小田 和正 年齢。 小田和正(69)今もキーを下げることなく歌っていることにネット騒然

小田和正の声や歌い方についての分析

小田 和正 年齢

1970年にオフコースとしてデビューし、46年間にわたって第一線で活躍してきた小田和正。 彼のキャリアの中で、バンドでもソロでも多くのヒット曲を生み出し、それらは長きにわたって日本人に愛されてきた。 世代を超えて広がり続ける小田和正の世界。 ORICON STYLEでは10代〜60代の男女3300人を対象にアンケート調査を行い、その魅力を探った。 KAT-TUNやスキマスイッチらを通して若い世代にも楽曲が浸透• 小田和正のベストアルバム『あの日 あの時』 まず、人々が初めて小田和正を知ったきっかけの楽曲とは何だろうか? 上位3曲は「ラブ・ストーリーは突然に」「さよなら」「言葉にできない」といういずれ劣らぬ大ヒット曲だが、このなかで「ラブ・ストーリーは突然に」のみがソロとしてリリースした作品であることから読み取れるのは、同曲で小田を知った人たちは、オフコースを知らなかった世代、あるいはオフコースに小田和正が在籍していたことを知らなかった世代という可能性が高い。 オフコースの解散は89年、そこから導き出されるのは30代よりも下ということだ。 さらに彼の支持層は10代、20代にも広がる。 そのことがわかるのが、【初めて小田和正を知ったきっかけの楽曲は?】という質問に対する「僕らの街で」という回答。 小田作品に詳しい人ならわかることだが、CD収録されていない曲で、2006年にKAT-TUNの3thシングルとして提供されたもの。 すなわち、「KAT-TUNの『僕らの街で』を作ってくださった」(東京都/20代/女性)と彼らを介して小田和正に出会った人もいるということであり、このほかにも、「もともと好きなスキマスイッチの大橋卓弥さんが『たしかなこと』をカバーしたのをきっかけに小田さんも聴くようになりました」(愛知県/20代/女性)、「ゆずとコラボしていた曲を聴いて」(東京都/20代/女性)、「HYDEさんが好きというのを聞いて、楽曲を意識して聴くようになってから」(大阪府/30代/女性)と若い世代に支持を集める様々なアーティストとの共演やカバーされていることをきっかけに、本来小田とは接点のなかった層にまで彼の音楽が浸透しているケースは少なくない。 全世代からの高い支持率が他のアーティストを圧倒• 共感できる曲 BEST 5 また、普段あまりメディア出演しない小田和正だが、唯一毎年欠かさず小田が出演するコラボレーションライブ番組『クリスマスの約束』(TBS系)がある。 2001年より毎年12月25日(クリスマス)前後に放送され、深夜帯にもかかわらず常に高視聴率をマーク。 中居正広(SMAP)やスキマスイッチ、いきものがかりといったゲストを迎え、世代を越えたアーティストとの共演や様々なアーティストのカバーを歌唱する。 「番組のイメージが強く、冬になるとしんみりと聴きたくなる」(神奈川県/30代/女性)、「クリスマスの約束が好きで、その時期になると、聴きたくなります」(千葉県/30代/女性)と、時に家族で、時に恋人同士でと、まさに世代を超えてのクリスマスの恒例となっているようだ。 小田和正の凄さは、そうした幅広い世代の心を強烈に引きつけてやまないことだろう。 オフコース以降に彼のことを知った人々の多くは、彼の曲を「両親(あるいは兄・姉)」「CM」「ドラマ」を通して耳にしたというものだ。 歌詞、メロディ、歌声と聴く上での3要素が網羅されているコメントではあるが、これらが10代〜60代までの幅広い世代に共通して認められているところにこそ、冒頭に記したような小田和正が長期間第一線を走り続けてきた大きな要因があると言えるだろう。 若い世代にとって指針となる存在• 共感できる理由は? では、それぞれの世代が、彼の曲からどんなことを感じ取っているのだろうか。 「今を精一杯生きることが大切さ」(福島県/10代/女性)、「前をむいて感謝の気持ちを忘れないということ」(大阪府/20代/女性)などの発言からは、10代・20代に「生きることの指針」を示してくれる存在なのかもしれない。 年齢が離れていることも含めて、小田和正を若い世代にとっての「人生の師」のようだ。 そして、30代ではここに「愛」にまつわる表現が追加される。 「純粋な気持ち、切ない気持ちを教わった」(香川県/30代/女性)と「人生の機微」を感じ、自身の恋愛体験を歌に投影しているようだ。 40代以上となると、大半がオフコースの音楽に接してきた世代と言える。 そういう意味では、小田和正の歌は自分たちの青春そのものであり、思い出そのもの。 「学生時代の思い出がよみがえります」(東京都/40代/女性)、「青春の道しるべ」(福岡県/50代/男性)と楽曲が人生の1シーンと重なり、悩んだ時のヒントになっていたりもする。 アーティストには最もよく聴かれた時期というものが存在する。 それゆえ、どうしてもある世代のファンのボリュームが膨らむ傾向にもある。 だが、70年代から現在まで、様々なアプローチを取りながらも、変わることのない「人生のテーマ」を歌い続けてきた小田和正には幅広い世代のファンがいる。 10代〜60代にも「共感」と「感動」を与える彼の音楽は無二のものであり、永遠に輝き続けるものでもある。 小田の歌は「人生」そのものなのだ。

次の

小田和正(69)今もキーを下げることなく歌っていることにネット騒然

小田 和正 年齢

もくじ• 1970年にオフコースは「群衆の中で」でメジャーデビュー。 1979年に 17thシングル「さよなら」が大ヒット。 以降も「 I LOVE YOU」や「君が、嘘を、ついた」がヒットするが、 1989年にグループは解散。 同年からソロ活動を本格化させて、 1991年の「ラブ・ストーリーは突然に」がオリコン 1位となる大ヒットを記録。 その後も「伝えたいことがあるんだ」や「キラキラ」などの楽曲がヒット。 テレビ番組にあまり出演しないことで知られ、 1984年に「笑っていいとも!」でバラエティー番組初出演。 1988年から 89年にかけて「ネスカフェゴールドブレンド」の CMに出演した。 私生活では 1982年に一般人女性と結婚している。 学歴~出身小中学校・高校の詳細 スポンサードリンク 出身高校:神奈川県 聖光学院高校 偏差値 71(超難関・現在) 小田和正さんの出身校は、私立の男子校の聖光学院高校です。 同校は古くからの進学校で、現在では神奈川県でもトップレベルの難易度を誇ります。 なおこの高校は福島県にある高校野球で有名な同名の聖光学院高校とは無関係です。 小田さんは 横浜市立八景小学校から系列の 聖光学院中学校(偏差値 70・現在)を経て同校に内部進学しています。 中学受験の際には栄光学園中学校が第一志望でしたが、不合格となっています。 中学から高校時代は野球部に所属しており、スポーツも得意だったようです。 また後に同じくオフコースのメンバーとなる鈴木康博さんとは中学生からの同級生でした。 ちなみに鈴木さんも第一志望は栄光学園中学校が第一志望で不合格となり、小田さんとは中学校・高校ともに同級生という運命さえ感じさせる仲です。 進学校ゆえ高校2年生の夏が終わると野球部員も続々と受験勉強の準備のため辞めていきましたが、小田さんは高校3年生の夏まで野球を続けたとインタビューで明らかにしています。 また体育や美術の授業も受験の必須科目に振り返られて減っていたことから、「寂しかった」と語っています。 後に大学では建築を専攻することになる小田さんですが、高校時代の授業で建築模型を製作したことがきっかけで、建築に興味を持っています。 高校時代からギターをはじめて、高校 3年生の学園祭の時に結成したバンドが、後のオフコースの原型となっています。 【主な卒業生】 角澤照治(アナウンサー) 学歴~出身大学の詳細 出身大学: 東北大学 工学部建築学科 偏差値 60(やや難関・現在) 小田和正さんは高校卒業後は、国立の東北大学工学部に進学します。 当初は医者になるために千葉大学の医学部の受験も検討しましたが、大学見学の際に消毒液の臭いとカーテンの汚さに嫌気がさして東北大学を選んでいます。 大学時代にオフコースを結成して、ヤマハのコンテストで東北 1位になって全国大会にも出場しています。 ただし他のメンバーは東京や横浜の大学に在籍していたので、小田さんはバンド活動のために仙台から首都圏に往復する生活を余儀なくされています。 ちなみに同級生だった鈴木さんは難関国立大学の東京工業大学に進学しています。 小田さんは大学卒業後は早稲田大学大学院理工学研究科に進学するとともに、オフコースはメジャーデビューを果たします。 当初は建築の道に進むか、音楽の道に進むか迷っていましたが、大学院修了後に音楽の道を選択します。 (若い頃) デビューからしばらくはオフコースは売れない日々が続いて、1974年1月の札幌の道新ホールでのコンサートの際には、観客数がわずか13人という「伝説」も生まれています。 しかし1970年代後半からヒットを連発して、1980年代にかけては時代を代表するバンドとなっています。 以降の活躍は目覚ましく、オフコースとしてもソロアーティストとしても一世を風靡しました。 特にソロとしてはオリコン 1位獲得の最年長記録やアルバム出荷枚数 300万枚最年長記録などを持っており、人気アーティストの地位も確立。 既に 70歳を超えていますが未だに幅広い層のファンから絶大な支持を得ており、さらなる活躍にも期待が膨らみます。 スポンサードリンク ここまでお読みいただきありがとうございました。 ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。 また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。 なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。 このところ当サイトのページが警告音とともに「 Windowsセキュリティシステムが破損しています」とのページに切り替わることが稀にあります。 このような表示はすべて詐欺なので、「更新」や「続行」、「こちらをクリック」などのボタンは絶対に押さないでください。 万が一、そのような表示が現れた場合にはページをいったん閉じてから再開してください(クリックさえしなければ実害はありません)。 なお当サイトはグーグル社提供の広告ユニットを使用していますが、そのような詐欺広告はグーグル社のチェックをかいくぐって表示されています。 現状では当サイトでブロックすることができないことをご了承ください(いずれグーグル社に対策されると思われます).

次の

小田和正の年齢は70歳!驚愕の歌声は今も衰えず。いったい何故なのか?

小田 和正 年齢

最終更新: 2020年6月28日 04:25• 出身地 神奈川県横浜市金沢区• 生年月日 1947年09月20日• 年齢 72歳• 星座 おとめ座• 血液型 A型• 略歴 オフコースのリーダーで結成から解散まで唯一在籍。 ソロ活動でも大きな業績を残しているシンガーソングライター。 代表的なヴォーカル曲は「さよなら」「言葉にできない」など。 ソロ以降の代表曲は「ラブ・ストーリーは突然に」。 トリビア 1991年、フジテレビ月9ドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」がオフコース時代に叶わなかった、「オリコンシングルチャート第1位」と「シングルミリオンセラー突破」を一挙に成し遂げた。 東北大学工学部卒業。 早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。 株式会社ファー・イースト・クラブ(FAR EAST CLUB INC. )代表取締役社長。 桐朋学園大学音楽学部客員教授(2004年 - )。 現在、オリコン週間アルバムチャート1位の最年長記録を有している。 小田和正のSNS Twitter ツイッター Facebook フェイスブック 関連ページ 小田和正の出演映画 1998年 「緑の街」 「緑の街」 「緑の街」 小田和正の出演ドラマやテレビ出演情報 1997年 「最後の恋」 小田和正の関連ニュース•

次の