は、主に 「ご冥福をお祈り申し上げます」を使用します。 「ご冥福お祈り申し上げます」は、「故人の死後の幸福をお祈りいたします」を意味しています。 「ご冥福をお祈り申し上げます」は遺族に対してではなく、故人に対して使う言葉です。 遺族に対して「ご冥福」を使う場合は、「この度は、誠ににご愁傷様でございます。 (故人の名前)様のご冥福をお祈りいたします」と故人に対しての言葉であることが伝わるようにしましょう。 例文 ・この度はご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 ・本来であれば、弔問にお伺いすべきところではございますが、都合でご葬儀に伺うことができず申し訳ありません。 略儀ながらメールにてお悔やみを申し上げます。 ・この度はご愁傷様です。 思いがけないことでさぞかしお力落としのこととお察しいたします。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ・ご母堂様のご冥福をお祈り申し上げます。 上司や取引先などに「期待しております」などと使ってしまうと、「仕事で結果を出すことを期待していますよ」と上から目線なニュアンスになってしまいます。 目上の人に使ってしまわないように注意しましょう。 「お祈り申し上げます」への返事 「お祈り申し上げます」という文章が入ったメールや手紙をもらったら、何て返事をすれば良いのでしょうか。 このような場合、相手は自分を気遣ってくれていることになるので、それに対するお礼をします。 「感謝いたします」「お礼申し上げます」などと感謝の気持ちを述べた後に、自分から相手に対しても幸福や健康を願う文章を書くのが良いでしょう。 就活では不採用通知で「お祈り申し上げます」と書いてあるメールをもらうことがあります。 このような場合は基本的に返信する必要はありません。 しかし、最終面接で不採用になった場合や、担当者に何かお世話になったり、親切にしてもらっていた場合は、選考してくれたことに対するお礼や今後の抱負などを簡潔にまとめて、返信するのが良いでしょう。 例文 ・お気遣い心より感謝いたします。 ・励ましの言葉をいただきお礼申し上げます。 今後ともご支援をくださいますようよろしくお願いいたします。 ・ご多忙中の折、ご連絡いただきありがとうございます。 「ご冥福お祈り申し上げます」の返事は? 「ご冥福をお祈りします」と言われた場合は、 ・恐れ入ります ・痛み入ります ・恐縮です ・お心遣いありがとうございます ・ご丁寧にありがとうございます などと言います。 感謝の気持ちを表す「恐れ入ります」や、相手の優しい気持ちに恐縮するという意味がある「痛み入ります」が適切になります。 また単に「ありがとうございます」と言うのはなるべく避け、「ご丁寧に」「お心遣い」といった言葉を付けて返事をしましょう。 「お祈り申し上げます」の言い換えは「祈念」 「祈念(きねん)」は 「祈り念ずること」「いのり」「祈願」を意味します。 例えば「国際平和を祈念する」「健康を祈念する」などと使います。 「お祈りいたします」「お祈り申し上げます」をより改まった表現にしたのが「祈念」になります。 主に「祈念いたします」「祈念申し上げます」と使います。 例文 ・貴社の益々のご発展を祈念いたしますとともに、一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 ・皆様のご活躍を祈念いたしております。 ・今後のご成功を祈念いたしますとともに、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

次の

暑中見舞い・残暑見舞い

ご 自愛 の ほど お祈り 申し上げ ます

梅雨見舞いの手紙の書き方 文例 梅雨お見舞い申し上げます 梅雨空のうっとうしい季節ですが日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私のほうは、梅雨の季節が無い温暖な沖縄でひさびさの休暇をとりお陰さまで毎日元気に過ごしております。 この様な雨が長く続きますと風邪なども引きやすくなりますので、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。 お陰さまで私たちは、北海道に帰省しておりましたが、ようやく戻りお便り差し上げた次第でございます。 憂鬱な季節折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 お蔭さまで体調も戻りつつありますので、ご安心ください。 夏だと言うのに長雨に打たれ憂鬱にもなりますが、どうぞご自愛くださいませ。 また今後もどうぞ宜しくお願い申し上 げます。 ごたごた慌ただしくご挨拶出来なく申し訳ございませんでした。 季節柄、憂鬱な日が続きますが、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 今後も変わらぬ ご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。 今年の梅雨はいつになく長く続き嫌な思いも致しますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 いつもお気遣いお世話になりありがとうございます。 恒例の事ですがバタバタと慌ただしい日々を過ごしていますが、元気に毎日を送っています。 そろそろ夏本番の時期が訪れますので、お体を大切になさって、健やかな日々をお過ごしになりますようお祈り申し上げます。 私たち家族は、お陰さまで風邪も引かずに過ごしております。 今年はいつになく梅雨が長く感じられるので体調にも気を使ってしまいますね。 これからも変わらぬ お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。 晴れた夏の訪れが待ち遠しいものですね。 梅雨が過ぎ去ったら、またお話しでもと思っております。 、体調を崩しやすい時期です。 どうかご自愛ください。 立春のご丁寧なご挨拶をありがとうございました。 ご挨拶も申し上げず誠に申し訳ありません。 実は春先より体調を崩し入院を余儀なくされていました。 お蔭さまで随分と体調も回復しましたので、ご挨拶申し上げた次第です。 今後もどうぞ変わらぬご厚誼の程、宜しくお願い申し上 げます。 お陰さまで、私どもも家族全員、この梅雨の憂鬱さにも負けずに頑張っております。 梅雨が明けもし近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 心よりお待ち申し上げております。 これからもどうぞよろしくお願いします。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちましてお礼かたがたお見舞いまで。 文例1 先日は御多忙の折にもかかわらずお手紙をありがとうございました。 夏も本番近いと言うのに雨の日が続いておりますね。 梅雨明け後に近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちましてお礼かたがたお見舞いまで。 文例2 先日は御多忙の折にもかかわらず、ご丁寧なお手紙をありがとうございました。 お手紙を拝見しているうちに、また感動と嬉しさが同時にこみ上げて感激もひとしおでございます。 ご心配くださる体調もまったく問題はありませんのでご安心ください。 夏の納涼時にお会いしたいと思います。 追って連絡差し上げますのでよろしくお願いいたします。 末筆になりましたが、皆様お健やかに秋をお迎えくださいますようお祈りいたしております。 取り急ぎ、まずはお礼かたがたお見舞いまで。 文例3 このたびはお手紙をいただきまして、ありがとうございました。 お陰さまで家族それぞれ元気に風邪も引かずに過ごしております。 また陰で支え応援してくださる叔母様のお蔭と誠に感謝いたしております。 今後とも変わらぬご指導のほど、お願い申し上げます。 夏とは言え梅雨の時期は寒い日が続きますが、くれぐれもご自愛下さい。 取り急ぎ、まずはお礼かたがたお見舞いまで。 文例4 このたびは、心温まるお手紙を本当にありがとうございました。 お陰さまでこちら家族全員それぞれに元気で楽しい毎日を過ごさせて頂いております。 長雨が去り、もし近くにおいでの際には是非ともお立ち寄りください。 末筆ながら、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 まずは書中をもちまして御礼申し上げます。

次の