ロリー たと は。 ロリー・マクドナルド|アーティスト|音楽事務所ジャパン・アーツ

ロリーさんのプロフィール|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ロリー たと は

英ロンドン出身。 父は俳優のロイ・キニア、母は女優のカーメル・クライアン。 オックスフォード大学ベリオール・カレッジで英文学を専攻し、ロンドン・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アート(LAMDA)で演技を学ぶ。 2008年、「007」シリーズの22作目「慰めの報酬」のビル・タナー役で映画デビューを果たし、続く「スカイフォール」(12)、「スペクター」(15)でも同役を演じる。 12年の「ブロークン」(日本劇場未公開)で英インディペンデント・フィルム・アワードの最優秀助演男優賞を受賞した他、「カムバック!」や「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」(ともに14)に出演。 演劇でも、10年の「ハムレット」と「尺には尺を」の2作品でイブニング・スタンダード賞の最優秀主演男優賞を受賞し、13年の「オセロ」(13)では共演者のエイドリアン・レスターとともに同賞を分け合っただけでなく、ローレンス・オリビエ賞も受賞。 TVドラマでは、米SHOWTIMEのホラー「ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~」(14~)にメインキャストのひとりとして出演する他、J・K・ローリングのベストセラー小説を英BBCでミニシリーズ化した「The Casual Vacancy(原題)」(15)で主要キャラクターのバリー・フェアブラザーを演じた。 関連作品(映画)• 0 2020年11月20日公開予定• 1 2019年公開• 4 2019年公開• 3 2018年公開• 8 2018年公開• 8 2017年公開 関連作品(海外ドラマ)• - 写真・画像.

次の

ロリー・キニア

ロリー たと は

1973年2月、サード・アルバム『ブルー・プリント()』をリリース。 1973年11月、4thアルバム『タトゥー()』をリリース。 1974年7月、ライヴ・アルバム『ライヴ・イン・アイルランド()』(1974年1月2~4日録音)をリリース。 1975年10月、5thアルバム『アゲインスト・ザ・グレイン()』をリリース。 1976年10月、6thアルバム『コーリング・カード()』をリリース。 1978年10月、7thアルバム『フォト・フィニッシュ()』をリリース。 1979年9月、8thアルバム『トップ・プライオリティ()』をリリース。 1980年11月、ライヴ・アルバム『ステージ・ストラック()』(1979年11月~1980年7月録音)をリリース。 1982年5月、9thアルバム『ジンクス()』をリリース。 1987年7月、10thアルバム『ディフェンダー()』をリリース。 1990年5月、11thアルバム『フレッシュ・エヴィデンス()』をリリース。

次の

【ロリー・マキロイ クラブセッティング】2020年最新セッティング詳細|GolfTrend[ゴルフトレンド]

ロリー たと は

AORに を追加。 4」と「Sabotage」を追加。 スマートフォン版 携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。 I'm Not Awake Yet 2. Used to Be 3. Don't Know Where I'm Going 4. Maybe I Will 5. Whole Lot of People 6. In Your Town 7. Should've Learnt My Lesson 8. There's a Light 9. Out of My Mind 10. Crest of a Wave 11. Persuasion [Bonus Tracks] 2ndアルバム。 なかなか幅広い音楽性を聴ける作品で、名作のひとつと言われてます。 まず「I'm Not Awake Yet」はアイリッシュな響きで叙情的。 アコースティックを使ったギターソロがなかなか美しいです。 「Don't Know Where I'm Going」はギターとハーモニカだけを使ったカントリーな曲で、こういうロック以外な面での歌や演奏も素晴らしい。 「In Your Town」はお得のブルース曲。 スライドギターを多様した曲で、滑らかプレイによるギターの響きが非常に心地よい。 「Should've Learnt My Lesson」はスローなブルース曲。 渋い歌いっぷりやプレイはクラプトンに負けていない。 ややアップテンポな「There's A Light」ではギターソロでピッキングハーモニクスを多様したプレイが聴け、なかなか魂が揺さぶられる感じがします。 「Crest Of A Wave」はややヘヴィな感じだが、ここでも素晴らしいスライドギターが聴ける。 Messin' with the Kid 2. Laundromat 3. I Could've Had Religion 4. Pistol Slapper Blues 5. Going to My Home Town 6. In Your Town 7. What in the World [Bonus Tracks] 8. Hoodoo Man [Bonus Tracks] 9. Bullfrog Blues 初ライヴ・アルバム。 このライヴ・アルバムで人気を決定付け、いよいよ黄金期に入る。 ライヴならではのソウルフルな演奏が楽しめ、テイスト時代からソロ初期の集大成的なアルバムです。 ロリーのギターはうまいし歌いっぷりもいい。 たぶんこのアルバムを聴いたすべての人は感動したんじゃないだろうか? ストラトキャスターでの演奏の他、アコギ、リゾネーターギター、マンドリンでの演奏も評価が高い。 歌いつつも丁寧な演奏にほんと感心する。 当時はたくさん素晴らしいギタリストが登場してた時期だが、同年のメロディメイカー誌でそういったギタリストを押さえてベスト・ギタリスト部門で1位になりました。 ブルース・ロックに興味を持ったらまず聴いてほしい1枚です。 Tattoo'd Lady 2. Cradle Rock 3. They Don't Make Them Like You Anymore 5. Livin' Like a Trucker 6. Sleep on a Clothes-Line 7. Who's That Coming? Million Miles Away 9. Admit It Bonus Tracks 10. Tucson, Arizona 11. Just a Little Bit 4thアルバム。 若干ブルース要素の少ない曲が出始めた頃で、初心者にはこの辺からが聴きやすいかと思う。 このアルバムは捨て曲無くロリーの様々な面が聴ける名作の一つです。 まず哀愁漂う「Tattoo'd Lady」で幕を開ける。 ウェットなメロディーや泣きのギターが心に染みる曲で代表曲の1つでもあります。 「Cradle Rock」は元気の良いブルージーなロック。 「20:20 Vision」はアコギでゆったりとしたブルージーな曲。 リラックスなムードが非常にいいです。 「They Don't Make Them Like You Anymore」は酒が合いそうなジャジーな曲。 メロディーがいいし、こういう曲もできるんだなと感心する。 「Sleep On A Clothes-Line」はブルース色濃い曲だが、曲の展開がロリーらしいメロディックな感じになっている。 「A Million Miles Away」はアダルトな雰囲気のミドル・テンポ曲。 ピアノと枯れたサウンドのギターの音が耳に心地よく、ロリーの歌声もまたいい。 Cradle Rock 2. I Wonder Who 3. Tattoo'd Lady 4. Too Much Alcohol 5. As the Crow Flies 6. Million Miles Away 7. Walk on Hot Coals 8. Who's That Coming? Back on My Stompin' Ground After Hours 10. Maritime 4th「Tattoo」発表後のライヴ・アルバム。 前ライヴ・アルバムから間は少ないが、収録曲が重なってないとこが嬉しい。 前ライヴ・アルバムと同じく本領発揮といった感じの演奏でこれまた名ライヴ・アルバムです。 当時はロリーの故郷である北アイルランドは紛争の真っ最中で、ミュージシャンは誰一人そこへ行こうとしなかったほどです。 このことでメディアは「ロリーはベルファストを見捨てなかった」と感謝の意を表している。 Do You Read Me 2. Country Mile 3. Moonchild 4. Calling Card 5. I'll Admit You're Gone 6. Secret Agent 7. Jacknife Beat 8. Edged in Blue 9. Barley and Grape Rag 10. Rue the Day [Bonus Tracks] 11. Public Enemy No. 1 [Bonus Tracks] ディープ・パープルのベーシスト、ロジャー・グローヴァーをプロデューサーに迎えた8作目で、「Tattoo」と並ぶ代表作のひとつです。 ブルース色濃い曲は少ないですが、非常にパワフルで生々しい音の作品に仕上がってます。 ロジャーが関わってることもあってか、まとまり良く完成度も高いですね。 まずはストレートで渋いロック「Do You Read Me」。 「Country Mile」はハードブギーなアップテンポの曲でノリが良い。 「Moonchild」はロジャーの影響かディープ・パープル的な面が感じられる曲。 印象的なリフやメロディーがけっこう耳に残ります。 スローでブルージーな「Calling Card」はかなり渋い。 心地よいピッキングの音が非常にいいですね。 「Secret Agent」はブリティッシュ・ハードロックな曲でけっこうハードなほう。 ボトルネック奏法が吠えまくってます。 ノリ良く心地よいメロディーでこの作品の中ではかなり好きなほうです。

次の