トヨタ ルーミー 色。 トヨタ・ルーミー

トヨタルーミー/タンクの人気色・カラーをランキング形式で発表

トヨタ ルーミー 色

口コミや雑誌等では評価がかなり高いようです。 実際に購入しようと考えると、自分の車の悪いところも把握しておきたいですよね。 調査対象は2chや価格comなどの口コミサイトは当然として、情報の精度を上げる為に、 実際に購入した人にも聞いています。 約6割の人がエクステリアを「良い」と評価。 欠点は古臭いデザイン 口コミではエクステリアは約6割の人が「良い」と支持しています。 全体を引き締めるエアロ• 高級感を感じさせる色調• LEDライトが標準装備• スポーティーな外観 主にこの4点を評価しています。 特に、エアロをつけると ボディ全体が引き締まってカッコイイと高く評価されているようです。 さらに、高級感を感じさせる色と外装の相性も良い為、エクステリアの満足度に繋がっています。 しかし、残り4割の人は満足していません。 具体的に、どのようなところに満足していないのかチェックしてみました。 新しい感じがしない 出典: 「悪い」評価した人たちの実際の口コミを見ると、 「人気ミニバンの二番煎じみたいな顔」 「真新しさが無く、全体的に古臭い」 「軽自動車っぽい雰囲気がある」 このような意見が多いです。 形に真新しさがないので古臭いと感じています。 また、リア周りのデザインから軽自動車の雰囲気が出ており、安っぽいと感じるため、「悪い」評価に繋がっているようです。 ワイパー部の品質が低い 他の「悪い」評価として目立ったのは、 ワイパー部の全体的な品質の低さです。 粗末なデザインで安っぽさを感じるため、軽自動車のようだと感じるようです。 インテリアは5割の人が「良い」と評価。 欠点は安っぽい質感 インテリアは5割の人が満足しています。 統一感がある• 小物類の配置• 広く感じる室内 主にこの3点に満足しているようです。 特に、インテリアはエクステリアと合わせた基調になっていて、 全体的に統一感が出ているところが高く評価されています。 また、メーターやドリンクホルダー等の小物類の配置も使いやすく作られていることに満足しているようです。 一方で、残り5割の人は「悪い」評価をしています。 具体的にどのようなところに満足していないのでしょうか。 「値段の割にちょっと安っぽい」 「検討中の軽とさほど変わらない印象」 「合皮が偽物臭い」 「ハンドル等の手触りが安っぽく感じる」 実際の口コミを見ると、このような不満の声がありました。 ハンドルやドアハンドル等が 軽自動車並の安っぽい質感な上に車両価格が高いです。 なので、割に合わないと感じ、「悪い」評価に繋がっています。 収納と室内空間が足りない 出典: 他の「悪い」評価として目立ったのは、 収納や室内空間が狭いということです。 ライバルであるソリオと比べても、劣っているとの声が多く、不満を感じているようです。 価格は約5割の人が満足。 欠点はオプション価格 価格は約5割の人が満足しています。 軽と比べると妥当な価格• カスタムだとさらに装備品が充実 主にこの3点に満足しているようです。 しかし、残り5割の人は満足していません。 具体的にどのようなところに不満を持っているのかチェックしてみました。 一番上のカスタムG-Tなら購入には 250万円は必要です。 オプションを含めると、250万円近くなるという声が多いです。 こちらの記事で実際に購入した人の体験談を紹介しているので、参考にしてみてください。 燃費を意識して走行していなくても 15〜20kmなので、概ね満足しているようです。 では、実際の燃費とカタログ燃費はどのくらい違いがあるのか調べてみました。 実際の燃費がこちらです。 e燃費のサイトから毎月のデータを集計して、季節ごとの燃費を整理してみました。 また、1年を通じた平均実燃費では17. しかし、残り8割の人は満足していません。 具体的にどんな点に満足していないのでしょうか。 カタログ値よりかなり低い実燃費 「悪い」評価をつけている人は、カタログ値との差が大きいことに不満を持っているようです。 どこのミニバンだよ・・」 「ソリオに完璧に負けている」 「カタログ値とかけ離れすぎている」 実際の口コミを見ると、このような声が多いです。 エンジン性能は約4割の人が「良い」と評価。 欠点はエンジンパワー エンジン性能は4割の人が「良い」評価しています。 5Lのエンジンと遜色がない性能• 1Lでも坂道や平坦路では十分走る• 低回転からトルクのあるターボエンジン 主にこの3点に満足しています。 特にターボエンジンは、 低回転からでも十分なトルクがあると、多くの人が高く評価しています。 しかし、6割の人は「悪い」評価をしています。 具体的にどこが「悪い」のかチェックしてみました。 非力なエンジン 出典: エンジン性能の「悪い」評価では 「エンジン性能は軽自動車と大差無い」 「小さいエンジンに重い車体は厳しい」 「トルクが全然ついてこない」 「そんなに力はない。 ソリオに負けてますね」 このような意見が多いです。 「悪い」評価をしている多くの人は、 重い車体を非力なエンジンで動かすには パワーが足りないと感じているようです。 エンジン音がうるさい 他の「悪い」評価として目立ったのは、 エンジン音が大きくなるということです。 車両の重さを非力なパワーでカバーしなければいけない為、回転数を上げてしまい、エンジン音がうるさくなるようです。 さらに、遮音性も低いので長時間は苦痛という声もありました。 約4割の人が走行性能を「良い」と評価。 欠点はハンドルとロール 走行性能は約4割の人が「良い」評価しています。 ステアリングが軽い• 軽自動車並に小回りがきく• 安定した足回り 特に、この3点に満足しています。 見かけによらずコーナリング時の ロールを感じることも少なく、ふらつきも抑えられているので十分に満足しているようです。 しかし、残り6割の人は満足していません。 どのような点が「悪い」のかチェックしてみました。 ハンドルが軽く、ロール感が気になる 出典: 走行性能の「悪い」評価では 「長いカーブはロール感が気になる」 「ハンドルが軽すぎなので嫌いです」 「軽より安定感があるがフワフワ感は否めない」 このような意見が目立ちます。 軽自動車より安定感はあるものの、 ハンドルが軽すぎる点やコーナリング時のロール感に不満を感じているようです。 乗り心地は約4割の人が「良い」と評価。 軽自動車に比べ室内はかなり静か• 視界が非常に良い• 後部座席が広い 特にこの3点に満足しているようです。 「良い」評価をした人は、軽自動車に比べて 静粛性に優れており、視野が高く運転がしやすいと高く評価しています。 また、後部座席も広く、大人2名なら乗り心地に問題はないという声もありました。 しかし、残り6割の人は満足していません。 具体的にどのような点に不満があるのでしょうか。 ロードノイズと振動で疲れる 乗り心地の「悪い」評価では、遮音性に対して不満を持っているようです。 「ロードノイズの洪水。 遮音性に問題」 「微振動拾いまくり、ピッチが多い」 「軽自動車のようなロードノイズを感じる」 実際にこんな口コミがありました。 「悪い」評価をした人は、 ロードノイズや振動が多いので 運転時に疲れが生じやすく、「悪い」評価に繋がっているようです。 シートが固い 他の「悪い」評価として目立ったのは、シートが硬く、 他社のコンパクトカーよりも乗り心地が良くないという不満が多かったです。 特に、後部座席のシートは硬くて薄いので、突き上げが気になるようです。 総合評価は約6割の人が「良い」と評価。 特に、エクステリアとインテリアが魅力的 総合評価は少し高く、6割の人は「良い」評価していて、「悪い」評価した人は3割でした。 細かい欠点はありますが、 総合的に見ると半分以上の人が満足しています。 エクステリア• インテリア この2つも高く評価されています。 ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。 それは… 値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い ということです。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

次の

ルーミー(トヨタ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

トヨタ ルーミー 色

新型タンクの外観とカラーの特徴とは? トヨタ新型タンクは、コンパクトカーでありながらワゴン車と遜色がないほど、高い天井と広い室内空間を実現。 小回りもきき、あらゆる場面に対応できる極めて実用的な車です。 高級感漂う外観とカラーリング 外観はまるで高級車のように 精悍な印象になっていることが特徴。 細部まで凝った作りになっているヘッドライトや芸術品のように美しく、フロントに大きく設けられたフロントグリルは輝かしいメッキを採用しているため優雅な印象が感じられます。 色は2トーンを含めた全14色 タンクは様々な年齢や性別の方々に選ばれているのですが、満足感がある一台を選ぶ事ができているのはカラーのバリエーションが豊富であるためです。 2トーンを含めると14色ものバリエーションがあり、悩まれる方も多いと思います。 そこで、以下ではあえて 人気のカラーを4つ厳選しました。 色選びには正解はありません。 ぜひ自分に合うカラーを見つけてください。 長い間飽きがこないと人気!ブラックマイカメタリック (出典:) 豊富なカラーが展開されているタンクにおいて最も支持されている人気色はブラックマイカメタリックです。 コンパクトカでありながらも、大きな車体を有しているという強みを十分に活かせる重厚感が得られます。 ブラックは高級感が際立ち都会的 尚且つ全体像を引き締まった様子にさせられるので、都会的なイメージになり町中で見た時にも高級感が損なわれず、良い意味で 町並みに溶け込みます。 また、長い間使用していても飽きない色合いですし、乗り換えなどを検討していて下取りに出す場合でも、人気色だからこそ値崩れせずに常に一定の高水準で買取して頂けるというメリットもあります。 女性からの人気もある そしてブラックマイカメタリックは女性にも人気が高い色合いであり、彼や旦那に乗ってほしいという希望も聞かれます。 他にも黒色のタンクに乗り込み、クールで強い印象になりたいという願いを叶えてくれます。 ブラック色はこんな人におすすめ! ブラックは長い間乗ることを検討している方、色選びで絶対に失敗したくない方におすすめ。 また、高級感を求める方にもおすすめです。 年齢と性別に左右されずに乗れると人気!パールホワイト (出典:) 自動車においてツートップと言えるカラーがブラックとホワイトの二色なのですが、2016年に新たに投入されたばかりのタンクにおいてもホワイトは人気があります。 単なる白色ではなくパールホワイトという正式名称になっており、パールのように光沢と輝きを持ち合わせているため、 清潔感と共に上品さや優しさが与えられるようになっています。 ボディ自体が太陽光を吸収しないので直射日光が強い夏でも快適ですし、見た目も爽やかなので季節に関係無く愛着を持って接することができます。 公私混同あらゆる場面で使える また、年齢と性別に左右されずに違和感なく使う事が可能であるのも人気色である所以なので、一家に一台の自動車を家族全員で共用するという場合や、仕事でも使うことがある、という場合にも対応します。 ホワイト色はこんな人におすすめ! プライベートでも仕事でもタンクを使う方。 家族全員で共用する場合も最適です。 あらゆる場面で使いたい!という場合はホワイトをチョイスしましょう。 タンクを象徴する人気色!マゼンタベリーマイカメタリック (出典:) 人気色として人気なのはブラックとホワイトであるというのは誰もが想像できますが、3番目のマゼンタベリーマイカメタリックカラーはタンクならではの特徴です。 派手すぎない絶妙なカラーリング カラー名称からも理解できますが、赤紫とピンク色の中間に位置する印象があるもののどちらかと言えばピンク色に近い様子であり蛍光色のような施しがされています。 そのため 明るさと活発なイメージになるのでエネルギッシュですし、アクティブな男女との相性が抜群の色です。 若い女性~中高年層からの人気も高い また実際に契約した方の内訳を目にした時にわかるのは、若い女性~中高年層の女性の契約者も多く見受けられること。 メタリックに仕上げられているのでまるで宝石のように輝きを持っている事から、年配の方が違和感が無いですし、まるで装飾品の一つとして自分の事を飾ってくれます。 マゼンタ色はこんな人におすすめ! 無難な色合いではなく、明るさを求めるならマゼンタ色がおすすめ。 タンクの人気カラーで、性別・年齢層を問わずに契約者が多いので安心感があります。 個人的に最もおすすめ!レーザーブルークリスタルシャイン (出典:) そして最もおすすめと言える色がレーザーブルークリスタルシャインです。 タンクのカタログ表紙などでもよく採用されていますね。 レーザーブルーは男女にバランス良く支持されている人気色。 人気の理由は相対的にブルーが入っているためです。 派手さはないが気品に満ち溢れる ブルーと言っても様々ですがタンクはネイビーに近い濃さであり、青色としてカテゴライズされているものの決して派手な様子ではなく、心が穏やかになるとして人気です。 クリスタルシャインと名付けられる通り、 輝きと気品に満ち溢れています。 誰が乗ってもしっくりくる 落ち着いた青系のカラーリングではあるものの、年齢が高い方のみにしっくりくるわけではなく乗車するオーナーの年代に合わせて、車両や色合いのイメージが変わるという点でも人気色になっている理由です。 ブラックよりは明瞭にならないので、それほど主張させずにデザインにメッキを落とし込みたい方に好かれています。 ブルーカラーはこんな人におすすめ! 無難な色も、明るい色も苦手という方はレーザーブルークリスタルシャインで決まり。 誰が乗ってもしっくりくる落ち着いたカラーが魅力です。 トヨタ新型タンクの人気色のまとめ 全14色に及ぶタンクのカラーリングですが、迷った場合は以下から選ぶようにしましょう。 ブラックマイカメタリック• パールホワイト• マゼンタベリーマイカメタリック• レーザーブルークリスタルシャイン 上記から選べば、手堅くて外れることはまずありません。 それぞれの特徴の違いについては、本記事をご参考にしてみてください。 色選びに正解はなく、最終的には自分自身の好みでぜひ選んでいきましょう。 タンクをお得に買う方法とは? タンクは値引きすると何十万円も得をするのをご存じですか? タンクの値引きにはシンプルなやり方があり、誰でも実行することができます。 実際に値引きすることで、何十万円と安く購入できることがあります。 値引きについては 下記の記事を見ておけば、簡単にできます。 ぜひ流れをつかんでおきましょう。

次の

ルーミーの人気色ランキング!人気カラーとおすすめの内装色とマッチするカラーバリエーションも紹介

トヨタ ルーミー 色

コンパクトなボディに両側スライドドアを備えた、子育て世代の強い味方ルーミー。 ハイトワゴン軽自動車のように、広い車内空間で利便性の良さや取り回しのしやすさを取り入れた普通車です。 そしてルーミーは軽自動車の弱点である低排気量や乗車定員の少なさをしっかりカバーしているので、さらに便利になっています。 独特のスタイリングも伴って現在では非常に人気の車です。 非常に実用的で人気のあるルーミーはカラーバリエーションも豊富なので、自分だけの車を作り上げることも可能です。 ここではそんなあなたにルーミーのボディカラーのバリエーションから人気ランキング、そしておすすめカラーまでご紹介していきます。 なので誰もが選びやすいように、定番カラーからツートンカラーまでたくさんのカラーバリエーションがあります。 まずはルーミーのカラーラインナップを色番号からオプションの有無、そして価格まですべてを見ていきます。 シルバーなどの定番カラーはもちろんのこと、おしゃれなベリー系のカラーやブラックと組み合わせたツートンカラーでクールに決めるなど、ボディカラーを選ぶだけでも非常に悩んでしまいます。 ここではランキング形式で紹介し、それぞれのカラーの口コミや特徴、そして評価を解説していきます。 0 人気カラー第1位は定番のこのカラー、ブラックマイカメタリックでした。 ボディ全体が重厚になり、フロントのメッキパーツなどが映える高級感のあるカラーです。 メタリックなどのおかげでベタ塗りのブラックに比べれば傷などは目立ちにくいようにはなっていますが、それでもブラックを選ぶからには線傷や汚れとは常に戦いになります。 しかし色褪せや退色にはまったく無縁でしょう。 もちろん重厚感があり高級感を感じさせるカラーですから車にかっこよさを求める人にはぴったりなカラーです。 メッキパーツでおしゃれにカスタムしたい人にもバッチリです。 リセールバリューは高値になりやすいブラックですから、安心して選べます。 追加料金もなくリセールも高いカラーですから、乗り換え前提で購入される方にはぴったりです。 ルーミーの真ん中のピラーってブラックだけブラックマイカメタリックで塗装されてて、 リアはマット感そのまま 、それ以外のカラーは全てのピラーで安っぽいマットよな 今日ルーミー見ながら気付いた — 🥶れいにこ reinico21 ブラックマイカメタリックはBピラーはボディカラー同色です。 ブラックなのでテープを貼る必要はないという判断なのかもしれませんが、他のピラーはマットブラックですので人によっては違和感を感じるかもしれませんね。 黒のルーミーにゴールドホイールのイメージ 厳ついねー — 🥶れいにこ reinico21 ブラックのボディにはシルバーメッキも良いですが、ゴールドのカラーも非常に似合います。 ホイールデザイン次第でスポーティにも高級感にも振ることができるので、センスの見せ所になるでしょう。 2位 ホワイトパール 参考: 放置すればあとにもなりやすいので注意が必要です。 ホワイトは色褪せなどの心配もほぼないので、安心して選べるカラーです。 先程の通りホワイトパールは塗り分けがはっきりしておりシャープな印象で、クールなかっこよさを求める人にちょうどよいでしょう。 その他にも基準車であれば柔らかい印象にもできるので、いろんなニーズに対応できる色です。 ただオプション料金のかかるカラーなのが痛いところです。 しかしここはリセールバリューも十分に期待できるカラーなので十分に相殺できるでしょう。 確実にシコい 割とルーミーの白が多いから一目で親だと分かる仕様にしたい 電光ナンバーはなぁ…親が好きじゃないからなぁ… — アカケン IRONBEAT mk1583ironmask 人気の高いカラーですので、駐車場などで見失ってしまうことも多いでしょう。 できればホイールを変えるなどして自分の車を間違えないような仕様にしたいですね。 ルーミーにとってはある意味本命のカラーと言えるかもしれません。 3位 レーザーブルークリスタルシャイン 参考: 5. 0 3位にはネイビーカラーが特徴的なレーザーブルークリスタルシャインがきました。 ホームページなどでも全面的に推されているコマーシャルカラーです。 ブラックほどではありませんが、暗いカラーですので傷や汚れは目立ちやすくなります。 しかし色褪せなどには強いので安心して乗れるでしょう。 このカラーはルーミーのスタイリッシュな部分をうまく引き出してくれるカラーなので、おしゃれにかっこよく乗りたいという人におすすめです。 若い男性などに良いのではないでしょうか。 リセールバリューは基本的にはプラス査定にはなりにくいカラーですが、ルーミーにとって非常に人気の高いカラーですので不利な条件にはならないでしょう。 まったくトヨタ車には興味がないんだけど、 ルーミー、タンクのレーザーブルークリスタルシャインは すごくいい色だ — 北條 舞 funyanyan ルーミーを特に意識していない人でも、このレーザーブルークリスタルシャインはとても良い色だと好評しています。 クールな色合いでメッキのグリルやボディラインを際立たせるカラーですので、非常にかっこいいカラーです。 最近ルーミーとかタンクのレーザーブルークリスタルシャインって色ほんと気になる!てかルーミー欲しいんだよなぁ… — いましん passartChinChin こちらの人はルーミーが気になっている上で、レーザーブルークリスタルシャインが気になっているそうです。 もはやホワイトやブラックに続いてルーミーには定番のカラーと言えそうです。 4位 マゼンタベリーマイカメタリック 参考: そしてショッキングピンクのようなカラーはかっこいいとも言えますが、どちらかというとおしゃれ、乗る人によっては可愛いという印象が強いです。 ピラーのブラックアウトによってフローティングしたデザインのルーフで重心の低さを出し、おしゃれなカートのようです。 ただピンク系のカラーはリセールバリューは減点になりやすいことが多く、あまり期待できませんが、ルーミーにとっては人気の高いカラーですのでそれほど大きなマイナスにはなりにくいです。 ボディ部分のみがピンクですので背の高いミニバンのような雰囲気はなく、お洒落な車になっていますね。 5位 ブリリアントカッパークリスタルマイカ 参考: 2. 0 第5位はブリリアントカッパークリスタルマイカとなりました。 落ち着いたボディカラーなので、定番カラーは嫌だけど、目立つカラーも好きじゃないという人に良いカラーです。 傷や汚れは意外に目立ちにくくなっていますし、色褪せや退色にも比較的耐性があるカラーです。 青空駐車でもそれほど気にならないでしょう。 ただ落ち着きすぎなカラーなので、かっこいいや可愛いという理由で選択されることはなさそうです。 明るめなブラウンカラーが落ち着いた大人の魅力を引き立てるカラーといえそうです。 リセールバリューはさすがに期待できません。 もともと減点対象になるカラーですし、乗る人を選ぶカラーですので下取りで乗り換えを考えている人には良くないカラーです。 6位 プラムブラウンクリスタルマイカ 参考: 4. 0 6位はプラムブラウンクリスタルマイカです。 赤みのあるブラウンカラーで、ひと世代前に非常に流行ったボディカラーです。 暗めのブラウンカラーですので傷や汚れはやはり目立ちます。 黄砂の時期には洗車の回数が増えるでしょう。 ただ色あせに関してはこれほど暗い色ですので、それほど気にしなくて大丈夫です。 こちらも落ち着いたボディカラーですが暗めのカラーですので、メッキパーツなども映えるデザイン性が期待できるカラーです。 カスタムモデルにおすすめですね。 リセールバリューも悪いことはありませんが、基本的には減点対象のカラーですのでリセールを期待して購入するという選択肢には入りません。 7位 ファイアークォーツレッドメタリック 参考: どちらかというとスタイリッシュなボディに似合うのがワインレッド系のカラーですので、あまりスポーティは印象のないルーミーだと全体的にのっぺりしてしまい、あまりおすすめできません。 しかしどうしてもこの色がいいとなれば、ルーフをブラックにしたツートンカラーで外しのおしゃれに走るのが良いでしょう。 現在は流行りのボディカラーですのでリセールバリューはそれほど気にならないでしょう。 しかし基本的にはマイナスのカラーですのでタイミングによってはあまり良くありません。 現在の流行りということもありとても魅力的ですが、人気のあるカラーは定番のカラーがトップでした。 では逆にあまり選ばれていない不人気なカラーはどれなのでしょうか。 こちらもカラーの評判や特徴なども交えて解説していきます。 ブライトシルバーメタリック 参考: MEMO 基本的にルーミーは若い夫婦をターゲットに作られている車ですので、定番のカラーであるホワイトやブラックは当然ですがお洒落なカラーに人気が集中するようです。 そのため実用性一辺倒のシルバーはあまり支持されなかったと見られます。 しかし当然のことながらシルバーですので傷や汚れはほとんど気になりませんし、退色などもほぼありません。 車に興味がなく、青空駐車のもと洗車も面倒だという人にはみったりのボディカラーです。 しかしのっぺりしているミニバンタイプのボディのルーミーですので、シルバーにしてしまうとただの商用車のようになってしまいます。 スポーティなスタイルではありませんし、おしゃれにも映らないシルバーでは、ルーミーには厳しい選択のようです。 ただシルバーはリセールの面では非常に安定しています。 オプション料金もかからず減点対象にもなりませんので、メンテナンスは面倒だけど次々車を変えたいという人にはおすすめのカラーです。 ルーミーのシルバーだと結構好みです メッキグリルとボディのシルバーが統一感あって良いなって思います! そうですねー!自分の好みの色だと永く愛着が持てる気がします。 ひとつの鉄の塊のような強固さを感じさせるカラーなのかもしれませんね。 なんの変哲もないシルバーを褒めさせたルーミー — こーめる komeruhen こちらの方もルーミーのシルバーがかっこよく感じているようです。 いくら不人気色とはいっても人によって感じ方はそれぞれです。 ご自身の気になるカラーで乗るのが一番でしょう。 ファインブルーマイカメタリック 参考: しかしながらあまり人気が伸びなかったことからもわかるように、それほど支持されないカラーです。 塗装の質感とボディカラーが合わなかったことで、可愛いにもかっこいいにもなれなかったからだと考えられます。 メタリックカラーですので傷や汚れは目立ちにくいです。 しかし淡いカラーですので退色には注意が必要でしょう。 できれば駐車スペースには屋根がほしいですね。 メタリックな質感のおかげで女性から支持のあるようなパステルカラーという感じもしませんし、かっこよさやおしゃれという感じもそれほどありません。 さらに青といえばレーザーブルークリスタルシャインがありますので、どちらかというと顧客をそちらに持っていかれているおかげで、人気が出ないカラーです。 もちろんリセールバリューでも不利です。 よほどこのカラーに惚れたという理由がない限りはおすすめできるカラーではありません。 トールカスタム ルーミーじゃないよ ファインブルーマイカメタリック 色は絶対にコレ これをフルモデリスタでバチバチにキメて乗りたい 正直シエンタから買い替えても満足いくと思う 乗ってる人が羨ましいぞ彡 ゚ ゚ — シエンタP@オフ会0人の日 sientasport 不人気カラーですが、しっかりエアロを決めたルーミーにあえて水色を合わせるようなカラーを選ぼうとする人もいます。 あえて外しを狙ってこのカラーを選択するのも面白いかもしれません。 ルーミーも見てきました! こちらはターボのカスタム! この水色も鮮やかでイイね👍🏻 個人的にリヤランプはクリアタイプが好きかなw — クルマfanゆう kurumazukinoyuu こちらの方も水色の鮮やかさが気に入っておられるようです。 高い買い物ですのでどうしてもボディカラーは悩みます。 しかし周りの好みに合わせるのではなく、自分の乗りたいカラーを選ぶというのが本来は一番良いで選択です。 ルーミーは幅広い需要に応えるために多くのラインナップをしていますが、中でも特におすすめのボディカラーをご紹介します。 レーザーブルークリスタルシャイン 参考: ルーミーの中で一番おすすめできるカラーがこのレーザーブルークリスタルシャインです。 ただのブラックカラーとは一味違い、光の加減で黒にも青にも見えるようなおしゃれなボディカラーです。 ルーミーのサイドに有るキャラクターラインなど、スタイルが映るカラーですので間違いのないカラーだと言えます。 ブラックに比べれば傷は目立ちにくいので扱いやすいカラーです。 そしてオプション料金のかかるカラーですが、ルーミーの中でも人気の高いカラーですのでリセールバリューは安定しているので安心して乗れるでしょう。 マゼンタベリーマイカメタリック 参考: おすすめカラーその2はマゼンタベリーマイカメタリックです。 こちらもおしゃれなボディカラーですのでルーミーのボディをしっかり彩ってくれます。 ホワイトカラーと同じくブラックアウトされたピラーとの色の対比が非常に映えるカラーですし、基準車でもカスタムモデルでもどちらにもおしゃれな印象になります。 赤系のカラーですので青空駐車のような場合は退色が気になりますが、ブラックなどのように洗車キズが気になるようなことは少ないですので、コーティングなどで塗装を保護することできれいに保ちやすいでしょう。 リセールバリューは若干気になるところですが、オプションカラーでもありませんので気軽に選べるのも良いところです。 ブラックマイカメタリック 参考: 最後のおすすめカラーは、ルーミーの大きなボディを迫力あるものにするブラックマイカメタリックです。 背の高い車ですのでブラックカラーで重厚感を、そしてフロントのメッキグリルが強調されることで高級感のあるものにします。 さらにオプションでメッキパーツを増やすこともできますので、それと合わせるとワンランク上の高級感を出すことができます。 傷や汚れが気になるので手洗いで丁寧洗車は必須になりますが、オプション料金もなくリセールバリューも高いブラックマイカメタリックは、次々と乗り換えていく人にも車にこだわりがある人にもおすすめできるカラーです。 ここではルーミーのカラーの過去色や変わった情報を紹介していきます。 フレッシュグリーン.

次の