新幹線 e チケット 使い方。 金券ショップの新幹線チケットの使い方と注意点|新幹線旅行研究所

新幹線eチケットサービスの開始に伴って値上げ!?それとも値下げ!?

新幹線 e チケット 使い方

新幹線eチケットの使い方 新幹線eチケットは、JR東日本・北海道のインターネット予約サービス「 えきねっと」のサービスです。 利用するには「えきねっと」の 会員登録が必要です(無料)。 会員登録は、クレジットカード情報と個人情報を入力するだけです。 その場合は、「e5489」の会員登録が必要です。 チケットレスサービスを使いたい場合は、手持ちの交通系ICカード番号も登録します。 使用できるICカードは、 Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種類です。 モバイルSuicaも利用できます。 チケットレスサービスを利用しない場合は、ICカード登録は必要ありません。 チケットレスサービスを利用する場合は、乗車当日、改札口に登録した交通系ICカードをかざすだけです。 チケットレスサービスを利用しない場合は、当日までにJR東日本・JR北海道・JR西日本(北陸新幹線のみ)の指定席券売機や駅窓口で紙のチケットを受け取ります。 受け取りには登録したクレジットカードが必要です。 紙のきっぷ受け取り後は、そのきっぷで改札口を抜け新幹線に乗車します。 最大6名までの複数人で利用することが可能です。 新幹線eチケットで購入できるチケット 新幹線eチケットで購入できるチケットは、乗車券・料金券が一体となったチケットで、 新幹線各駅相互間のみに設定があります。 東京駅~仙台駅といった設定はありますが、有楽町駅~仙台駅といった設定はありません。 この場合、有楽町駅~東京駅間は別運賃が必要です。 新幹線eチケットの価格は、指定席の場合、通常運賃・料金の合計額から一律200円引きです。 繁忙期・通常期・閑散期の区分もあります。 自由席は、通常の運賃・料金の合計額と同額です。 そのほか、「えきねっとトクだ値」や「お先にトクだ値」といった割引チケットを購入できます。 新幹線eチケットの注意点 新幹線eチケットそのものは「割引きっぷ」ではありません。 価格は、通常のきっぷとほぼ同じです。 指定席・グリーン席価格は、通常価格より200円安く設定されていますが、自由席は通常価格と同額です。 新幹線eチケットでは特定都区市内駅制度が適用されず、 新幹線駅相互の間の利用しかできません。 それ以外の区間へ乗り越す場合には、別途乗車券が必要です。 そのため、 通常の紙のきっぷより値段が高くなることもあります。 通常の新幹線チケットでは、東京駅も上野駅も新宿駅も同価格で乗り降りできますので、その点は新幹線eチケットは不利になります。 運賃面を別にすれば、乗車駅でICカードをタッチし、新幹線改札もICカードで抜けて、降車駅までICカードだけで利用できます。 その点はとても便利です。 新幹線eチケットには閑散期や繁忙期の区別があります。 これは通常のきっぷと同じです。 予約したチケットの変更は、原則として自由です。 通常のきっぷでは変更は1回までという制約がありますが、スマートEXではそれはありません(ただし、チケットレス乗車をする場合か、紙のきっぷを受け取る前に限る)。 新幹線eチケットで購入できるお得なきっぷ 新幹線eチケットでは、以下のようなお得なきっぷを購入できます。 えきねっとトクだ値 「えきねっとトクだ値」は、新幹線eチケット専用の格安チケットです。 東北・上越・北陸・北海道・秋田・山形の各新幹線の主要区間に設定があり、時期により値段は変わります。 列車・席数は限定で、だいたい5〜15%程度の割引率に設定されています。 えきねっとトクだ値は、新幹線eチケットで予約、決済し、チケットレスまたは紙のきっぷを受け取って乗車します。 予約は乗車日の13日前の午前1時40分までです。 インターネットで新幹線の列車予約ができる点がまず便利ですし、SuicaやPASMOといった、手持ちのICカードで新幹線に乗れるのもメリットです。 モバイルSuicaも利用できますから、スマホで乗車も可能です。 一方で、ICカードを使わない人も、紙のきっぷを受け取れば利用できます。 年会費が不要な点も大きなメリットです。 クレジットカードさえあれば誰でも利用できます。 価格面では、大きなメリットはありません。 価格は通常のきっぷとほとんど変わらず、指定席券で200円ほど安くなっているだけです。 特定都区市内駅制度が使えないので 利用区間によっては通常価格より高く付く場合もあります。 したがって、値段だけなら、金券ショップで回数券のばら売りのほうが安いこともあります。 とはいえ、金券ショップで回数券のばら売りを購入するのも煩わしいですし、トクだ値などの割引制度を使えば、金券ショップより安くなります。 もう一つ忘れてはならないのは、 新幹線eチケットでは乗り継ぎ割引がない、ということです。 したがって、新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合は、新幹線eチケットのほうが駅窓口購入のきっぷより高くなる場合もあります。

次の

【初心者向け】はじめて新幹線に乗る人必読!新幹線の乗り方をイチから徹底解説

新幹線 e チケット 使い方

新幹線eチケットサービスは3社に対応 ガラケー時代の2008年に、JR東日本ではチケットレスで新幹線に乗れる「モバイルSuica特急券」サービスが始まりました。 モバイルSuica上で新幹線の指定席キップを購入して受け取ると、そのまま新幹線に乗れる上、みどりの窓口で買うよりも安くなるので(指定席料金が自由席よりも安い)、感度の高いビジネスマンなどの間で徐々に浸透します。 スマホ時代になり、Androidのおサイフケータイ、iPhoneのApple Pay対応により、ここ数年では当たり前の機能として普及したのはご存じの通りです。 ただ、モバイルSuica特急券で買えるのはJR東日本の新幹線キップだけであり、東京から西に向かう新幹線のキップは非対応でした。 JR西日本の「スマートEX」に登録する必要があったのです。 しかし、2020年3月14日からスタートした「新幹線eチケットサービス」は、JR東日本・JR東海・JR西日本の新幹線に対応。 3社が購入管理をセンターサーバ(クラウド)で行うことで、すべての新幹線のキップが買えるようになったのです。 指定席と自由席も選択でき、特急列車なども購入できます。 新幹線eチケットサービスの会員登録 新幹線eチケットサービスの使い方としては、まずキップの予約サイト「えきねっと」(JR東日本)、または「e5489」(JR西日本)で会員登録します。 その際、キップを受け取ってタッチするためのICカードを指定するのですが、モバイルSuicaユーザーであれば、「Suica ID番号」を登録すればOKです。 スマホでSuicaアプリを開き、アルファベットから始まる17ケタの英数字がそれです。 あとは、サイトにログインしキップを購入して受け取り処理をすれば、モバイルSuica特急券と同じように、スマホでタッチして改札を通れます。 ちなみに、「えきねっと」アプリがリリースされているものの、こちらからキップの購入はまだ非対応(2020年3月下旬時点)。 随時対応されるとは思いますが、基本的にはブラウザ上からの購入となります。 割引もあるので、とりあえず登録しておいて損はないでしょう。

次の

JR東日本の新サービス「新幹線eチケット」とは?えきねっと・エクスプレス予約・スマートEXとの違いを超特急で解説!【買い方・乗り方】

新幹線 e チケット 使い方

3月13日をもってのサービスを終了すると購入画面に表示が出るようになった。 代替システム「新幹線eチケットサービス」に移行されるからだ。 チケット取得の利便性については使うアプリが変わるだけなのでそんなに変わらないといった印象を持った。 新サービスの使い方は以下リンクから確認出来るので見たい人は見て欲しい。 しかし、私がお話したいのはそこではない。 値上げ!? 既存システムである、では、4,290円 新サービスの価格は、4,820円 こんな短いで530円の値上げでは往復すると1,060円にもなり駅弁を1つ買える値上げになってしまっている。 しかし、安く買える方法があるのが今回の新サービスの特徴である。 本当は値下げ!? 新サービスからは「お先に」のサービスを利用することが出来る。 もともと4,290円の切符がなんと3,120円で買えるではないか。 どうすれば安く買えるのか説明していこう。 往路は事前に買っておくことで4,090円で買うことが出来るが、客先と打ち合わせなんかが入っていると復路を事前に買っておくなんてことはありえない。 結果として往復で330円の値上げになってしまっている。 思うところ ビジネス利用者は会社負担や経費での処理となるため文句を言う人があまり出ないことが予測される。 旅行者よりビジネス利用のが多いであろう新幹線利用では、総合的に儲かるシステムに変更したのである。 今回のシステム変更はビジネス利用者から旅行者への還元サービスであると同時にからの利益向上システムと結論付けたい。 mmt726zushi.

次の