サンリブ 府中。 サンリブ

口コミ一覧 : 中華そばちから サンリブ府中店

サンリブ 府中

( 2010年2月) 株式会社サンリブ Sunlive Co. ,Ltd. 市場情報 非上場 略称 サンリブ 本社所在地 〒800-0288 上葛原2-14-1 設立 (30年) (株式会社北九州丸食)(創業:(昭和22年)) 事業内容 などの店舗運営 代表者 佐藤秀晴(代表取締役社長) 藤矢勇太郎(代表取締役) 宮島真祐嗣(代表取締役専務) 資本金 7億円 売上高 1910億0400万円(2020年02月29日時点) 営業利益 3億9300万円(2020年02月29日時点) 経常利益 6億7000万円(2020年02月29日時点) 純利益 4億3300万円(2020年02月29日時点) 純資産 216億2100万円(2020年02月29日時点) 総資産 1099億0400万円(2020年02月29日時点) 従業員数 3,923人 外部リンク 目次• 概要 [ ] サンリブグループの中心企業。 非上場企業ながら売上高はグループで2,056億100万円(期)に達し、(・・)では有数の規模を誇るスーパーマーケットチェーンである。 昭和40年代後半のスーパーマーケット全盛期には、・・グループ(サンリブ)の三社が九州資本のスーパーとして繁盛していたが、ユニードと壽屋が消滅した現在では、九州資本のスーパーとしては最大手となった。 現在でも、やなどが攻勢を強める中、地域密着型の店舗として一定の存在感を保っている。 サンリブ・マルショクグループを構成する社と、業態にかかわらず地域で管轄を分担しており、サンリブ社が管轄するエリアは、、、と、現在は店舗がないである。 、、および長崎同様店舗のないは、マルショク社が管轄する。 なお、福岡県内であっても、・・・・にある店舗については、マルショク社の管轄エリアとなる。 なお、熊本地震などの影響でマルショク社の経営が厳しくなっていることなどもあり、グループ全体を1社で運営する方針に転換し、2017年9月1日付でサンリブ社がマルショク社を吸収合併。 両社の社長は合併前に佐藤秀晴が兼ねていた。 沿革 [ ]• - 菊池済治氏が、に別府漬物佃煮有限会社を設立。 - に関門食品株式会社を設立。 - 別府および下関市で、スーパーマーケットの前身となる製品の直売を兼ねた食料品店をスタートさせ、拡張を図る。 - 株式会社下関丸食を設立。 - 下関市1号店として幸町店をオープン。 - 別府市1号店として行合店をオープン。 - 株式会社北九州丸食を設立。 - 株式会社福岡丸食を設立。 - 北九州市大浦に、地区初の大規模小売店となるサンリブ折尾開店。 - にサンリブ府中、にサンリブ水前寺、大分県にサンリブ四日市、同県にサンリブ中津がそれぞれ開店。 - 福岡県(現瀬高町)にサンリブ瀬高開店。 - として開発された北九州市地区にサンリブ高須開店。 - 折尾店に併設し折尾ホームセンター開店(その後2006年-2015年まではが核テナントとなる)。 - 北九州市八幡西区三ヶ森に、店舗面積10,490のサンリブ三ヶ森開店。 - 北九州市八幡西区木屋瀬にサンリブ木屋瀬開店。 - 前に、店舗総面積20,251m 2のサンリブ古賀開店。 - に、店舗面積26,632m 2の開店。 - 株式会社丸食、株式会社福岡丸食、株式会社北九州丸食が合併し、株式会社サンリブとなる(同年、株式会社大分丸食、株式会社宮崎丸食が合併し、株式会社マルショクも設立されている)。 - 福岡県のショッピングモール「宗像」の核店舗として、同モールセントラルゾーンにサンリブくりえいと宗像開店。 - (当時は)にある大型「」の核店舗だった壽屋が同年2月に経営破綻で閉店。 閉店後の新しい核店舗として、サンリブ阿知須をオープン。 - に大型ショッピングセンターをオープン。 2005年 - に初進出。 にある大型ショッピングセンター「ジョイフルタウン鳥栖(現・)」の核店舗として、サンリブ鳥栖をオープン(以前は寿屋鳥栖店だったが、経営破綻で2002年で閉店。 その後鳥栖店が開店したが、2005年末で閉店していた)。 詳細時期不明 - 創業60周年を迎える。 - 福岡県にある大型ショッピングセンター「」(旧・筑紫野)の核店舗として、サンリブ筑紫野をオープン。 但し運営期間が5年単位に設定されていたようで、付で閉店(後継はかつて市内に店舗を構えていた)。 - 北九州市小倉北区にあった朝日ヶ丘店跡地に「サンリブ朝日ヶ丘」をオープン。 詳細時期不明 - サンリブ・マルショクグループ本社機能を小倉北区金田から小倉南区上葛原のサンリブシティ小倉内に移転。 - 山口県にある「」の核店舗だった「ダイエー下関店」跡地にオープンした「シーモールest」の地下1階フロアに「サンリブシーモールエスト」をオープン。 - 福岡県にある大型複合商業施設「」の核店舗として、「サンリブ木の葉モール橋本」がオープン。 - 北九州市八幡西区に「サンリブ黒崎」をオープン。 - 北九州市小倉南区の旧「ダイエー徳力店」跡地に「」をオープン。 - 北九州市小倉南区に「マルショク曽根店」をオープン。 - 北九州市小倉北区に「サンリブ西小倉」をオープン。 - 店舗立替の為、サンリブ折尾及び折尾ホームセンターが閉店。 - 賃貸契約の任期満了に伴い、下関市のサンリブ店閉店。 - サンリブ折尾の建替工事が完了、旧本館側は旧店舗同様地上2階建、旧折尾ホームセンター跡地は平屋建ての店舗とし、新規テナントに、、などを加え再オープン。 6月1日 - サンリブ社がマルショク社を9月1日付で吸収合併する方針を発表。 9月1日 - 発表通りサンリブ社がマルショク社を吸収合併した。 7月31日 - シーモール下関内のサンリブシーモール店が、契約満了に伴い同日限りで閉店 (後継は)。 9月30日 - かつてサンリブ本社を置いていた北九州市小倉北区のマルショク金田店を閉店。 店舗の種類 [ ] サンリブ() 生活提案型の店舗。 食品・日用雑貨・家電・衣料などの売場、各種専門店のテナント、文化情報サービス設備を展開している。 5,000m 2以上規模の大規模店舗。 マルショク() 生活密着・地域密着を重視する店舗。 食品、衣料品や日用雑貨、書籍などの生活必需品をそろえる。 1,000 - 3,000m 2規模の中規模店舗、商圏は半径2km内外。 エル() 「every day low price」を掲げたローコストオペレーション型の店舗。 従来のの安さと広さに、快適なショッピング環境とサービスを兼ね備える。 店舗の規模の違いによってサンリブ・エルタイプとマルショク・エルタイプの展開をしている。 サンク・まるしょく屋(MS) サンク FC ユーアイ 穴生の外観 「サンク」はサンリブ社オリジナル、「まるしょく屋」は旧マルショク社の独自の形態である小型店舗。 生鮮三品(青果・精肉・鮮魚)と、日用雑貨もそろえる。 商圏は半径1km程度、広さは1,000m 2以下の小型店舗。 展開も進めている。 かつては「ポップコーン」もサンクから転換した店舗から始まったためサンリブFC部の監督下にあり店舗一覧にも載っていたが、現在はサンリブグループから独立している。 サンリブシティ() 地域再開発まで含めたゾーン型店舗。 食品・日用雑貨・家電・衣料などの売場、各種専門店のテナントのほか、フィットネスクラブ、カルチャースクール、レストラン、ゲームセンターなどを併設。 2万m 2以上の規模で、半径20km程度の商圏を想定している。 サンリブ社管轄のものとしては()がある。 くらしらくカード・masaca!! [ ] サンリブ社では、、と提携した(クレジット一体型、現金専用型)を発行している。 クレジット一体型は「 くらしらくカード」の名称でポケットカードが発行し、2013年11月29日からスタートした現金専用型は「 masaca!! (マサカ)」の名称でサンリブが発行し、富士通が技術支援している。 「masaca!! 」のコールセンターは富士通ソリューションスクエア内にある。 「くらしらくカード」「masaca!! 」とも、サンリブ・マルショク各店での買い物の際、カードを提示またはカードで決済するとポイント(くらしらくポイント)が貯まる仕組みになっている。 「くらしらくカード」には国際ブランドのが付帯されており、サンリブグループの店舗だけではなく2000万店以上のマスターカード加盟店で利用できる。 一方「masaca!! 」は、クレジット機能が無い代わりに現金にてマネーをチャージして買い物の支払いに利用できるプリペイドカード機能が付帯されているほか、高齢者限定の「masaca!! 」よりも優遇されている。 尚、サンリブ、マルショク以外の店舗(ポケットカード加盟店、マスターカード加盟店)でのショッピングは、一部入居テナントを除きくらしらくポイント付与の対象にはならない(但し、ポケットカードポイントは付与される)。 またカード事業はこれまでサンリブ社のみの事業で、マルショク社管轄の「サンリブ」「マルショク」各店ではカード会員の募集は一切行っていなかった他、くらしらくポイント付与の対象にはならなかったが、2014年10月27日からマルショク社管轄の「サンリブ」「マルショク」各店(但し、サンリブ長門、マルショク西条店、マルショク日南店では利用出来ない)でも「くらしらくカード」「masaca!! 」ともに利用が可能となった。 脚注 [ ] [].

次の

サンリブ

サンリブ 府中

ご覧の通り、サンリブ府中で新型コロナウイルス感染者が確認されたことが報告されています。 感染者は、うどん屋「ちから」の従業員1名と公表されています。 (詳細はあるいはをご覧ください)。 これに対して困惑する声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「サンリブ府中で新型コロナウイルス感染者」に対する世間の反応 「サンリブ府中でコロナ出たんか…」 「サンリブ府中にコロナ出てるな…」 「サンリブ府中にもコロナ出てしまった…」 「サンリブ府中もコロナ出たみたい。 危なくなってきた」 などの声があがりました。 やはり世間では、サンリブ府中のうどん屋「ちから」で新型コロナウイルス感染者が確認されたことに対して困惑する声が多く見られました。 最後に 今回は、広島県安芸郡のサンリブ府中うどん屋「ちから」で新型コロナウイルス感染者が確認されたことについてご紹介させていただきました。 広島県内で新型コロナウイルス感染者が増加しているということで、住民の間で不安が広がっています。 都会・地方問わず、日本全国で新型コロナウイルス感染者が急増していますので、自分だけでなく家族や友人のためにも感染症対策を念入りに行いたいですね。

次の

サンリブ府中内の『ちから』で従業員1人がコロナ感染!場所や詳細!|magfesta!

サンリブ 府中

お申込手順• まずは受講してみたい講座の講師に直接ご連絡ください。 お申込・無料体験・見学・お問い合わせ等は、すべて各講師が受け付けております。 お申込書に必要事項を記入し、入会金1000円を添え、 府中店をご利用の方はサンリブ府中 3階中央レジ、 可部店をご利用の方はサンリブ可部 2階中央レジへ、お申込みください。 お申込書入手方法• サンリブカルチャー広告裏面を利用• 各講座講師から直接受け取る• 当サイトよりダウンロードする• 受講料は、期の初め(春・秋)に各講師へ直接お納めください。 受講料は各講座ごとに設定されていますので、各講座の受講料の案内をご参照ください。 事前にご確認ください• 受講期間は1期6ヶ月が基本となりますが、途中入会も可能です。 また、受講の継続は大歓迎です!• 途中入会の方は、受講料のお支払いは初受講時となります。 受講料のほか、教材費、材料費が別途必要となる講座もございます。 お申込者が少なく最小開講人数を満たすことができない場合や、その他やむを得ない事情で講座を中止することがございます。 各講座、お申込者が定員になり次第、お申込を締め切らせていただきます。 それではお好みの講座を 探してみましょう.

次の