つる ちゃん の プラネタリウム。 サルベージだぜい : 〜つるちゃんのプラネタリウム〜 つるちゃんに代わって闇の裏技紹介〜

日食 −つるちゃんのプラネタリウム

つる ちゃん の プラネタリウム

天文ソフト つるちゃんのプラネタリウム シェア版 天文ソフト つるちゃんのプラネタリウム for Windows シェア版 お申し込みの際には以下をお読みください。 フリー版と何が違うの? 主に次のような違いがあります。 詳しくはをご覧ください。 ・最大で10等星、約30万弱の恒星を表示できます。 ・メシエ天体だけでなくNGC天体など1万3千個の天体をサポートしています。 ・日食や月食、星食などの食現象を検索して表示できます。 ・7千個以上の小惑星や3万2千個の変光星の位置を表示できます。 ・他のフリーソフト(天文カレンダー、天体出没時刻表、日食ソフト)をプラグイン機能として使用できます。 ・他の恒星から見た星座を見ることができます。 (2)一部の機種でプリンタが動作しないケースがあります。 (3)解凍の際、解凍ソフトは最新版をお使いすることをおすすめします。 をご覧ください。 (4)その他、現在わかっている不具合事項は、よくある質問の中にあるを参照してください。 しかしながら、フリー版が動作する環境であればシェア版も動作するのではないかと思われます。 シェア版購入を希望される方は、フリー版をお試しの上でご購入ください。 お申し込み方法 お申し込みにあたっては、が正常に動作することを必ず確認してください。 フリー版で正常に動作しない部分は、シェア版を購入いただいても正常に動作しません。 フリー版で正常に動作することが確認できましたら、からメールでお申し込みください。 シェア版旧バージョンからの買い替えの場合は割り引きがあります。 メールにその旨をお書き添えください。 ご協力いただいた方 今回のバージョンアップに際しては、天体写真の画像を よりご提供いただいています。 ありがとうございます。 <このページの更新履歴> 2019.3. 8 更新 3.7.1へリビジョンアップ 2016.9. 9 更新 3.7.0へバージョンアップ 2013.2.12 更新 3.6.0へリビジョンアップ 2012.2.15 更新 3.5.2へリビジョンアップ 2009.6.10 更新 3.5.0へバージョンアップ 2009.5. 1 更新 3.4.0へバージョンアップ 2008.7.18 更新 3.3.0へバージョンアップ 2007.8. 9 更新 3.2.0へバージョンアップ 2007.3.26 更新 3.1.2へリビジョンアップ 2006.8. 8 更新 3.1.1へリビジョンアップ 2006.4.20 更新 3.1.0へバージョンアップ 2005.2. 5 更新 3.0.0へバージョンアップ 2004.6.26 更新 2.1.1へリビジョンアップ 2004.4.21 更新 2.1.0へバージョンアップ 2003.2.15 更新 2.0.1へバージョンアップ 2002.5.26 更新 1.2.0へバージョンアップ.

次の

天文ソフト つるちゃんのプラネタリウム フリー版

つる ちゃん の プラネタリウム

天体観測を始めよう! 天体観測をはじめよう! 2001. 8 開設時よりカウント 最終更新日 2020. 22 星が大好きなあなたも、星座のことがちょっとだけ気になるあなたも、みんな集まれ! 天文ソフトといえば「つるちゃんのプラネタリウム」! ダウンロードもできるよ。 このページはつるちゃん(個人)が運営する、天体観測入門サイトです。 つるちゃんのプラネタリウムを略して「つるプラ」と呼んでね。 メインメニュー 過去・将来の主な天文現象 毎月15日21時の星空解説や恒例の話題 季節別に全天88星座の見どころ あの星はどんな星?主な恒星を徹底解説 流れ星を見るなら流星群 日食のことならこのページ 月食のことならこのページ 過去の彗星記事や今後明るくなる彗星 天体観測は初めてというあなたへ よく使う天文用語の解説 星の見つけ方を教えます 子供たちの学習の参考にどうぞ 珍しい天文現象のつるプラ画像 天体望遠鏡、双眼鏡を購入しませんか? 自作天文ソフトのダウンロード インターネット上で動く天文ソフト つるちゃんで〜す 皆さんからの質問にお答えしました 主に天文関係のリンク集 はじめて来られた方へ 主な記事、その他 今月の星空 天体観測ガイドへ6月の記事を追加しました。 つるプラ for Javaアプレットを下の方へ移動しました。 つるちゃんの過去の本 星座を見 つけよう 天文ソフト の解説本 つるぷら 奮闘記 お天気情報 天体観測の前にお天気チェック! 当サイトで使用するシミュレーション画像は、つるちゃん自作の天文ソフトによります。 ソフトは[天文ソフトのダウンロードとご購入]からダウンロードして使用いただけます。 全ページがリンクフリーです。 お好きなページへリンクをどうぞ。 個人運営のため、いたらない点はお許しください。 ご意見やご感想などは contact turupura. com まで。 返信できないことがありますが、ご了承ください。

次の

Vector: つるちゃんの天文カレンダー

つる ちゃん の プラネタリウム

見つけるコツ 広い夜空の中から見つけるためにはコツがありますので、何点か紹介します。 空が暗い場所 まず何をおいても、空が暗い場所から見るのが大切です。 彗星は淡い天体ですから、街灯やネオンサインなど人工の光は大敵です。 見え方に大きく影響しますから、できるだけ人工の光が少なくて空が暗い場所から観測してください。 地平線付近まで開けた場所 夜明け前か日没後に見られます。 彗星が明るい時期は太陽に近いため、とても低い位置に見えます。 ですから地平線付近まで見渡せるような、見通しの良い場所から観測してください。 丸くぼんやり光る 恒星は点像に見えますが、彗星は淡くて広がりを持った天体です。 光が拡散して丸くぼんやり光りますから、見え方に注意してください。 肉眼では短い尾が観測できるかもしれませんので、その場合は楕円形に見えます。 長い尾を生やしたカッコイイ「ほうき星」をイメージして探すと、なかなか見つかりません。 双眼鏡を使う 明るい頃は2等台といいますが、高度が低かったり薄明があったり、さらに街灯の明かりがあって邪魔をされたりで、肉眼で見つけるのは至難の業です。 ましてや彗星の光度が落ちてきたらなおさらです。 こんな時は双眼鏡の力を借りるのが一番です。 双眼鏡は視野が広くて扱いやすい上に、肉眼で見えない天体もハッキリ見ることができて好都合です。 ぜひ、双眼鏡を準備して観測にのぞんでください。 見える位置を予習 夜空は広くて大きいですから、勘に頼って当てずっぽうで見ても、なかなか探し出すことができません。 あらかじめ星の配列や位置関係などを予習し、見える位置をよく頭に入れておきましょう。 を参考にしてください。 このページのシミュレーション画像は、自作ソフト「つるちゃんのプラネタリウム シェア版」を多少改良したものを使用しています。 計算精度の関係で位置が多少ズレることがありますのでご了承ください。

次の