新 日本 地 所。 新日本プロレスリング

新日本観光地百選

新 日本 地 所

試合を観戦したい 下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。 各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。 公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。 試合結果をみたい これまでに開催された試合の結果を確認できます。 試合の動画を観たい 新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。 また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。 選手に会いたい 選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。 ファンクラブに入会したい Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中! Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい! 詳しくは以下より確認できます。 スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。 毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。 新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』 新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム! 自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう! トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』 新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!! パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!.

次の

所JAPAN

新 日本 地 所

試合を観戦したい 下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。 各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。 公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。 試合結果をみたい これまでに開催された試合の結果を確認できます。 試合の動画を観たい 新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。 また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。 選手に会いたい 選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。 ファンクラブに入会したい Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中! Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい! 詳しくは以下より確認できます。 スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。 毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。 新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』 新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム! 自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう! トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』 新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!! パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!.

次の

新日本観光地百選

新 日本 地 所

概要 [ ] 「交通機関の終着点から徒歩1時間以内」との条件で、ハガキによる人気投票という形式をとった。 1950年(昭和25年)7月30日に公募を開始し 、9月15日に締め切り 、10月11日に発表された。 各観光地の関係者が競って応募したため、応募総数は7750万0854通に及んだが、の取り扱いが問題になった。 全体の1位はの233万0676通。 10の部門(山岳、平原、温泉、瀑布、海岸、河川、都邑、湖沼、渓谷、建造物)ごとに10位までを選定し、合計100か所を選定した。 各部門の1位となった10か所については、郵政省が「観光地百選」シリーズの記念を発売するとともに、国鉄は十月中旬の観光週間に10ヶ所それぞれを目的地とした特別周遊券を発行、また、歌人・俳人10人(、、、、、など)が1人ずつ各場所にちなむ短歌や俳句を作って紹介した。 尚、11月2日には、11位から15位までで、5万票以上獲得したところ、38ヶ所が準入選地として選定され、観光ルートの設定に考慮されることになった。 これらの選定された所では、記念碑の建立や祝賀会、記念行事が催されたり、山岳部門で1位となった「蔵王山」ではこれを機に、その西麓にある山形県南村山郡堀田村が村名を に、同村内の温泉である高湯も へ、そして金井駅も に改称されている。 宮城側の、も合併を機に としており、両麓の地域が蔵王にあやかろうとしたのが見て取れる。 新日本観光地百選の選定は、獲得のための外国人観光客招致を大きな目的としていた が、だったため、日本国内での一般の観光旅行の再開を促す契機ともなった。 選定地 [ ] 新日本観光地百選(1950年) 順位 山岳 平原 瀑布 都邑 建造物 01位 ・ ・ 02位 那須高原 白浜 03位 小倉平尾台 別府 04位 富良野芦別平原 飯坂 天竜下り 05位 妙高高原 湯田 村山山口貯水池 鬼怒川川治龍王峡 06位 芦原 渭南海岸 阿賀野川ライン 高崎白衣観音 07位 伊香保 唐津松浦潟 日本水郷 阿寒三湖 08位 野呂山高原 三朝 丸亀塩飽諸島 江戸川ライン 鈴鹿湯の山 09位 浅間高原 塩原 黒部峡 10位 熱海 柏崎福浦八景 庄川峡 日向神 記念切手 [ ]• 501-506, :• ・・(大阪毎日新聞・東京日日新聞主催、1927年選定)• 新日本観光地百選(毎日新聞主催、1950年選定)• (『週刊読売』、1958年選定)• (雑誌『』、1966年選定)• (読売新聞主催、1987年選定) 外部リンク [ ]• (環境省、pdfファイル) - p. 22に新日本観光地百選の説明がある• - (2019年1月1日アーカイブ分)(旅のホームページ).

次の