コロナうつ。 「コロナうつ」、それって病気? : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

「最近、自分は少し変」は危険な兆候…コロナ鬱、8つのチェック項目と具体的解消法

コロナうつ

新型コロナウイルスによる 「コロナ疲れ」の原因 2020年5月25日に全国の緊急事態宣言を解除することを政府が正式に決定しました。 段階的に自粛の緩和を行ったり、新しい生活様式を取り入れたりするなど、コロナの時代の新たな日常を作り上げていく方針が示されました。 新型コロナウイルス感染の不安は完全に消えていません。 今後も三密の回避やテレワークの継続、マスク着用など感染対策は継続して行われます。 世間では 「コロナ疲れ」「コロナストレス」「コロナうつ(コロナ鬱)」という言葉もよく聞かれるようになりました。 長引くコロナによる様々な影響により、不安やストレスを感じ、そのストレスがきっかけとなってうつ病を発症させてしまうのです。 緊急事態宣言が解除された今後も、新たなストレスによってうつ病を発症する人が増えると言われています。 「コロナ疲れ」の一番の原因はストレス 新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの暮らしを大きく変化させることになってしまいました。 どのようなものなのか分からないウイルスに対して大きな不安を抱えてしまうことはもちろん、外出が思うようにできない生活によって大きなストレスとなってしまった人が多いでしょう。 ストレスは物事をどのように受け止めるかによっても、まったく異なるものとなります。 外出を控える生活や感染症に対してそれほど不安のない人からすれば、それほど大きな不安とならないかもしれません。 ところが感染症の拡大によって不安となり、自宅に引き篭もってばかりの生活に嫌気をさしているのであれば、それだけで大きなストレスとなってしまいます。 そのストレスが蓄積していくことで「コロナ疲れ」「コロナストレス」となり、それがきっかけとなって「コロナうつ」へと進行していくことになるのです。 「コロナ疲れ」の原因を取り除くには 多くの方が新型コロナウイルスに対しては強い不安を感じているのではないでしょうか。 強いストレスを感じている方も多いでしょう。 「コロナうつ」を予防するためには、その原因となるストレスを上手くコントロールすることが大事です。 まずは生活習慣を整えることが大事です。 栄養バランスのとれた食生活と良質な睡眠を取ることは、ストレスをコントロールするうえでとても重要なものとなります。 不安が強くなると、生活習慣が乱れ気味になりがちですが、意識的に整えるようにすればストレスコントロールに役立ちます。 また正確な情報を掴むことも大事です。 生活を工夫することによってストレスを回避することができますので、自分にあった健康管理の方法を持っておくことも大事になります。 まずは次にお伝えする精神面・身体面の不調のチェックに取り組んでみて、自分自身の状態を掴んでおくことをおすすめします。 「コロナストレス」かも!? 精神面・身体面の不調のチェック 新型コロナウイルスの対応によって、疲れを感じているという方は多いのではないでしょうか。 知らない間に緊張感が続いていますので、無意識にイライラしたり、不安感が高まったり、抑うつ症状が強くなったりといった方も少なくないはずです。 まず自分自身の現在の状態を知って、適切に対処していただくようお願いいたします。 身体面のコロナストレスチェック• 休んでいるのに疲れが取れない• 眠れなかったり途中で目が覚めて眠れなくなったりする• 頭痛がひどく治らない• 食欲不振になったり腹痛を感じている• 肩こりや背中の痛みを強く感じる• めまいや耳鳴りで悩まされている 疲れを感じているのであれば、上記の「精神面・身体面の不調のチェック」を行ってみてください。 ひょっとしたら何気なく感じている疲れは「コロナ疲れ」や「コロナストレス」によるものかもしれません。 電車通勤をしなければならない人であれば感染しないかと過敏になり、テレワークに取り組む企業だとしても家族が自宅にいて、うまく業務ができずにストレスになっているかもしれません。 買い物にいくと行列に並ばされ、少し咳払いしただけで白い目で見られてしまう…。 このような状況が続いていることで、知らずうちに心身から何かしら疲れやストレスのサインが出ているかもしれないのです。 このようなサインに早く気づいて対処することが必要です。 全国で緊急事態宣言が解除されましたが、新しい生活様式を取り入れることでのストレスやコロナ感染の第二波・第三波の不安など、ストレスを抱えやすい状況は終わっていません。 そこで、自宅で簡単にできる 「コロナうつ」セルフチェックをご用意しました。 「コロナうつ」を予防するために 心身に現れている不調に気付き、適切に対処することがとても大事です。 気になる症状が現れているのであれば、うつ病の自己診断も行うようにしてください。 その症状を放置していると、単なる疲れやストレスだけではなく、「コロナうつ」へと進行させてしまうことになるかもしれないからです。 連日、国や自治体からの情報が報道されているだけではなく、WHOの情報や世界の感染状況などを目にします。 今まで私たちの生活の中でこのような経験はありませんでしたから、先のことが不安になることは当然ですし、外出しなければならない場合にも恐怖を感じることもあるでしょう。 しかしそのような中でも、情報に振り回されないように正確な情報を掴んでおくことが大事です。 感染症関連であれば、厚生労働省や感染症専門医から情報を得るようにしておくようにしましょう。 さらに自分自身も家出できる適度な運動 エクササイズ・ストレッチなど に取り組んでみて、ストレス解消に努めることも大事です。 次に不安や恐怖をコントロールする方法についてお伝えいたしますから、ぜひ取り組んでみてください。 新型コロナウイルスに対する 不安やストレスの緩和方法 薬に頼らない新しい治療法「磁気刺激治療 TMS 」について 新宿ストレスクリニックでは、うつ病の症状を改善させる「磁気刺激治療 TMS 」に専門的に取り組んでいます。 「磁気刺激治療 TMS 」は脳内に磁気刺激を与え、直接脳内の機能が低下した部位を活性化させる治療法です。 一般的に行われている抗精神薬や抗うつ薬を用いた治療では、なかなか効果が現れないということも少なくなく、効果が現れる前に副作用に悩まされてしまうことも多くあります。 磁気刺激治療 TMS での治療期間の目安は1か月半~6か月程度であり、一週間程度の治療で効果を実感する人も少なくありません。 副作用もほとんど見られませんので安心して治療に取り組めます。 また治療時間は20分程度で済みますから、入院せずに通院治療することが可能です。 成人だけではなく、未成年 12歳以上の中学生から 、高齢者、妊産婦などへの提供も可能な身体に優しい治療法なのです。 脳の状態を的確に捉える「光トポグラフィー検査」 新宿ストレスクリニックでは、診断サポートとして『光トポグラフィー検査』を受けていただく場合もございます。 光トポグラフィー検査は脳の状態を客観的に捉えることができ、脳の血流量をデータ化することによって、うつ病診断のサポートが可能となっています。 通常、一般的なメンタルクリニックや心療内科では、問診だけでうつ病診断が行われています。 双極性障害(躁うつ病)など、別の病気と誤診されてしまうことがあり、適切な薬が処方されないまま治療に取り組んで、効果が現れないといったことも珍しくありません。 うつ病によって薬物治療に取り組んでおり、なかなか効果が現れないということでしたら、ご相談いただきたいと考えております。 新宿ストレスクリニックは「磁気刺激治療 TMS 」「光トポグラフィー検査」を専門に行なっているクリニックです。 ぜひお気軽にご相談ください。

次の

コロナうつ【うつ病の分類と予防方法とは】心療内科|ひだまりこころクリニック栄院,精神科,メンタルクリニック

コロナうつ

キティこうぞう きてぃこうぞう [アドバンテッジリスクマネジメント、シニアコンサルタント] キティこうぞう 本名:鬼頭 幸三 株式会社アドバンテッジリスクマネジメント シニアコンサルタント 名古屋大学経済学部経営学科にて、「産業組織心理学」、「マーケティング心理学」を専攻。 1987年に卒業後、株式会社名鉄百貨店入社。 子供服売場、法人外商を担当し、顧客心理学を実践する。 一方で、労働組合の役員を10年以上、また、2000年からの6年間は、名鉄百貨店労働組合執行委員長を務め、社員のカウンセリングにも関わる。 その後、同社人事部で、採用および社員の人材教育・キャリア開発に関わる。 現在は、株式会社アドバンテッジリスクマネジメントのシニアコンサルタントとして、講演活動などで活躍中。 労働組合や人事部での経験をもとにした、コミュニケーションやメンタルヘルスに関する講演は、企業や労働組合を中心に、人気を博している。 内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。 「コロナうつ」の予防が急務です Photo:PIXTA は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、在宅勤務や自宅待機によって働き方が変わり、「コロナストレス」を感じている人が増えていることをお話ししました。 人間はストレスがたまると、気分の落ち込みや意欲減退、不眠などの症状が体に表れ、「コロナ疲れ」に陥ってしまいます。 そして、対策を講じないと「コロナうつ」になる可能性があります。 そこで、今回は、「コロナうつにならないために自分自身でできる対策」についてお話しします。 (アドバンテッジリスクマネジメント キティこうぞう) コロナ疲れ解消のヒントは RPGにある? ストレスがたまる状態が続き、コロナ疲れに陥ったときにはどうすればいいのでしょうか。 そのヒントは「ロールプレーイグゲーム(RPG)」にあります。 世の中にはさまざまなRPGがありますが、その多くで、敵に遭遇してすぐに交戦するのではなく、まずは「コマンド」を聞かれます。 プレーヤーは「たたかう」「にげる」「どうぐ(をつかう)」「じゅもん(をとなえる)」など複数のコマンドの中から自分が取る行動を選択します。 その行動によりキャラクターの経験値を蓄積しパワーアップすることによって、目標を達成していくのです。 このRPGの仕組みを、現実世界の今の状況に置き換えてみましょう。 ここで私たちに与えられている「コマンド」は、「たたかう」か「にげる」かの二択ではありません。 つまり、RPGのように「どうぐ」や「じゅもん」を使って新型コロナウイルスという敵(脅威)に対して感じているストレスを緩和し、倒していくこともできるのです。 ここからは、「どうぐ」や「じゅもん」を使ってコロナストレスを緩和していく具体的な方法をお話ししていきます。

次の

これから怖い「コロナうつ」にどう備えればいいのか 心療内科専門医に聞く

コロナうつ

「コロナうつ」になりやすい人とは? 「コロナうつ」とはいわゆる造語らしいです。 明星大学准教授の藤井靖氏 臨床心理士 抑うつが高まると、 不眠、過眠や食欲不振、過食などの身体症状が伴ったり、 ひどくなると イライラして落ち着かなくなったり、 自分を責める気持ちが高まることもある。 また自粛ムードで人と接触しずらく気持ちを共有にしくいので、 先行きが見えなくなり、 『騒ぎに疲れて死にたい』という人が出てこないとも限らない」 「人が身の安全に関わるようなピンチに直面した時、 誰しも緊急反応といって、 一時的にテンションを上げたり、 活動レベルを上げてストレスに対処しようとする。 しかしピンチが長引けば長引くほど、 今度は反動で落ち込む時期がくる。 それが既にきている可能性があり、心配」とした。 引用 松崎病院精神科医の鹿目将至氏 「コロナウイルスによる肺炎で有名人が亡くなった」 「全世界で死者がドンドン増えている」 「唯一の治療法は罹患しないこと」 こうしたニュースを聞けば、だれもが 不安を抱くだろう。 「 コロナが怖い」「 コロナになったらどうしよう」 という訴えの強さが「じんじょうではない」 実際、コロナの影響で会社をリストラされたことで 「死にたい」と話す患者がおり、 入院に至るケースもあるそうだ。 コロナに感染する前に、先にメンタルがやられてしまうのだ。 PLESIDENT Online/激増中「コロナ鬱」を避けるための5つの予防法 引用 症状に当てはまる人、当てはまらない人いると思います。 わたしも「こわい」って言わないように注意しようと思いました。 伝播するもんね。 でも、そういったことにならないために対策することが大切だそうです。 そりゃそうだって感じですけど。 「コロナうつ」にかからないために 「コロナうつ」掛からないように対策する。 これが大切ですよね。 (自分が納得いくものをまとめました(笑)) 運動を取り入れる 運動習慣のある人とない人とで比較すると、 運動習慣のない人のほうが圧倒的に うつになりやすいことがわかっています。 これこわいですね。 しかも、 脳の活性に運動はいい。 わたしもそれ聞いてから運動取り入れています。 病院で激しい動き制限されてるけど、 先生に聞いて頑張ってますよ。 それに、だらしないからだより シュッとした体のほうがいいですよね。 ニュースの追っかけをやめる これムズカシイと思うけど 意識的になくすことが大切って思う。 本を読む時間や、YouTubeで勉強などを増やして時間を使うと自己の能力アップにもつながる。 意識的に違う時間を作るってのが大切だと思います。 感謝の気持ちをもつ 感謝の気持ちをもつだけでなく、 自分の口で言う事が大切です。 家族や友人、会社の人などに ありがとうという気持ちを伝えましょう。 「ありがとう」の力って強いよね。 わたし、学生時代、スーパーのバイトしていたけど 「ありがとう」ってまじ救われた(暖かくなるよね)。 スーパー、宅配、ドラッグストア、病院などなどにも 「ありがとう」っていってほしいし、 自分のこころにも余裕生まれるって思います。 今回の非常事態だからこそです。 まぁ、普段から出来ている方はいいですが。 最近、ツイッターを始めたんですが 本当にありがとうって思う今日この頃・・・ たまには気分転換 気分転換をしてほしい。 外に行かないってゆうのも大切だけど、 買い物や散歩など普通にしてほしい。 もちろん密はさけてですが。 家でもニュースではなく、YouTubeやドラマなどで できるだけコロナを忘れる事を心がけて下さい。 笑う努力を 学校、職場などだと普通に出来てたことができなくなる。 一人だったとしても、YouTubeなどで笑って下さい。 笑うを気にするかで未来は変わる。 つねに笑いを忘れずに。 まとめ ・運動を取り入れる ・ニュースの追っかけをやめる ・感謝の気持ちをもつ ・たまには気分転換 ・笑う努力を どうだったでしょうか? 意外と普通だったのじゃないでしょうか。 でも、結局は 普通に過ごすことが大切なのですよね。 非常時、それができないから、「コロナうつ」って言葉が出来上がるんのですよね。 ニュースをみないなど 意識するだけでいいです。 「コロナうつ」かからないようにして下さいね。 コロナにかかる前に、ストレスでやられないために 実践して欲しいと思いました。 しかし、日常って感謝しなくちゃいけないですね。 ぼちぼち頑張る!が最近のわたしのはやりワードです! 何か役に立てたてたのなら、うれしいです。

次の