ヒドイデ 育成。 ドヒドイデ/対戦

ドヒドイデ/対戦

ヒドイデ 育成

サン・ムーンでは、野生のポケモンが「助けを呼ぶ」で別のポケモンを呼び出すこと... ドヒドイデおすすめ育成 特性 「 」・・・相手がどく、もうどく状態のとき、自分の攻撃が必ず急所に当たる。 「 」・・・ほかのポケモンと交代すると、HPが最大HPの3分の1回復する。 じゅうなんは除外。 ある程度攻撃を意識するひとでなしか、耐久して毒で倒すことを狙うさいせいりょくかはお好みで。 さいせいりょくは夢特性ですので、仲間を呼ぶ連鎖で探しましょう。 性格 攻撃型、耐久型いずれも、使いたい技が特殊に多いため、攻撃を下げる性格にします。 攻撃型 「れいせい」(特攻UP、攻撃DOWN) 耐久型 「ずぶとい」(防御UP、攻撃DOWN) 「おだやか」(特防UP、攻撃DOWN) 努力値・個体値 HPは全振り。 攻撃型なら特攻に、耐久型なら防御、あるいは特防に振っていきましょう。 個体値はHP、防御、特防、特攻重視。 技 :相手をもうどくにし、じわじわ体力を奪う。 どの型においても重要なダメージソースに。 :特殊どく攻撃。 相手がどく状態なら威力2倍で130に。 :相手の攻撃を防ぎ、そのターンの相手の攻撃が直接攻撃なら相手をどく状態にする。 まもる同様、連続では失敗しやすい。 :ガブリアス等4倍弱点。 攻撃型で入れたい技のひとつ。 :最大HPの2分の1のHPを回復。 :自分の防御、特防を1段階上げる。 Z技化ならHP100%回復効果を追加。 どの型であっても、主要なダメージソースは結局どくです。 どうやってそこまで持っていくかがドヒドイデの戦い方になります。 アイテム :どくタイプの技の威力が1. 2倍になる。 :どくタイプのポケモンに持たせると、毎ターン最大HPの16分の1のHPを回復する。 それ以外のポケモンは、最大HPの8分の1のダメージを受ける。 Zクリスタル:Z技を使うことができる。 火力を追求したいならどくバリですが、くろいヘドロで安定感を得るのもよいでしょう。 Zクリスタルは、技にたくわえるを採用するなら。 関連ポケモン.

次の

【剣盾】ドヒドイデの育成論!実際に使った受けの強さと対策を考えました

ヒドイデ 育成

ドヒドイデの歴史 第七世代 能力判明当初はHPの低さからそれほどの耐久を持たないのではないかと言われていたが、実際はくろいきりのおかげで突破困難な壁として活躍。 ただ、後出しした次のターンにの1回込みのを受けると非常に脆い。 いのちのたまを持たせたおくびょうの込みのサイコキネシスは特殊耐久完全特化型ドヒドイデが確定1発なので、そうした無理対面は切って持ちを厚く見られるように性格をにした物理耐久完全特化型が中心。 PGLの統計データに基づけばシングルバトルでのテンプレ技構築は、、、と言える。 トーチカと特性ひとでなしはレート戦SMリーグ初期のシーズン(特に隠れ特性持ちをまだ用意できていなかったプレイヤーの多いシーズン1など)こそそれなりに採用されたが、レート戦レベルで役に立つ攻撃手段が元々少ないこと、通常のにしてしまう性質上を自ら腐らせてしまうことなどから徐々に採用率を下げた。 ドヒドイデの場合は真剣勝負レベルになると主流技構成以外ではほとんど通用せず、精々どくどくの枠をトーチカかどくびしに替えるのが関の山。 USUMリーグシーズン11あたりからを始めとしたが持ち物の3番手になり、如何にドヒドイデと言えどもに安心して回復を任せられる環境ではなくなったとも取れる。 レート上位に度々顔を見せ、特にくろいきりで積み技をリセットする動きが強力なため、ドヒドイデに上からくろいきりを打たれないように素早さにを無振りのドヒドイデを抜けるようにを調整するプレイヤーもいる。 JCS2017(アローラダブル)オンライン予選ジュニアカテゴリ28位の使用率を記録。 全国シングルでは準環境レベルだが、限定戦では一線級。 2017年1月に開催されたアローラシングルのインターネット大会『アローラフレンドリー』ではジュニアカテゴリで14位の、マスターカテゴリで19位の使用率を記録。 メガシンカ・準伝説無しのUSUMリーグスペシャルバトルシーズン12では使用率11位を記録。 2018年10月下旬に開催されたインターネット大会『トリックホリック』では、ハロウィンにちなんだ各国で怖いイメージのあるポケモン限定というフォーマットであった中、やといった強力な物理アタッカーのストッパーとして活躍し、使用率4位を記録。 この大会では一部のやといったポケモンをはじめ、マーシャドーやや等の幻のポケモンも出場可能なルールであった為、使用率4位に食い込んだ事は快挙であると同時に、ドヒドイデが如何に凄いかを知らしめる結果となった。 第八世代 、といった無理対面となるポケモンの不在により受けとしての地位が相対的に上がった。 一方、といったの相方を失っている。 この世代のドヒドイデは環境で使われるのサブウエポンに耐性が付いていることが多い。 また、シングルバトル環境でどく枠がほとんどドヒドイデのみとなっているため、をどくポケモンに踏み消されにくいという意味で、どくびし使いとしては環境的に強化された。 ダウンロードコンテンツ解禁前の環境では統計データにおいて使用率20位台が定位置となっていた。 ランクバトル上位ではドヒドイデの対策として型で突破するケースも増え、に弱いという点に関してはとそう変わらない状況。 と合わせて状態のを受け切ることができる。 はに耐性を持っており、ドヒドイデはとに耐性を持っているためである。 そのようなことからトゲキッスを受け切るための特殊耐久特化型も珍しくなくなった。 因みにおくびょうトゲキッスの()とダメージはとにを各252振りしたおだやかドヒドイデに最高乱数で合計29. 勿論相方のポケモンのHPが尽きないことも重要。 ランクバトルシリーズ2で時間切れ判定戦術、いわゆる「TOD」が仕様上可能になってからはその「TOD」の申し子として開花。 一方、第七世代と変わらない耐久合戦になることもある事からこの仕様変更には批判もある。 また、ゴチルゼルが完全な不利対面として立ちはだかった。 というのも、はで低火力である自身をキャッチして起点にし、でこちらの回復を封じ、で回復し、を抜群で入れるためである。 シリーズ3シーズン4最終124位構築には、、、を覚えた型がエントリーされていた。 シリーズ3シーズン5最終21位構築には、対策のを覚えた型がエントリーされていた。 シリーズ4シーズン7でが解禁されると、やがない型を受け切れるポケモンとして注目された。 『』配信に伴い相方のが解禁された。 一般的な育成論 までではないものの、非常に高い・を持つが、その他のステータスは非常に低い。 ステータスやダメージ半減タイプの多さから耐久型としての活躍が期待できるが、はかなり低いので過信は禁物である。 ひとでなし型をあえて使う場合、素の特攻が非常に低いためを持たせるのが吉。 その上で控えのとによってサポートしてから場に放つとよいだろう。 は状態にならなくなるが、元々のが低いため重要性は低い。 一方、隠し特性はであり、交代するだけでを回復できるため、耐久型のこのポケモンと相性が良い特性と言える。 攻撃面に関しては低いステータスであるが、よりはの方が高めなので、相手からのを意識して物理アタッカーにするのも手。 ただしあくまで意表を突くためのものであり、倒すポケモンについてもピンポイントであることに注意したい。 物理技の候補としては、、、等が挙げられる。 変化技の候補としては、、、、、、等が挙げられる。 持ち物はやが候補となる。 1度だけHP全回復を狙えるZくろいきり、Zたくわえるを使用する場合はそれぞれ、が必須となる。 はHPと防御に各252振りが基本だが、の効率が最大となる3nに調整するためにの努力値を244まで削った型も存在する。 得手不得手がはっきりとしたポケモンであり、にしてを連打して勝利できる相手もいれば、毒無効のタイプのポケモンにはどくタイプの技が腐り、攻めにくくなる点には注意が必要である。

次の

【USUM】物理受けドヒドイデの育成論!相手の積みを許さない高耐久【ポケモンウルトラサンムーン】

ヒドイデ 育成

ページ:• 投稿者:フルート• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:半熟卵• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:GOLDEN DARKNESS• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:小野芋子• コメント 24 みんなの評価 :• 投稿者:じんえふ• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:くえん• コメント 21 みんなの評価 :• 投稿者:「 」• コメント 27 みんなの評価 :• 投稿者:ガード• コメント 26 みんなの評価 :.

次の