ライン ポイント クラブ。 「LINEポイントクラブ」が5月開始、ランクに応じて毎月クーポン配布など

メトポ-メトロに乗って、ポイントを貯めよう。Metro Point Club

ライン ポイント クラブ

LINEは新メンバーシッププログラム「LINEポイントクラブ」を5月1日に開始する。 同プログラムは、LINEポイントの価値を高めて、LINE Payを含めた同社関連サービス全体に影響する仕組みとなる。 撮影:小林優多郎 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化し、日本のキャッシュレス決済市場も一時休戦……ということはまったくない。 各社間では今日もさまざまな形で競争が続いている。 そんななか、スマホ決済「LINE Pay」を運営するLINEは、5月1日から新たなメンバーシッププログラム「 LINEポイントクラブ」を開始する。 LINEは今までLINE Pay向けに「マイカラー」というポイント還元制度を実施していたが、4月末をもって終了する。 LINE Payユーザーは新設されるLINEポイントクラブに自動的に移行する。 同時期、4月23日から一般向けの申込受付が始まった「」も登場。 5月以降のLINE Payの還元制度まわりはやや混沌としたものに見える。 ここで一度、新プログラムの詳細をVisa LINE Payカードとともに整理してみよう。 また、旧プログラムのマイカラーに比べて、どのような人がおトクになるのかも解説したい。 新プログラムは判定基準と還元対象決済に注意 4月30日までの旧プログラム「マイカラー」の詳細。 出典:LINE まずは、LINE Pay利用時の還元の仕組みをおさらいしよう。 コード決済• オンライン決済• 請求書払い• Google Pay(QUICPay+)• LINE Payカード(JCBプリペイド)• LINE Payデビット支払い• LINE Payクレジットカード決済(一部加盟店のみ対応) マイカラーでは、前月分の累計決済額によって判定される4段階の「カラー」が付与され、それに応じて当月の還元率が0. 5、0. 8、1、2%で変動していた。 新プログラム「LINEポイントクラブ」のマイランク制度の詳細。 出典:LINE 一方、5月1日から始まるLINEポイントクラブも利用状況によって還元率が変動する仕組みではあるが、判定基準は「 6カ月間のLINEポイント獲得数」となる。 出前サービスの「LINEデリマ」や、購買時のポイント獲得サービス「LINEショッピング」「SHOPPING GO」、各種キャンペーンなどで付与されるすべてのLINEポイントが対象となる。 判定基準と4段階の「マイランク」については上記の画像のとおり。 高いランクになるにつれ、その月に使える「特典クーポン」の数とLINE Pay利用時の還元率は高くなる。 ただし、やっかいなことがある。 新プログラムで言うところの 「LINE Pay利用時の還元」は、前述したVisa LINE Payカードを紐づけた「チャージ&ペイ」利用時だけが対象となる。 現在、事前に登録したユーザーから順次受付している「Visa LINE Payカード」。 撮影:小林優多郎 Visa LINE Payカードは、LINEとVisa、三井住友カードが協力して生まれた初年度3%還元を誇るクレジットカードだ。 が、年会費は初年度無料(翌年以降も年1回以上の決済で無料)で、クレジットカード本体ではVisaのタッチ決済、スマートフォンに登録すればApple PayやGoogle Pay(いずれもiD)で利用できるといった特徴がある。 決済方法が多様化し、何でどう払ったときにどのぐらいのポイントが還元されるのか、見えにくくなったという人も出てきそうだ。 支払い方法によって還元率と制度が大きく違う LINE Payの各種支払い方法と還元率をまとめてみた。 作成:Business Insider Japan 整理すると上記画像のような還元となる(税金の支払いなど一部の決済は除く)。 重要なポイントとしては、5月1日以降、LINE Pay残高(プリペイド式)の決済方法では、LINEポイントの還元が受けられなくなる点があげられる。 一方で、Visa LINE Payカードの利用やチャージ&ペイを設定したLINE Payの各種決済では、カードショッピングで3%還元もしくはLINEポイントクラブ特典における1〜3%還元が受けられるようになり、LINEのヘビーユーザーほどおトクな体験ができると言える。 「カードなし」でもクーポンでおトク LINEポイントクラブにはもう1つの特典「特典クーポン」がある。 出典:LINE では、Visa LINE PayカードがなければLINE Payはおトクではないのかと言われれば、一概にそうとは言い切れない。 その鍵はLINEポイントクラブのもう1つの特典である「特典クーポン」だ。 特典クーポンはLINE Pay加盟店で使える割引クーポンで、「ローソンで100円オフ」「ビックカメラで5%オフ」など、4月20日時点で74種類のクーポンが公表されている。 ユーザーはマイランクに応じて、月間1、3、6、10枚のクーポンを利用できる。 具体例を挙げると、ローソンで500円の商品を買うとき、4月末まではマイカラーに応じて2〜10ポイント(1ポイント=1円)の還元しか受けられないが、クーポン利用時には100円分が即時割引となる。 それぞれのクーポンは月1回しか使えないという制限はあるが、単純に還元額だけで考えれば、従来と同程度でおトクという場合もありそうだ。 むろん、配布されているクーポンの加盟店が生活圏にあるかどうかが要にはなるため、そのあたりはクーポンの詳細を確認する必要がある。 6100円以上の残高の余裕があるなら出金も検討 LINE Pay残高を銀行口座に戻すなら「銀行振込サービス」を使った方がおトクだ。 出典:LINE ヘビーユーザーであれば、Visa LINE Payカードを使うのが最も効率の良い方法と言える。 ただし、友だちへの送金には「チャージ&ペイ」が利用できない点は、注意しておきたい。 Visa LINE Payカードを使う場合、従来のLINE Pay残高は銀行口座に出金可能なので、友だちへ送る分などを残し、あとは銀行口座に戻してVisa LINE Payカードの支払いに充てる方が効率的。 その際、気にしておきたいのは出金手数料だ。 銀行口座に戻した分はすべてVisa LINE Payカードの支払いに充てて、最大の3%ポイント還元を受けると仮定すると、(177円以上の還元を受けて手数料を相殺できる)6100円以上のLINE Pay残高があるなら、銀行口座に振り込んでしまったほうがおトクだ。 今後、ポイント還元制度の理解が一層重要に PayPayも還元率が変動する「PayPay STEP」を4月1日から導入している。 撮影:小林優多郎 まとめて考えると、LINE PayはVisa LINE Payカードも含めて多彩な決済方法に対応している一方で、その仕組みなどが複雑化してしまっている。 ただ、「シンプルにおトク」とは言えないが、「さまざまな使い方の人がおトクになる(場合がある)」とも言える。 例えば、ライバルのPayPayも、4月1日から利用回数や決済金額に応じて0. 5〜1. 5%の還元率にするなど、通常時の還元を絞り込み、キャンペーンへの投資額を増やすなどの方針をとっている。 また、経済産業省主催の「キャッシュレス・ポイント還元事業」は6月末で終了となる。 今後どの決済手段を使うにしても、おトクさを重視するのであれば、各サービスや還元制度への理解が必要になる。

次の

【楽天PointClub】:ポイントが便利に交換できる

ライン ポイント クラブ

なお、それに伴い「LINE Pay」のインセンティブプログラム「マイカラー」は、5月1日以降「LINEポイントクラブ」に移行し統合となります。 昨年末より、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を含め「LINE」の各種サービスの共通ポイントとして統合する動きを開始し *、今まで以上に分かりやすく・貯めやすく・使いやすいポイントサービスにすることで、「LINE」のスーパーアプリ化を強化しております。 *プレスリリース:LINE PayとLINEポイントの連携強化について このたび、「LINEポイント」による「LINE」全体のエコシステム強化と、それに伴うユーザーメリットの最大化をめざし、「LINEポイント」を主軸としたメンバーシッププログラム「LINEポイントクラブ」を新設いたします。 「LINEポイントクラブ」の新設により、ユーザーは「LINE」の各種サービスを利用して「LINEポイント」を貯めやすくなり、これまでのように「LINEスタンプ」の購入や「LINEモバイル」の支払い、金融系サービスにおける入金など、これまでよりも幅広く利用することができるようになります。 今後は、「LINE」の各種サービスにおける商品交換などの連携も進めていくほか、「LINEポイント」の獲得先および利用先のさらなる拡大にも取り組んでまいります。 *1 「LINE Pay」のコード支払い、オンライン支払いでのご利用でお得になるクーポンです。 *2 「チャージ&ペイ」機能は、2020年5月1日(金)より提供開始となります。 同機能を利用してお支払いいただいた金額は「Visa LINE Payクレジットカード」の請求に含まれ後払いとなります。 このたび、3月分のご利用実績が4月のお支払い時の還元率に反映されるのを最後に本プログラムは終了し、4月以降のご利用実績は「LINEポイントクラブ」に統合されます。 なお、「チャージ&ペイ」の開始後も、チャージ残高(プリペイド)など既存のお支払い方法は引き続きご利用可能です。 この場合の還元については「LINEポイントクラブ」に含まれず、「LINE Pay」として別途お知らせいたします。 *3 Visaのタッチ決済は、日本を含む世界約200の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法です。 ご利用者ご本人が、レジにあるリーダーにカードをタッチするだけで、サインも暗証番号の入力も不要で、スピーディー かつ安全にお支払いが完了します。 (一定金額を超えるお支払いは、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります。 プレスリリース: 公式WEBサイト: LINEは、コーポレートミッションである「CLOSING THE DISTANCE」のもと、あらゆるものと人がシームレスにつながり、ユーザー同士もまたいつでもどこでも、最適な距離で繋がっていく世界の実現を目指していきます。

次の

【LINE・LINE Pay】5/1開始の「LINEポイントクラブ」詳細についてのお知らせ

ライン ポイント クラブ

どんどん使える場所が増えているLINE Payですが、 現在のポイント還元プログラムは2020年5月1日の9:59までで終了し、同日10:00より新しいポイントサービスが開始されます。 その名も「LINEポイントクラブ」! 現時点(2020年4月6日)では、まだ公表されていない情報もあるのですが、これまでのポイント還元制度とは異なる点がいくつもあるようです。 これまで以上にポイント還元の恩恵を受けられる人もいる一方で、人によっては改悪になるかもしれません。 私の場合、最近は他のキャッシュレス決済で買い物をすることが多かったのですが、新プログラムの開始後はまたLINE Payを使おうかなと考えています。 あくまでも私にとってですが、今回の変更はそのくらいインパクトがあるものでした。 「LINE Pay使ってるよ〜」という方も、「最近はキャンペーンが少なくてあんまり…」という方も、どのようにポイント還元の仕組みが変わるのかを把握しておきましょう! 今回は、旧ポイント還元プログラムの「LINE Payマイカラー」の内容をおさらいしながら、新しく始まる「LINEポイントクラブ」の内容、2つの違いについて確認していきたいと思います。 LINE Payマイカラープログラムは5月1日で終了 最初にLINE Payのポイント還元プログラムの変更日程を確認していきましょう。 これまでのポイント還元プログラムである「LINE Payマイカラープログラム」(通称:マイカラー)は、2020年5月1日の9:59で終了となります。 ポイント還元プログラム ポイント還元プログラムの変更スケジュール マイカラー 2020年5月1日 9:59まで LINEポイントクラブ 2020年5月1日 10:00から 少しだけややこしいですが、5月1日でも9:59まではマイカラーをもとにポイント還元が行われるのです。 お店によっては、取り引きが確定し売上データが反映されるまでに時間がかかることもあり、その場合には、マイカラーの対象にはならない可能性もあるので注意してください。 そして、5月1日の10:00からは新ポイント還元プログラム「LINEポイントクラブ」が開始されるというスケジュールになっています。 従来のLINEマイカラープログラムの内容をおさらい これまでのポイント還元プログラムのマイカラーは前月の決済金額に応じてランク(バッジカラー)が決まり、そのランクによって 決済金額の0. 5%〜2. 0%のLINEポイントが付与されるという仕組みでした。 LINE Payのサービス開始当初は、私もできるだけ良い色のバッジを取得しようと頑張っていた記憶があります。 (笑) ただ、最近はLINE Payで買い物をする機会がかなり減ってしまったので、直近のバッジカラーはこんな感じ。 「最近、LINE Pay使っていないな」とは感じていたのですが、まさか、半年も利用していないとは… より高いランクを維持しようと思うと、毎月それなりの金額をLINE Payで決済しなければいけないため、ハードルは高めだと思います。 マイカラーの判定基準 マイカラーの特典は変更されることもありますが、2020年4月のマイカラー特典とランクの判定基準は次の通りです。 バッジカラー ランクの判定条件 翌月のポイント還元 グリーン 100,000円以上 2%ポイント還元 ブルー 50,000円以上 1%ポイント還元 レッド 10,000円以上 0. 8%ポイント還元 ホワイト 0円以上 0. 5%ポイント還元 ランクは前の月に行ったLINE Payでの決済を基準に判定されます。 (対象外の支払いもあります。 ) 最高ランクのグリーンを獲得するには、1ヶ月あたり100,000円以上のLINE Payでの支払いが必要です。 グリーンなら翌月2%ポイント還元なので魅力的ですが、スマホ決済で100,000円以上はかなり大きな買い物をしないと難しそうですね。 LINE Payを利用できる場所は増えたといっても、まだまだクレジットカードと比較すると使えない場所もたくさんあります。 LINEスコアとの連携によるメリットも また、LINEスコアを活用している方は、その診断結果によっては、 LINE Payの支払い額に関係なく良い色のバッジを獲得できます。 LINEスコアは信用力を診断して、その結果に応じたインセンティブなどを受けられるスコアリングサービスの1種です。 マイカラー LINEスコアによる診断結果 グリーン 726 〜 1,000 ブルー 626 〜 725 ただし、2020年4月1日のマイカラー判定が最終だったため、LINEポイントクラブでもインセンティブがあるかは今後の最新情報を確認するようにしてください。 LINE Payの新プログラム!LINEポイントクラブとは? 少し前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。 新しく始まるLINEポイントクラブのサービス内容を確認していきましょう。 より LINEポイントクラブでは、 過去6ヶ月に獲得したLINEポイントの合計でランク判定が行われるようになります。 ランクは、上からプラチナ、ゴールド、シルバー、レギュラーの4つで、高いランクの方がよりたくさんのインセンティブを受けられるようになっています。 (毎月1日の10:00に新しいランクへと更新されます。 ) ただし、プラチナランクに関しては、Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payアカウントに連携することが必須条件になるとのこと。 Visa LINE Payクレジットカードは2020年4月下旬から申込受付が開始される予定の新しいクレジットカードです。 この後で説明していきますが、このクレジットカードを保有しているかどうかでLINEポイントクラブをどこまで活用できるかが変わってくるでしょう。 特定のクレジットカードを持っていないと最高ランクになれないというのは、楽天の会員ランクでも同様です。 楽天の最高ランクである「ダイヤモンドランク」になるためには、「過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有」というのが条件になっています。 LINEポイントクラブのポイント特典 新しいポイント還元プログラムでは、ランクに関係なく一律1%+ランクに応じて0. 5%〜2. 0%となります。 つまり、ポイント還元率はランクによって1%〜3%の間で決まるということです。 ランク 基本ポイント インセンティブ ポイント還元率 プラチナ 1% 2% 3% ゴールド 1% 1% 2% シルバー 1% 0. 5% 1. おそらく、多くの人が同じように思ったでしょうが、これはLINEアカウントと連携したVisa LINE Payクレジットカードを利用したコード支払いです。 これまでは、LINE Payのコード支払いでクレジットカードを利用することはできなかったのですが、今後はVisa LINE Payクレジットカードであれば事前にチャージしなくても決済できるようになります。 特典クーポンの獲得枚数• プラチナ・・・10枚• ゴールド・・・6枚• シルバー・・・3枚• レギュラー・・・1枚 このクーポンは、LINE Payの加盟店で利用することができます。 事前にLINEの「ウォレット」>「ポイントクラブ」からクーポンをスマホにダウンロードして使ってください。 LINE PayマイカラープログラムとLINEポイントクラブの違いは? LINE PayのマイカラープログラムとLINEポイントクラブの内容について見てきたところで、何が・どう変わるのかを比較していきましょう。 ランク判定の期間が前月1ヶ月から過去半年まで拡大 変更点の1つ目がランクの判定期間です。 マイカラーでは、前月の利用実績に応じて当月のランクが決定されていましたが、今後は過去半年で獲得したLINEポイントの合計でランクが判定されるようになります。 これまでのように毎月頑張ってLINE Pay決済をする必要はなくなり、判定期間に余裕ができるのは嬉しいですね。 また、細かいポイントですがランクの色も変わり、マイカラーのグリーン、ブルー、レッド、ホワイトの4色から、LINEポイントクラブではプラチナ、ゴールド、シルバー、レギュラーの4つになります。 ランク自体も直観的に分かりやすくなりますし、最高ランクのプラチナになる条件である「過去6ヶ月でのLINEポイント獲得数が5,000以上」というのも以前よりは現実的な判定基準でしょう。 獲得ポイント数500以上のゴールドからプラチナへランクアップするときのハードルは少し高いですが、 ランクアップによってポイント還元率が上昇するためキープはしやすいのではないかと思います。 ポイント還元率の下限・上限がともにアップ マイカラープログラムでは最低0. 5%〜のポイント還元だったので、たまにしかLINE Payを利用しないホワイトランクのユーザーにとっては、大きなメリットがありませんでした。 私がLINE Payを利用する頻度が減った理由もこれです。 キャンペーンなどが適用されない場合、毎月50,000円以上の利用実績がないとポイント還元率は1%を下回ってしまいます。 これならクレジットカードなどで決済した方がお得と思ってLINE Pay離れしていたのですが、 新しく始まるLINEポイントクラブであれば最低でも1%の還元率になります。 ちょっと自分の中でシミュレーションしてみたのですが、LINE Payに加盟しているコンビニなどで月10,000円くらい利用すれば、 還元率2%のゴールドランクまでは無理なく上がれそうかなと思います。 さらに、最高ランクになったときのポイント還元率も、マイカラーの2%から新プログラムでの3%まで1%上昇している点もへービーユーザーにとっては重要でしょう。 その他の決済方法(LINE Pay残高でのコード支払いなど)については別途通知するということでしたが、Visa LINE Payクレジットカードを保有しているかどうかでインセンティブに差が付けられるということは覚悟しておいた方が良いかもしれません。 楽天ペイは楽天カード、PayPayはYahoo! JAPANカード、d払いはdカードといったようにそれぞれのスマホ決済で相性の良いクレジットカードは存在しますが、そのカードを持っていなくても「お得感はあるか」、「利便性は損なわれないか」も重要になりますね。 【まとめ】LINEポイントクラブが5月1日より開始!Visa LINE Payクレジットカードがポイント 2020年5月1日の10:00から開始されるLINEポイントクラブの内容について見てきましたが、様々な変更点がありましたね。 LINE Payに限ったことではありませんが、スマホ決済において、以前のような大型のポイント還元キャンペーンは減ってきています。 徐々に新規顧客を話題性のあるキャンペーンで取り込むというフェーズから、継続して利用してもらい、グループ内サービスでユーザーを囲い込むフェーズへと移っているような印象です。 LINEがVisa LINE Payクレジットカードを発行するのも、継続してLINE Payを利用してもらうための戦略の1つだといえます。 従来のLINE Pay残高を利用したコード支払いだとどのようなポイント還元になるのかは気になるところですが、 クレジットカードを持てる年齢の方にとっては旧プログラムのマイカラーよりもメリットは大きいでしょう。 このサイトではLINEポイントクラブやVisa LINE Payクレジットカードの最新情報も紹介していこうと思っています。 また、最新情報をいち早くチェックしたい方は、LINEアプリでLINE Payアカウントと友だちになるのもおすすめです! マニプラでは、お得なキャッシュレスサービス情報の他にも、民間公的問わずについて解説しています。 もしもの時に備えて、賢くお金を借りたい方は知識をつけておくことをおすすめします。

次の