アマゾン 表示履歴。 Amazonの「購入履歴」を削除・非表示にする方法

Amazon商品の閲覧履歴を削除する

アマゾン 表示履歴

Amazonの購入履歴、消したいモノありませんか? 【手順解説】「購入履歴」を非表示にするには Amazonの「注文履歴」(購入履歴)は、スマートフォンのAmazonアプリでは非表示にすることはできません。 しかし、ユーザーが繰り返し購入している商品や、日用品や食品などの消耗品がピックアップされる「再び購入」では、商品リストを編集して、注文履歴を非表示にすることが可能です。 実際の手順は以下の通りです。 メニューの 「履歴からもう一度買う」をタップします。 リストが表示されたら 右上の「管理リスト」をタップします。 表示したくない項目の 「削除」ボタンをタップします。 メニューから「履歴からもう一度買う」をタップします• 「再び購入」画面で、リストに表示させたくないものがある場合は、右上の「管理リスト」をタップします• スマートフォンでは、アプリではなくWebブラウザでAmazonにアクセスして、Webサイトの表示を「PC版サイト」に切り替えることで、「注文を非表示にする」ボタンが押せるようになります。 ただし、この方法はあくまでも「非表示」にできるだけで、 「注文履歴」(購入履歴)のデータ自体を削除することはできません。 非表示にした項目は注文履歴で検索できますし、注文履歴の種類・時期の絞り込みメニュー(「過去6カ月間」と書かれたポップアップメニュー)から「非表示にした注文」だけを表示することも可能です。 注文履歴をどうしても消したい場合には、そのAmazonアカウントを削除して、新たにアカウントを作成しなおす方がよいでしょう。 パソコンで「注文を非表示にする」実際の手順は以下の通りです。 WebブラウザでAmazonにアクセスし、トップ画面の右上にある 「注文履歴」をクリックします。 商品リストが表示されたら、非表示にしたい商品の 「注文を非表示にする」ボタンをクリックします。 確認メッセージが表示されたら、 もう一度「注文を非表示にする」ボタンをクリックします。 パソコンのWebブラウザでAmazonにアクセスし(またはスマートフォンで「PC版サイト」を「デスクトップ表示」)、トップ画面の右上にある「注文履歴」をクリックします• これまでAmazonで注文した商品が表示されたら、非表示にしたい商品の右側に「注文を非表示にする」のボタンをクリックします• 確認メッセージが表示されるので、もう一度「注文を非表示にする」ボタンをクリックすると、その項目が注文履歴に表示されなくなります• 「注文履歴」画面にある「過去6カ月間」と書かれたポップアップメニューをクリックし、メニュー最下部にある「非表示にした注文」を選ぶと、隠した項目だけが抽出されます Amazonの「購入履歴」からできること ここからは、削除・非表示にする方法から離れて、Amazonの「注文履歴」(購入履歴)を有効活用する方法を紹介していきます。 Amaznoで購入した商品をもう一度買いたいとき、あるいは最近気になった商品の詳細を参照したいときに、イチから検索する手間が省けます。 「注文履歴」は、Amazonでこれまで購入した商品を一覧表示し、「再度購入」ボタンをタップすることで簡単に再注文できます。 また、商品ごとに、注文日や配達日、金額、届け先、注文番号などの詳しい内容を確認したり、商品ページへのリンクをクリックして商品の説明ページを確認することも可能です。 さらに、注文履歴を「タイトル」、「カテゴリー」、「届け先」で検索できるほか、表示内容を注文の種類(未発送の注文、キャンセルした注文)や、注文時期(購入した年)で絞り込むことが可能です。 これにより、Amazonのアカウントを作って最初に購入した商品が何だったのかを調べたり、数年前に購入した商品の価格や詳細をチェックしたりできます。 【手順解説】Amazonアプリで「購入履歴」を表示するには ここでは、スマートフォンの「Amazon」アプリを使って、注文履歴(購入履歴)を表示する方法を解説します。 実際の手順は以下の通りです。 メニューから 「注文履歴」を選択します。 過去6カ月間の注文履歴が表示されます。 メニューから「注文履歴」を選択します• 過去6カ月間の注文履歴が表示されます(商品ごとに「再度購入」ボタンや返品期限などが表示される場合もあります) 「購入履歴」の商品を検索するには 注文した商品を、タイトルやカテゴリー、届け先で検索するには、上記「注文履歴」を表示する方法で[1]~[3]までの手順を行い、「注文履歴」画面を表示したのち、 右上にある「すべての注文を検索」をタップして、上部に現れる 入力フィールドに検索キーワード(タイトル、カテゴリー、届け先)を入力すると検索できます。 「注文履歴」画面右上にある「すべての注文を検索」をタップします• 上部に現れる入力フィールドに、検索キーワード(タイトル、カテゴリー、届け先)を入力します• 検索結果に該当する注文が抽出されます 注文の種類や時期から「購入履歴」を見るには 「注文履歴」を開くと、過去6カ月間に注文したすべての商品がリストアップされますが、注文の種類(すべての注文、未発送の注文、キャンセルした注文)や、注文した時期を絞って表示することも可能です。 上記「注文履歴」を表示する方法で[1]~[3]までの手順を行い、「注文履歴」画面を表示したのち、 右上の「表示する注文を選択」をタップすると開く画面で、注文の種類や注文時期を指定して表示できます。 「注文履歴」画面右上にある「表示する注文を選択」をタップします• まず、注文の種類(すべての注文、未発送の注文、キャンセルした注文)や注文時期を選択しします。 そして、上部の「適用」ボタン、もしくは最下部の「適用」ボタンをタップすると、注文履歴がそれに応じた内容に切り替わります。 画面を閉じると、初期状態(注文の種類は「注文」に、注文時期は「過去6カ月」)に戻ります• 注文時期(主に「購入年」)を切り替えたい場合は、表示したい年を選択後、最下部の「適用」ボタンもしくは上部の「適用」ボタンをタップすると、表示される注文履歴がその年のものに切り替わります。 なお、画面を閉じると初期状態の「過去6カ月」に戻ります 「購入履歴」からもう一度買うには 以前購入したことのある商品をもう一度買う場合、注文履歴の「再度購入」ボタンからも購入できますが、もっと便利なのが「履歴からもう一度買う」画面です。 「履歴からもう一度買う」画面に出てくる商品リストは、そのユーザーが繰り返し購入している商品や、日用品や食品などの消耗品がピックアップされているため、選びやすくなっています。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

Amazon購入履歴・注文履歴の確認方法、非表示のデメリット、削除できるのか調べました|ノリフネ!~乗りかかった船~

アマゾン 表示履歴

CHAPTER(チャプター)• Kinlde|キンドル閲覧履歴やおすすめ本の削除方法 「Kindleで購入した本」や、 「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「Prime Reading(プライムリーディング)」で閲覧した本の履歴記録などから、アマゾンのおすすめ機能が 「閲覧履歴に基づくおすすめ商品」を勝手に「ずら~っ」と並べてくる状況に困っていたのですが、ようやく削除する方法を見つけましたので、今回は、その削除方法を解説していきます。 家族に隠れて楽しむ為に「閲覧履歴」を消去したい 「」のでは、「Prime Video(プライムビデオ)」などの「エンタメ系」の特典までは、残念ながら、共有できません。 ですので、 1つの「AmazonアカウントID」を、 家族みんなで共有し、家族で「プライムビデオ」や「プライムリーディング」を楽しんでいるご家庭も多いのではないかと思います。 僕も「」に登録して、電子書籍の読み放題を利用しているので、息抜きで「アイドルのグラビア写真集」や「アダルト系の漫画」などを、たまに読んだりするのですが、その後に、Kindle端末の 「閲覧履歴に基づくおすすめ商品」という欄に、「エッチな本」ばかりが並んでしまう現象は、どうにかならないものかと、ずっと解決策を探していたのです。 そのような人は、家族の目に触れる前、「サービスを使い終わるごとに、見られたくない履歴を消し去る必要性」が出てくるのです。 「閲覧履歴」3つの消去方法 まずは、あなたが閲覧した商品の履歴が保存される「閲覧履歴」の削除方法を解説します。 「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面を一番下までスクロールします。 だいたい、フッター真上くらいに表示される「閲覧履歴」の横にある 「閲覧履歴を表示して保存する」ボタンをクリックしてください。 「閲覧履歴を表示して編集する」というリンクをクリックしてください。 もしくは、「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面上部のメニューから 「マイストア」をクリックしても同じ画面にアクセスできます。 閲覧した作品が、一覧で表示されますので、削除したい作品の下にある「表示から削除」ボタンをクリックしてください。 「表示から削除」ボタンをクリックすると、クリックした作品が、閲覧履歴から削除されました。 「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面を一番下までスクロールします。 だいたい、フッター真上くらいに表示される「閲覧履歴」の横にある 「閲覧履歴を表示して保存する」ボタンをクリックしてください。 「閲覧履歴を表示して編集する」というリンクをクリックしてください。 もしくは、「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面上部のメニューから 「マイストア」をクリックしても同じ画面にアクセスできます。 「閲覧した商品」画面の上部に表示された「閲覧を管理」という文字の辺りをクリックしてください。 クリックすると、その下に「履歴を管理」というメニューが表示されます。 「履歴を管理」というメニューが表示されたら「表示からすべての商品を削除する」をクリックすると、閲覧履歴の全てを、一括で削除することが出来ます。 「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面を一番下までスクロールします。 だいたい、フッター真上くらいに表示される「閲覧履歴」の横にある 「閲覧履歴を表示して保存する」ボタンをクリックしてください。 「閲覧履歴を表示して編集する」というリンクをクリックしてください。 もしくは、「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面上部のメニューから 「マイストア」をクリックしても同じ画面にアクセスできます。 「閲覧した商品」画面の上部に表示された「閲覧を管理」という文字の辺りをクリックしてください。 クリックすると、その下に「履歴を管理」というメニューが表示されます。 同じ「つまみ」を、もう一度、クリックすると、オンに戻ります。 「購入履歴」&「注文履歴」の非表示方法 次は、あなたが購入した商品の履歴が保存される「購入履歴」や「注文履歴」の非表示方法を解説します。 残念ながら、「購入履歴」や「注文履歴」には削除方法がなく、「おすすめ商品」として表示されないようにするしかありません。 家族に見せたくない商品などは、購入後、即非表示にして、ここも目に入らないよう気をつけた方が良いでしょう。 先ほどは、購入した商品が「おすすめ表示」に影響を及ぼさないように「おすすめ商品として使用しません」という項目にチェックを入れて、 「購入履歴」を、非表示にする方法を紹介しました。 Amazonには、この他に、 「注文履歴」という、これまで注文してきた商品の履歴を見るページがあり、この項目も、念のために非表示にしておきたいと思います。 「Amazon公式」の「アカウント&サービス」から「注文履歴」をクリックしてください これまで注文してきた商品の「注文履歴」が表示されますので、非表示にしたい商品の「注文を非表示にする」ボタンをクリックしてください。 非表示にする方法のみになります) 「注文を非表示にする」ボタンが表示されますので、右下の「注文を非表示にする」をクリックしてください。 上記の「注文履歴を個別で非表示にする方法」で、 「非表示にした注文だけを見る方法」がありますので、合わせて紹介しておきます。 まずは「Amazon公式サイト」の「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」をクリックしてください。 「アカウントサービス」画面が表示されたら、「お買い物設定」の「非表示にした注文の表示」をクリックしてください。 「非表示にした注文の表示」をクリックすると、これまでに「非表示にした注文の一覧リスト」が表示されます。 知っていないと探しにくい場所にはあるので、やれることまではやっておきましょう。 「パーソナライズド広告」を非表示にする 「おすすめ商品」を勝手に表示する機能のことを「パーソナライズド広告」と呼びます。 この「おすすめ商品」自体を「非表示」にしてしまえば、一発で目的達成なんじゃねー?と思い、非表示にできる方法を探し、見つけましたので、最後に紹介します。 「おすすめ商品」自体を非表示にする方法を、紹介します。 「アカウントサービス」画面が表示されたら、「Eメールとメッセージ」の項目にある「広告表示の設定」をクリックしてください。 「広告表示の設定」画面が表示されるので、「広告表示を設定する」という項目の「このブラウザではパーソナライズド広告を表示しない」にチェックマークを入れて「送信」ボタンをクリックしてください。 「おすすめ商品」が表示される「パーソナライズド広告」を、非表示にすることが出来ました。 まとめ 今回、紹介してきた方法を僕がやるならば、まずは 「閲覧履歴を一括削除する方法」で、 自分が見ていた商品の閲覧履歴を、完全に削除します。 次に、購入した商品の中で、見られたくない商品がある場合は 「注文履歴を個別で非表示にする方法」で、 見られたくない商品だけを「非表示」にしておきます。 そして、最後に 「パーソナライズド広告を非表示にする方法」で、 パーソナライズド広告を非表示にしておき、おすすめ商品が表示されないように、設定を操作しておきます。 まあ、バレる時はバレるのですが、この3つをやっておけば、少しは安心かなと思っています。 あと今回は「Amazon公式サイト」からの「削除・非表示にする方法」を解説しましたが、「」は、過去記事の中で解説していますので、よければそちらをご覧ください。 以上、「閲覧履歴」や「おすすめ商品」を削除・非表示にする方法の解説でした。

次の

Amazonプライムビデオ 視聴履歴の確認・削除方法【スマホ/PC/Fire TV】

アマゾン 表示履歴

CHAPTER(チャプター)• Kinlde|キンドル閲覧履歴やおすすめ本の削除方法 「Kindleで購入した本」や、 「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」「Prime Reading(プライムリーディング)」で閲覧した本の履歴記録などから、アマゾンのおすすめ機能が 「閲覧履歴に基づくおすすめ商品」を勝手に「ずら~っ」と並べてくる状況に困っていたのですが、ようやく削除する方法を見つけましたので、今回は、その削除方法を解説していきます。 家族に隠れて楽しむ為に「閲覧履歴」を消去したい 「」のでは、「Prime Video(プライムビデオ)」などの「エンタメ系」の特典までは、残念ながら、共有できません。 ですので、 1つの「AmazonアカウントID」を、 家族みんなで共有し、家族で「プライムビデオ」や「プライムリーディング」を楽しんでいるご家庭も多いのではないかと思います。 僕も「」に登録して、電子書籍の読み放題を利用しているので、息抜きで「アイドルのグラビア写真集」や「アダルト系の漫画」などを、たまに読んだりするのですが、その後に、Kindle端末の 「閲覧履歴に基づくおすすめ商品」という欄に、「エッチな本」ばかりが並んでしまう現象は、どうにかならないものかと、ずっと解決策を探していたのです。 そのような人は、家族の目に触れる前、「サービスを使い終わるごとに、見られたくない履歴を消し去る必要性」が出てくるのです。 「閲覧履歴」3つの消去方法 まずは、あなたが閲覧した商品の履歴が保存される「閲覧履歴」の削除方法を解説します。 「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面を一番下までスクロールします。 だいたい、フッター真上くらいに表示される「閲覧履歴」の横にある 「閲覧履歴を表示して保存する」ボタンをクリックしてください。 「閲覧履歴を表示して編集する」というリンクをクリックしてください。 もしくは、「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面上部のメニューから 「マイストア」をクリックしても同じ画面にアクセスできます。 閲覧した作品が、一覧で表示されますので、削除したい作品の下にある「表示から削除」ボタンをクリックしてください。 「表示から削除」ボタンをクリックすると、クリックした作品が、閲覧履歴から削除されました。 「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面を一番下までスクロールします。 だいたい、フッター真上くらいに表示される「閲覧履歴」の横にある 「閲覧履歴を表示して保存する」ボタンをクリックしてください。 「閲覧履歴を表示して編集する」というリンクをクリックしてください。 もしくは、「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面上部のメニューから 「マイストア」をクリックしても同じ画面にアクセスできます。 「閲覧した商品」画面の上部に表示された「閲覧を管理」という文字の辺りをクリックしてください。 クリックすると、その下に「履歴を管理」というメニューが表示されます。 「履歴を管理」というメニューが表示されたら「表示からすべての商品を削除する」をクリックすると、閲覧履歴の全てを、一括で削除することが出来ます。 「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面を一番下までスクロールします。 だいたい、フッター真上くらいに表示される「閲覧履歴」の横にある 「閲覧履歴を表示して保存する」ボタンをクリックしてください。 「閲覧履歴を表示して編集する」というリンクをクリックしてください。 もしくは、「Amazon公式サイト」にアクセスして、画面上部のメニューから 「マイストア」をクリックしても同じ画面にアクセスできます。 「閲覧した商品」画面の上部に表示された「閲覧を管理」という文字の辺りをクリックしてください。 クリックすると、その下に「履歴を管理」というメニューが表示されます。 同じ「つまみ」を、もう一度、クリックすると、オンに戻ります。 「購入履歴」&「注文履歴」の非表示方法 次は、あなたが購入した商品の履歴が保存される「購入履歴」や「注文履歴」の非表示方法を解説します。 残念ながら、「購入履歴」や「注文履歴」には削除方法がなく、「おすすめ商品」として表示されないようにするしかありません。 家族に見せたくない商品などは、購入後、即非表示にして、ここも目に入らないよう気をつけた方が良いでしょう。 先ほどは、購入した商品が「おすすめ表示」に影響を及ぼさないように「おすすめ商品として使用しません」という項目にチェックを入れて、 「購入履歴」を、非表示にする方法を紹介しました。 Amazonには、この他に、 「注文履歴」という、これまで注文してきた商品の履歴を見るページがあり、この項目も、念のために非表示にしておきたいと思います。 「Amazon公式」の「アカウント&サービス」から「注文履歴」をクリックしてください これまで注文してきた商品の「注文履歴」が表示されますので、非表示にしたい商品の「注文を非表示にする」ボタンをクリックしてください。 非表示にする方法のみになります) 「注文を非表示にする」ボタンが表示されますので、右下の「注文を非表示にする」をクリックしてください。 上記の「注文履歴を個別で非表示にする方法」で、 「非表示にした注文だけを見る方法」がありますので、合わせて紹介しておきます。 まずは「Amazon公式サイト」の「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」をクリックしてください。 「アカウントサービス」画面が表示されたら、「お買い物設定」の「非表示にした注文の表示」をクリックしてください。 「非表示にした注文の表示」をクリックすると、これまでに「非表示にした注文の一覧リスト」が表示されます。 知っていないと探しにくい場所にはあるので、やれることまではやっておきましょう。 「パーソナライズド広告」を非表示にする 「おすすめ商品」を勝手に表示する機能のことを「パーソナライズド広告」と呼びます。 この「おすすめ商品」自体を「非表示」にしてしまえば、一発で目的達成なんじゃねー?と思い、非表示にできる方法を探し、見つけましたので、最後に紹介します。 「おすすめ商品」自体を非表示にする方法を、紹介します。 「アカウントサービス」画面が表示されたら、「Eメールとメッセージ」の項目にある「広告表示の設定」をクリックしてください。 「広告表示の設定」画面が表示されるので、「広告表示を設定する」という項目の「このブラウザではパーソナライズド広告を表示しない」にチェックマークを入れて「送信」ボタンをクリックしてください。 「おすすめ商品」が表示される「パーソナライズド広告」を、非表示にすることが出来ました。 まとめ 今回、紹介してきた方法を僕がやるならば、まずは 「閲覧履歴を一括削除する方法」で、 自分が見ていた商品の閲覧履歴を、完全に削除します。 次に、購入した商品の中で、見られたくない商品がある場合は 「注文履歴を個別で非表示にする方法」で、 見られたくない商品だけを「非表示」にしておきます。 そして、最後に 「パーソナライズド広告を非表示にする方法」で、 パーソナライズド広告を非表示にしておき、おすすめ商品が表示されないように、設定を操作しておきます。 まあ、バレる時はバレるのですが、この3つをやっておけば、少しは安心かなと思っています。 あと今回は「Amazon公式サイト」からの「削除・非表示にする方法」を解説しましたが、「」は、過去記事の中で解説していますので、よければそちらをご覧ください。 以上、「閲覧履歴」や「おすすめ商品」を削除・非表示にする方法の解説でした。

次の