鹿屋ウェブクラス。 リナシティかのや(鹿屋市市民交流センター)健康スポーツプラザ|2020年度リナバトンスクール受講生募集

アイランドスポーツクラブキタガワ|鹿児島の本格的トランポリン

鹿屋ウェブクラス

単独逃げ切りで男子U23を制した徳田鍛造(鹿屋体育大学) 2位の西村大輝(シマノレーシングチーム)は天を仰いでゴール 2位には西村が入った。 下りで山本に追い付いた後、一度は山本に振り切られたが、上りで再度逆転した。 U23に上がったばかりの18歳は、単騎参戦ながらレースを大きく動かしたが、最後は鹿屋勢のチームプレーの前に屈し、優勝はならなかった。 3位の山本は2010年、2011年のU23チャンピオン。 後輩の徳田を祝福する ゴール後の徳田は、声にならない悲鳴を上げてチームメートと喜びを分かち合った。 「みんなの協力があってこその勝利。 最後は監督に勝っていいんだぞと言われ、僕が勝たなくてはいけないんだという気持ちで最後まで踏み切れた」と話す。 今シーズンは学生のレースへの参加を抑え、チームNIPPO・デローザの活動に石橋学と共に参加している。 ツール・ド・ランカウイではジュリアン・アレドンドの個人総合優勝のアシストを務める経験をしたほか、6月にもツール・ド・韓国に出場した。 NIPPOでの活動は確実に力になっていると認める一方で、「何よりもその活動や色々なことを許してくれているチームメートのおかげ」と周囲への感謝を見せた。 完走わずか11人のサバイバルレースを共に完走した徳田兄弟。 優勝の兄鍛造と、7位の弟優 「僕が一番強かったわけではなく、いろんな展開があっての勝利。 もう一回初心を忘れずに、謙虚な気持ちでしっかりやっていきたい」と話す。 学生としての最大の目標は、秋のインカレだ。 現在、日本大学が総合30連覇中で、鹿屋体育大学は近年肉薄しつつも日大の壁を破れていない。 「今日は僕が男になりましたけど、インカレでは黒川監督を男にできるように、精一杯頑張ろうと思います」と話した。 ゴール前、観客とハイタッチする徳田鍛造 スタートに並んだU23の選手。 前年の上位入賞者が前列に並ぶ 男子U23クラスのスタート 1周目を先頭で終えたのは山本隼(中央大学) 先頭を追う増子智大(日本大学)と安原大貴(マトリックスパワータグ) メーン集団は鹿屋体育大学が支配する 霧の中を走る男子U23のメーン集団 3周目の終わりにはメーン集団はかなり人数を減らした。 先頭は小牧祐也(マトリックスパワータグ) 単独先頭を走る吉田悠人(日本大学) 2番手集団の3人。 池部壮太(マトリックスパワータグ)、住吉宏太(日本大学)、徳田鍛造(鹿屋体育大学) 4周目を終えようとするメーン集団。 先頭は黒枝士揮(鹿屋体育大学) 霧の山上を行く男子U23メーン集団 5周目に先頭に立った池部、徳田の2人 2番手に下がった吉田 上り区間を行くメーン集団 メーン集団の先頭は鹿屋体育大学が押さえる 6周目の終わりのメーン集団は急激に人数を減らした。 先頭は西村大輝(シマノレーシングチーム) 7周目に単独先頭となった徳田鍛造(鹿屋体育大学) 2番手を走る池部壮太(マトリックスパワータグ) アタックして3番手を走る石橋学(鹿屋体育大学) メーン集団。 先頭は内野直也(EQA U23) 単独先頭で最終周回に入る徳田 2番手で最終周回に入る山本元喜(鹿屋体育大学) 3番手で追走する西村大輝(シマノレーシングチーム)は、蛇行しながらアタックして石橋学(鹿屋体育大学)を振り落とす 3番手で前を追う西村と、遅れた石橋 単独逃げ切りで男子U23を制した徳田鍛造(鹿屋体育大学) 2位の西村大輝(シマノレーシングチーム)は天を仰いでゴール 3位は山本元喜(鹿屋体育大学)、4位は広瀬樹(中央大学) 3位の山本は2010年、2011年のU23チャンピオン。 後輩の徳田を祝福する 完走わずか11人のサバイバルレースを共に完走した徳田兄弟。 優勝の兄鍛造と、7位の弟優 男子U23の表彰。 (左から)2位の西村、優勝の徳田、3位の山本 全日本選手権ロード2013 関連記事• この記事のタグ.

次の

鹿児島県立鹿屋高等学校

鹿屋ウェブクラス

3学期制である。 特に7コマ実施は2006年度からの普通科で実施されるまでは大隅半島の公立学校では唯一のケースであった。 課外が多く設けられている。 朝課外(7:20-8:05・4-12月)や夏季課外(1学期終了式-7月末・8月後半)、冬季課外(2学期終了式-12月28日)、三星道場(隔週土曜日8:30-12:25)などがあり、3年次にはさらに放課後補習(-17:35、12月は18:30まで)が設けられている。 特に夏季課外は教科によっては通常の授業と同様に進行するうえに、定期考査が実施される年もある(例:2005年度の2年数学)。 3学期に朝課外が実施されない理由として、鹿児島県では1月のの時間が7時半頃になり、防犯・交通安全上支障が出ることが挙げられる。 三星タイム()は1・2年次では地域地誌・国際理解に関することを学習。 2年後半・3年はに関する調べ学習が中心となる。 2003-2006年の4年間、で選択者は・を履修することが出来なく必修要件を満たしていなかった(世界史Aは全員履修するため、日本史B・地理B選択者はこの問題は発生していなかった。 また、理科では理科基礎を全員履修していなかった。 ) しかし上では当該科目も履修していることになっており、見かけ上では必修要件を全て満たしているとされていた(いわゆる裏の実施)。 このことが全国的な風潮と共に指摘されには生徒向けに、には保護者向けに説明会が催され、その後は補充授業を定期テスト終了後の空き時間や放課後補習の一部に挿入するなどの対策を施している。 詳細は「」を参照 詳しい授業内容• では1年次にを必修とし、2・3年次では文系が・(いずれもIのみ)から1科目選択、理系では化学を引き続き履修したうえで生物・から1科目選択する。 に関しては前述の通りであった。 は1年次に・を必修とする。 3年次にはのセンター試験対策を中心に実施する。 は2・3年次に・・のうち1科目選択する。 前述の問題により2007年度以降は若干変更されている。 現在は一年次に理科総合Aと理科総合Bを必修とし、2・3年次では文系が理科総合B(2年次のみ)が必修で地学・生物のいずれかを選択し、理系では化学が必修で、物理・生物からいずれかを選択するが、3年次に希望者には理科三科目型の選択をすることができる。 また、地歴公民は一年次に世界史Aと現代社会を必修とした。 教育目標• 憲法及び教育基本法の理念と精神に基づき、「三星魂」をもって、未来を生き抜くことができる 「三星健児」を育てる。 三星魂とは、校訓である「知・徳・体」を調和的に有する人としての心 未来を生き抜くためには、過去 歴史 に学び、現在 今 を知り、未来 将来 を考えることが必要 Graduation Policy• 鹿屋高校での三年間を通して、以下の9つの力を身につけることを目標とする。 1 基礎的な知識・技能・・・思考の根底を支える教養力 2 思考力・判断力・・・何が正しいかを考え、判断できる力 3 学びに向かう力・・・何事にも好奇心をもって学ぶ力 4 自己有用感・自尊心・・・自己有用感に裏付けられた自尊感情の育成 5 協働して作り上げる力・・・他者と協力して物事を成し遂げる力 6 他者を思いやる力・・・異なる考えや文化をもった他者を理解できる心 7 物事をやりきる力・・・最後まで諦めない不屈の精神力 8 心身の健康力・・・健康な心と体 9 主体的に行動する力・・・自分自身の考えに基づき、行動する力 【知・・・ 1 ・ 2 ・ 3 、徳・・・ 4 ・ 5 ・ 6 、体・・・ 7 ・ 8 ・ 9 】 経営方針 1 知・徳・体のバランスのとれた三星健児を育成するために、全職員が一丸となって教育活動を積極的に推進する。 2 全教職員が指導力の向上を目指し、自己研鑽に努めるとともに、全生徒の進路希望の実現を 果たすために全力を傾注する。 3 学校、家庭及び地域との連携・協力体制で学校を活性化する。 4 環境・人権・平和などについて理解を深めさせるとともに、豊かな人間性・社会性を醸成する。 考査について• 1・2学期は中間・期末考査、3学期は学年末考査を実施(3年次は2学期の期末考査が最終)。 また、4・9・10・2月には実力考査が実施される(2007年度1学期は4月・6月に実力考査の代わりに中間考査が未実施)。 このうちに大きく関わるのは中間・期末考査(実力考査は平常点の一部)であり、成績不振(平均点の半分以下)の場合は補習を受けることによってを免れることができる。 このこともあり、成績不振で留年することはまれである。 考査は基本的に教室で受験する。 受験は2006年10月以降基準が厳しくなっており、特別な理由がない限り不可能(体調不良での利用の場合試験時間が10分短縮される)。 また、大会などで公欠の場合は受験しなかった科目について一律に平均点が与えられる。 考査以外にもが年に10回ほど行われる。 クラス編成• 2019年時点で、7クラス あり1クラス35人前後である。 平成26年度(1年生は27年度)より、各学年(2・3年は文理それぞれ)に習熟度別のクラス(トップクラス)ができた。 2・3年次は1-4組が文系、5-7組が理系と分割される。 いずれも、1組、5組がトップクラスとなっている。 年度により理科『生物』『地学』『物理』選択者のみのクラスが編成されることがある。 メンタルヘルス• 校外にを設置しており、を受けられる。 保健室にはが2名配置されている。 保健室登校の場合、出席日数にはカウントされるものの授業は実際に出席しない限り欠課扱いとなる。 同校では(留年)の基準を「全日程のうち3分の2以上の出席」としているため、3分の1以上の欠課のある教科が2教科以上ある場合、保健室登校で無欠席でも留年となる。 3年生に関しては1月31日までが全日程とされており、センター試験後の二次試験対策期間中も通常の時間割の教科としてカウントされる。 なお、年度ごとの留年者は極少数。

次の

鹿屋航空基地とは

鹿屋ウェブクラス

同窓会サイト【活動報告】 鹿屋同窓会報告会(東京)(2014. 24開催) 東京で、鹿屋同窓会報告会を2014. 24に開催したという連絡を頂きました。 乾杯! 出席者は、後列左から、岡村君、下本地君、岩下君、郷原君、前列左から、小瀬さん、藤崎さん、堂平さんです。 (旧姓表示) なんか、鹿屋より鹿児島らしい場所で盛り上がっていますね! 全国の各地で開催されたプチ同窓会も、情報提供ください。 (ただし、当該参加者の了解後) 第二回同窓会(鹿屋)(2014. 26開催)) ついに、第二回同窓会を開催できました!みなさん、ありがとうございました! 恩師は、徳留先生、飯ケ谷先生に、御参加をいただきました。 先生、ありがとうございました! また、残念ながら、ご欠席の先生には、同窓会の写真をデジタルフォトフレームと一緒にお贈りいたしました。 なお、翌日は、鹿屋自衛隊にて、「エアーメモリアル2014」が開催され、10年ぶりとなる「ブルーインパルス」飛行展示もありました! 一応、幹事会で日程を決める時に、「ひょっとしたら、4月27日開催かもしれないから、その前日にしよう!」という案で進めた経緯がありました。 当日に見えなかった方は、前日の練習飛行を見ている方も多かったので、珍しいという点においては、同窓会と翌日は、それぞれ特別な一日になりました。 なお、次回の還暦同窓会の代表幹事には、厳正なる投票の結果、永友君に決定し、快諾を頂きました。 今度は、永友君を中心に、還暦同窓会にむけて、みんなで盛り上げていければと考えています。 私たち、今回の幹事へのご協力と同様、引き続き、次回幹事へのご協力をよろしくお願い申し上げます。 平成26年4月30日 代表幹事 福留 勝志 プチ同窓会(横浜)(2013. 31開催)) 横浜で、プチ同窓会を2013. 31に開催したという報告が届きました。 出席者は、前列右から、岡村君、佐藤(旧姓小瀬)さん、米山(旧姓追立)さん、郷原君、橋本(旧姓堂平)さん、酒井君、以上、計6名でした。 全国の各地で開催されたプチ同窓会も、情報提供ください。 (ただし、当該参加者の了解後) クラス別出席予定者(2013. 26現在) 2013. 26現在、3年次のクラス別出席予定者数は、次の通りです。 他のクラスも、ご近所お誘い合わせのうえ、ご参加下さい! クラス別出席予定者 1組 9名 6組 9名 2組 11名 7組 7名 3組 16名 8組 12名 4組 9名 0組 2名 5組 10名 計 85名 返事待ち・住所不明の対象者 ・2013. 30現在、195名の方の返事をお待ちしています。 (住所不明者も含む) ただし、郵送済みの方でも、実家送付の場合、本人のお手元に 届いていないことも有り得ます。 連絡先をご存じの方は確認して下さい。 なお、出席予定:85名、お仕事・遠距離のための欠席予定:17名です。 16開催) ホームページで公開案内させていただいた鹿屋でのプチ同窓会を開催しました。 出席者(敬称略)は、前列左から、有島、上村、田平、福留(勝)、吉元(知)、永友、 後列左から、佐藤(旧姓小瀬)、福永(旧姓高畑)、浅井(逸)、北迫、前之原、本田、 以上、計12名でした。 全国の各地で開催されたプチ同窓会も、情報提供ください。 (ただし、当該参加者の了解後) クラス別出席予定者(2013. 28現在) 活動報告です。 2013. 28現在、3年次のクラス別出席予定者数は、次の通りです。 各クラスで、ご近所お誘い合わせのうえ、ご参加下さい! クラス別出席予定者 1組 8 6組 7 2組 11 7組 7 3組 11 8組 10 4組 9 0組 2 5組 5 計 70 返事待ち・住所不明の対象者(2013. 27現在) ・2013. 27現在、222名の方の返事をお待ちしています。 (住所不明者も含む) 出席予定:70名、お仕事・遠距離のための欠席予定:17名です。 なお、物故者の方は11名です。 ご冥福を心からお祈り申し上げます。 活動開始(2013. 26現在) ・2013. 26現在、前回抽選で選ばれた代表幹事が幹事有志を集めているところです。

次の