天皇 杯 バスケ 2020。 天皇杯 バスケ2019

2020 天皇杯|船岡未沙希|note

天皇 杯 バスケ 2020

しかし、その後は持ち味の守備で圧力をかけて、A東京の得点を第2Qは8点、第3Qは9点に抑えた。 第4Qは、昨年末に左肘関節を脱臼した日本代表の篠山竜青主将に代わって先発司令塔を務めた藤井祐真が果敢に攻め続けた。 28歳の攻撃的なPGはドライブなどで最終Qだけで10得点し、A東京の猛追を振り切った。 17得点した藤井は「出だしは相手のタフショットが入ったけれど、集中を切らさずにディフェンスし続けた。 第2、3Qを1ケタに抑えられたのが一番の勝因」と振り返った。 川崎は篠山など主力に故障者が相次いでいるが、今季のリーグ戦で現在最多24勝(4敗)を挙げている。 「誰が出ても変わらないと思わせることができたと思う。 今季はオールジャパンもリーグもどっちも獲るつもりでやってきている。 あと2つ勝って優勝したい」と藤井。 初のタイトルまであと2勝だ。

次の

天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会 TOP|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

天皇 杯 バスケ 2020

第10回:1999年の横浜フリューゲルス 横浜フリューゲルス消滅とは何だったのか。 筆者が取材・構成に深く関わった「横浜フリューゲルス消滅の軌跡」(山口素弘)から、当時、山口選手が語った言葉を紹介しながら綴りたい。 1998年10月28日。 トルシエジャパンの初陣となるエジプト戦が、長居スタジアムで行なわれた。 しかし、試合前から、新聞記者たちは代表戦とは関係のない情報の確認のために動いていた。 日本代表がエジプトに1-0で勝利を収めたあとの深夜、「横浜フリューゲルス、横浜マリノスに吸収合併」というニュースが飛び込んできた。 翌日のスポーツ紙の一面は、すべてその話題で占められていた。 そこから、横浜フリューゲルスの最後の戦いが始まった。 天皇杯のカップを高々と掲げる山口素弘(横浜フリューゲルス) 吸収合併のニュースが流れたとはいえ、合併調印までは約1カ月あった。 それまでに白紙撤回ということにはならないだろうか。 サポーターはJリーグに嘆願書を提出。 試合会場でも署名活動を行なった。 試合出場どころか、ベンチにも入れない若手選手が自発的に寮から最寄りのJR鴨居駅前で署名を集め始め、主力選手やチームスタッフも横浜駅前で署名活動を行なった。

次の

天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会 TOP|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

天皇 杯 バスケ 2020

日立東京が前身のSR渋谷は2015年に優勝しました。 5年目の制覇に向けて準決勝で滋賀に96対69で快勝しました。 他方、川崎は前身の東芝神奈川が2014年に優勝して以来の全日本制覇を目指しており、準決勝では宇都宮を82対61で下しており、渋谷も川崎も絶好調の状態で決勝に臨んでいるので、両者の激突はとてもスリリングでエキサイトな試合になることが予想されるでしょう。 渋谷での注目選手は何といってもベンドラメ礼生選手です。 日本代表にも選ばれた名プレイヤーが決勝戦で川崎相手にどのようなプレイをするのか、非常に楽しみです。 またファイサンバ選手がどんなプレイを見せてくれるのかも楽しみです。 川崎の注目選手は、藤井裕眞選手でしょう。 4強入りをかけた準々決勝でアルバルク東京に逆転勝利劇を見せてくれた彼が、再びこの決勝戦でも感動のドラマを私たちに見せてくれるかもしれません。 また、増田選手とジャマール・ソープ選手をチームに加入させた今年の川崎は従来のプレイとは違った新たなゲーム運びを私たちに見せてくれるでしょう。 渋谷も川崎も絶好調なので、どちらが勝ってもおかしくありません。 渋谷は準決勝にてベンドラメは果敢なゴールアタック、サイズがディフェンスやリバウンド、オフェンス面においても貢献度の高いプレーをみせるなど外国人勢がとても好調でした。 チームとしても滋賀の狩野の3Pシュートなどで応戦されはしましたが渋谷のディフェンスの前に単発に終わるなど渋谷のディフェンスも好調でした。 川崎は準決勝で日本代表キャプテンの篠山が欠場しておりポイントガードをシューティングガードの辻が担うなどのラインナップの変更を余儀なくされたことがチームの集中力を高め、ゲーム序盤から激しいチームディフェンスを見せて宇都宮オフェンスを抑え込みました。 後半になると本来のポジションでない辻が3Pシュートやドライブ、大塚の4Pプレーなどで流れを呼び込んだ川崎が宇都宮に追随を許さず圧勝しました。 決勝ではお互いに好調なディフェンスをどのように打ち砕くのかと川崎の篠山が復帰するかどうかでも戦況は変わってくると思います。 また、渋谷が日本代表センターのニックファジーカスを抑え込めるかもキーポイントになってくるとおもいます。 現在日本のバスケ界はNBAで活躍する八村塁やNBAの下部リーグのGリーグで活躍する渡邊雄太や馬場雄大がいるなど田臥勇太が切り開いた道を若い選手がどんどん切り開きとても盛り上がってきていると思います。 今年はオリンピックイヤーでもありこの全日本バスケットボール選手権決勝はただの決勝ではなく日本代表争いという点などでも注目度の高い一戦になってくると思います。 どんなラインナップになっているのか検索してみると、スポーツの中継だけでなく、スポーツのレッスン動画などもあるようです。 海外の選手や監督のインタビューだとか、特集なんかも時々やっていて、ここでしか見られない貴重なスポーツ配信なんかもありそうですね。 U-NEXTは毎月の料金がちょっとお高めだから、スポーツだけ見るにはちょっと不向きです。 でも、ドラマや映画などのラインナップが多くて国内最大級ですし、電子書籍も読めるなど色んなことができるのがメリットですね。 スポーツを楽しみながら映画まで見られますし、カラオケなんかもできるからかなりお得なんじゃないでしょうか。 ポイントが毎月1200ポイントも付与されますから、有料のスポーツ配信に当てても元が取れますね。 新作も早めにやって来るし、スポーツだけでなくトータルで色々楽しめそうな点がいいなと思います。 U-NEXTのスポーツ配信の魅力的な点はまず無料トライアル期間が31日あるところです。 この間に好きな動画、見逃し配信などを後で見返したり、自分の見たい番組などをリサーチして見る事が出来ます。 見放題の作品が14万もあるのでほとんどの視聴はここで見れてしまいます。 あとレンタル作品なども電子上で借りて見たりできるのでとても便利なサイトでおすすめです。 映画から海外ドラマ、日本のドラマやアニメなどジャンルもすごい豊富です。 今なら加入特典サービスで600ポイントもついてきてとても良いです。 そして無料期間のうちに解約すれば無料のままお試しが出来ちゃうのでお金は一切かからずお試しできます。 無料期間が終わっても月額1990円で約2000円で見放題になりますので、レンタルショップや見たい作品を買いに行くなどの手間を考えるとウェブ上ですべての手配が済みますからとても便利だと思います。 月額契約をすると毎月1200ポイントの特典がついてくるのもとてもお得感があります。 必要なければポイントはたまっていきますので使用したい時にいつでも使えるのが利点です。 そして解約方法もとても簡単で月末までに解約すれば処理は終わるので、まだ使用していない方には是非おすすめしたいです。 U-NEXTスポーツ配信を見ることで、今まで見たことがなかったスポーツに触れるチャンスもでてきます。 新しい発見と出会いがあるかもしれません。 まとめ 連覇中だった千葉ジェッツが早々にいなくなり、混戦模様となった今回の全日本バスケットボール選手権ですが、決勝には渋谷と川崎が残りました。 渋谷はリーグ戦連勝の勢いをそのまま持ち込み、決勝まで駒を進めました。 今季千葉から石井選手は千葉の時代から考えれば、個人として4連覇のかかる試合になります。 対する川崎は準々決勝で強豪A東京に勝利するなど順調に勝ち上がっているように見えますが、けが人が多く、準決勝ではポイントガードの篠山選手、藤井選手を欠いた中での勝利となりました。 主力がケガの中で控え選手が頑張っての勝利ということで、勢い的に見れば若干川崎が優勢なのかとも思います。 川崎は大黒柱のファジーカス選手が安定していますし、外国人選手と合わせて3人コート上にいるときなどはかなり強力な布陣です。 勢いを持ち込んでそのまま優勝ということに成るのではないかと予想しています。 それにしても東京オリンピックを控え、八村選手、渡辺選手などNBAでプレーする選手が出てくるなど、ひと昔前の日本バスケットボール界では考えられないようないい状況に現在の日本バスケットボール界はなっていると思います。

次の