インフルエンザ ロキソニン 飲んでしまったら。 インフルエンザ 脳炎

インフルエンザ、家にある薬で気を付けることは? 解熱剤が危険な理由

インフルエンザ ロキソニン 飲んでしまったら

冬の寒い時期に、急な悪寒や高熱、全身倦怠感や関節痛などを感じ「おかしいな、普通の風邪ではないみたいだな…」と思ったとき、頭に思い浮かぶのはやはり「インフルエンザ」ではないでしょうか。 インフルエンザにかかったかもしれない、と思ったら、まず病院で検査を受けることが大切です。 今回はインフルエンザの検査や、かかった場合の治療についてお話したいと思います。 検査の方法とタイミング インフルエンザの検査は、患者の鼻の奥、またはのどの奥を小さな細い綿棒でこすり、検体処理液に入れるという方法です。 10~15分くらいで陽性、陰性の判定ができます。 しかし実際はインフルエンザだったのに、最初に検査をしたときは陰性だった、あるいはインフルエンザが周囲で流行っているし、症状は明らかにインフルエンザなのに、検査で陰性の結果が出たという経験をお持ちのかたもいらっしゃるでしょう。 この原因に、検査のタイミングが早すぎた場合があります。 インフルエンザの検査は、一般的に発熱などの発症後、12時間経過してからでないと、陽性反応があらわれないのです。 抗インフルエンザ薬服用のタイミング インフルエンザウイルスに感染すると、ウイルスは体内ですごい勢いで増殖します。 発熱などの発症後、12時間で陽性と判定できる量に達した後、そのまま放置すれば更にどんどん増殖し、今度は抗インフルエンザ薬が効きにくくなります。 抗インフルエンザ薬は、発症して48時間以内に服用するのが効果的といわれています。 病院で検査を受けるタイミング、薬の服用のタイミングはともに難しいところです。 インフルエンザだとわかった場合の治療・対策は、薬物療法(薬の治療)、生活療法(日常生活上の注意を守ること)の、二本立てで行われることになります。 薬物療法 インフルエンザの薬物療法は、大きく分けて二種類あり、一つは前述した抗インフルエンザ薬を使う方法、もう一つはインフルエンザウイルスの感染によって生じる症状を緩和させるために行う対症療法です。 抗インフルエンザ薬 ノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれる種類の薬で、インフルエンザウイルスが体内で増殖するのを防ぐ役割をします。 インフルエンザウイルスは時間ごとに爆発的に増え、発症後48時間でウイルスが増殖するピークを迎えます。 この48時間以内に、抗インフルエンザ薬を服用することが大切なので、なるべく早く、インフルエンザの診断が下されることがポイントになってきます。 抗インフルエンザ薬が効くと発熱期間が1~2日程度短縮され、症状も軽く済むことが多くなります。 対症療法の薬 対症療法とは、高熱や二次的な細菌感染などに対する薬を使うことです。 しかし一部の解熱鎮痛薬はインフルエンザに対して使用してはいけないことになっています。 その理由として、インフルエンザ脳症を合併する可能性があるためです。 そのため、高熱が出たからといってご自分の判断で市販薬などを安易に使用せず、必ず医師に確認してから使用するようにしましょう。 生活療法 インフルエンザにかかった場合、投薬治療の一方で日常生活上の注意を守ることも大切です。 ・十分な安静と休息をとること ・高熱が出るので水分の補給を十分に行って脱水に気をつけること また、食欲がなくなりがちですが、インフルエンザウイルスを撃退する免疫力を高めるためにも、消化のよい食べ物を少しずつでも食べるようにしましょう。 インフルエンザは、自分の体調が改善していても、体内に残存しているウイルスが他の人に感染する可能性があります。 熱が下がった後、少なくとも2日間くらいは自宅で療養したほうがよいでしょう。

次の

インフルエンザ Q&A

インフルエンザ ロキソニン 飲んでしまったら

なぜなら慌てて、熱が上がりきらないうちに (12時間以上経ってないのに)受診してしまったからです。 もしも、インフルエンザだったとした場合、熱を下げてしまうことによって、ウイルスが増えてたらどうしようと心配になりました。 今日の3時で服用から7時間目です。 検査が早かったのかと心配です。 とにかく、インフルエンザ脳症になったらどうしよう、ロキソニン飲んでしまったと心配です 稀ではありますが、大人であっても解熱剤によりインフルエンザ脳症になる可能性はあるといわれています。 質問主さんは、大丈夫そうですね。 落ち着いてくださいね。 検査結果を会社(学校)などに提出しなければならないのでしょうか? とくに検査結果を必要としないのであれば、無理に検査をする必要などありませんよ。 インフルエンザは風邪症候群、風邪のひとつです。 無理をせずゆっくり休んでくださいね。 ウイルスに対して解熱剤を服用して脳症になる可能性はインフルエンザに限ったことではありません。 インフルエンザの時に脳症になったから、インフルエンザ脳症と呼んでいるだけです。 脳症のメカニズムなどまだまだ細かいことはわかっていませんが、解熱剤が原因では?というのは、もう十数年も前から言われて危惧されいることです。 ですから、熱が出た時は、慌てて解熱剤を服用しない!です。 まあ、解熱剤なのに本末転倒ですけどね。 要は、「なんの熱かわからない時は解熱剤を服用しない」ということを、これから気をつけてください。 喉が痛い時に薬を服用したということですが、インフルエンザウイルスは喉の粘膜で増えます。 その時にズキズキ痛いんですよね。 この時に効く薬など存在しません。 その痛みの感覚を、覚えておいてください。 喉の使い過ぎで痛いのか、魚の骨がささって痛いのか(笑)、違いがわかりますよね? インフルエンザの喉の痛みだな、と気づいたら、薬は服用しない、ゆっくり休む準備をする、です。 そして、そのあと血液中をパトロールしている免疫細胞が喉に居るウイルスを見つけ、体を発熱させて治していきます。 「体は治してくれているんだな」と安心してください。 (熱はつらいですけどね) この時にも効く薬など存在しません。 解熱剤はこの治す作業の邪魔をしているだけです。 水分をとって、ゆっくり休んでくださいね。 追記です。 ロキソニンは医師から処方されたものなんですね。 昔から「医師は薬を出すもの」というのが日本では定着していて、「あの医者は薬も出さない!」と怒る人もいるのが現状。 それに薬に副作用はつきもので、脳症もそのうちのひとつですが、副作用があるから処方しないというのもおかしな話で、副作用があっても処方するのが薬なわけです。 ですから、私は、処方される薬について質問もよくしますし、話を聞いた上で必要のないものなら断る時もあります。 質問に真摯に答えてくれない医者のところへは二度と行きません。 (幸い、いい医者がまわりにいます) インフルエンザなら、検査だけして薬は断ります。 検査だけを目的として病院に行くので。 (私の場合です) ロキソニンでインフルエンザ脳症にはならない。 15歳以下の小児の解熱に「原則」使用しない薬がアスピリン・ポンタール・ボルタレンの3剤だけだよ。 欧米で薬剤によるライ症候群の発生頻度が上がるという報告があり後から追加された注意書きになる。 が日本ではもともと解熱消炎剤によるライ症候群の報告自体がほとんどなくマユツバものの話だと思うよ。 インフルエンザ脳症はインフルエンザによっておこる。 薬剤との因果関係はいまだに毎年調査が続けられているが特定薬剤との因果関係は証明されていない。 インフルエンザではアセトアミノフェン・イブプロフェン・ロキソニンはよくつかわれる解熱消炎剤で何の問題もない。 ロキソニンは一般に市販されているし市販の感冒薬にも含まれている。 一般人が風邪かインフルエンザかがわからないままに飲む薬が使っていけないものが販売されているわけがない。 常識でもわかる話だと思うが。 つまらないデマに惑わされないように。 インフルエンザの検査は病初期にウイルスの量が少なければ陰性になることもあるからインフルエンザの疑惑が払拭できなければ再検査してみていい。 インフルエンザ脳症と使用薬剤の調査・・・ 熱が急に上がった時がウイルスが増殖し始めたところですから、そこから24時間経たないと簡易検査で出にくいと思います。 とはいえ、あくまで簡易検査なので何回やっても出ない人も居るというのを聞いた事はあります。 ロキソニンを処方されたのは間違ってはいないと思います。 総合感冒薬や咳を鎮める薬を貰いたかったのですが、まだ症状が酷くなって24時間経っていないためインフルエンザの可能性がまだ否定できないのでといってカロナール(解熱鎮痛剤)しか処方してもらえませんでした。 インフルエンザの場合、総合感冒薬は飲んではいけないので処方できないと言われました。 帰ってネットで調べてみると総合感冒薬や市販の解熱鎮痛剤に入っている成分の一部がインフルエンザ脳症を発症しやすくするそうです。 おかげで私はその後、会社を休むほどの酷い咳に2週間悩まされましたが。 (3日後に再受診して抗生物質と咳中心に効く薬を貰いました) 長くなりましたが、インフルエンザが疑われる症状が続いているなら翌日にも再度受診した方が良いと思います。

次の

インフルエンザでロキソニンを飲んでしまったら?禁忌の理由!

インフルエンザ ロキソニン 飲んでしまったら

インフルエンザが流行しています。 高熱が出たら、それは風邪ではなくインフルエンザかもしれません。 すぐに病院に行きたくても、近所のクリニックが休診日だったりする場合、とりあえず熱を下げる薬が欲しくなりますよね。 でも、インフルエンザのときに飲んではいけない薬があるので、注意が必要です。 インフルエンザにかかってる方よく見かけるけど、熱があるし関節痛いからってロキソニン飲んじゃダメだぞ???? またよろしくね???? ロキソニン、バファリンはNSAIDsという種類の非ステロイド性抗炎症薬でインフルエンザ時に飲むと脳症を発症するのです。 またよろしくね???? それらは「NSAIDs」という種類の非ステロイド性抗炎症薬で、インフルエンザ時に飲むと脳症を発症する可能性があるそうです。 また、インフルエンザ時の発熱や関節痛は、処方薬ならカロナール、市販薬はカロナールと同一成分・同一量の 「タイレノールA」なら大丈夫のようです。 この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。 ・頭痛外来に行ってロキソニン処方された時に、もしインフルになったらロキソニン飲むのやめてねって担当の医師に言われました. ・知らなくて飲んでしまったら看護師さんに怒られました ・危ないー!!ちょうど今インフルエンザの夫にのませるとこでした ・亡くなった著名人の方いらっしゃいましたよね ・風邪と勘違いしてバファリン飲んで。 本当、マジ、ヤバかった ・前日の夜にロキソニンのんだらバーンって熱上がってびっくりしました ・薬局で薬剤師さんに同じ事言われました インフルエンザの時に飲んではいけない「NSAIDs」という種類の非ステロイド性抗炎症薬の代表的なものには、「アスピリン」、「バファリン」、「ブルフェン」、「エスタックイブ」、「ロキソニン」、「ボルタレン」といったものがあるそうです。 なお、インフルエンザの疑いのある時の解熱剤として飲んでも大丈夫な市販薬は、アセトアミノフェンの「タイレノールA」だそうですが、インフルエンザの可能性がある人は医者で診てもらうのが一番です。 ただし、インフルエンザ検査は発熱して24時間以上経たないと陽性が出ないので、その点は気をつけましょう。 (いまトピ編集部:ヤタロー)•

次の