イオン アプリ 機種 変更。 機種変更をしたらどうすればいい?/iDアプリの場合|お客様サポート|電子マネー「iD」

イオンモバイルの機種変更方法・手順【2020年最新】注意点・キャンペーン紹介!

イオン アプリ 機種 変更

Android端末からAndroid端末へデータの移行する方法について皆さん知っていますか。 新しいスマホを新規契約したり、機種変更でスマホに切り替わるときにデータの移行は必ず必要なことになります。 なのでここではAndroid端末からAndroid端末へのデータ移行方法について紹介します。 Android端末からAndroid端末へデータを移行する方法として主にアプリを利用した方法が主流になっています。 またアプリによって事前に設定しておくアプリがあれば、事前に用意しておく設定も異なります。 Android端末が機種変更で準備できたときにデータ移行をスムーズに行うために是非参考にしてみてください。 Android端末からAndroid端末へ機種変更する際にどのようにデータの移行をすればよいか知っていますか。 Android端末からAndroid端末に写真や電話帳のデータを移行する際は、実はAndroid端末でも対応しているツールを利用する必要があります。 もしAndroid端末で対応していないツールを利用するとAndroid端末からAndroid端末に機種変更したのにAndroid端末へ写真や電話帳のデータが移行できないことが発生する場合があります。 なので前もって確認が必要です。 ここではAndroid端末からAndroid端末に機種変更する際に写真や電話帳のデータを移行する際におすすめするツールについて紹介します。 写真や電話帳のデータ移行に失敗しないように是非確認してみてください。 一般的にAndroid端末からAndroid端末に機種変更した際にデータ移行ができるものとできないものがあります。 Android端末で何のアプリを利用しているかやスマホをどのように利用しているかで移行できるデータが異なってきます。 まずは写真や電話長といったスマホの基本データは移行することができます。 またフリーメールやブラウザのブックマーク等の個人情報に関しも設定により移行することできます。 ほとんどのデータは移行が可能です。 またLINEやゲームアプリは、上記のデータとは少しデータ移行方法が異なりますが、移行することが可能です。 また一方でキャリアメールやおサイフケータイ等のデータは移行できない場合がるので、注意してください。 それでは次にAAndroid端末からAndroid端末へ機種変更した時に、主要データの移行方法や設定について紹介します。 アンドロイドは、GooglePlayを利用していることからGoogleとの相性が非常に良いという面があります。 なのでここはGoogleアカウントを利用したAndroid端末からAndroid端末へ機種変更した時のデータの移行設定について紹介します。 みなさんはGoogleアカウントを持っていますか。 Googleアカウントはとても便利です。 最近ではGoogleアカウントを利用して、様々なサービスを利用で来たり、アカウントを共通設定にすることもできます。 なのでもしGoogleアカウントをまだ持っていない人がいれば作成するのもいいいかもしれません。 まずはAndroid端末からAndroid端末に機種変更した時にGoogleアカウントを利用してデータ移行する場合、旧Android端末でまずGoogleアカウントを確認します。 もしこれが間違っていると移行できません。 旧Android端末を新Android端末で同じGoogleアカウントを利用するようにしてください。 スマホは違うけど同じGoogleアカウントを利用することで、データを移行することができます。 なのでまずは旧Android端末で利用しているGoogleアカウントを確認して、パスポートが合っているか確認してください。 その準備ができればAndroid端末からAndroid端末へデータ移行がスムーズに行えます。 Googleアカウントを利用したAndroid端末からAndroid端末へデータを移行する設定は以上になります。 これで旧Android端末から新Android端末へデータは移行できているかと思います。 なのでまずはデータを確認しましょう。 データの確認方法としては、まずは電話帳やGoogleアプリのデータが引き継ぎできているか確認しましょう。 Googleアカウントを利用しているため、Googleアプリのデータはスムーズにデータが移行ができているかと思います。 またもしデータの移行がスムーズに行えていない場合は、Googleアカウントを間違っている可能性が非常に高いです。 なのでまずはGoogleアカウントを改めて確認してみましょう。 次に紹介するAndroid アンドロイド 端末からAndroid端末へ簡単にデータ移行することができるアプリとして、「JSバックアップ」があります。 「JSバックアップ」は、スマホのバックアップを取得するために作成されたアプリになります。 「JSバックアップ」を利用するには、Android端末で「JSバックアップ」よりデータのバックアップを取得します。 そしてAndroid端末側で「JSバックアップ」よりデータを復元することでAndroid端末からAndroid端末にデータ移行できます。 また「JSバックアップ」はデータ移行だけでなはなく、万が一Android アンドロイド 端末やAndroid端末が故障したり、データが消えた場合の復元のアプリとしても利用することができます。 是非万が一のために活用してみてください。 まずはAndroid端末側で「JSバックアップ」をインストールします。 GooglePlay等からアプリを検索して、インストールしみてください。 比較て多くの人が利用しているのですぐに見つけることができるかもしれません。 また「JSバックアップ」は、一括でデータ移行もできますし。 一部を移行もできるので、どのデータを移行したいかは前もって選んでおきましょう。 ここでは一括ですべてのデータを移行する方法を紹介します。 しかし一括ですべてのデータだと少しデータ量が大きくなる可能性があります。 バックアップを取る時間も長いですし、データを新アンドロイドのスマホで復元するときも時間が掛かる可能性があるので注意してください。 それでは次に旧アンドロイドのスマホで「JSバックアップ」よりデータのバックアップを作成する方法について紹介します。 「JSバックアップ」は一括でデータいこうができるメリットから操作も非常に簡単です。 また「JSバックアップ」は一括でデータ移行できるので、写真やアプリ、電話帳といったデータをまとめてバックアップを作成します。 なのでできればバックアップの対象を絞っておくといいかもしれません。 また「JSバックアップ」よりバックアップを作成するので、旧Android端末にストレージの余裕を作成しておく必要があります。 バックアップデータを予想より大きくなることもあるので、ストレージもチェックしておいてください。 そして次に旧Android端末のデータをどこに「JSバックアップ」よりバックアップを作成するか設定します。 スマホのストレージではなく、SDカードやクラウドサービスにバックアップをとるようにしましょう。 SDカードだと新Android端末にSDカードを挿すだけで、「JSバックアップ」よりデータの復元ができます。 しかしSDカードをなくしてしまうとデータ復元できなくなるので、SDカードの保管は慎重に行ってください。 またクラウドサービスにバックアップを作成すると新Androidのスマホでクラウドサービスの設定するだけデータの復元することができます。 クラウドサービスを利用するとデータの管理はほとんどいらないので楽な面もあります。 Android端末からAndroid端末へデータの移行をする際にアプリも一緒に移行できれば、再度新Android端末でインストール作業をしなくてすみますよね。 「JSバックアップ」であれば、アプリのバックアップを取得することができます。 「JSバックアップ」アプリを起動して、バックアップを取得するときにアプリも指定するようにしましょう。 た だアプリ内のデータは、移行できないものもあります。 LINEのデータやゲームのデータがその対象になります。 なのでLINEやゲームのデータは、「JSバックアップ」で一括でバックアップを取った後に引き継ぎ設定が必要であることを忘れないようにしてください。 特にLINEは事前にデータ引き継ぎ設定があるので注意してください。 「JSバックアップ」のアプリを利用してデータの移行をする場合は、一括で行えるメリットがあるので各種データを一括でバックアップを取ることをおすすめします。 もちろん電話帳のみや写真のみのデータをバックアップを取ることができます。 しかしどうせ新Android端末にすべてのデータを移行する必要があるのなら、各種データを全て一括でバックアップを取って、一括で新アンドロイドのスマホに復元することをおすすめします。 時間の短縮にもつながるからです。 ただ写真や動画で不要のデータがある場合は、新アンドロイドのスマホに移行しないで旧Android端末に置いておきましょう。 あまりにも移行するデータが大きいと、復元に時間がかかるためです。 気を付けましょう。 旧Android端末に「JSバックアップ」で各種データのバックアップを取得してたら、次は新Android端末へデータを移行します。 データのバックアップを新アンドロイドのスマホで復元する作業になります。 もし旧Android端末でデータのバックアップが上手くできていないと、新Android端末でデータの復元ができません。 また旧Android端末でバックアップをとるときにパスワード設定をすることがあります。 最近ではデータを復元する端末側にQRコードを送ってデータの復元することもできます。 しかしのパスワードとQRコードがないとデータの復元ができなくなる可能性もあるので、気を付けて扱うようにしてください。 また「JSバックアップ」を利用すると連絡先からアプリ写真や音楽のデータなども全て一括で管理できるというメリットもあります。 一括でデータを管理できるので、いざというときにデータの復元もスムーズに行えます。 「JSバックアップ」は、連絡先からアプリ写真や音楽のデータなども全て一括で管理できるメリットがありますが、データの移行以外にもデータ紛失による復元時にもとても有効的なアプリになっています。 もしデータが紛失したり、削除されてしまったときは、「JSバックアップ」があれば、いちいちデータを選択しなくても、一括ですべてのデータが復元できます。 なので一括で復元する場合はとくにおススメのアプリになっています。 それでは次にオンラインサービス(ストレージ)を利用した場合のAndroid 端末の主要データ移行方法について紹介しまうす。 オンラインサービス(ストレージ)はみなさん活用していますでしょうか。 なぜ一番おすすめするのかというとDropbox・GoogleドライブなどのオンラインストレージにLINEのトーク履歴データをテキストとして保存しておくと、クラウド上になるのでほぼデータがなくなったり、消えたっていう原因が少ないです。 オンラインストレージを利用しているデータ消えたってこともないですし、バックアップデータをテキストで保存しても、特に管理する必要がありません。 なので安心できる対処法であり、オンラインストレージのデータでも復活できます。 次にAndroid端末からiPhone端末に機種変更する際に写真や電話帳のデータを移行するのおすすめするツールは、キャリア提供アプリで移行する方法です。 キャリア提供アプリで写真や電話帳のデータを移行すると何がメリットであるか知っていますか。 もしキャリア提供アプリで写真や電話帳のデータを移行していて上手くできなかった場合、キャリアに問い合わせしやすい点が、キャリア提供アプリを利用するメリットです。 Android端末からiPhone端末への機種変更が初めての人もおススメします。 しかし最近ではSIMフリーや無店舗キャリアもあるので、キャリア提供アプリで写真や電話帳のデータを移行するアプリが利用できない場合もあります。 そのような場合は異なる方法を探して、データ移行をする必要があります。 Android端末からiPhone端末に機種変更する際に写真や電話帳のデータを移行するのおすすめするソフトは、Googleドライブ等で文書や写真を共有してデータを移行する方法です。 Googleドライブ等のクラウドサービスは知っていますか。 Googleドライブ等のクラウドサービスは、インターネットを利用してデータを保管することができるソフトです。 なのでデータの管理等もベンダーが行ってくれるのでユーザ等のあなたは特に気にする必要はありません。 なので日頃からGoogleドライブ等のクラウドサービスを利用している人は、Android端末からiPhone端末に機種変更する際にクラウドサービスを利用して、データの移行をする方法もよいかもしれません。 是非試してみてください。

次の

イオンモバイルの機種変更方法|注意点・手数料を解説!乗り換え手順は?

イオン アプリ 機種 変更

キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の 頭金0円で断然お得!• > 読了時間:約 2 分 スマホ機種変更時のデータ移行とバックアップは、何度やっても慣れないものです。 スマホが必須の現代では、データ移行・バックアップを失敗することはかなりのリスクになるでしょう。 アプリによっては、機種変更する前にバックアップ設定が必要なものもあり、忘れているとデータ移行が失敗することがあります。 そんなハプニングに見舞われないためにも、この記事ではAndroidスマホへ機種変更の際に必要な、データ移行やバックアップ方法を詳しくご紹介します。 スマホの機種変更時のデータ移行はしっかりと準備が必要 まず、スマホの機種変更時のデータ移行についてですが、しっかりと準備が必要になります。 ガラケーの時は、古い機種をケータイショップの店員さんに渡せば、電話帳や画像なども移行してくれました。 しかし、スマホの場合は、基本的には自分でデータを移行する作業を行わなければなりません。 一度、外部のメディアやクラウド上にデータをバックアップし、機種変更後にまた引っ張り出すという流れです。 ひと昔前に比べると、バックアップ機能がかなり発達しているのでデータ移行は簡単になったと言えるでしょう。 しかし、1つ1つのアプリでデータ移行のやり方が変わっていたりするので、手間がかかることは間違いありません。 バックアップはこまめにとっておく スマホの機種変更時に、スムーズにデータ移行を行うために気をつけておきたいこと、それは普段から 「バックアップをこまめにとっておく」ということです。 画像や音楽などはもちろんですが、電話帳やメールなど、機種変更後も引き継ぎたいと思っているデータに関しては、定期的にバックアップを取るようにすると良いでしょう。 LINEなども、トーク内容を保存したいのであれば、こちらもバックアップを取るようにしておいたほうが良いでしょう。 そうすることで、機種変更時にあわてて膨大なデータをバックアップせずに済みます。 また、仮にスマホが壊れて機種変更せざるを得ない状況となったとしても、事前にバックアップを取っておくことで、全データが消えてしまうという最悪のケースを回避することができるでしょう。 そのために、マメにバックアップを取っておくことはとても重要だと言えるでしょう。 機種変更後のデータ移行ポイントと手順 画像引用元: まずは移行方法の種類や注意点など、機種変更後のデータ移行ポイントを確認しておきましょう。 1つの方法で手軽に済ませられるのが理想なのですが、データの種類はもちろんSIMフリー機種かどうかで 複数の方法を組み合わせる必要性が出てくるでしょう。 また、Androidとは違いiPhoneはSDカードスロットが搭載されていないため、iTunesやiCloudを利用したクラウド上のバックアップが基本です。 データ移行の注意点 個別にデータ移行作業が必要なもの• LINEやゲームのアカウント• おサイフケータイ Edy、iDなど 先述のとおりスマホのデータ移行には複数の方法が存在します。 しかし一部のアプリやおサイフケータイは個別にデータ移行を行う必要性があります。 例えばLINEのトーク履歴は事前にバックアップを取らないと消えてしまいますし、ゲームアカウントなども基本的にはゲーム内でのデータ移行作業が必要となります。 また、おサイフケータイは利用しているアプリごとに残高の預け入れなどを行わなくてはなりません。 データ移行の事前準備• アカウントやIDを確認 Googleアカウント、Apple IDのID・パスワード• データのバックアップを取る SDカードやアプリ、クラウドでバックアップ• 個別の引き継ぎ設定を行う LINE、ゲームアカウント、おサイフケータイなど データ移行をする前に行う事は主に上記の3点です。 GoogleアカウントやApple IDは万が一わからなくなっても復元する事が可能です。 しかしデータ移行をスムーズに行うために事前に確認しておきましょう。 続いてスマホ本体に保存してあるデータのバックアップを行います。 一括で簡単にバックアップを取りたいなら、各キャリアが提供しているアプリや無料の「JSバックアップ」などを利用するとよいでしょう。 最後にLINEやゲームアプリ、おサイフケータイの個別引き継ぎ設定を行います。 アカウントとパスワードの確認 まず一番重要なことは、iPhoneならApple IDを、Androidならばgoogleアカウントの IDとパスワードをしっかりと確認しておきましょう。 普段、あまりアプリなどを利用しない人は、機種変更時に設定を行って以来、IDやパスワードを確認していない人が多くいます。 アカウントのIDとパスワードがわからないと、機種変更後にスムーズにデータ移行を行うことができなくなってしまいます。 それどころか、最悪の場合、 元のアカウント情報がわからずに、1から設定し直さなければならない可能性もあります。 そのため、アカウントのIDとパスワードは、どこかに控えておくようにしましょう。 普段から使っている人からすると、ウソのような話かもしれませんが、この段階でつまずく人が多いことも事実です。 電話帳のバックアップを取る 次に重要なのが、電話帳のバックアップを取ることです。 スマホの電話機能を使う人は年々減っているでしょうが、LINEやFacebookなどのSNSでも電話帳から友達を探す機能があるので、電話帳はやはり重要です。 iPhoneの場合は、iCloudで自動的にバックアップされますが、Androidの場合は次の2つの方法で電話帳のバックアップを行うことが一般的です。 SDカードにバックアップする Androidは、 SDカードにデータを保存することが可能です。 電話帳もSDカードにバックアップすることができるので、SDカードにインポートすることで、最新のバックアップデータを取っておくことができます。 基本的には手動で行う作業となるので、定期的にバックアップを取っておくと安心です。 ただし、機種変更後のスマホにSDカードが入らない場合があるので注意しましょう。 クラウドサービスにバックアップする ドコモやauなど、各キャリアが提供する バックアップアプリを利用して、電話帳をバックアップを取る方法もあります。 その他にも、バックアップアプリはたくさんリリースされているので、自分の使いやすいアプリを使って、バックアップをしておくと良いでしょう。 その他にもgoogleのアカウントであれば、googleバックアップというサービスを利用することもできます。 SDカードに比べて、バックアップする方法は面倒かもしれませんが、対象機種を選ばない分、使い勝手は良いと言えるでしょう。 アプリのデータ移行 次に必要なのが、 アプリのデータ移行設定です。 よく使うアプリとしては、SNS関連のアプリやおサイフケータイといった決済アプリでしょう。 特に注意が必要なのが、ほとんどのスマホユーザーが利用しているLINEとパズドラなどのゲームアプリです。 これらのアプリは、しっかりと引き継ぎ設定をしないとデータを移行させることができず、LINEであればトーク履歴が消えてしまいます。 ビジネスでLINEを使用している人も多いでしょうから、LINEの引き継ぎ設定を詳しくご紹介しましょう。 ゲームアプリについては、各アプリの説明を見ると引き継ぎ方法が詳しく掲載されている他、必ずアカウントIDが存在しているはずなので、それをメモしておくようにしましょう。 LINEのデータ移行のための設定方法 LINEのデータ移行方法は、簡単です。 ここで、「アカウントを引き継ぐ」にチェックを入れると、36時間以内に引き継ぎを行うようにアラートが出るのでOKをタップします。 ここにチェックを入れない状態で新しい機種でLINEをインストールしてログインしてしまうと、 過去のトーク履歴や購入したスタンプ情報が全て消えてしまう可能性があるので、注意しましょう。 写真や音楽などのデータのバックアップをする スマホのデータフォルダに入っている、撮影した写真やダウンロードした音楽も、新しいスマホに移行したいところです。 その場合も、バックアップを取って、新しい機種に移す必要があります。 iPhoneの場合は、こちらもiCloudで自動バックアップをしてくれるので、Apple IDがあれば大丈夫です。 Androidの場合は、電話帳と同じようにSDカードにバックアップをするか、クラウドサービスでバックアップを行う必要があります。 ただし、電話帳と違い、画像や動画が多い場合はデータ容量が大きいので、 スマホ向けのバックアップアプリやSDカードでは容量が足りない場合があります。 その時は、パソコン向けのクラウドサービスを利用するか、パソコンに繋いでバックアップを行う必要があります。 パソコン向けのクラウドサービスにバックアップする ドロップボックスやgoogleドライブなどの、パソコン向けのクラウドサービスには、スマホアプリもリリースされており、スマホからデータの出し入れを行うことも可能です。 無料である程度の容量が与えられるので、SDカードやスマホ向けのバックアップアプリと違い、容量を気にせずに保存することが可能です。 また、パソコンやタブレットにもアプリをインストールしておけば、データの共有が簡単にできることもメリットです。 パソコンにバックアップする パソコン向けのクラウドサービスを使わずに、お持ちのパソコンに直接繋いでバックアップを取るという方法もあります。 スマホとパソコンをUSBケーブルで繋ぐと、スマホの中身をコピーできるようになります。 画像データなどは、同じフォルダに保存されているはずなので、それをデスクトップ上にコピーしておくことで、確実にバックアップを取ることができます。 データの数が多いとコピーに時間がかかってしまうかもしれません、 アナログでありながら一番確実な方法であると言えるでしょう。 機種変更後にやるべきこと 機種変更前のスマホでデータ移行の準備やバックアップが終わったら、次に新しいスマホを使って行う設定があります。 iPhoneでもAndroidでも、最初に確認したアカウント情報を入力する画面になるので、ここは間違わずに入力するようにしましょう。 iPhoneの場合、Apple IDで全ての情報がiCloud上に一元化されているので、ログインすればアプリのインストールやデータの移行は一瞬で終わります。 あとは、各アプリの設定を行うだけでOKです。 Androidの場合は、バックアップしたデータを、それぞれインポートする作業が必要となるので、一手間増えるような形となります。 電話帳のエクスポート Androidの場合は、電話帳のインポートを行う必要があります。 機種変更前にSDカードに保存したか、クラウドサービスを利用したのかによって、インポート方法は異なります。 また、スマホ上でgmailなどでやりとりした履歴があった場合、google連絡先に登録されていることがあります。 その場合はgoogleアカウントにログインすると連絡先はインポートされます。 その他のインポート方法が次の手順で行います。 SDカードからのエクスポート方法 新しいスマホにSDカードを挿した状態で電話帳を開き、メニュー画面から「インポート/エクスポート」をタップします。 その後、SDカードからエクスポートを選択し、全ての連絡先をエクスポートをタップすると、事前にバックアップした電話帳が反映されます。 この時、google連絡先と重複している連絡先がある場合があり、同じ連絡先が2種類登録されたりする可能性があるので、気になる人は事前にどちらかの連絡先を削除しておくと便利です。 クラウドサービスからのエクスポート方法 クラウドサービスを使ってバックアップを取っておいた場合は、再度アプリをインストールしてからエクスポートの手順を踏む必要があります。 利用しているクラウドサービスによりエクスポート方法は異なるので、インポートする前に、 エクスポートの手順をある程度頭に入れておくようにしましょう。 アプリをインストール 続いて、使っていたアプリをインストールします。 iPhoneの場合は、Apple IDでログインすれば、利用していたアプリはすでにインストールされた状態で使用することができるので、とても便利です。 ここから必要なアプリをインストールすれば、いちいち探す手間が省かれるのでおすすめです。 また、古いスマホでインストールしたままだったけれど使用していなかったアプリなど、 不要なアプリの断捨離にもなります。 Androidの場合、このアプリのインストールする手間は少しストレスに感じるかもしれません。 アプリのデータ復元 必要なアプリをインストールしたあとは、1つ1つのアプリを設定していく作業が必要です。 LINEは引き継ぎ設定の時間内にログインを行えば、トーク履歴やスタンプ購入履歴、友達情報は引き継がれます。 しかし、ダウンロードしたスタンプは削除されているので、使用する場合は再度ダウンロードする必要があります。 LINEで気をつけなければならないポイントとして、アカウント情報やメールアドレスを登録していないとそもそもログインができなくなってしまう場合があるので注意してください。 その他のゲームアプリについては、引き継ぎ方法は各アプリを確認しましょう。 SNSやメールアプリについても、アカウント情報でログインすれば、その後は自動ログインになるので、初回のログインだけでもしておくと良いでしょう。 1つ1つ設定しなければならないので、 スマホの機種変更のデータ移行作業で、一番大変な作業だと言えるでしょう。 AndroidからAndroidへ機種変更後のデータ移行 ここからはAndroidとiPhone別に機種変更後のデータ移行方法をチェックしてみましょう。 データ移行にはいくつか種類がありますので、ここではおすすめの方法を中心にOSごとに順番に紹介していきます。 まずは、AndroidからAndroidへ機種変更した時のデータ移行についてです。 SDカードへのデータ移行はスマホのファイル管理ソフトなどを利用して個別に行う事もできますが、データの量が多いならアプリを利用するのもよいでしょう。 キャリアのスマホを利用している場合は専用のバックアップアプリなどを利用する事でスムーズにデータ移行が行えます。 SIMフリー機種の場合は無料のデータ移行アプリを探して利用するのもよいでしょう。 Google系のサービスはクラウド上にデータが保存されていますので、新しい機種でログインするだけでデータの引き継ぎは完了となります。 LINEのトーク履歴やおサイフケータイの引き継ぎ設定などは忘れないようにしましょう。 また、iOS12. 4対応モデルなら機種変更後に利用できる「クイックスタート」機能でデータを移行する事が可能です。 キャリアのiPhoneを利用している場合はデータコピーアプリを利用してでもデータの移行が可能となります。 こちらも LINEのトーク履歴やおサイフケータイの引き継ぎ設定などは忘れないようにしましょう。 チェックポイント• 新旧どちらもiOS12. しかし機種変更を機にAndroid・iPhoneで異なる端末にしたいという方も多いと思います。 この場合は通常とは異なる方法でデータを移行しなくてはなりません。 「Move to iOS」は連絡先やメッセージ履歴はもちろん、写真や動画などのAndroid内のデータをWi-Fiを利用してiPhoneへ移行する事ができます。 ドコモの提供する「ドコモデータコピー」でも同じようにWi-Fiを利用してデータ移行を行えますが、特段の理由が無いならApple純正アプリである「Move to iOS」がおすすめです。 ただしどちらとも「LINEのトーク履歴・コイン残高」や「おサイフケータイ」のEdy残高など 一部引き継げない機能があります。 「LINEのトーク履歴」はテキストファイルやスクリーンショットで保存しておく事もできますが、おサイフケータイは各種アプリ上でしっかり確認しておきましょう。 また、連絡先や写真・動画などの移行も基本的には複数の方法を組み合わせる必要性が出てくるでしょう。 他の機種変更と比べると複雑ですが、データの取りこぼしが無いように時間をかけて移行を行いましょう。 iPhoneからAndroidへの機種変更で移行できないデータ• 通話履歴• iMessage• ボイスメモ• 「iTunes Store」で購入した映画など• 「iBooks」で購入した電子書籍など 引き継ぎが完了したら必ず確認を 画像引用元: データの引き継ぎが完了して、これまで使っていた旧機種を下取りに出す予定の方もいるかもしれません。 旧機種をどのように処分するにしても、データがしっかり移行されているかの確認は重要です。 特にLINEやゲームアカウント、おサイフケータイなど個別アプリのデータは引き継ぎを忘れてしまいがちです。 新機種・旧機種どちらも手元にあるうちに、すべてのデータが引き継ぎされているかしっかり確認しておくようにしましょう。 また、スマホ内のおサイフケータイ FeliCa のデータは「回線を解約している」などの場合端末だけで完全に消去するのは不可能です。 機種変更と同時にキャリアを解約しており、おサイフケータイのデータが残っている方はドコモ店頭に設置してある「DOCOPY ドコピー 」などを利用しましょう。 おサイフケータイ FeliCa のデータ消去はスマホを売却する際の条件にもなっていますし、個人情報保護のためにも重要となります。 データが移行されているか再確認する• 旧機種のデータ消去はすべてのデータが移行されているか確認してから• というのも、基本的にはスマホはgoogleアカウントやApple IDで管理して使っているので、この情報さえ把握していれば全く0の状態から設定しなければならないということはありません。 そのため、機種変更前と変更後で使っていたアプリの情報などは、いちいち探さなければなりませんし、googleプレイにあるアプリが、Apple Storeには存在しないというケースもあります。 データの移行に関してもiPhoneにはSDカードが存在しないので、クラウドサービスかパソコンを使った方法のみとなります。 スマホの機種変更におけるデータ移行は慎重に行おう スマホの機種変更におけるデータ移行の方法をご紹介しましたが、どの方法でデータを移行する場合でも、慎重に行うことをおすすめします。 基本的には、1つの方法でバックアップを取るのではなく、 2つ以上でバックアップを取っておいたほうがいいでしょう。 SDカードだけではなく、クラウドサービスでもバックアップを取るようにしたり、スマホで撮影した写真やムービーのデータは、Dropboxなどに保存するようにするなど、バックアップの方法は何重にもしておいたほうが安心です。 特に大切なデータの場合は、このように複数の方法でデータを管理しておけば、仮に1つの方法でデータ移行に失敗してしまっても応用が効くので安心です。 まとめ スマホの機種変更時のデータ移行やバックアップの方法をご紹介しました。 今回ご紹介した一般的な方法を理解しておけば、データ移行で失敗することはほぼないでしょう。 そのため、複数の方法でバックアップを取る、普段からこまめにバックアップを取ることを意識し、スマホの機種変更の時にデータのトラブルが起きても、対処できるようにしておくことが大切なのです。 新しいスマホで快適なスマホライフを送るためにも、データ移行はスムーズに行えるようにしましょう。 この記事を読んだ人におすすめの記事• 携帯電話を乗り換え時、必ずやるべきことの一つとしてバックアップデータをとる、ということが挙げられます。 しかし、いざキャリアの移行準備でバックアップを行うと言われても、普段からその習慣がなかった人にとっては何から手をつけてよいか分からない方も多いのではないでしょうか。 乗り […]• 新しいiPhoneに機種変更してデータ移行する場合、どのような方法で行いますか? これまで定番だった「iCloud」「iTunes」に加え、2019年7月からは「クイックスタート」でも全データを移行可能となりました。 準備から仕上げ作業までのデータ移行完全ガイドと共 […]• 現在利用しているiPhoneが壊れたり紛失してしまった時のために、定期的にバックアップをとっておけば大切なデータを復元することができるので安心です。 パソコンを利用した「iTunes」とクラウドを利用した「iCloud」の2種類のバックアップや復元の手順と、エラーになる原 […]• iPhoneユーザーであればぜひ活用したいアプリが「iCloud アイクラウド 」。 大事なデータが消えてしまったり、機種変更時に活躍するバックアップ機能のほか、PCとファイルを共有できる「iCloud […]• iPhoneで使えるベッドタイム機能は非常に画期的なものです。 そんなiPhoneのベッドタイム機能はどのように使えば良いのでしょうか。 今回はベッドタイム機能について詳細に解説すると共に、ベッドタイム機能の設定・使い方をご紹介していきます。 睡眠の質を高めたいという […].

次の

【アプリワンタイムパスワード】機種変更などでワンタイムパスワードが使...|イオン銀行

イオン アプリ 機種 変更

機種変更をしたらどうすればいい? iDアプリの場合 機種変更のお手続き 機種変更前に必要な操作です。 1 iDアプリを起動し、[機種変更]を選択。 2 機種変更後のケータイでカードを受け取る際に必要なパスワードを入力し、「手続きを行う」を選択。 3 注意事項をよく読み、[はい]を選択。 4 機種変更のお手続き完了。 カード情報の受取りと設定 機種変更後に必要な操作です。 1 アプリを起動し、「機種変更前から「iD」をご利用の方」を選択。 2 「「iD」対応のクレジットカードで登録する」を選択。 3 「カード会社を選択してください」を選択。 4 登録するカードを選択。 5 機種変更時に表示されていたアクセスコードと暗証番号を入力し、「登録する」を選択。 6 登録が完了しました。 カード情報の削除.

次の