レイ チャールズ 映画。 レイ・チャールズとは (レイチャールズとは) [単語記事]

レイ・チャールズ、光と影

レイ チャールズ 映画

生涯 6歳の頃、仲の良かった弟のジョージ・ロビンソンを亡くした。 その9か月後、のために失明した。 目が見えないというハンディを背負いながらもを学び、またに通う。 1947年にに移り、この頃と出会う。 初期の頃はレイ・ロビンソンの名で活動、音楽もトリオ編成のバンドに参加したが、この頃から薬物使用の悪癖も始まってしまう。 後にがいるため、ミドルネームのレイ・チャールズに改名。 自己バンドでツアーを行っているうちに、から声を掛けられ契約する。 1959年の「」がビルボード・ポップ・チャートで6位に昇る大ヒットとなった。 人気を高める一方で、を大胆にアレンジしていたことから、敬虔なからは非難されていた。 1959年に、アトランティックとの契約切れを期にと契約、1961年に代表曲の一つとなる「」を発表、ミリオンセラーを記録。 (1984年) 20年近く麻薬を常用していたが、にの薬物患者の更生施設に入所、ヘロインを絶つことに成功した。 チャールズはが行う黒人差別に反対、同州でのコンサートをキャンセルしたため、州はチャールズを追放していたが、、ジョージア州議会は追放を撤廃、『 Georgia On My Mind (わが心のジョージア)』を正式な州歌と定めた。 1980年には映画『』(1980年)に楽器店店主の役で出演し、『 Shake Your Tailfeather』を演奏している。 またにはに参加し、のブリッジ部分でリードボーカルをとった。 には、の「」をカヴァーしたことで日本で話題になる。 幾つか提示されていた楽曲の中で唯一気に入ったとされるこの曲のカヴァーが起用され、日本で小ヒットを記録した。 日本では、にも「」に取り上げられてもいる。 2004年に、監督の伝記映画『』が公開され、、主人公のはを受賞した。 製作中に、撮影現場で演技指導を行った際に、ジェイミーのあまりの演技力から「あんたは俺の後継者だよ! 」と賞賛の言葉を送った。 しかし、2004年6月10日にで死去。 73歳だった。 完成された映画を観ることは出来なかった。 また、彼をリスペクトするアーティストによる「音楽葬」が行われたことも話題となった。 、第47回授賞式では、とのデュエット曲「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」が最優秀レコード賞となったほか、最優秀アルバム、ポップス・ボーカルやゴスペルなど、計8部門で受賞した。 この節のが望まれています。 没後アルバム• Atlantic 2005年• Concord 2006年• Concord 2010年 シングル• メス・アラウンド - 1953• アイヴ・ガット・ア・ウーマン - 1954• ハレルヤ・アイ・ラヴ・ハー・ソー - 1956• - What'd I Say 1959• ベイビー・ドント・ユー・クライ - Baby Don't You Cry 1960• ルビー - 1960• - Georgia On My Mind 1960• スティックス・アンド・ストーンズ - Sticks And Stones 1960• 旅立てジャック - Hit The Road Jack 1961• ワン・ミント・ジュレップ - One Mint Julep 1961• 愛さずにはいられない - I Can't Stop Loving You 1962• アンチェイン・マイ・ハート - Unchain My Heart 1962• - You Are My Sunshine 1962• ハイド・ノア・ヘアー - Hide Nor Hair 1962• ユー・ドント・ノー・ミー - You Don't Know Me 1962• ユア・チーティング・ハート - Your Cheating Heart 1962• ボーン・トゥ・ルーズ - Born To Lose 1962• ケアレス・ラブ - Careless Love 1962• 打ちのめされて - Busted 1963• 泣かずにいられない - Take These Chains From My Heart 1963• ドント・セット・ミー・フリー - Don't Set Me Free 1963• ノー・ワン - No One 1963• ピタリ命中 - Smack Dab In The Middle 1964• マイ・ハート・クライズ・フォー・ユー - My Heart Cries For You 1964• メイキン・ウーピー、パート - Makin' whoopee 1965• クライング・タイム - Crying Time 1966• レッツ・ゴー・ゲット・ストーンド - Let's Go Get Stoned 1966• アイ・ドント・ニード・ノー・ドクター - I Don't Need No Doctor 1966• トゥギャザー・アゲイン - Together Again 1966• イン・ザ・ヒート・オブ・ザ・ナイト - In The Heat of The Night 1967 - 『』の主題歌。 - Yesterday 1967 - のカバー曲。 - Eleanor Rigby 1968 - ビートルズのカバー曲。 アメリカ・ザ・ビューティフル - America The Beautiful 1976• - We Are the World 1985 - の一員として参加。 エリー・マイ・ラブ - Ellie My Love 1989 - 「」()のカバー曲。

次の

Amazon

レイ チャールズ 映画

ソウル・ミュージックの顔役として、サム・クック、ジェームス・ブラウン、ジャッキー・ウィルソン、アレサ・フランクリンらと並び、長年に渡って偉大な功績を残したレイ・チャールズ。 私が小さい頃に体験した試練や苦しみ、長年に渡って起きたあらゆる事柄を人々に分かってほしい。 自分がどこへ行きたいかを知っていて、諦めずに頑張れば、逆境から立ち直れることを人々に知ってほしい。 何度かノックダウンされたからと言って、諦めてはいけない。 監督のテイラー・ハックフォードは、1980年代後半にストーリーを書き上げていたが、映画化までに15年もの歳月を要することになった。 レイは常に製作過程において、自分の影の部分を避けないようにとテイラーに言った。 君はどんな話を伝えてもいいし、私をどのように見せても構わない。 でも、真実を語らない事だけは許されない。 それは正しい事ではないからね。 問題は誰がレイを演じるかだった。 テイラーはある日、レイのもとにジェイミー・フォックスを連れて行き引き合わせることにした。 ジェイミーは3歳でピアノを始め、その奨学金で大学に進んだ経歴の持ち主だった。 二人はピアノの前に座って一緒に弾き始めた。 ジェイミーはファンクとゴスペルっぽいものを。 レイはセロニアス・モンクのジャズを弾いた。 レイについてこれらないジェイミーに、「さあ、来い。 どうした? 君の指の下にあるものじゃないか」と厳しく言った。 レイは音楽に関しては完璧を求める人だったので、私が起用を諦めかけた時、ジェイミーがやっと弾けるようになり、レイが言った。 「そうだ、この子はできるじゃないか。 彼に決まりだ」と。 レイ本人が彼に役を与えたんだ。 ジェイミーはそれからというものの、レイ・チャールズを演じるために、仕草や喋り方など肉体的な特徴から真似ることを始めた。 点字のレッスンも受けた。 しかし、鍵はニュアンスだった。 単に真似るのではなく、精神的なものを捉えたかった。 撮影の時、目に特殊メイクがされていたから1日14時間、何も見えなかった。 暗闇の世界は慣れるまで大変だ。 まるで冷たいプールに飛び込むみたいな感触だ。 だけど一旦慣れると、音楽が強烈が身体に響くようになったんだ。 「貧乏も黒人も盲目も嫌だ。 だから自分を支配して自分の人生を作り直すんだ」とレイは言った。 彼の決意は明確だった。 レイにはある種のエネルギーやカリスマ性が備わっていて、そのおかげで人々が彼に誠実に接したのだと分かった。 ジェイミーはレイの中に完璧に入り込み、素晴らしい演技を見せた。 そしてアカデミー主演男優賞を受賞。 映画は1940年代後半、クラブでの演奏やツアー廻りでプロのミュージシャンとして活動を開始するレイのキャリア初期から、アトランティック・レコードと契約して伝説的なヒットを飛ばし、ABCパラマウントでの60年代の栄光と苦悩、79年にジョージア州議会がレイの名誉を回復して「Georgia on My Mind」を州歌に認定する日までを描く。 南部での母子家庭の貧困、少年時代に起こる弟の死とトラウマ、そして運命の失明。 あるいは人種差別、麻薬中毒、女性問題、音楽ビジネスなど、あらゆる真実を我々は知ることになる。 そんな中で挿入される母親との回想エピソードが感動的だ。 レイは何か辛いことがあると、いつも死別した母親の言葉を想い出した。 心に刻んで忘れなかった。 盲目だからといって人からお情けをもらうのではなく、どんな時も二本の足で立てる人間になりなさい。 レイ・チャールズは2004年6月10日に73歳で亡くなった。 同年8月には、おそらく最後になること予感しながら録音した遺作『Genius Loves Company』 ノラ・ジョーンズ、ボニー・レイット、ウィリー・ネルソン、ヴァン・モリソン、エルトン・ジョン、B. キングら12人とのデュエット がリリースされて大ヒット。 予告編.

次の

映画『ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ』公式サイト

レイ チャールズ 映画

ネタバレ! クリックして本文を読む 出だしで搾取を覆し、掴みはOKでした。 「自分で生計を立てる」、「搾取はされない」、「自分の音楽をやる」という強い意志を感じ、後は自分の中にあるものをアウトプットし続けるだけなので、目が見えない事は、成功にはあまり関係が無い気がしました。 成功し、中盤は仕事も勢いに乗り、ドラッグと女で生活が荒れて行く様は伝記ものの定番でしたが、レイに意図的にヘロインを供給し金を吸い上げ続けた者は描かれていないと思いました。 母が毒親と真逆なのが良かったですが、身内に麻薬中毒者がいれば、こうはならなかったのかと思ってしまいます。 長いので集中力が途切れやすかったですし、親友がおらず、あまり幸せそうでないのも寂しかったです。 レイ・チャールズは昔に売れた大御所歌手で、なぜかサザンの"いとしのエリー"をカバーし桑田佳祐って、凄いなぁ位に思っていたまま、、、時は経ち、、、。 本作はレンタルされた頃に評判も良く、流れに身を任せて観てみたが、思っていたイメージが覆されメチャクチャ不良じゃん!?R・チャールズは!とそれ以降、彼に魅了されっぱなしの今現在。 オープニングからの"What'd I Say"でテンションも上がり披露する場面でもテンションが上がり、J・フォックスが瓜二つな姿を素晴らしい演技で、お見事。 ニヤニヤした表情にクネクネした動き、イヤらしい程に感じる女性に対しての仕草など、格好良さが引き立っている。 そんな反面、弟に対して母親を慕う気持ちなど少年時代の彼の描写は、感動的でその都度に涙する。 R・チャールズの周りには、母親の影響か?常に強い女性が側に。 薬でも女でも家庭でもない、大事なのは音楽と改心させる奥さんの献身的な強さ。 本作を観なければ勘違いしたイメージのまま、死ぬまでR・チャールズを聴かなかった筈の自分が怖いし、とにかくこの作品に感謝しかない。

次の