泉 ピン子。 ✅ 泉ピン子

泉ピン子、中居への発言に「的外れ」「失礼」 一方、フォローの朝日奈央は「好感度爆上がり」: J

泉 ピン子

国民的ドラマの内幕とあって、大きな波紋を広げている。 橋田氏の発言をめぐる経緯を追うと、まず「週刊女性」(10月1日号/主婦と生活社)の連載で泉・えなりの共演NGについて言及。 続いて本日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の取材に答えるかたちで詳細を語っている。 「文春」によると2人は2015年放送の特番を最後に共演しておらず、今年9月16日放送の特番でも同じシーンに登場することはなかったという。 橋田氏は取材に対し、「(泉ピン子と)一緒に出るとえなり君は発疹が出たり、おかしくなるんですって」と発言。 続けて「それを聞いて、私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。 そういう申し出をすること自体、私は頭にくる」と怒りをあらわにした。 一方でドラマプロデューサー・石井ふく子氏は2人の共演NGを否定。 同じドラマの脚本家とプロデューサーの証言が食い違う状況となっている。 橋田氏の怒りを買ったえなりだが、かつてはタレント・ウエンツ瑛士との共演NGも話題になった。 ウエンツはゲスト出演した『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、えなりとバラエティ番組で共演した際に「トークをぶん取る」ように食ってかかったと告白。 梅沢・萬田が出演した2017年放送の『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)で、梅沢が「泉ピン子さんが萬田をいじめたって」と言及。 萬田は「いじめではない」と否定したが、梅沢は「ピン子、ひと言多いからさ」とチクリ。 萬田によると、泉が演技論を語っている最中に寝てしまったそうで、「土下座して謝りました。 ピン子さんは正しいんだもの」と泉をフォローした。 今回の泉・えなりの共演NG報道にネット上では、「発疹が出るって相当のストレスを与えられたのかな」「えなり君、可哀想ではあるけど共演NGの話が続くのはどうかと思う」「ピン子さんは大御所なんだし、後輩との向き合い方を見つめ直すべきでは?」など、さまざまな反応が出ている。 また、「家族同然でもあるドラマ出演者たちのことをベラベラ喋るなんて」「なぜ悩んでる役者に怒るのかな。 相談に乗ってあげればいいのに」と、橋田氏への批判も少なくない。 橋田氏の暴露について、泉のマネージャーは(共演NGは)「そんなことはない」と否定、えなりのマネージャーである母親は「お答えすることはできません」と取材を拒否している模様。 今後、本人たちからどのようなコメントが出されるか注目したい。 (文=編集部).

次の

泉ピン子の現在の自宅(家)が熱海の豪邸!?医師の今旦那(夫)と二人の年収は?結婚したら人生劇変!○○の妻たち

泉 ピン子

「こんなにしっかりしゃべれるってイメージない」 同番組では、ジャニーズ事務所の退所と独立を発表した中居さんの記者会見を振り返った。 番組MCの和田アキ子さんは「司会者とかもいないで、全部ひとりで。 ツッコミもボケも、すごいですね」と称賛した。 これに対し、泉さんも「すごい話術ですね。 大人になったね」と賛同。 ここまではよかったはずだが、視聴者から注目を集めたのは以降の発言だ。 和田さんが「(会見の流れは中居さんが)全部ひとりで考えたなのかな?」と疑問を投げかけると、泉さんは 「アイデア出した人いるんじゃない?中居くんひとりで考えられないと思うけど」 とコメントした。 これに和田さんが「そうかな?(朝日)奈央ちゃんなんか、よく一緒にやっているでしょ?」と、タレントの朝日奈央さんに話を振ると 「中居さんが考えたと思いますけどね」 「(事務所を退職ではなく退所という言い方について)それは絶対中居さんだと思いますよ」 と反論した。 だが泉さんは「だって、こんなにしっかりしゃべれるってイメージないんだもん」と、昔から知っている中居さんの成長に驚いたと伝えた。 泉さんは当時SMAPのメンバーが小中高生だった時に、現ジャニーズ事務所のメリー喜多川会長から紹介されたという。 幼少期から知っているSMAPへの思いは強いようで、 「おばさんはこだわる。 SMAP好きだったから。 コンサートもずっと行っていたし」 と、SMAP愛を語っていた。 とはいえ中居さんといえば、複数のレギュラー番組でMCを務めており、そのトーク力の高さは定評がある。 今回の泉さんの発言に違和感や不快感を覚えた視聴者は少なくないようだ。 このほか泉さんからは「(SMAPの不仲説について)仲良かったら続いてるわよね」など、不仲説を強調するような発言も飛び出し、中居さんファンと見られる人々からはツイッターで「クレーム入れるレベル」「TBSに苦情を送りました」といった声まで出ている。 一方で、中居さんを擁護した朝日さんについては、「一生懸命フォローしてて偉い」「好感度が爆上がり」と称賛の声が寄せられている。

次の

泉ピン子は創価学会をやめた!?入信からの経緯がヤバすぎる・・・

泉 ピン子

泉ピン子の旦那は医者の武本憲重! 泉ピン子の旦那は医者の武本憲重です。 泉ピン子は、古くは確か「おしん」の母親役を演じて、私の大好きな「カミさんの悪口」にも出演、更には代表作となった橋田壽賀子の「渡る世間は鬼ばかり」の五月役に「ぴったんこカン・カン」ではバスガイドのぴったん子さんで、安住紳一郎アナウンサーとコンビを組んでいます。 ところで、泉ピン子の旦那さんって、医者なんですよね?医者といっても外科内科、心療内科に精神科、歯医者さんと様々ですが、泉ピン子の旦那は何科のお医者さんなのかと思ったら、消化器系内科医の武本憲重さん、ここフルネーム全開なんです(笑)。 銀座にある、武本ホームドクタークリニックとの病院の院長の武本憲重、この方。 武本憲重?どこかで聞いたと思われた人、そう「たけしの本当は怖い家庭の医学」でもゲストの医者で出演してたのが、泉ピン子の旦那。 その泉ピン子の旦那は医者の武本憲重! という事で、泉ピン子のプロフィールを紹介します。 泉ピン子(いずみ ぴんこ)は、1947年9月11日生まれの69歳になります~!女優との掛け持ちの自他共に認めるコメディエンヌ。 漫談家でもあるし、歌手でもあります。 東京都中央区出身の熱海市在住です。 本名は武本小夜(たけもと さよ)。 なので、泉ピン子の旦那は武本憲重で、消化器系内科のです。 泉ピン子の旦那の武本憲重の学歴や経歴は? 泉ピン子の旦那は武本憲重は、消化器系内科の医師ということで、学歴や経歴が気になります。 泉ピン子の旦那の武本憲重との馴れ初めは、泉ピン子が40歳の頃でして、そして結婚に至ったのは西田敏行の後押しがきっかけだったとか。 意外なところがプッシュポイントだったんですね! その頃には当然バリバリに開業医としての地位を確立させていた、泉ピン子の旦那の武本憲重。 武本憲重の学歴と調べると、大分のキーワードが出てる辺り、同県の大学の学歴をお持ちかもしれないんですよね~!いずれにしても最終学歴は大学でしょうから。 次の泉ピン子の旦那である武本憲重の経歴について。 性格は理論派で意外にも頑固一徹で、経歴に関してだけいえば、知識ともに経験が豊富でかなり優れた経歴を持つお医者さんといったところ。 ちなみに武本憲重は、プライベートではクールな人らしいです。 泉ピン子の旦那の武本憲重の学歴は、恐らく大学は大分県内の大学で、経歴は開業医として、消化器系の医者として務めていたんですね! 泉ピン子の旦那の武本憲重の浮気相手は誰? そんな泉ピン子の旦那の武本憲重ですが、過去に浮気していたという情報がありますが、浮気相手は誰なんでしょうか。 はたまた泉ピン子の旦那の武本憲重には隠し子が居るとか、まことしやかに囁かれてる噂がありますが! その旦那の武本憲重の浮気相手と泉ピン子の関係性はあるのか?もしかして浮気相手は業界人だったりして?の話もチラホラあります。 核心に迫りますが、泉ピン子の旦那の武本憲重の浮気相手は誰なのかというと、実は本当に看護士と浮気をしていて、子供が二人も居るそうです。 これは本当だったんですね!いやぁ~、驚きです 笑 ただ、医者の浮気相手が看護士とは、盲点でした…いや灯台もと暗し。 目から鱗、は違うか。 でも、よくドラマになっている関係というか・・・。 とりあえず、認知をして養育費まで払う内助の功を見せた泉ピン子は太っ腹というか、肝が座ってますね。 でも、それだけ旦那の武本憲重を愛していて、全てが丸く収まるように離婚を選ばなかった泉ピン子は女傑さながら、流石に大女優といったところです。 なので、泉ピン子の旦那の武本憲重の浮気相手は、看護師で子供も実は2人いるという現状だったみたいですね! 今回は、泉ピン子の旦那で医者の武本憲重について記載しました。 泉ピン子の旦那で医者の武本憲重は、消化器系内科を開業医している経歴をもっており、学歴は恐らく大分県内の大学出身だと思います。 いずれにせとかなり優秀であることには間違いありませんね! また、消化器系内科の開業医であり、泉ピン子の旦那である武本憲重にはなんと過去には浮気していた過去があり、しかも子供も2人もいるとは信じられませんが、どうやら本当みたいですね・・・。 そんな過去がありながらも、女優業をしている泉ピン子は、やっぱり凄い女優なんですね!これからも名女優として、がんばってほしいですね! 応援しています!.

次の