悪しからず 意味。 「あしからず」の意味とは?語源からみる失礼にならない使い方

英語で「ご了承ください」|ビジネスメールでも使える丁寧な9個の表現

悪しからず 意味

「あしからず」の使い方・注意点 「あしからず」は許可を得るときや予定変更などを伝えるときに使う 「あしからず」は、「悪気はないのですがご意向やご期待に添えない場合があります」「悪いとは思うけど、やむを得ず」という意味合いで、不都合なことが起きた場合に使います。 「あしからず」の使用場面としては、 許可を得るとき・やむを得ない事情での予定変更・中止を伝えるとき・断りを伝えるときなどになります。 「あしからず」を使うことによって申し訳なく思っている気持ちを表すことができます。 基本的には「すでに起きている事」「覆すことが難しい事」について使用します。 ただ、本当に悪い事をした場合や自身の手抜かりによって謝罪するような場合には使いません。 「今回は都合がつきそうにありません。 どうぞあしからず」「今日は残業となりますが、どうぞあしからず」といったように、「あしからず」で文章を終わらせます。 しかし、「あしからず」で文章が終わると「失礼」「一方的」と受け取られることがあります。 誤解を招かないためにも「あしからず」で終わる文章は、親しい間柄の相手にだけ使用するのが無難でしょう。 ・出張のため出席できませんが、どうぞあしからず。 ・あいにく先約があるため伺えませんが、何卒あしからず。 ・広告の商品は売り切れとなりました。 どうぞあしからず。 ・悪天候のため急なスケジュール変更となりましたが、どうぞあしからず。 このように「あしからず」は、少々強引な意味合いが含まれるため、相手によっては「不自然な感じ」「上から目線な印象を受けたり、「むかつく・感じ悪い」と思われる可能性もあります。 したがって 目上の相手の対しては、「あしからずご了承ください」「あしからずご容赦ください」といったように省略しない文章で使います。 「あしからず」のビジネスシーンでの使い方・例文 「あしからず」だけでも意味は通じますが、「あしからず」の後に「ご了承・ご容赦・ご承知」を付けて使用することが一般的です。 特にビジネスシーンでは、「あしからず」だけで使うことはほとんどありません。 いくつか「あしからず」の言い回しを紹介します。 「あしからずご了承ください」は「どうかご理解ください」といった意味で使われる 「ご了承ください」は「どうかご理解いただき、受け入れてください」といったように、相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回しです。 「ご了承ください」はまだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して許しをもらうときに使う言葉です。 つまり「あしからずご了承ください」は、 「今後この事はあなたにとって好ましくない状況になるかもしれないが、悪く思わないでください」というニュアンスになります。 ・ご返品はお受けしかねますので、何卒あしからずご了承ください。 ・電話でのお問い合わせにはお答えいたしかねますので、あしからずご了承ください。 ・こちらの商品は数量限定のため、即刻売り切れることがあります。 あしからずご了承願います。 「あしからずご容赦ください」は「大目に見てください」といった意味で使われる 「容赦(ようしゃ)」は「許すこと」「許容する」という意味になります。 「ご容赦ください」といった場合は「過失に対して大目に見て欲しい」という意味が込められます。 「ご了承」と似ていますが、意味は全く違います。 「ご了承」は「こちらの言い分について理解して受け入れてください」という意味に対して、 「ご容赦」は「こちらの過失について強く反省しているので許してください」という意味になります。 「あしからずご容赦ください」は、 「すでに起きてしまった事に対して、許しをください」というニュアンスになります。 例文 ・ご注文いただいた商品は既に完売いたしました。 あしからずご容赦ください。 ・飛行機の空席状況によっては、約束の時間に間に合わないことも考えられます。 あしからずご容赦ください。 その間、お問い合わせには対応しておりません。 皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、あしからずご容赦くださいますようお願いいたします。 ・お客様には大変ご不便をお掛け致しますが、あしからずご容赦下さいますようお願い申し上げます。 「あしからず」の類語・言い換え 「あしからず」の類語・言い換えについて紹介します。 申し訳ありませんが 「申し訳ない」は 「相手にすまない気持ちで、弁解のしようがない」という意味になります。 「申し訳ありませんが」は、丁寧な謝罪をするときに使う言葉になります。 「申し訳ありませんが、もう少々お待ちください」といったように、相手に対して失礼があったり、迷惑をかけた場合に使います。 「申し訳ございませんが」という言い方もあります。 「申し訳ございませんが」の方がより丁寧な表現になりますが、「申し訳ありませんが」の方がよく使われます。 例文 ・誠に申し訳ありませんが、お電話いただけますでしょうか。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが、ご対応のほどお願いいたします。 ・申し訳ありませんが、その日は外せない用事があり伺うことができません。 ・申し訳ありませんが、先ほどの件再度ご確認していただいてもよろしいでしょうか。 せっかくですが 「せっかく」は 「力を尽くす」「苦労する」という意味です。 「せっかくですが」は相手がしてくれたことに対して、その価値を認めながらも断るときに使う言葉です。 「せっかくですが」を使うことによって、遺憾の気持ち・残念に感じている気持ちを伝えることができるので、相手に不快な思いにさせることなく丁重に断ることができます。 例文 ・せっかくですが、その件についてはお引き受けすることはできません。 ・せっかくのお申し出ですが、ご遠慮申し上げます。 ・せっかくですが、お気持ちだけ頂戴いたします。 ご希望に添えず恐縮ですが 「恐縮」は 「相手に迷惑をかけたり、厚意を受けたりして申し訳なく思う」という意味です。 「恐縮です」といった場合は「ありがとうございます」と感謝を表す言葉として使いますが、「恐縮ですが」といった場合は「申し訳ありませんが」と謝罪を表す言葉として使います。 「恐縮ですが」を前につけることによって、相手に対する敬意を強調することができます。 例文 ・ご希望に添えず大変恐縮ですが、今回の件は辞退させていただきます。 ・ご希望に添えず恐縮ですが、今回の採用は見合わせたいと存じます。 ・ご希望に添えず恐縮ですが、同品は現在品切れとなっております。 お気になさらずに 「気にする」は、 「心に留めて不安に思うこと」「心配すること」という意味です。 「お気になさらずに」は、気にかけないよう相手に丁寧に伝える・相手の配慮を優しく断る表現です。 「気にしないでください」をより丁寧にした言葉になります。 「お気になさらずに」を使う場面としては、 ・謝罪に対して許しの意味を込めて使われるとき ・解決したからもう心配しなくてよいと伝えるとき ・相手が自分に気遣ってくれたとき などになります。 「大丈夫です」「問題ありません」という意味を込めて、「お気になさらずに」と使用します。 例えば、相手から謝罪を受けたときにも「滅相もないです。 どうぞ、お気になさらずに」と使うことができます。 例文 ・せっかくのお誘いですが、欠席させていただきます。 どうぞ、お気になさらず、楽しい時間をお過ごしください。 ・突然お邪魔してしまい申し訳ありません。 どうかお気になさらないでください。 ・(相手から謝罪された時)いえいえ、どうぞお気になさらないでください。 お含みおきください 「お含みおきください」は、相手に対して事情をよく理解して心にとめておいて欲しい時の敬った表現です。 「お含みおきください」は、 「これは知っておいた方が良い」「これを知っていただけるとありがたい」というニュアンスを持ちます。 「お含みおきください」は、ビジネスシーンで用いることが多く、目上の相手に対して使える表現になります。 例文 ・万一ご欠席なさいましても、ご予約料の返金は致しかねますのでお含みおきください。 ・その件につきましては、下記のとおりとなりましたことをお含みおきください。 ・本日は悪天候により、運行状況が悪くなっております。 目的地まで所要時間がかかってしまうことをお含みおきください。 どうぞ・何卒 「どうぞ・何卒」は、「あしからず」の言い換え表現として使うことができます。 「どうぞ・何卒(なにとぞ)」は、 相手に強く願う気持ちを表す語です。 例えば、「あしからずご了承ください」は「どうかご了承ください」と言っても「何卒ご了承ください」と言っても意味は通じます。 また「何卒」は書き言葉として使われることが多いですが、「どうぞ」は口語でよく使われる表現です。 例文 ・大変恐縮ですが、どうぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。 ・この度はご迷惑をおかけしまして、お詫びの言葉もございません。 深く反省いたしておりますので、何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。

次の

「あしからず」の意味とは?語源からみる失礼にならない使い方

悪しからず 意味

「あしからず」の使い方・注意点 「あしからず」は許可を得るときや予定変更などを伝えるときに使う 「あしからず」は、「悪気はないのですがご意向やご期待に添えない場合があります」「悪いとは思うけど、やむを得ず」という意味合いで、不都合なことが起きた場合に使います。 「あしからず」の使用場面としては、 許可を得るとき・やむを得ない事情での予定変更・中止を伝えるとき・断りを伝えるときなどになります。 「あしからず」を使うことによって申し訳なく思っている気持ちを表すことができます。 基本的には「すでに起きている事」「覆すことが難しい事」について使用します。 ただ、本当に悪い事をした場合や自身の手抜かりによって謝罪するような場合には使いません。 「今回は都合がつきそうにありません。 どうぞあしからず」「今日は残業となりますが、どうぞあしからず」といったように、「あしからず」で文章を終わらせます。 しかし、「あしからず」で文章が終わると「失礼」「一方的」と受け取られることがあります。 誤解を招かないためにも「あしからず」で終わる文章は、親しい間柄の相手にだけ使用するのが無難でしょう。 ・出張のため出席できませんが、どうぞあしからず。 ・あいにく先約があるため伺えませんが、何卒あしからず。 ・広告の商品は売り切れとなりました。 どうぞあしからず。 ・悪天候のため急なスケジュール変更となりましたが、どうぞあしからず。 このように「あしからず」は、少々強引な意味合いが含まれるため、相手によっては「不自然な感じ」「上から目線な印象を受けたり、「むかつく・感じ悪い」と思われる可能性もあります。 したがって 目上の相手の対しては、「あしからずご了承ください」「あしからずご容赦ください」といったように省略しない文章で使います。 「あしからず」のビジネスシーンでの使い方・例文 「あしからず」だけでも意味は通じますが、「あしからず」の後に「ご了承・ご容赦・ご承知」を付けて使用することが一般的です。 特にビジネスシーンでは、「あしからず」だけで使うことはほとんどありません。 いくつか「あしからず」の言い回しを紹介します。 「あしからずご了承ください」は「どうかご理解ください」といった意味で使われる 「ご了承ください」は「どうかご理解いただき、受け入れてください」といったように、相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回しです。 「ご了承ください」はまだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して許しをもらうときに使う言葉です。 つまり「あしからずご了承ください」は、 「今後この事はあなたにとって好ましくない状況になるかもしれないが、悪く思わないでください」というニュアンスになります。 ・ご返品はお受けしかねますので、何卒あしからずご了承ください。 ・電話でのお問い合わせにはお答えいたしかねますので、あしからずご了承ください。 ・こちらの商品は数量限定のため、即刻売り切れることがあります。 あしからずご了承願います。 「あしからずご容赦ください」は「大目に見てください」といった意味で使われる 「容赦(ようしゃ)」は「許すこと」「許容する」という意味になります。 「ご容赦ください」といった場合は「過失に対して大目に見て欲しい」という意味が込められます。 「ご了承」と似ていますが、意味は全く違います。 「ご了承」は「こちらの言い分について理解して受け入れてください」という意味に対して、 「ご容赦」は「こちらの過失について強く反省しているので許してください」という意味になります。 「あしからずご容赦ください」は、 「すでに起きてしまった事に対して、許しをください」というニュアンスになります。 例文 ・ご注文いただいた商品は既に完売いたしました。 あしからずご容赦ください。 ・飛行機の空席状況によっては、約束の時間に間に合わないことも考えられます。 あしからずご容赦ください。 その間、お問い合わせには対応しておりません。 皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、あしからずご容赦くださいますようお願いいたします。 ・お客様には大変ご不便をお掛け致しますが、あしからずご容赦下さいますようお願い申し上げます。 「あしからず」の類語・言い換え 「あしからず」の類語・言い換えについて紹介します。 申し訳ありませんが 「申し訳ない」は 「相手にすまない気持ちで、弁解のしようがない」という意味になります。 「申し訳ありませんが」は、丁寧な謝罪をするときに使う言葉になります。 「申し訳ありませんが、もう少々お待ちください」といったように、相手に対して失礼があったり、迷惑をかけた場合に使います。 「申し訳ございませんが」という言い方もあります。 「申し訳ございませんが」の方がより丁寧な表現になりますが、「申し訳ありませんが」の方がよく使われます。 例文 ・誠に申し訳ありませんが、お電話いただけますでしょうか。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが、ご対応のほどお願いいたします。 ・申し訳ありませんが、その日は外せない用事があり伺うことができません。 ・申し訳ありませんが、先ほどの件再度ご確認していただいてもよろしいでしょうか。 せっかくですが 「せっかく」は 「力を尽くす」「苦労する」という意味です。 「せっかくですが」は相手がしてくれたことに対して、その価値を認めながらも断るときに使う言葉です。 「せっかくですが」を使うことによって、遺憾の気持ち・残念に感じている気持ちを伝えることができるので、相手に不快な思いにさせることなく丁重に断ることができます。 例文 ・せっかくですが、その件についてはお引き受けすることはできません。 ・せっかくのお申し出ですが、ご遠慮申し上げます。 ・せっかくですが、お気持ちだけ頂戴いたします。 ご希望に添えず恐縮ですが 「恐縮」は 「相手に迷惑をかけたり、厚意を受けたりして申し訳なく思う」という意味です。 「恐縮です」といった場合は「ありがとうございます」と感謝を表す言葉として使いますが、「恐縮ですが」といった場合は「申し訳ありませんが」と謝罪を表す言葉として使います。 「恐縮ですが」を前につけることによって、相手に対する敬意を強調することができます。 例文 ・ご希望に添えず大変恐縮ですが、今回の件は辞退させていただきます。 ・ご希望に添えず恐縮ですが、今回の採用は見合わせたいと存じます。 ・ご希望に添えず恐縮ですが、同品は現在品切れとなっております。 お気になさらずに 「気にする」は、 「心に留めて不安に思うこと」「心配すること」という意味です。 「お気になさらずに」は、気にかけないよう相手に丁寧に伝える・相手の配慮を優しく断る表現です。 「気にしないでください」をより丁寧にした言葉になります。 「お気になさらずに」を使う場面としては、 ・謝罪に対して許しの意味を込めて使われるとき ・解決したからもう心配しなくてよいと伝えるとき ・相手が自分に気遣ってくれたとき などになります。 「大丈夫です」「問題ありません」という意味を込めて、「お気になさらずに」と使用します。 例えば、相手から謝罪を受けたときにも「滅相もないです。 どうぞ、お気になさらずに」と使うことができます。 例文 ・せっかくのお誘いですが、欠席させていただきます。 どうぞ、お気になさらず、楽しい時間をお過ごしください。 ・突然お邪魔してしまい申し訳ありません。 どうかお気になさらないでください。 ・(相手から謝罪された時)いえいえ、どうぞお気になさらないでください。 お含みおきください 「お含みおきください」は、相手に対して事情をよく理解して心にとめておいて欲しい時の敬った表現です。 「お含みおきください」は、 「これは知っておいた方が良い」「これを知っていただけるとありがたい」というニュアンスを持ちます。 「お含みおきください」は、ビジネスシーンで用いることが多く、目上の相手に対して使える表現になります。 例文 ・万一ご欠席なさいましても、ご予約料の返金は致しかねますのでお含みおきください。 ・その件につきましては、下記のとおりとなりましたことをお含みおきください。 ・本日は悪天候により、運行状況が悪くなっております。 目的地まで所要時間がかかってしまうことをお含みおきください。 どうぞ・何卒 「どうぞ・何卒」は、「あしからず」の言い換え表現として使うことができます。 「どうぞ・何卒(なにとぞ)」は、 相手に強く願う気持ちを表す語です。 例えば、「あしからずご了承ください」は「どうかご了承ください」と言っても「何卒ご了承ください」と言っても意味は通じます。 また「何卒」は書き言葉として使われることが多いですが、「どうぞ」は口語でよく使われる表現です。 例文 ・大変恐縮ですが、どうぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。 ・この度はご迷惑をおかけしまして、お詫びの言葉もございません。 深く反省いたしておりますので、何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。

次の

「あしからず」 いやな手紙に感じます、客観的なご意見を。

悪しからず 意味

謝罪のメールやホームページなどで目にする、「悪しからずご容赦ください」という一文。 この言葉には、「どうか悪く思わないでください」という意味が込められています。 簡易的には、この「悪しからず」をひらがなにして「あしからず」とも書けます。 また、使われ方としては、「あしからず」の一言だけを用いるのが主流です。 締めの挨拶として使われているケースもよく目にするでしょう。 クレームを回避するための対処法 「悪く思わないで」という意味で使われる「悪しからずご容赦ください」は、「悪気はないのです」という気持ちが根底にあるのです。 多くの場合が、商品の欠品を予測しているとき、予定したイベントが雨などで中止になる場合があるなど、あらかじめ起こりうる事象が予測できる際、注意の意味で用いるという使われ方がされています。 「悪しからずご容赦ください」は、クレーム対処の一環とも言えるでしょう。 「悪しからずご容赦ください」はクレーム発生後には使わない 「悪しからずご容赦ください」は、クレームに発展した際は使うべきではないという見方がされています。 その理由は、「悪く思わないで」という意味合いにあるのです。 「悪く思わないでください」と言われて、悪く思ってしまったら、クレームを言う側に落ち度が無い場合でも、なぜか「悪いと思った方が悪い」ということになってしまいます。 相手は責められている気になり、逆撫でしてしまう可能性があるのです。 許しをお願いする言葉はきちんとした謝罪の場には適さない 予測できなかったケース、もしくは予測できていたけれど注意書きをしていなかった際など、こちら側の明らかな失態に対して謝罪をする際、反省の意やストレートな謝罪を伝えたいと思うはずです。 「ご容赦ください」は相手に許しをお願いする言葉なので、反省やきちんとした謝罪の前には使うべきではないと言えます。 「悪しからずご容赦ください」は責任を逃れるために使わない 謝罪の際に使うのは良くないという見方のほかに、かしこまったやり取りの際には使うべきではないという見方もあります。 悪しからずご容赦ください。 」というようにすると、連絡を受取る方が調整を丸投げされている気になるでしょう。 相手のことを考えた対処法を伝える必要がある あらかじめ予測ができる出来事に対し、お詫びの一環として「悪しからずご容赦ください」と使われます。 注意しなければならないのが、それを言われた相手が何をすべきなのかを考えることです。 「予定が狂うかもしれないけど、悪しからずご容赦ください」と言われた相手は、悪いとは思わないけれど、どうしたらよいか?と悩みます。 「悪く思わないで」と許しを乞うのではなく、きちんとした対処法を伝えることも重要です。 クレーム対処の一環である「悪しからずご容赦ください」は責任逃れで使わずに対処法を伝えることが大切 ここでは、「悪しからずご容赦ください」を使う際の注意点をご紹介しました。 「悪しからずご容赦ください」は一見丁寧な言い回しですが、使い方を間違えると責任逃れに感じられたり、失礼に値することになってしまいます。 相手を困らせないよう先手で使うことが適切な使われ方ですが、場合によっては言ったままにせず、その後の対処も加えてあると良いですね。

次の