スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け dvd。 stwww.surfermag.com:カスタマーレビュー: スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け [DVD]

『スターウォーズ9』の動画配信・レンタル開始はいつから?DVD・Blu

スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け dvd

すいません長文になります。 劇場で観ました。 一応ストーリーに関するネタバレは無しでいきますね。 結果から言うと大満足でした!! 冒頭のレイの登場シーンでは演じたデイジー・リドリーの美さが際立っていて、世界的な大作の主人公をプレッシャーの中 演じきった女優としての成長が嬉しく思える瞬間でした。 ただ全体的には観ていて「 え? その設定は おかしくねぇ? 」という箇所も確かに多く、さらに「そのラスボスの倒し方は無いわ~ 小学生が喜ぶ 少年ジャンプの漫画かよ 笑 」とツッコミを入れたくなりましたが個人的には良い最終章だったと思います!!最後には涙が込み上げてきました。 ネットのレビューを見ていると、よく「 ルーカス監督に 7・8・9 を作り直して欲しい、今回の3部作はテーマが意味不明だ 」と言ってる人もいますがテーマに関しては簡単な話ですよね。 " ディズニー・プリンセスが『 自身のルーツと自分探し 』の壮大な旅に出る " ですよ。 そしてディズニー・プリンセス レイと言えば その血筋を皆さんも色々と考察した事でしょう。 とうとう本作でレイの " 出生の真実 " が明らかになります。 演じた デイジー・リドリー もインタビューで言ってましたが大事なのは「 どこの出身か 」よりも「 どこへ向かうか 」だという事を本作では伝えています。 本作でしっかり出生の真実が語られるので安心して下さいね。 その 8 の続編である本作は まったく期待が持てませんでしたが結果は最高でした!! という感想になる事を願ってJ・J・エイブラムス監督を信じて映画館まで足を運びました。 という感じでしたが、個人的には冒頭でも書いた通り大満足でした!!エイブラムス監督は見事によくやってくれました!! それと 今となっては どうでも良いのですが結局スノークが何者だったのかも明らかになりますよ! 本作は何よりも先代達の意志を受け継いだ若い戦士達の描かれ方が素晴らしく、中盤のポーのセリフで「レイア達は過去 エピソード4・5・6 にどうやって あんなのと戦って勝利を掴んだんだよ、俺達じゃ無理だ…」と弱音を吐き絶望するシーンがあるのですが先代メンバーである あの人物が「ポー、それはね・・」と助言し、その言葉で若い世代が態勢を立て直すシーンは胸が熱くなりましたね。 本作はレジスタンスのメンバーの団結力と勇敢な姿が本当に素晴らしく 一人一人が輝いていました!! そしてレイが故郷ジャクーを飛び出し壮大な戦いに身を投じていった中で見出だした自分探しの旅の答えが、まさに本作タイトル [ スカイウォーカーの夜明け ] になっていたなんて憎いぐらい上手い演出で、最後にレイの一言で物語は締め括られるのですが思わず涙が込み上げてきました。 まぁネットのレビューを見ているとレイの最後の一言には「 そっちじゃないだろ、何であっちを言わないんだよ 」と賛否両論あるみたいですが、僕は レイがどちらを言おうと良い結末には変わりないし「7・8・9 ありがとう!!」と叫びそうになりましたね。 他にも「ここが良かった!最高だった!」と書きたい事が沢山あり過ぎますが全て物語の本筋のネタバレになってしまう箇所ばかりなので、この辺で。 突っ込みどころはいろいろあるが、最大の問題は「エピソード8」でカジノ惑星まで足を運んでドタバタを繰り広げた「伏線」が何ひとつ回収されていないということである。 コードリーダーは再登場せずに金だけ持って逃げ切り、「レジスタンス側にも武器を売っている奴がいる」という伏線も回収されず、ローズに至っては今作ではわずかなセリフがあるだけで、物語の進行にはほとんど関わらない。 要するにカジノ惑星のドタバタはレジスタンスの窮地を救うのに何の貢献もしておらず、ローズを登場させた意味もない、ストーリー的にまったく意味のない無駄な尺だったのである。 「カジノ惑星のドタバタは話を引っかき回して余計なピンチを作っただけの無意味な展開、ローズは意味のないキャラ」という評価が、この「エピソード9」によって定まってしまったのである。 「エピソード8がいかに駄作であるか」ということが再確認できてしまう作品なのである。 「は? そこで退場?」って・・・・・・ こんな有様である。 前作と比べるといくぶんはマシだが、やっぱりスター・ウォーズはジョージ・ルーカスじゃないと駄目だ、と思わされる映画であった。 3世代にわたって銀河で繰り広げられる宇宙戦争の締め括りとしては、少々お粗末が過ぎるラストである。 「エピソード4」で初めてスター・ウォーズに触れた人間としては、失望を感じざるを得ない。 最終作である夜明けはあまりにも撮影時間がなく、現地で台詞を書き、いろんなパターンを試し、その場で編集したと聞いて覚悟していたが、それを遥かに上回るダメダメ手抜き映画だった。 その制作姿勢からファンを馬鹿にしているが、本編は数十年前の遺産に最悪の味付けをして観客の顔面に投げつけてくるような最低最悪の代物。 まずストーリーに唖然。 フォースの覚醒同様、また地図を探さなくてはいけないらしい。 面白ければ良いが、残念ながらその流れが信じられない程つまらない。 適当に落下した場所に重要な船、適当に向かった先にレイに関係する重要なアイテム、適当に着陸したところがアイテムが示すドンピシャの位置、新しい惑星に着いた途端都合よくすぐ出会う新キャラ、次々と開いた口が塞がらないご都合主義があれよあれよと展開されるが、そんなの文句言っててもキリがない。 すべてはフォースの導きなのだから。 そもそもルークがシスウェイファウンダーの手掛かりを探すために銀河中を旅してパサーナに辿り着き何も見つからず諦めたというが、結果何処にあったのかというとご丁寧にムスタファーとデススターというめちゃくちゃ分かりやすい場所だ。 まさかルークはそんな基本中の基本の場所も探さなかったのか?? どんなアホでもまずはシスの家の中を探すだろ。 そして人物描写もシリーズ最低である。 3作目にしてレイ、フィン、ポーの3人ですら役割分担がゴチャゴチャなのだ。 レイは元々直す人であるはずだが、9では壊す人になっており、元々ガムシャラで壊す人だったポーが9で直す人になっていたり、まさかのフィンにフォースを持たせたりと、3人だけでも描き分けがグッチャグチャなのである。 そしてBB8はポーのドロイド、R2はレイとのタッグのはずだが、BB8は明らかにレイに懐き、ポーはR2と出撃。 二体のドロイドが誰とタッグを組んでいるのかわからないのでここもグチャグチャである。 そこに狂ってるとしか思えないが、役割もなく面白くもない新キャラと新ドロイドが放り込まれるのでもう訳がわからない。 さらにはライトセーバー戦ですら救いようが無い。 予告編にも使われているが中盤に本作最大のライトセーバー戦が用意されている。 デススターの残骸でレイとレンがぶつかるのだが、これが最悪なのである。 まず殺陣が力任せで闇雲に互いの剣をぶつけるだけなのである。 なぜこんな動きにしたのか謎だが全く美しくない。 予告編の時点からなんだかこの動きは好きにならないなと思っていたらやはり7. 8から殺陣の振り付け師が変わっているのだ。 アダムも今作のライトセーバーの振り付けやスタントには何度も意見が衝突したと言うくらい、急遽雇われた振り付け師がライトセーバーがどういった武器なのかよく分かっていないのが伝わってくる。 しかし最悪な理由は別にある。 それはレイとレンが戦う理由が分からず、お互いに殺す気が全くないのに戦っているのだ。 ・・・・・では2人で行けば良いではないか。 2人で行こう!2人は嫌!というレイとレンのカップルイチャイチャバトルでしかないのだ。 なにをしているのかわからないバトル中、何をしに来たのかわからないフィンも参戦して、いよいよ何を観ているのかわからない。 そう思っているのも束の間、残念ながら、、これでライトセーバー戦は終わりだ... そう、、クライマックスにライトセーバー戦が無いのだから... かつてここまで盛り上がらないライトセーバーバトルがあったであろうか。 なぜファーストオーダーのトップ最高指導者が横たわっているのに、フィンもポーも無視して基地に帰るのか? おかしいではないか。 そしてラストの追い討ち、シリーズ最悪の最終決戦。 アホな連中とそれを上回るアホ集団がぶつかるクライマックスだ。 出撃シーンのテンションや演出、作戦会議のアンテナを破壊などフォースの覚醒のスターキラー出撃シーンをもう一度を観ている気分にしかならないのは大問題ではあるがエクセゴル戦に不満がありすぎてもはや気にしてはいられない。 エクセゴル戦は空中のドッグファイトとデストロイヤー甲板の白兵戦、レイvsパルパティーンが展開されるが、とにかく時間がないのか演出と編集の雑っぷりが目に余る。 エクセゴルのスターデストイヤーと戦闘機がぶつかる全体像や、ドッグファイトの動きが殆ど描写されず、されても凄まじいスピードで2、3秒するとカットが変わり、コックピットの中で誰かが喋っているカットやスターデストイヤーの中で敵司令官が会話しているカットに映るため、単純にドッグファイトだけで興奮できるような一連のシークエンスが存在しない。 なんで数だ、、とポーが驚いたところでその数のスターデストイヤーを絵で見せず、数百はあるだろうスターデストイヤーはただの背景に成り下がる。 これではスケールのかけらも無い。 実質戦闘するスターデストイヤーは1機と言ったところ。 このプライド将軍指揮する一機のスターデストイヤーにアンテナの役割を移動させるが、なぜこれにしか移動できないのか、そもそもなんでアンテナが必要なのか。 フィンがあのスターデストイヤーにアンテナの役割が移動した!とカメラはスターデストイヤーを映すが、それが他のスターデストイヤーと見分けがつかず、主に空のどこにあるのかも全くわからない。 あそこを目指せという大規模な戦闘を限りなくシンプルに見せ易くする目的の設定のはずが、それが機能していないのだ。 そもそもシールドも貼ってないのになぜ全銀河にわざわざ宣戦布告するのか。 シールドを貼って準備完了してから宣戦布告すればいい、いや、宣戦布告せずにキジミのようにさっさと爆破してしまえばいいのに。 JJエイブラムスにドッグファイトの描写だけで戦況や、ドラマを演出する技量がないためか、彼が解決法として用意したのは会話である。 そのため十分前には「俺たちが先頭に立つ!絶対に仲間はくる!」そう言っていたポーが「すまん、無理だった」と3部作目とは思えないヘナチョコっぷりを見せる。 JJの演出技量のなさ、さらにはファンが喜ぶだろうとランドに活躍させるためにポーをヘナチョコに落とし込むというファンサのための犠牲である。 三部作かけて描かれてきたポーの最大の活躍の場はファンサをするためにかき消されたのだ。 そしてランドが連れてきた市民によって大逆転する一番の盛り上がりポイントだが、ここだけでも問題が何個もある。 まずどれだけピンチかよくわからないところに援軍に来られてもカタルシスが無い、なぜ市民が急に参戦してくれたのかわからない、なぜエクセゴルに来れたのかもわからない、そもそも市民船とは?、そして最大の問題... 市民の描写が無い。 少ないのではない、、、無いのだ。。 数機の機体が攻撃すればスターデストイヤーはいとも簡単に大破していく。 なんと驚く事に搭載されたのは星を破壊する新兵器ではなく、自滅する最大の弱点を搭載していたようだ。 もはやゾーリの乗ったYウイング一機に撃ち落とされるスターデストイヤーには涙が止まらない。 なぜポー達はスターデストイヤーにも攻撃せず、アンテナにも攻撃せず、ちっこいタイファイターのみとずっと戦っていたのか。 最悪なドッグファイトの下で白兵戦を繰り広げるフィン。 本来であれば市民の武装蜂起や敵であるトルーパーに対して正しいことをしろと訴えかけるのは誰がどう観てもフィンの役目であったはず。 しかし、ランドに市民を先導する活躍の場を取られたフィンはレイ!!レイ!!とレイの名を叫び、エクセゴルではコードを繋げるだけだ。 そもそもなぜシールドがないならエックスウイングでアンテナを空中から爆撃しないのか? なぜわざわざ技術者や戦闘員ではないレジスタンスが白兵戦に挑まなくてはならないのか? スターデストイヤーを少し傾ければレジスタンスを全員落下するし、空中からタイファイターで攻撃すれば生身の人間なんてひとたまりもない。 しかし向こうが白兵戦ならこっちも甲板に乗れ!とトルーパーが甲板で迎え撃つ。 数十の馬で突撃するがアクションなどなく、カットが切り替わったら馬はいなくなっている。 馬は滑って落っこちたのだろうか? フィンとはなんだったのか、、。 そしてここだけは面白くあってくれと願わずにはいられないパルパティーンvsレイ。 しかしそれは無理な話だ。 なぜなら8で名もない女性でしかないと結論が出されたはずのレイは、結局パルパティーンの孫。 ジャクーで育った普通の女の子が銀河皇帝に慄きながら立ち向かう、、その姿に期待していたが、現実は自分のお爺ちゃんにビリビリ攻撃を仕返しする孫の姿だ。 孫が自分のお爺ちゃんに立ち向かう姿を観て勇気をもらい感動する人はいるのだろうか?... いないと思う。 そもそもパルパティーンはカイロレンにレイを殺せと嗾けたり、レイにはワシを殺せばお前に乗り移りシスが誕生すると言うのに、1分後にはトルーパーにレイを攻撃させるのだ。 レイを殺したいのか殺して欲しいのか、もうここは何回観てもよくわからない。 パルパティーンは決着の瞬間に悲鳴を上げて消えていくが、、、喜びなさいよ。 さっきまで殺せ殺せと言ってたではないか。 穴の開いたユニクロの服とブラスター1個でファイナルバトルに来たベンと、数千の命を抹殺したレイは全世界驚愕のキスシーンへ。 脚本家曰く、あれはレイからベンへの助けに来てくれた感謝のキス、ベンからは傷を治して優しくしてくれたレイへのキスらしい。 3作も描いてきたレイは突如ビッチに、、ベンはレイアにもハンソロにも愛されてきたが結局は可愛い女の子にお腹撫で撫でされたら大好きになってしまったようだ。 キスが終わるとベスピンやエンドア上空で次々に墜落するスターデストイヤー、、ん? エクセゴルに集合したスターデストイヤー艦隊を止めるって話ではなかったのか? すでに何機か配備されていたのか、エクセゴルに集結していないファーストオーダーのものなのか、誰がどうやって倒したのかわからないが「市民が立ち上がった」このひとことで片付けられる。 もちろんその市民とやらは出てこない。 下らない。 ほんと下らない。 この夜明けを評価する人の中に"血族に抗う物語"として感動した!素晴らしい!と言う感想をよく見る。 本当にそうだろうか? ルークは英雄だと思っていた自分の父親がダースベイダーと知り絶望しても、自分は父とは同じ道には行かない。 そして自分が歩む道に父を呼び戻す。 唯一父を信じて救うために命を賭けた対話が6のクライマックスだ。 自分の父を守る為に、これがまさにジェダイである。 一方レイはどうか? レイの親は自らの命を捨てても子供を救おうとした善き人だ。 そしてレイはお爺ちゃんとは同じ道に行かないために目には目を、歯に歯を、ビリビリにはビリビリを。 Xバリアで焼き殺す。 おわかりになるだろうか? 呪われた血縁からの脱却というテーマの設定の強さも、テーマへの回答も30数年前の映画に敗北しているのだ。 キャッチコピーには全てを終わらせるとあったがなにがおわったのか? ファーストオーダーの残党がまた新帝国作るのではないだろうか? スターウォーズというのは遥か昔の神話であった。 なぜ私たちの世界にはジェダイや、シスがいないのか? フォースが失われる程の光と闇の最終決戦。 それによりバランスが持たされた静寂の銀河の中で、我々の物語が始まるのではないのか? それを描く銀河の最終バトルが映画史に残る巨大スケールで描かれると思っていた。 しかし残念ながら金を稼ぐために綺麗なお墓に埋葬されていたスターウォーズを掘り返し、3部作だけでは飽き足らず、もっともっと稼ぎたいという欲に負け、終わらせないことを選択したディズニー。 その結果、評価も興業もボロボロ。 そりゃそうだ。 ファンに怯え、ただただ言われるがままに物語を作ると言うことがどれだけ映画にとって危険な事なのか。 このスカイウォーカーの夜明けをみればよくわかるだろう。 愛も希望も興奮も感動も、、、そして伝えようとするテーマも、、、この映画には何一つとして存在しないのだ。 これをもって続3部作は沈没した.... 夜明けのBlu-rayが届いたら庭の砂場に埋めたいと思う。 ありがとう、スターウォーズ 前作EP8は一部のSWヲタクから異常なバッシングを受けた。 その大半が勝手な解釈と願望の理不尽な押し付けだったが ソレが影響したかは不明だが、本作はレイの無名の血筋といった、EP8の要素の大半を上辺だけ残して捨ててしまった。 EP8はEP7の要素を、独特で予想外の使い方はしても捨てはしなかったのに 唐突な皇帝復活と相まって、新三部作は連続性を失い破綻してしまった。 それでも本作独自の見所があればひとつの映画として評価のしようもあったろうが、実際はSWヲタクに媚びるような旧作再現に腐心するばかりの作品だった。 旧作そのままのメカデザインや"衝撃"の血筋、戦闘機持ち上げといった露骨なネタは、ノスタルジーよりも時代遅れの感性への憐憫と独創性の無さへのドン引きしか感じさせない。 チューイのピンチや3POのメモリーに関する茶番も、ファンの機嫌を気にするあまり怖気づいたと邪推してしまう程にグダグダだった。 勿論、良かった点も多少はある。 冒頭と中盤のチェイスシーン、前作のテレパシーの拡張やレイが使う新たなフォースの力等は見所と言えた。 が、全編に渡って予想内かその斜め下を行く展開だった事に変わりは無い。 EP8を憎悪する人や旧作未見の方ならまだしも、SWの"新作"を期待した身としては期待外れと言わざるを得ない代物だった。 映画を締めくくるレイの言葉は奇しくも、独自性を持てず"旧い名"作に寄生し食い潰しただけの本作を象徴する迷台詞となっていた。 作品そのものについてレビューさせていただきます。 あれから40数年。。。 だが本作は!同氏が監督に復帰し、「レイア姫をCG再現など絶対しない」と言い切って過去映像利用にこだわり これが嬉しかったです 、お見事なリベンジ作と!というより、全制作者のSW愛、が伝わってくるような作品となったとおもいます。 ダースベイダーも、ヨーダも、ハン・ソロも、もういない。 それでも、そこに、あのレイア姫が出てくれるのに安堵する。。。 これは紛れもなく、あのスターウォーズの世界だ。 40数年たってもあの稀代のSF作品だ。 この躍動感、この(フィクションなのに)妙に現実味のある臨場感。 本シリーズのモチーフといわれたアイザック・アシモフ氏の長編「銀河帝国の興亡」ですら描き切れなかったあのスペースオペラだ。 この最終作、後半は泣けました。。。 そしてラスト、レイが自ら名乗るそのFamily nameとはやはり。。。 スターウォーズはこの作品をもって報われ、大団円の立派なフィナーレを迎えた、と思います。 星5つです。 本シリーズと同じ時代に人生を過ごせてよかった。 世界に愛されたこの永遠のシリーズ作品の生みの親、ルーカス氏の金字塔に改めて拍手と、感謝です。 スターウォーズよ永遠なれ! ライアン・ジョンソン監督・脚本による「最後のジェダイ」で好き放題やらかして再びJJエイブラムスにバトンを渡した今作。 2作目にばらまかれた伏線やつながりを3作目で回収しつつ、完結までもっていかなければいけないプレッシャーの中、見事完結させることはできていました。 2作目で大ブーイングを食らったローズの登場とフィンとの恋愛伏線はものの見事にJJに無視されていましたが、それどころではないってことでしょう。 しかも勝手にローズとの恋愛伏線をライアンが勝手に描いてしまったから、今作に登場するフィンと同じ境遇の女性新キャラと恋愛に発展させることができなくなり、足を引っ張ったなと。 あそこは絶対恋愛にもっていけたらローズなんかより全然自然だったし、お似合いだと思いました。 2作目で残した大きな伏線…レイの両親とレイの出生問題、カイロ・レンのダークサイド問題、レイア(女優が死んでしまったのでどうする問題)、レジスタンスの壊滅的減少問題はさすがJJというべきか、職人芸でキレイに補正&回収していました。 ただ、レンとのバトルで壊れたライトセーバーがキレイに元通りになっていたのはファンとしてどうかな?と。 「ジェダイの帰還」みたいにそれをきっかけにレイが自分のライトセーバーを使ってほしかった。 ただ、それはラストを観ていただければ…。 ただなぜラストに??ってはてなマークが浮かびました。 そして、今作公開前から皇帝パルパティーンの復活が公式に発表されましたが、全9部作を一本の線でつなぎ、完結させるにはやはり皇帝の復活に頼らざるを得なかったのでしょう。 だって、「最後のジェダイ」で新シスのスノークがあっさり退場し、敵がいなくなってしまったから。 カイロ・レンはエピソード8でダースベイダーみたく圧倒的に強い姿を見せていたら3部作を引っ張るくらいのヴィランとして見れたのでしょうけど、「フォースの覚醒」でフォースのいろはも知らない、剣技の基礎も知らないレイとほぼほぼ互角勝負で、しかも若干圧され気味になって傷を負って退却っていう無様な姿を描いてしまったので、カイロ・レン=弱いってイメージがずっと払拭できなかったです。 なので、今作でレイとレンがライトセーバーバトルをするのですが、全然ハラハラしなかったです。 しかもディズニー買収後の作品は人体切断などのシーンは禁止されているため、余計にライトセーバーで切られたら…っていう恐怖が伝わってこなくなりました。 スカイウォーカーの血筋は腕が切断されているのですが、レンは切り落とされることもなく、本当に安全が約束されたスポーツチャンバラを見せられているような感覚です。 エピソード1~エピソード3のようなどちらが勝つのかハラハラするバトルシーンを描けなかったのは新三部作の失敗の一つですね。 失敗といえば、新三部作には魅力的なヴィランを作れなかったことですね。 なんと言ってもエピソード4~6のダースベイダーと皇帝は言うまでもなく、エピソード1のダース・モールやエピソード3のグリーヴァス将軍はたった1作しか登場していないのに存在感とかっこよさがずっと残っていて、今でも好きです。 ドゥークー伯爵はいまいちでしたが、圧倒的強さをエピソード2で見せて、エピソード3で成長したアナキンに負かされる流れは個人的大好きです。 今作で結局、人気キャラの皇帝に頼らざるを得なかったのは残念です。 さらにもう一つ失敗を挙げるなら、ルーカスの手から離れて「フォース」の定義が曖昧になってしまったため、ライアン・ジョンソンがフォース=何でもできる魔法に改悪してしまったので、フォースがあれば不都合な状況を何でも解決できてしまうようになってしまったことです。 ルークが自分の分身をはるか遠くの惑星に飛ばせたり、レンとレイがはるか遠くにいるのにテレパシーで会話できたり、実際にその場にいないのにモノを触れたりできたり、そして今作では傷を癒やすことができます。 もはや回復魔法ですよ。 この設定の崩壊により、結局「フォース使えばすべて解決できるじゃん」っていう思うようになり、冷めてしまうんですよね。 あと、失敗かどうかは別にとして、個人的に残念だなと思うことは新三部作のうちエピソード7と8を初の地続きの(エピソード7の直後にエピソード8が始まる)作り方にしてしまったために3部作で主人公や登場キャラの成長物語として描けなかったことですね。 過去6部作は各作ごとかなり年月が開いているため、時間経過とそれによる成長が垣間見れるのですが、新3部作は、今作がエピソード8の約1年後が舞台なのでトータルで実質2年弱しか経っていません。 だからキャラたちに感情移入もできないまま、レイの修行も中途半端なまま終わってしまうという残念さ。 スターウォーズ未見の方はルークのエピソード4から6にかけてのジェダイとしての成長物語をぜひ観てほしいです。 総合的には平均点のような完成度です。 JJは本当に映画を撮るのは上手いですが、JJの映画って大感動とか、大どんでん返しとか、記憶に残るような作品というものが作れないですね。 優等生が撮る映画って感じで、「まぁ、面白かったけど…」っていう答えしか出ませんね。 過去6部作の伏線も回収し、何とか新3部作の軌道修正もして頑張って完結させたのは見事ですが、名作にしかない劇場を出た後、余韻に浸るみたいなことは全くなかったです。 なぜかというと新3部作はなくてもスカイウォーカーサーガは完結しているからです。 やはりスターウォーズってルーカスのものだったんだなと改めて思いましたね。 別の人が後付で強引に3作引き伸ばして勝手にまとめたっていうことでしかないので結末的にはエピソード6に戻ったということでしかないです。 新しい三部作が追加されたから深みが出たとか、世界が広がったわけでもなく、元に戻っただけ。 だからスターウォーズファンなら感動はないと思います。 発売後くらいに、具体的なところに触れてまたネタバレレビューをアップします。 やっと終わってくれたか、というのが正直な感想。 登場人物だけ豪華な舞台劇ですかね。 この最終話は7,8話よりさらにひどい。 シスのずっと見つからない隠れ家の星と言っときながらあっさり見つかるわけだが、カイロ・レンですらウェイファインダーがないといけないところに、他のファーストオーダーの連中がなぜか続々やってくる、なんで急にあのシスが復活?どれだけ、過去作品の有名登場人物に頼るのか。 なんかファーストオーダーが進化したと思ったら、宇宙全土からの民間船部隊にあっさりやられるし、ファーストオーダーがおまぬけ組織にしか見えない。 スパイが幹部にいるって、結局あんたか。。。 なんだそのとってつけたような展開。 スパイになった動機も、は?って言いたくなるような理由。 薄っぺらすぎる。。。 7,8,9と見事に興行収入やっと終わってくれたか、というのが正直な感想。 登場人物だけ豪華な舞台劇ですかね。 この最終話は7,8話よりさらにひどい。 シスのずっと見つからない隠れ家の星と言っときながらあっさり見つかるわけだが、カイロ・レンですらウェイファインダーがないといけないところに、他のファーストオーダーの連中がなぜか続々やってくる、なんで急にあのシスが復活?どれだけ、過去作品の有名登場人物に頼るのか。 なんかファーストオーダーが進化したと思ったら、宇宙全土からの民間船部隊にあっさりやられるし、ファーストオーダーがおまぬけ組織にしか見えない。 スパイが幹部にいるって、結局あんたか。。。 なんだそのとってつけたような展開。 スパイになった動機も、は?って言いたくなるような理由。 薄っぺらすぎる。。。 7,8,9と見事に興行収入がジェットコースター並みに下降したが、今後もどんどん作品を量産してくとか。。。 ブランドを殺してまで、権利をしゃぶりつくすんだな。 私自身、1番の趣味はスター・ウォーズと言えるくらいにスターウォーズが大好きです。 今作も映画館で10回ほど鑑賞し、今作が2019年1番の楽しみでした。 以下、ネタバレ含みます。 ご注意くださいませ。 賛否両論となった最後のジェダイでは、レイの両親は誰でもないとされていました。 しかし、今作ではレイは、レイ・パルパティーンだったことが判明します。 多少予想されていたとはいえ、とても衝撃でした。 このことを、最後のジェダイが示した「どんな生まれでも特別になれる」というテーマを覆したと取ることもできますが、私は今作でそのテーマが強まったと思います。 レイは、銀河の歴史で1番の悪とされる存在の子孫でありながらも、最終的にはスカイウォーカーの名を継ぎ、レイ・スカイウォーカーとなることが出来ました。 フィンは、名前のない脱走兵でありながら、レジスタンスの将軍となり、勝利を導きました。 ポー・ダメロンは、優秀な家庭に生まれながらも、1度は反抗し、最終的にはレジスタンスのリーダーとなりました。 このように、今作で描かれたメイン3人は最後のジェダイのテーマを強め、「誰でもスカイウォーカーになれる」ことを示してくれたのだと感じました! 沢山好きなシーンもあり、勿論うーんと思うシーンもあります。 けれど、それもまとめてスターウォーズが大好きです。 スター・ウォーズはどう作っても批判を集め、ファンの怒りを買ってしまう超難関な作品です。 だからこそ、最後まで堂々と演じきった役者さんや、批判に負けずに努力したスタッフの方々に感謝の気持ちを伝えたいです。 ありがとう!スターウォーズ。 フォースの覚醒で幕を開けたシークエルの最終作にして、サーガ完結編となったEP9。 その物語は、断絶してしまったEP7とEP8の物語に無理やり整合性をつけ、着地点を作って幕引きする事だけに終始していました。 なので、ファンが「あのEP8から終わらせるんだったらこうするしかないか・・・」と想像するラインから何一つはみ出ない作りになっています。 EP8で公式となったフォースの無茶な拡大解釈は捨てられず、着地点の無くなった物語のゴール再設定は旧作に頼らざるを得ず、レイの出自問題に至ってはEP8を無かったものとしています。 幾つかの伏線は回収もされず放置で終わりました。 空中分解せずに終わらせることだけに腐心しているので受け手の想像力を超えるものが何もなく、二次創作っぽい印象すら受けてしまう・・・ 結局の所シークエルに3作全体の計画が無く、制作統括できる体制がなかったという事が全てなのでしょう。 開幕のEP7こそ期待が持てたものの、SWサーガの屋台骨すら破壊してしまった超問題作EP8、 ファンのブーイングの中、もはや風呂敷を畳む事以外にリソースを割けなかったであろうEP9・・・ 他シリーズと比べるのが不適切なのは分かっていますが、同じディズニーでもMCUがシリーズを 四苦八苦しながらもコントロールし続けているのと比べると、シークエルは何も考えていなかったとしか思えません。 その意味では、監督云々よりキャスリーン・ケネディさんの責が大きいんじゃないかと感じます。 悲しいかな、EP8をナンバリングで世に出してしまった時点でシークエルに逆転の目は無かったのでしょう。 EP9がEP8の後始末を必死に頑張ったのは分かります、分かりますが、何の展望もなく無計画に3部作にしたの 誰でしたっけ?っていう話ですよ。 シークエルは何がしたかったのか誰にも分からない、ただSWサーガの価値を下げただけに終わってしまいました。 この先の新作SWが同じ轍を踏まない事だけを祈ります。

次の

stwww.surfermag.com:カスタマーレビュー: スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け [DVD]

スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け dvd

『スカイウォーカーの夜明け』• 『スカイウォーカーの夜明け』含むエピソード1~9コンプリートBOX• MovieNEXとは、ディズニーが独自に定義するパッケージ商品• 『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』が収録されている商品は計5種類• 『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』を含むスカイウォーカー・サーガ(エピソード1~9)が収録されている商品は計1種類 以下より、各商品の詳細、特典映像やグッズ内容をまとめています。 『スカイウォーカーの夜明け』を含むブルーレイ/DVD一覧表 商品名 その他 参考価格:4,200円+税• ブルーレイ 2枚• DVD 1枚• 6つの特典映像 参考価格:4,200円+税• ブルーレイ 2枚• DVD 1枚• 6つの特典映像• SWブラック・パッケージ• アウターケース 参考価格:8,000円+税• 4K ULTRA HD ブルーレイ 1枚• ブルーレイ3D 1枚• ブルーレイ2D 2枚• 6つの特典映像 参考価格:9,000円+税• 4K ULTRA HD ブルーレイ 1枚• ブルーレイ3D 1枚• ブルーレイ2D 2枚• 6つの特典映像• スチールブック付きアウターケース 参考価格:2,800円+税• ブルーレイ なし• 特典映像 なし 参考価格:50,000円+税• 4K UHD ブルーレイ 9枚(本編ディスク)• ブルーレイ2D 9枚(ボーナス・ディスク)• オリジナルBOXケース• オリジナル・ディスクケース• オリジナル・ビジュアルブック• 購入ショップやタイミングによっては値段が異なる場合がございます。 たとえば、Amazonや楽天では値引きされた価格で購入することができます。 『スカイウォーカーの夜明け』の特典映像は全部で6つ 『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』の特典映像はすべて同じで、下記6つとなります。 収録作品 (全9作)• 『エピソード1/ファントム・メナス』• 『エピソード2/クローンの攻撃』• 『エピソード3/シスの復讐』• 『エピソード4/新たなる希望』• 『エピソード5/帝国の逆襲』• 『エピソード6/ジェダイの帰還』• 『エピソード7/フォースの覚醒』• 『エピソード8/最後のジェダイ』• 『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』 商品内容• 4K UHD ブルーレイ 9枚(本編ディスク)• ブルーレイ2D 9枚(ボーナス・ディスク)• オリジナルBOXケース• オリジナル・ディスクケース• オリジナル・ビジュアルブック• マーク・ハミルのレター 参考価格• 【スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス】• ダグ・チャンの回想• 模型&ミニチュア• ジョージ・ルーカスのデジタル革命• レガシー・コンテンツ• 【スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃】• 宇宙のサウンド• 衣装の秘密• エピソード2のデザイン• レガシー・コンテンツ• 【スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐】• 明かされた秘話• ホログラム&NG集• レガシー・コンテンツ• 【スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望】• 宇宙(ユニバース)の創造• 武器&初代ライトセーバー• レガシー・コンテンツ• 【スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲】• 失われていたインタビュー• マット・ペイントの秘密• レガシー・コンテンツ• 【スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還】• 視覚効果の世界• ベン・バートの音響• レガシー・コンテンツ• 【スター・ウォーズ/フォースの覚醒】• メイキング・オブ・フォースの覚醒 ー第1章 ー第2章 ー第3章 ー第4章• デイジー・リドリーとジョン・ボイエガの挑戦• 素晴らしい共演者たち• クリーチャーの制作• BB-8の秘密• 雪のシーンの撮影風景• ILMの技術• ジョン・ウィリアムズの音楽• 銀河系の衣装• 効果音:語る音• レジスタンスの音• 武器工房の裏側• 未公開シーン• フォース・フォー・チェンジ• 【スター・ウォーズ/最後のジェダイ】• 完成までの軌跡• コンセプトを語る• スノークを演じる• メイキング・オブ・最後のジェダイ ー壮大なバトル ースノークの正体 ークレイトでの対決• ポーグに会おう!• 未公開シーン• 【スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】• スカイウォーカーの遺産• 緊張のチェイス・シーン• 砂漠での撮影• オーチの船にて• ワーウィックと息子• クリーチャーが生まれるまで.

次の

スターウォーズ・エピソード9/DVDブルーレイ発売日やレンタル開始日は?通販でのお得な購入方法や感想も紹介!

スター ウォーズ スカイ ウォーカー の 夜明け dvd

window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b.

次の