ドラクエウォーク4章9話。 【ドラクエウォーク】7章4話さいはての塔 げんじかぶと×3の倒し方

【ドラクエウォーク】4章9話 ホークブリザードの攻略法!推奨Lv以下で倒せるおすすめスキル

ドラクエウォーク4章9話

ドラクエウォークの第5章9話「ボコタを追って」ではボス戦含めて3回戦う ドラクエウォークの第5章8話「水晶のひみつ」ではボス戦含めて3回戦う必要があります。 1戦目はキラーパンサー。 飛びかかってくる攻撃が強いですが、そこまで苦戦しませんでした。 2戦目はパペットマンとサイおとこ。 サイおとこは一見強そうですが、こちらもなんなくクリア。 ボスのエビルホークは一体ずつ麻痺らせて戦うと楽に勝てる 3戦目はボスのエビルホーク。 3体もいるよ〜。 とりあえず戦ってみることに。 エビルホークはスクルトで守備力を上げまくってきます。 ならば魔法で応戦しようとするも、魔法の耐性も強いです。 連続で引っ掻いてきたり、火炎の息でそれぞれに70ほどダメージを与えてきます。 基本的には主人公とサイトンは攻撃、リョコとメルティーは回復薬に回しています。 お気に入りの武器の「しばり打ち」で一体ずつ麻痺させながら戦っていきます。 他のボス戦と同様に、全員のHPを回復できる「」やベホイミで回復しつつ攻撃。 そこまで強い感じではなかったので、まさかの1回目で勝てちゃいました!! 嬉し〜っ!!!!! クリア報酬アイテムはこちら。 ゴールドがすごい量ですね。 第5章も残すところあと一話!導きのかけらは貯めておこう 残すところ第5章も残すところあと一話となりました。 ここまでくるのは大変でしたがあと少しです!! ただ導きのかけらがまったく足りない泣。 第5章は特に導きのかけらが必要になるので、こまめに貯めておきましょう!.

次の

【ドラクエウォーク】4章9話「ホークブリザード」攻略!メガンテの対策法!【DQウォーク】

ドラクエウォーク4章9話

9月12日のリリースから1週間で500万ダウンロードを突破、多くの有名人がどハマりしていることを公言するなど、話題のARゲームアプリ『ドラゴンクエストウォーク』(ドラクエウォーク)。 プレイヤーたちが順調に物語を進めていくなかで、第3章10話「再開の二人」に登場するボスキャラクター「キラーマシン」の凶悪な攻撃力に悲鳴が上がっていたが、次なる難所は4章9話「いつわりの姿」(推奨レベル38)だと思われる。 攻略後なのでクリア報酬が寂しい キラーマシン討伐後、特に詰まることなく、4章を攻略していった筆者。 久しぶりに全滅の憂き目にあったのが、4章9話のボス=ホークブリザード&ミニデーモン(2体)との一戦だった。 パーティの平均レベルは、推奨レベルより4低い34。 ホークブリザードの全体攻撃「こおりのいき」がなかなか痛く、即死攻撃「ザキ」が刺さるとリカバリーに追われたが、「まあ勝てるだろう」という展開だった。 しかし、両脇を固めるミニデーモンが落とし穴だった。 「こおりのいき」や「メラミ」も痛くはあるが、あともう少しで倒せる、という展開でパーティーの行動を回復に回したところ、飛んできたのは「メガンテ」。 そう、相手を道連れにする自爆呪文である。 全体大ダメージに加えて確率で即死効果もあるようで、筆者のパーティは4人中3人が犠牲になった。 さすがにそこからの立て直しはきかず、キラーマシン以来の全滅となった。 「モンスターずかん」で見るとかわいいのに さて、キラーマシンには「推奨レベルまで上げたうえで、補助呪文をかけまくって各個撃破」というストレートなリベンジを果たした筆者だが、今回はすぐに再戦することに。 つまり、強力すぎるメガンテには発動条件があるはずで、それは「ばくだんいわ」システム(体力が一定以下になると自爆する)の可能性が高いからだ。 そうであれば、対策が立てやすい。 パーティ構成は、特に考えずデフォルトの「戦士・武闘家・魔法使い・僧侶」。 まずは戦士と武闘家に、攻撃力アップのバイシオンを重ねがけしつつ、「ザキ」が鬱陶しいホークブリザードを叩く。 ときおり、全員が回復に回る局面もあったが、なんとか倒すことができた。 しかし、本番はここからだ。 ミニデーモンの一体を名前の表示がオレンジ色になるまで削り、相手の行動を一度挟んでから、一気呵成に単体最大ダメージの技を全員で叩き込み、倒しきる。 と、このような対策で無事クリアできた(事後に調べてみると、「オレンジ色でもメガンテを打ってくる」との声が見られるが、頻度は低そうだ)。 先行するプレイヤーたちのパーティにおいて、能力の成長が徐々に頭打ちになっていくなかで、キラーマシンのように「単純に強い」だけでなく、今後はこうした戦略が求められるボスキャラクターも増えていくかもしれず、それはそれで楽しみだ。

次の

【ドラクエウォーク】手放しちゃだめなこころ(クエスト・章/ストーリー)

ドラクエウォーク4章9話

回復アイテムの準備はしっかりと 僧侶だけでは回復が追いつかないので、事前に回復アイテムを大量に準備しておきましょう。 特に「いやしそう」と「特やくそう」は不足しがちなので最大まで集めておくのがおすすめです。 「かいふくスポット」を巡って「せかいじゅの若葉」を所持上限の5個集めてから挑むと良いでしょう。 混乱や眠りになったときに備えて、事前に「天使のすず」と「めざめの花」を用意しておきましょう。 どちらのアイテムも「かいふくスポット」と「」で入手できます。 うで試しをクリアしてロザリオを入手しておく 4章9話のボスは即死耐性を上げておくのが有効です。 「うで試しクエスト 推奨レベル35 」をクリアすると即死耐性が上昇するアクセ「」を入手できるので事前に入手しておくと良いでしょう。 4章9話のおすすめ装備 まもりのたてがたまねぎマン戦で活躍 1戦目の「たまねぎマン」の状態異常が厄介なので、「」で事前に防ぐのが有効です。 強力な武器を装備しているキャラや僧侶といったパーティの要となるキャラに優先的に装備させましょう。 まもりの盾を習得できるおすすめ装備 単体高火力武器がおすすめ ホークブリザード戦は「ミニデーモン」を1体倒すと戦闘がぐっと楽になります。 「メタスラの剣」の「メタルはやぶさ斬り」や「クリスタルクロー」の「ゴッドスマッシュ」といった強力な単体攻撃を習得できる武器を使いましょう。 単体高火力のおすすめ武器 全体回復ができる武器があると戦闘が安定する 4章9話は出現するモンスターすべてが全体攻撃をしてくるため、僧侶が「いやしのかぜ」を使って全体回復できると戦闘が安定しやすくなります。 「いやしのかぜ」を使える武器を所持している場合は僧侶に装備させましょう。 全体回復できる武器 ラリホーを習得できる武器が有効 3戦目は「ミニデーモン」と「ホークブリザード」のどちらにも「ラリホー」が有効です。 「ラリホー」が成功すると敵が数ターン行動できなくなり「ミニデーモン」の「メガンテ」対策にもなるため、魔法使いには「ラリホー」を習得できる武器を装備させましょう。 ラリホーを習得できる武器 4章9話の道中攻略 1戦目の状態異常はまもりの盾で防ごう 1戦目の「たまねぎマン」は 混乱や眠りを付与する全体攻撃が厄介です。 混乱や眠りはアイテムでも治せますが、全員が行動不能にならないように1ターン目は「」を使っておくのがおすすめです。 4章9話のボス戦攻略 敵の行動 ミニデーモン 通常攻撃 約50ダメージ メラミ 約90ダメージ メガンテ 全体に即死判定と約140ダメージ ホークブリザード 通常攻撃 約100ダメージ ザキ 単体に即死判定 こおりのいき 全体に約55ダメージ ヒャダルコ 全体に約55ダメージ ミニデーモン 通常攻撃 約50ダメージ メラミ 約90ダメージ メガンテ 全体に即死判定と約140ダメージ メガンテの対策をしよう 「ホークブリザード」戦で最も脅威なのは、「ミニデーモン」の「メガンテ」です。 「ミニデーモン」は HPが減少し名前が赤色になるあたりで「メガンテ」を使用します。 「メガンテ」は全体に140前後のダメージを与え即死判定もある凶悪な呪文なので対策が必要です。 「ミニデーモン」の名前が黄色になった時、HPを200以上に保てるように 僧侶以外の味方もアイテムで回復しましょう。 成功すると「メガンテ」を使用できなくなり、「ミニデーモン」の行動を1回無駄にできます。 習得できるこころを持っている場合は「マホトーン」で封印しましょう。 「ミニデーモン」の名前が黄色になったら「ラリホー」で眠らせて、眠っているうちに一気に倒しましょう。 「ミラーシールド」は「ルーンバックラー」と「プラチナトレイ」で習得でき、1度使用すると呪文を1回跳ね返すまで持続するので、余裕がある時に使用しておくと良いでしょう。 ただし「ミニデーモン」よりも「ホークブリザード」の方が素早さが高く先に行動するため、「メガンテ」を使用される前に「ヒャダルコ」や「ザキ」で剝がされることもあり、過信は禁物です。 ミラーシールドを習得できる武器.

次の