コロナ いつ に なっ たら。 いつになったら平常に戻る?

コロナ助成申請で役所に怒号「いつになったら受け取れる!」

コロナ いつ に なっ たら

1 COVID-19による緊急事態宣言下の自粛要請はいずれ終わる。 その出口は、早いか遅いかの違いで必ずやってくる。 本稿をまとめている2020年5月なかばにおいては、日本の39県ですでに緊急事態宣言が解除されており、残りの8都道府県でのみ継続中だ。 遠からず感染の収束が確認されたら、すべての都道府県で解除されることになるだろう。 しかし自粛要請が終わったからといって、すぐにかつての日常が戻ってくるわけではない。 当面、ぼくたちは、行動を変容させた「新しい日常」の中で、「コロナ禍」と付き合っていくことになる。 では、それはいつまでだろう。 答えは、多くの人が気づいているように、「最短でも1年以上」だ。 「ワクチンか画期的な治療薬が開発されて、広く使われるようになれば、究極的な解決、といえるかもしれません。 でも、それには最短でも1年半から2年かかります。 それに、ワクチンができない感染症も多いので、COVID-19のワクチンができる保証はないんです」 ワクチンができれば病気にかかることなく免疫をつけることができるので、ぼくたちは一気に集団免疫(herd immunity)を確立することができる。 しかし、ワクチンの開発は、時間がかかるだけでなく、病原体によってはワクチンができないこともある。 例えば、マラリアには効果的なワクチンがないし、2014年に日本で流行したデング熱も初回の感染より2度目の感染の方が重症化することがあり安全なワクチンの開発が難航している。 COVID-19がそのような厄介な性質を持たず、ワクチンが十分な免疫を与えてくれるものだとしても、臨床試験(治験)を終えて、ゴーサインが出るのは1年以上先の話だろう。 また、よく効く治療薬が開発されて、COVID-19が「怖い病気」ではなくなれば、それも状況を一変させる力を持つだろう。 しかし、既存薬の中にそのようなものがなければ、新しく開発される薬に期待するしかないし、それがうまく見つかったとしても、やはり慎重な臨床試験を経て承認されるので、それが市中の病院で安心して使えるようになるはずっと先の話だ。 それによると、最短で終息する場合というのは、1年間で世界人口の40から70パーセントが感染して、集団免疫がついて、Rが1未満になって終息する場合です。 1年以内に全世界の半分ぐらいの人が感染すれば終息すると。 でもこれ、世界人口を考えたら、控えめに見ても900万人が死亡することになりますし、医療的対処の許容量を超える『オーバーシュート』が起こるとIFRも上がるので、最悪5250万人が死亡という計算ができてしまうんですよ。

次の

「コロナに罹ったら14日で復職OK」は安全な基準か?(忽那賢志)

コロナ いつ に なっ たら

こんにちはRawangです。 コロナウイルス、地震 コロナウイルス、大雨 いったい日本はどうなってしまうのでしょうか? コロナウイルスで帰国 コロナ世代? いつになったら戻れるかわからない期間でできることと題して3回目の投稿です。 現在世界中の生存している人が初めて直面していると言っても過言ではない COVID-19 つまりコロナウイルス。 スペイン風邪や天然痘など過去には世界中を巻き込んだ疫病が大流行したこともありました。 今回の病気はそれ以上になるかもしれませんね。 の記事でも書いた通り、地元のスーパーにおいても徐々に売っている品物の、 在庫が切れて売り切れになっている商品が増えてきています。 仕事の種類 2. 家に備蓄するもの、家の外に保管しておきたいもの 3. 家庭で食糧確保 4. 節約するためにできる事 5. 家族を守るためにできる事 1. 仕事の種類 コロナウイルスが世界中に拡散して一番怖いのは見えない敵だという事ですよね。 いつ、どこで、どのように、感染するかがわかりません。 実際最近増えているのは感染源がわからなくて感染している人です。 それで、一番いい方法は家にいる事です。 つまり外部との接触を極力避ける事です。 これからの世界で生活するためには「家から出る」機会を減らす必要があります。 外出する用件は• 買い物• 銀行や市役所などでの支払いや手続き やはり一番大きなウェイトを占めるのは「仕事」です。 ロックダウンをしている海外などをみてみると、外出禁止令の期間中でも仕事ができているのは、• ファイナンシャル系、• 運輸系、• 医療関係、• 食料品卸関係、• 政府関係の仕事です。 経済的な都合で、緊急事態にどうしても仕事をしていく必要がある場合、これらの仕事に今のうちに転職しておくこともできます。 現在求人を見ていると、オンラインでできる仕事が増えています。 塾の講師や、ネットで教えること、データ管理、テレアポなども 「在宅勤務」に切り替わってきています。 これは、コロナウイルス収束後にも通勤しないでできるので社会のシステムが変わるいい機会になるのでしょうか? 2. 家に備蓄するもの、家の外に保管しておきたいもの 約2週間分の食べ物を備蓄しておくようにしています。 米、 乾麺、 缶詰、 調味料、 油、 小麦粉、強力粉、 冷凍できる食品、 などを2週間分一度貯め込みました。 家の外に保管できる場所があるのであれば、 非常時に使うもの(暖かい服、食糧、証明書のコピー、薬、電池、バッテリー) などコロナの上に災害が生じた時のために準備しておく必要があります。 実際、地震や洪水が同時に生じていますからね。 家庭で食糧確保 今後、食料の高騰が考えられます。 一番は野菜系でしょうか。 それで、プランターなどでもいいので簡単な野菜を栽培してみましょう。 小松菜などは20ほどで収穫できるのでおすすめです。 家に庭がある人は今春のうちに一部を畑として使うことを検討できるかもしれませんね。 他にも、水耕栽培や再生栽培など家庭でできる方法を知って、道具だけ揃えておく事ができます。 4番目以降は次の記事でまとめたいと思います。 Rawang.

次の

新型肺炎はいつになったら収束するのか? | 未来予測の部屋

コロナ いつ に なっ たら

個人個人が自己防衛や人にうつさない。 『出歩かないのなら季節的なインフルエンザ同様に春先には収束しそうですが…』今の様な報道や個人行動なら…半年以上かかるかも知れませんね。 参考までに《2009年4月に新型インフルエンザ〔パンデミック(H1N1)2009〕の発生が明らかとなり、世界各国で大きな流行をもたらしたことがありました。 日本では、2009年の5月に最初の国内患者発生報告があり、同年第48週 11月下旬~12月初旬 をピークとした大きな流行に発展しました。 その後、新型インフルエンザの流行は鎮静化し、最近ではAH1pdmの他にAH3亜型やB型インフルエンザウイルスも国内のインフルエンザ発生例から継続的に検出されています。 》 因みに、 もう 根絶は、 無理かも 知れません。 恐らくは、 野生生物への 感染が、 もう 起こっていて、 其の範囲では パンデミック化も、 退かれ得なく なっている、 かも 知れませんし。 更には、 場合によって、 任意特定種においては、 無毒な事も 考えられる上、 そうした種による 感染助長には、 人族では 気付き辛く。 故に、 其の内に 存在する、 ウイルスへの 対応は、 気付き得ない故、 不可能に 近いからです。 事実、 鳥内での インフルエンザ根絶を、 目指せば、 毎年 繰り返される、 人族内での 蔓延は、 失せる、 と いうのに、 こうした アプローチは、 一切 見られません。 おっと! 新型コロナでなくて コロナウイルス? コロナウイルと 称されるものには、 幾種も あり、 其れ等は 既にら 風邪として 取り扱われていて、 一切 混乱は、 見られて いませんよ? 何年も 前から、 落ち着いてますよ。 さて、 本当に 怖い、 事態と しては、 新型コロナが 生物兵器や、 其れに類するもので、 何らかの、 信号や、接触や、タイミング、 等を 期に、 致死率が 跳ね上がり、 死者が 続出する、 事態です。 3月だと鎮静化攻防戦の最中でしょう。 今年の年末年始から中国でなくてもタイで異常寒波で北部で凍死者続出、 ベトナムでも寒く朝晩の冷え込みで暖房設備の用意の無いローカルホテルではテトが終わっても部屋が冷蔵庫みたいです。 べトナム中部ニャチャンでは朝起きたら冷蔵庫みたいに冷えていますから布団2枚被って寝てます。 それでも足元冷えます。 この寒波が引いて行く3月頃はまだ時期尚早と言えるでしょう。 普通の風邪にも気を付けないといけない状況が続いていますからこれが終わってからと言う事です。 武漢では移動用焼却炉40基配備されましたから今が山です。 楽観論では4月ですが広がり過ぎましたからこれも無理が有ると思います。 理由は今だ情報が根本から変わっている事でネットの悪い所です。 新型コロナウイルスには加工された後が見られると早くに発言したインド説が各方面から叩かれ取り下げられましたが、 今になってまた加工の痕跡が見られると言う意見が注目されています。 最悪、武漢P4研究室から漏れた物だと発生源とされる武漢市場のすぐ近くですから辻褄も合います。 この場合だと楽観的に見て夏まで持ち越しです。

次の