関白 宣言。 今朝の日経より 新・関白宣言

関白宣言!

関白 宣言

こんにちは。 まるよし店主です。 11月10日、本日お誕生日の方おめでとうございます。 誕生花は「ガマ」花言葉は「従順」です。 関白宣言、一瞬で二つ折り。 瞬殺ですよ。 とある大きな会社の創業80周年を祝う会の壇上花の仕事を受けました。 義理兄のつてでまるよしにお話が来ました。 ありがたい事です。 なので張り切りましたよ。 納品行ったらご依頼主様もたいへん喜んでいただきました。 義理兄も喜んでいたのでよかったです。 納品行ったときにリアクションがあまりないと外したか、盛が少なかったか、とかいろんなこと考えちゃいますが今回はたいへん喜んでいただけたのでほっとしました。 ありがとうございました。

次の

ACジャパンのCM「にゃんぱく宣言」がとてもイイと話題 / 作詞作曲はさだまさしさん

関白 宣言

虽然有些话不那么好听,却是我的真心话。 你不能睡得比我早,也不可以起得比我晚。 饭菜要做得好吃,还要随时保持漂亮。 尽你的所能去做,差不多也行。 但你要记住,一个男人如果不出去工作就不能保卫家庭。 就像我必须要出去工作一样, 有些事情 家务 也非你去做不可。 除此之外就不要多嘴,只要默默地跟在我身后就好。 你的父母和我的父母,都要一视同仁,善待他们。 婆婆和小姑面前,你要会聪明做人。 只要你爱她们,也没什么难为的。 既不要说别人的坏话,也不要去听那些坏话, 更别无端吃什么飞醋。 我不会劈腿的,我想大概不会吧。 应该是不会的吧?嗳,总之你心里有数就好。 幸福是要两个人一起努力的,没道理只靠一方拼命维护。 你舍弃了自己的家来到我家, 以后你就回不去了,所以从今天起我家就是你的家。 等孩子们长大,我们也老了,你不许死在我的前面。 就算只比我早一天,我都不允许的。 (我死的时候),你不需要做别的, 只要握着我的手,垂下的泪超过两滴就好, 因为我要对你说,一定要告诉你, 多亏有你,我才有多么美好的人生。 你不要忘记, 你是我爱的女人, 我爱过的女人,这辈子只你一个。 你不要忘记, 你是我爱的女人, 我爱过的女人,这辈子都只有你一个。 听起来蛮无聊的,却是我的真心话。 你可以比我睡得早,不过起码给我留点晚饭。 我总是跟小狗两个,吃着昨晚剩下的咖哩。 这也实在太可怜了点。 你就算忘记也没有关系。 我是个啥事儿也不会干的男人,却也很努力在工作。 我用自己的方式,尽我的努力在干。 你偷偷对孩子们说,可别像你爸一样没出息啊! 我都知道 你总是吃饱了就睡,睡饱了看电视,看了又睡, 和三姑六婆八卦完了接着睡,到了晚上你还那么能睡。 要减肥是白费力气,体重计也是没用的, 你要是真的想瘦下来,别吃那么多就好了。 还有还有呢!别再电话购物了,出去买买东西也能稍微动动腿脚吧。 我有我的不满,我想你也有你的不满吧。 可我还是很高兴,咱们俩是一家人。 为了守护你们的笑容,直到今天,我还在名利场上奔忙。 左手捏着车票,右手提着垃圾,别人在为我不值,我却还是感到幸福。 我发誓,为了你们的幸福,我可以去死。 这一点请不要怀疑,这是我的一片真心。 世界总是不能尽如人意。 我是没什么本事,可也在努力地生活。 假如有一天,我已经死了,在你们不知所措的时候, 不经意间想到了我的好,那我就已经很幸福了。

次の

妻、次女の誕生日…だけではないんです

関白 宣言

さだまさしさんは日本を代表するシンガーソングライターで、その活動はフォークデュオのグレープから始まりました。 3歳の頃からヴァイオリンを習い、神童とも呼ばれたさだまさしさんは、中学生時代にヴァイオリンの修行をするために上京し、その後、フォークギターと出会います。 さだまさしさんはかねてより目標としていた東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校への受験に失敗し、ヴァイオリンからフォークギターへとシフトしていきます。 そして、1972年に高校時代からの友人である吉田正美さんとともにフォークデュオ「グレープ」を結成。 1973年に「雪の朝」でメジャーデビューしました。 その後、1976年にグレープが解散後のさだまさしさんは、ソロとして活動をスタートさせます。 当時のフォークソングブームに乗って、「雨やどり」や「案山子」、山口百恵さんに提供した「秋桜」など、数多くのヒット曲をリリースしました。 さだまさしさんの「関白宣言」とは? さだまさしさんの名曲といえば「関白宣言」も有名です。 この曲がリリースされたのは1979年のことで、150万枚のセールスを記録します。 この「関白宣言」は、結婚する妻に対して「亭主関白」を宣言するというもので、「俺より先に寝てはいけない」、「俺より先に起きてもいけない」、「飯は美味く作れ」、「いつもキレイでいろ」などの亭主関白フレーズが特徴です。 ただ、この当時には「女性蔑視」などと言われてしまったこともあったのだとか。 さだまさしさんは1980年にこの「関白宣言」のアンサーソングとして「関白失脚」という曲もリリースしています。 この曲は、「関白宣言」をして結婚してから数十年後が描かれており、当時とは打って変わって「嫁に逆らえない」中年男性の悲哀がもの悲しくリアルに描かれました。 さだまさしさんが「緊急事態宣言」? さだまさしさんは2020年4月10日に68歳の誕生日を迎えられ、YouTubeで「バースデーだから生でさだまさし」を配信しました。 実はこのYouTubeでのライブで、さだまさしっさんは「緊急事態宣言」という新曲を発表しました。 これはこの夜限りのもので、今後音源化する予定もないとのことです。 さだまさしさんがこの「緊急事態宣言」という歌を作ろうと考えたのは、ネット上で「在宅宣言」など「宣言」というワードが飛び交う中、「関白宣言」にちなんで「さだまさしが緊急事態宣言という歌を作るのではないか」と話題になっており、それに腹が立って作ったのだそうです。 この曲は緊急事態宣言が出された夜に作ったものとのこと。 こちらの動画でその「緊急事態宣言」を聴いていただくことができますが、さだまさしの渾身の思いが伝わってきます。 動画のコメント欄にも「涙が溢れた」、「さださんありがとう」、「こういう歌を作れるのはさだまさししかいない」などの声が寄せられ、大きな反響となっています。 「お前のおふくろ死なせたくないんだ」、「本当に誰も死なせたくないんだ」、「俺たちがウイルスに冒されないことだ」、「元気なようでもかかっているらしい」、「まず自分を疑いたまえ」、「家を出るな、もっと臆病になれ」と新型ウィルスの特徴について巧みに表現しています。 また、この状況下でも、「家を出ない」という選択のできない人、医療関係者、警察、消防、スーパーの店員、掃除の人、電気、ガス、公共交通機関で働く人など、そうした人への感謝の気持ちを綴っています。 そして、現状さまざまな問題がありますが、「文句を言うのは生き残った後だ」とも伝えています。 最後は「ひとつになろう」、そしてさまざまな人への渾身のエールで歌を結んでいます。 さだまさしさんはこのYouTubeでのライブに先駆け、緊急事態宣言が出された4月7日に不定期更新のブログで緊急事態宣言にたいする思いを綴られています。 新曲「緊急事態宣言」は、まさにさだまさしさんのこの思いが表現された曲でもあるようです。 YouTubeで曲を聴かれた方は、ぜひさだまさしさんのブログもチェックして見ると良いでしょう。

次の