エクセル 0 は 表示 しない。 ゼロ値を表示しない/表示する:エクセル2010基本講座

計算式で「0」を非表示にして桁表示のカンマ「,」を入れるには?

エクセル 0 は 表示 しない

下のようにシートに0が表示されていて、シート全体の0を非表示にする方法です。 [ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。 [Excelのオプション]ダイアログボックスを表示します。 [詳細設定]をクリックして、[次のシートで作業するときの表示設定]で[ゼロ値のセルにゼロを表示する]のチェックボックスをオフにします。 ワークシートごとに設定できますし、ブックに設定することもできます。 条件付き書式を使って、0のセルのフォントを白にする方法 まず、0を表示したくない範囲を選択します。 必ず範囲選択してから設定します。 範囲選択したまま[ホーム]タブにある[条件付き書式]をクリックします。 [指定の値に等しい]をクリックします。 右側の書式から[ユーザー設定の書式]をクリックします。 [フォント]タブにある[色]から白色を選択します。 [OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じていきます。 これで見た目は、非表示になります。 数式バーには0と表示されますが、印刷はされません。 値が変動しない場合は、条件付き書式を使わなくても、セルを選択して[フォントの色]から白色を設定しても同じです。 条件付き書式のクリア 条件付き書式をクリアするには、範囲選択して、[条件付き書式]から[ルールのクリア]から[選択したセルからルールをクリア]または、[シート全体からルールをクリア]をクリックします。 参考 条件付き書式のルールの削除については、以下の記事でも解説しています。 [正の数の書式;負の数の書式;ゼロの書式;文字列の書式] ユーザー定義については、で解説しています。 数式を使う方法 数式を入力しても参照セルが空白の場合は、下のように0が表示されてしまいます。 こういう場合は、IF関数を使用します。 0が表示されたセルで関数の引数ダイアログボックスを表示しています。 ピボットテーブルの場合 ピボットテーブルの場合は、0は既定で非表示になっていますが、0が表示されていてる場合は、オプションの設定で非表示にすることができます。 ピボットテーブル内にカーソルを置いて、[分析]タブの左端にある[ピボットテーブル]から[オプション]をクリックします。 [ピボットテーブルオプション]ダイアログボックスが表示されます。 [レイアウトと書式]タブにある[空白セルに表示する値]のチェックボックスをオフにします。 参考グラフで0表示をグラフに反映させない方法は、以下の記事で解説しています。

次の

エクセルのエラー対策|表示しない・0 表示・空白|エラー値一覧

エクセル 0 は 表示 しない

Excel for Microsoft 365 Excel for Microsoft 365 for Mac Excel for the web Excel 2019 Excel 2016 Excel 2019 for Mac Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel 2016 for Mac Excel for Mac 2011 Excel for iPad Excel Web App Excel for iPhone Excel for Android タブレット Excel for Android フォン Excel for Windows Phone 10 Excel Mobile Excel Starter 2010 注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらにがあります。 エラーが表示されます。 エラーを解決するには、次のいずれかの操作を行います。 関数または数式の除数がゼロまたは空白のセルでないことを確認します。 数式のセル参照を、ゼロ 0 または空白値でない別のセルに変更します。 数式が自分または他のユーザーからの入力を待機しているため、エラーは回避できません。 このような場合は、エラーメッセージをまったく表示しないようにするため、エラー処理にはいくつかの方法があり、入力を待機している間にエラーを抑制することができます。 エラーは、 を使用して分母の存在を評価することです。 エラー値、それ以外の場合は数式を計算します。 また、次のようなカスタムメッセージを表示することもできます。 これにより、Excel に A3 が存在し、数式の結果を返します。 それ以外の場合は無視されます。 エラーを抑制する このエラーを抑制するには、 内で除算操作を入れ子にすることもできます。 これは、数式がエラーとして評価され、0を返す場合、それ以外の場合は数式の結果を返す場合に、Excel に指示します。 ではなく、ブランケットエラーハンドラーです。 エラー処理を適用する前に、数式が正しく動作していることを確認する必要があります。 それ以外の場合は、数式が予期したとおりに動作していない可能性があります。

次の

Excel(エクセル)で「0」ゼロを表示しないように(非表示に)する方法いろいろ

エクセル 0 は 表示 しない

0 が表示される• 0 を非表示にする• シート全体の 0 を非表示にする 0 が表示される 数式を使用して計算したり合計を求めると、何も入力していないセルに対しては結果が 0 になります。 この 0 を非表示にできます。 0 を非表示にする 表示形式を使用する方法と「」を使用する方法を紹介します。 表示形式 0 が表示されている [セル] を右クリックして [セルの書式設定] をクリックします。 [ユーザー定義] をクリックし、種類に を入力して [OK] をクリックします。 0 が表示されなくなります。 次の表示形式でも非表示にできます。 0;0;; 数値の表示形式について詳しくは「」をご覧ください。 0;0;; はゼロの時だけ何も表示しません。 ;で区切ると プラスの値;マイナスの値;ゼロ;文字列のように最大 4 種類の表示形式を設定できます。 詳しくは「」の「ユーザー定義の種類」をご覧ください。 IF 関数 「」を使用して、数式の結果が 0 なら空に、それ以外は数式の結果を表示します。

次の