葛葉 サーニャ イラスト。 葛葉(にじさんじゲーマーズ) (くずは)とは【ピクシブ百科事典】

Twoucan

葛葉 サーニャ イラスト

綾村切人さんのファミ通コミッククリア連載漫画、が同時発売となり、以下のサイトにレビュー記事が掲載されている。 同作品は第6巻で完結となる。 アトラスのゲーム「デビルサマナー」シリーズをモチーフにした作品で、原作をベースにオリジナルストーリーが展開している。 各サイトでかなり好評だ。 第5、6巻ではラストへ向けての最終決戦が繰り広げられる。 ・ ・ エンターブレインによる内容紹介は以下の通り。 現在ファミ通コミッククリアでは第1話が読める。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 蠱毒の連鎖、帝都を喰らう。 WEBコミック『ファミ通コミッククリア』にて大好評を博したコミカライズ作品、完結! 5・6巻同時発売!! 帝都の生きとし生ける者すべてを巻き込んだ、秘密結社コドクノマレビトの召喚術。 さらば、コドクノマレビト。 悪魔召喚師探偵奇譚新章、終幕。 WEBコミック『ファミ通コミッククリア』にて大好評を博したコミカライズ作品、完結! 5・6巻同時発売! 命を、大地を、すべてを喰らう"コドクノマレビト"。 十四代目葛葉ライドウを包む光に、いざ刮目せよ。

次の

Twoucan

葛葉 サーニャ イラスト

ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン( Edine inen)は、「」の登場人物である。 通称は「 ニパ」。.。 プロフィール• 姓名:ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン• 生年日:19年• 出身:• 階級:曹長• 原隊:軍飛行第24第3中隊• 所属:連合軍 <>• :()• 使用:• 固有:自己回復• 撃墜数. 5を誇るながら、たびたび機体を損傷するに巻き込まれ、重傷、すら経験しながらも生き延び寿を全うした、途方もい悪運の持ち。 容姿・人柄・能力 首までの短めので、飛行24での戦友 ナ・ッタ・ド()とおいののセーターを着用、共通のの入れを付けている。 が同じこともあってとは姿も似ており、実際にがニパに間違えられたこともあるという(その際はが最後までニパを演じ続けた)。 く 「いほうがニパ」。 背が高いのは二歳年上のの方なので、何が大きいかはご想像にお任せする。 は「」。 そのな容姿から想像がうにっ直ぐで前向きな性格をしており、 などにはそこをついた悪戯を仕掛けられたり、からかわれたりすることも多い。 どこかめいたところがあり、自分に関わる人情の機微にはいまいち疎いが、他人の関係のことにはよく気がうだ。 からもわかるようにとにかくで、養成校時代以来故障、、火災、全損といったを数に経験している。 それでも事なのはその回復のおかげである。 ただし、ゆえが重な戦時中の軍ではによる損失はにならず、時にガーの罰掃除をやらされる憂きにもあっている。 ただし、それらのを乗り越えてなお然とを続けられているのはただの悪運や固有のお陰ではなく、その努と才がもたらした防御の賜物。 のや継戦などはピチと評されている。 戦歴 出身はのキ。 養成校を後、 ニ・ア・ッカネンの揮する軍飛行24に配属される。 や、 ラウラ・ニッシネンとはこの時期からの友人で、共に第大戦序盤の侵攻を迎え撃ち、紆余曲折(と数の)の末にとなった。 その後、での反攻であるバロッサの中止の結果結成されたオシャ・ペブルグの <>にされ、 ()たちと巡り合う。 以後、ペブルグを拠点にしてオシャ方面で活躍。 ぶりも健在である。 交友関係 飛行24以来の戦友である、と特段仲がよく、おいのセーターはから貰ったもの。 とも互いに「ニパ」「イッル」と呼び合う仲で、 「ニパはの前になるとなんか下がる」とは()の言である。 またの( )とも親交があり、との仲はアウロラ認(ニパは「アウロラねーちゃん」呼びしている)。 「今ニパ笑ったやつ表出ろ」との事である。 出撃する度するニパを一本で回収に赴いているのもアウロラだとかそうでないとか。 としては、いつも出撃のたびにって帰ってくるニパが心配でたまらないのだが、立場上ついいつも 「ニパさんはそこに!」と厳しく叱ることとなってしまい思い悩んでいる様子。 の間では、とのが 「ニパイラ」の同郷組み合わせとして親しまれている。 その他、『』後はとの 「ニパーシャ」の絡みも多く、 者がで不定期にしてくることもあって 「本当はニパにもっと屈託なく接してほしいのに立場柄つい厳しくしてしまう」と 「とは仲良くするのにの想いに一切気が付かないド唐変木ニパ」のが成立しつつあるとかないとか。 登場 初出は『』でのいきなりの。 その後氏上「の」でもとともにが開された。 媒体での初登場は『とつながる』・編。 以後「」で度々言及され、登場が待ち望まれていたが『』開でついに化。 とともに「」出演も果たした。 さらにはしんによる『』前半でのごとき活躍をり、ただの「ツイてない」ニパからへの成長が描かれるなど、非のを誇るニパの快進撃は留まるところを知らない。 そしてついには『』でとして登場する。 『ブレイブウィッチーズ』での活躍 <>に参加したとは言え、部隊の一員として認められるには遠い位置に居た を、生来の優しさでっ先に受けいれたのがニパである。 へ送り返されようとしていたが部隊に留まる契機となったのも、にもしたニパを「同じ部隊のと言ってくれたから」とが救援に向かった一件によるものだった。 せめてものお返しに、とのの内側に幸運の印のの絵を描いていたのをに発見され、ふだん叱りつけられていることへの意趣返しと誤解されかけたものの、ののペブルグをニパが身を挺して守った直後のを経て誤解を解き、事に関係を修復した。 にがを引いたときには、を元気づけるため、かつて自身が部隊の一員として染むきっかけとなったサ祭を実行すべく活躍。 準備に追われるさなか、からのを携えてと が訪れ、盛大なサ祭を敢行できることとなった。 関連動画 満を持して へと登場。 ・チャン…… 関連項目• ナ・ッタ・ド• ラウラ・ニッシネン• ニ・ア・ッカネン•

次の

サーニャ・V・リトヴャク (さぁーにゃうらじみぃろゔなりとゔゃく)とは【ピクシブ百科事典】

葛葉 サーニャ イラスト

やってんねぇ! 概要 「」に所属する()。 2018年3月8日に個人勢としてVtuberデビュー。 その後、予てより契約していたにじさんじに参入し、同年7月30日に姉妹グループである「」第3弾メンバーとして正式デビューを果たす(同日デビューに、、がいる)。 2019年からはグループ統合により「にじさんじ所属」となる(ゲーマーズ名義は以降「出身」という形で使用している)。 見た目にそぐわず我が儘で気まぐれな子供っぽい性格で、すぐ調子に乗る悪い癖がある。 おまけにかなり現金でお金に目がない救いようのないヴァンパイア。 公式サイトでの紹介文 親の甘い蜜を吸い続ける引きこもり気味なニートのゲーマー吸血鬼 人間界好きな父の独断で何年か前に一家全員人間界に移住してきた。 将来の夢はに求婚され養われること 気まぐれ わがままでマイペース。 自分の欲のためならなんでもするという現金な性格で、養ってくれる相手も「財力さえあれば性別は問わない」と発言しているほどである。 葛葉一族は特殊な能力を持っており飲んだ血液の遺伝子を吸収し姿を変化することができるため人間界移住の際、知識をつけるためにと幼い姿になり小学生からやり直している。 経歴 2018年3月6日にTwitterにて個人勢として活動を開始し、同年3月8日にYouTuberデビュー。 当時は雄のブタと共にバーチャルYouTuber活動を行っていたが、同時期にオーディション応募をきっかけにいちからより正規メンバーとしてのスカウトを受ける。 だが、ブタのアドバイスにより5月中旬まで保留とし、にじさんじゲーマーズ初期メンバーがオーディションで確定した後、ゲーマーズ合流が確定した。 その後、いちからとの調整を行い、2018年7月30日に、、と共ににじさんじゲーマーズへと正式に合流。 併せてイラストもリニューアルされた。 だが、ブタとのコンビは解消せず、今後もブタは動画作成サポートなどを続けている。 人物 初期の頃は「を取る」ことが一般的なコミュニケーションの一つである魔界出身ということもあり各方面にイキり倒していたが、色々あって現在は事あるごとに火の手()を恐れるキャラを確立した。 上記の経緯によりいわゆる「イキリ発言」や「炎上発言」が見られた際、たびたびコメント欄に火が放たれること、ブタのように視聴者も家畜であるということからファンの愛称は「火畜」となった。 exe」といった表現も用いている。 とは彼のオーディション終了後にいちからより紹介してからコンビを組んでおり、後に内部ユニット「ChroNoiR」(クロノワール)を結成。 エピソード• 元々、いちからからスカウトを受けて合流したのだが、すれ違いで葛葉としてにじさんじのオーディションを受けていたという裏話もあった。 個人勢時代にお世話になったに対しては唯一無二の忠誠を誓っている。 一時期はをライバル視していた。 3桁に及ぶリテイクとシフトキーの押しすぎで小指が腫れるほどの荒行の末「バーチャルyoutuber界最多? !23キルドン勝」と銘打った動画を投稿した。 …が、記録はあっさり抜かれた。 後に葛葉は「人間じゃねえよあれ」と発言し、ライバル視を止めた。 だが、はたから見れば猫又VS吸血鬼という人外対戦なのでどっちも人間ではない(種族的な意味で)。 合流後の初配信にてを固定してるものがずり落ちるトラブルにより バリのキチ顔になってしまった。 (以下DbD)配信放送時、テンションが上がるあまりにケバブ(吊ったサバイバーに追加攻撃をする行為)をやらかす。 幸い、リスナーから早く指摘を受けたおかげですぐに謝罪できた。 Twitterにて低俗モードになったとがをし出した所、により、下ネタ阻止に成功。 これによりが投稿されたのは仕方ないね。 先の学力テストを除き、当初は叶以外のゲーマーズメンバーとコラボすることがなかったが、9月29日にすもも幼稚園(、、、)とのDbDコラボ配信に参戦。 慣れない多人数コラボであることや、初対面のすもも園長や 圧がすごい園児たちに戸惑う場面もあったが、協力プレイを通して次第に打ち解けていき、本作の熟練者として各キラーの性能や操作の解説をする場面もみられた。 終盤、自身にキラー役が廻ってきた際には、前哨戦でキラーを演じたひまわりやすももに倣いヒールに転じ、強烈な煽り文句と共に他メンバーへ逆襲するという見事なプロレスを演じてみせた。 このコラボ以降、ひまわり、すももとは頻繁にコラボをおこなうようになり、Twitterでも徐々にだがゲーマーズメンバーに自発的に絡むようになっていった。 11月初旬、ゲーマーズ2期生のの卒業に際し、他の2期生・3期生メンバーと集い『』の共有ワールドにて笹木咲の卒業式コラボを企画する。 葛葉自身、咲とは実質初のコラボでありオフでもほとんど接点はなかったが、創作対決ではすぐに打ち解け、共に企画を楽しんだ。 卒業証書授与式では、当日参加できなかった叶の電報を代読し、また、感極まって言葉を詰まらせてしまったひまわりやりりむをサポートする姿をみせた。 本人も、咲とは接点がなかったものの、スプラ配信などでの彼女のプレイングに畏敬の念を抱いており、もっと早く交流してみたかった胸中を明かした。 また、この日はひまわりたちが更に咲と葛葉に内緒でダブル誕生日会も準備しており(葛葉が11月10日、咲が1日違いの11月11日生まれだった)、卒業式終了後、地下に密かに建設していたバースデイ会場に招かれるサプライズを受けた。 このサプライズには葛葉も純粋に感謝し、グループに対する思い入れを一層強めた。 11月12日、『にじさんじMIX UP!! 』において、葛葉本人の代わりに が持つ「葛葉くん人形」が登場。 葛葉が事前に録音した複数の台詞がボタン操作で再生されるという代物で「やってんねぇ!」「わかりみ深志」「天才了解ジーニアス」…などなど、彼の数々の名言(迷言?)が収録されている。 その独特のフレーズもさることながら、築の巧みな使いこなしも相まって放送内で強烈なインパクトを残した。 Twitterにおいても、番組公式ハッシュタグが急上昇し、視聴していた多くのリスナー、更には、運営元であるいちからのいわながCOOや田角CEO、果ては声優の氏まで葛葉語録を引用するに至った。 御見逸れ入リティがたけぇ。 主なコラボ・交友関係 (クロノワール) 叶とのユニット名。 前述通り、ゲーマーズ内定後の結成を経て、葛葉の合流により正式なゲーマーズ内ユニットとなった。 ゲーマーズの数少ない男性同士、尚且つ共にFPS好きということもあってか配信頻度は多め。 くまもっさん 本間ひまわり、すももとの3人コラボチーム。 由来は葛葉の「く」、の「も」、ひまわりの呼称である「まっさん」から。 また、最近はモルルも合流して「くまも るさん」にもなった。 本間ひまわりと、SEEDsの、社築の4人でのコラボチーム。 由来はそれぞれの名前の頭文字から(リスナーが命名)。 メンバーそれぞれの様相や日頃の言動もあってか疑似家族ムーブが炸裂しており、ポジションはドーラが母、築が父、ひまわりが姉、葛葉が弟となっていた。 コラボ配信だけでなく、後日のMIXUPなどでもこの設定が引きづられている。 葛葉、、、、、、、からなる男性Vtuberグループも結成した。 「PUBG VTuber最協決定戦」に参加したゲーマーズのメンバー4人によるユニット。 叶、葛葉、、 通称ルザキン。 葛葉、にじさんじゲーマーズ第3期の同僚でサキュバスの、SEEDs一期生の先輩で中学生の、くまもっさんで交流のあるプロゲーマー氏で構成される4人組のチーム。 交友関係• :個人勢時代の恩人。 というのも、葛葉自身が暴言で炎上していた頃、イキった彼を大人の対応で許したことから尊敬の念を抱かれている。 以来、現在のように発言に注意したり、まともなプロレスができるようになったのは彼のおかげと言っても過言ではない。 :こちらも個人勢時代からの友人。 炎上していた頃は彼に被害が及ばないよう、関わらないように忠告しても仲良くしていた恩がある。 その為、VTuber限定スマブラSP凸待ち配信では歓迎ムード全開で遊んだ。 :ChroNoiR(クロノワール)の相方でもあるゲーマーズ出身者の男性。 いわながCOOに紹介されて以来の中でもあり、配信中でも普通に連絡を取り合える仲でもある。 :ゲーマーズ二期生出身。 葛葉からは「まっさん」「姉ちゃん」「姉さん」「姉貴」と呼ばれている。 コラボで打ち解けて以来、上述した様々なグループで頻繁にコラボを行っている。 中でもド葛本社での疑似家族ムーブ以降は実の姉弟のようなコミカルな掛け合いをみせている。 ちなみに、彼女の挨拶である「おはござ~」を初めて聞いた際には乾の挨拶とカブっていることに気付き面食らったことを後に語っている。 :一応はSEEDs一期生の先輩。 VTuberピカブイトーナメントでは対戦相手であり、回線落ちしなければ葛葉を苦しめる強敵になるはずだった。 トーナメント以降は交流をするようになり、スマブラSP配信でも共闘したことがある。 関連イラスト.

次の