れんげ の ごとく。 キョウコとの再会にほっこりする~「ネコと昼寝 れんげ荘物語/群ようこ」 : Worlds end ~セミリタイアな日々~

歌詞サイトの曲の歌詞を印刷する方法(Excel&スクリーンショット編)

れんげ の ごとく

荻窪にあるラーメン屋「旨辛麺 かつくに」に行ってきた。 JR・東京メトロの荻窪駅南口から徒歩3分ほどの場所にお店はある。 入口の上にある、電飾の付いた真新しい看板が目印。 お店に着いたのはオープン初日(2020年6月2日)の12時40分頃。 到着時点でお店の前には10人のお客さんが待っていた。 列に並ぶ前に食券を買う方式だったので、店内に入り、食券を購入。 「旨辛かつくに」がスタンダードなメニューのようである。 辛さは11段階から選ぶことができ、0~4辛と5~10辛では値段が異なる。 初回なので「旨辛かつくに」の0~4辛を購入。 お値段は880円で、少し高めの水準だろうか。 食券を買って外の列で並んでいると、お店の方が来て辛さのレベル(0~4辛)とモヤシの大盛り、ライスの有無を聞いてくれた。 モヤシとライスは無料のサービスとなっている。 10人とは言ってもラーメン屋なのですぐ呼ばれると思っていたが、お店に入れたのは並び始めてから30分近く経った頃だった。 席はすべてカウンター席で10席弱。 結構間隔が開いていたので、コロナ対策仕様なのかもしれないと思いつつ座る。 また、お客さんは基本的に1席おきに案内されていて、これが回転が遅かった一因のようである。 席についてから約15分でラーメンが提供された。 初日でドタバタしている印象はあったが、先に食券を買っていることも考えると、ラーメン屋としては遅すぎるかなという印象。 昼休みの会社員などもターゲットにするのであれば提供を早めたほうが良いと思う。 さて、今回注文した「旨辛かつくに」 辛さは0辛、モヤシは大盛りにしてもらった。 日本初の女性プロデュースによる女性目線のラーメンということで、もっと軽い感じを想像していたのだが、意外にも重量感のある見た目のラーメンが出てきた。 トッピングは大量のモヤシと数枚のチャーシュー、味玉、メンマ。 まずはスープからいただく。 味噌の味が結構強く出ている。 見た目に反してさらっとした舌触り。 「0辛でもピリ辛です」という説明を見てとりあえず0辛にしてみたが、本当に「ピリ辛」程度の辛さだったので、辛いものが大得意というわけじゃなくてもある程度辛さは増して良いと思う。 麺は太めのストレート。 分量も結構あって食べごたえがある。 チャーシューは炭火焼きのような香りがする脂多めのもの。 薄めのカットだがボリューム感はなかなか。 全体としては、スープはあっさり目だが、具材や麺のおかげで満腹感は感じられ、バランスが取れていると感じた。 提供スピードの遅さや、ライスが最後まで忘れ去られているなど、お店の運営面ではまだ慣れていない感じがしたが、店主がかなり頑張っているのが見て取れたので、今後に期待したい。 次回の訪問では他の辛さや、つけ麺等も試してみようと思う。

次の

【排骨担々 五ノ井】(神保町) 閉店した渋谷「亜寿加」の流れをひく絶品パイクー担々麺

れんげ の ごとく

仏教に欠かすことができない蓮の花 お寺に安置される仏像が蓮の花の上に乗っている姿を見た事がある方も多いかと思います。 蓮の花は仏教と密接に関係していて、釈迦の教えが込められた神聖な花とされています。 大乗仏教の経典の一つ「阿弥陀経(あみだぎょう)」というお経の中に読まれた「蓮華の五徳(れんげのごとく)」に蓮の花の五つの特徴が示されています。 仏教ではこの五徳が仏の道を歩む上で正しい姿だという教えがあります。 仏教では蓮が花を咲かせる様子を悟りの道と捉えて、苦労や悲しみがないと人間は悟ることができない、大輪の花を咲かせることができないと考えられてきました。 特に、女性の生き方として、「蓮の花」のような女性が求められ、高貴で美しいうえに、困難にも負けず、汚れたものにも染まらずに、美しく花を咲かせるということが何よりも素晴らしいとゆうことで、皇后になる者に求められた資質だったようです。 釈迦が蓮の花を高く掲げ、無言で伝えたのには、「この蓮の花が全て語っている」ということなのでしょう。 それを理解して、微笑で返した弟子だけに仏法を伝えたと言われます。 蓮の花の花ことばに「雄弁」というのもありますが、これは「多くを語らない雄弁さ」ではないでしょうか? また、産まれたばかりの釈迦が歩いた足跡から蓮の花が咲いたとの言い伝えもあり、特に仏教信仰が厚い国では神聖な花とされています。 蓮の花が持つ意味やイメージ 古代中国では、「俗人に染まらぬ、君子の花」とされ、これは、俗人に染まらぬ清らかさの意味があるようです。 インドでは、極楽浄土は蓮の花の形と言われ、インドの数々の神様と一緒にモチーフとしてたびたび登場し、エジプトでも神聖な花とされて、ツタンカーメン王の墓からも、蓮の花をモチーフとした装飾品が出土しています。 蓮の花は、信仰の厚い国々で幅広く愛されている花で、見るだけで心が洗われ、救われる花なのでしょう。 そのように生きたい、どんなに苦労があっても、いつかは美しい花を咲かせたいと願う人々の想いを反映した花と言えます。 また、地中で互いに根を絡ませながら群生することから、中国では新郎夫婦に贈る「夫婦円満を願う花」の定番としても知られています。 日本では蓮は縁起が悪い? 中国やインドでは神聖な花として知られる蓮ですが、日本では逆に縁起が良くないものとして扱われる事が多いようです。 日本でも仏教が広く信仰されているのになぜでしょうか。 その理由は日本独特の宗教観(仏教観)によるものです。 本来の仏陀(仏)とは「悟りを開いた者」という意味ですが、日本では「亡なった人」という意味合いが強く、日本における仏教とは死者のためのものという考え方が一般的。 その理由として亡くなった方を「仏さん」と呼ぶのは日本固有の文化です。 このことから仏教の象徴的な花である蓮も「お葬式の花」といったイメージが強く、縁起物とはなりません。 一方で「蓮根」は縁起の良い食べ物 蓮の花はお葬式の花というイメージが強いですが、その根である「蓮根(レンコン)」はお正月のおせち料理の定番の一品としてよく知られています。 レンコンが縁起の良い理由はその形です。 たくさんの穴があいている事から、先を見通せるという意味や節があることで、人生の節目になぞらえて、未来を願うめでたい縁起物として好まれています。 レンコンの花である蓮は縁起が悪いのになんだか変な感じもしますが、古くから伝統的に食されてきた野菜の一つ。 日本独自の蓮の解釈 蓮が縁起が悪いとされている国は珍しく、日本独特な宗教観によるものであると考えられています。 とはいえ、蓮の花は大変美しく、国内に広く群生しており、開花を迎える夏には各地で見物客で賑わいます。 縁起が良い悪い抜きにして花の美しさを愉しむのも良いでしょう。

次の

渋谷 排骨担々麺 Renge no Gotoku(れんげのごとく)閉店した亜寿加の店長が満を持してオープン

れんげ の ごとく

もくじ• 立地・駐車場など 場所は渋谷区。 渋谷駅南口から徒歩4〜5分くらいの場所に位置します。 店前に大きな看板が見えるわけでは無いので、遠くからではお店の確認は難しいかも。 排骨坦々麺は渋谷のソウルフードなんです? こちらのお店は、1968年から2018年まで渋谷で人気を博した「亜寿加」の店主さんが新たに運営する店舗。 この日を待っていたファンも少なく無いのでは? 店構えやデザインはオシャレ。 それなりに混雑していましたが、回転はまぁまぁ早く早めに店内に入ることができました。 店内レイアウト・環境・コンセプト 券売機にたくさんのメニューが並びます。 排骨と表記があったり、パイクーと表記があったりの違いはなんでしょうか? 店内はカウンターオンリーの16席ほど。 席の間はそれほど広さはありません。 ただし、店主さん中心に活気がすごい!接客に力を入れているのがよくわかります! ライスは終日一杯無料。 卓上調味料は胡椒・酢・自家製ラー油。 プラス、高菜も卓上にあり食べ放題。 排骨坦々麺 980円 【 排骨坦々麺 98 0 円 】 着丼です。 トッピングには、排骨・青梗菜のみと極めてシンプル。 スープは粘度はなく、さらりとした清湯系。 口に含むと想定外の酸味が・・・ 一瞬戸惑うものの、飲み進めていくとその坦々麺の世界観に入り込んでいきます。 麺は中細タイプ。 しっかりコシがあり、独特の坦々スープによく合います。 排骨は薄切りではありますが、量が結構多い! カラッと揚げられていて、排骨ファンなら歓喜必死! 好みに応じて、卓上の酢や自家製ラー油を混ぜ合わせると面白い! 初めは「ん?」と思ったけれど、食べ進めるにつれて癖になる要素のある美味しい排骨坦々麺でした。 ごちそうさまでした。

次の