アホエン 効果。 ニンニクの驚くべき効能!疲労回復や生活習慣病改善にも効果あり!

アホエンは尿酸値を下げるだけじゃない驚異的なニンニクオイル!

アホエン 効果

アホエンとは アホエンとは、ニンニクに含まれてるアリシンが、低温の油脂の中で変化した成分で、抗酸化物質であるイオン化合物の一種です。 アホエンは生のニンニクには含まれているのではなく、あくまでニンニクに含まれてるアリシンが低温の油脂の中で変化した成分なのです。 アホエンとはおもしろい名前ですが、その語源は、スペイン語のにんにくを意味する ajo アホ)からajoene(アホエン)と名づけられたそうです。 アホエンの効能・効果 ニンニクの含有成分であるアリシンは、体内でビタミンB1とけ都合するとアリチアミンに変化し、B1の吸収を促しエネルギーを効率よく消費し、新陳代謝を高めて疲労物質をすみやかに体外に排出するので 疲労回復に効果をもたらします。 また、アリシンには強力な殺菌力や抗酸化力があり、天然の抗生物質ともいわれています。 しかし、アリシンの欠点は、非常に不安定なことで、体内に入ると他の物質に変わったりしてしまいます。 アホエンはアリシンを中心とするニンニクの栄養成分を受け継いでいて、しかもアリシンに比べ体内に入ってからも安定しており長続きします。 さらに独特の臭いがないことや、胃を荒らすなどの副作用が起こりにくいことなど、多くの利点をもっています。 アホエンは、1984年に 血小板凝集抑制作用があることが発見されました。 その後の動物実験で、アホエンには神経細胞の突起をふやして脳を活性化させ、 老化を防止することがわかり話題となっている成分です。 以下にアホエンの主な効能をまとめておきます。 脳の活性化(脳の老化を予防)物忘れボケ予防風邪などの感染症を防ぐ。 免疫力を高める• 心筋梗塞、脳梗塞予防• 血圧をさげる• コレステロール値を低下• 痛風予防(尿酸値の正常化)• ガンを予防 スポンサードリンク アホエンの摂取法 アホエンを手軽に摂取するにはやはりアホエンを含んだサプリメントが一番です。 難しいことはいわず、買ってきて飲むだけですからね。 形状はそれぞれの製品によって違いますが、ニンニクを食べた時のようなニオイもしないのでいつでもどこでも飲めますね。 アホエンオイルを作ってみる アホエンを摂るためにアホエンオイルを自分で作ることもできます。 簡単にできますのでチャレンジしてみたらいかがでしょう。 にんにく 2片• エキストラバージンオリーブオイル 100cc• 小さめの鍋• 耐熱グラス 作り方• 鍋でお湯を沸かし、耐熱性のコップにオリーブオイルを注いで湯煎します。 にんにくをみじん切りにします。 オイルが冷めたら、にんにくをこします。 1か月ほどで食べきりましょう。 アホエンオイルを作る時は、 オイルの温度を100度以上にするとアホエンが壊れてしまうので、温度に注意しましょう。 1日小さじ1~2杯を摂取します。 サラダにかけたり、料理の仕上げにかけたりしてたべるのがおすすめです。 お好みでどうぞ。 アホエンは熱に弱いので、 調理でオイルに熱を加えないことが重要です。 -NEVERまとめ アホエンご利用上の注意点(副作用)• アホエンは多めに採っても副作用がほとんどないとされています。 アホエンの摂取にニンニクを用いる時は食べ過ぎに注意して下さい。 下痢や胃腸不良になる可能性があります。

次の

抗腫瘍効果のあるアホエンオイルの効果的で簡単な作り方。

アホエン 効果

アホエンオイルで脳の活性化! 「アホエン」とは? 「アホエン」はニンニクに含まれる成分の一つなのですが、ふつうにニンニクを食べても摂取することはできません。 脳の活性化だけじゃない「アホエン」を摂取するとこれでもか!という効果が期待 一番の効果は記憶力がアップし、脳の活性化、ボケ(痴呆症)の防止にも効果があると言われています。 それ以外にも・・・• 血液サラサラ(動脈硬化防止、血栓予防、心臓病・脳梗塞の危険性の減少)• 血管を丈夫にして動脈硬化を予防する• コレステロール値を正常化• 尿酸値を下げる• 中性脂肪をへらす• 高血圧抑制• 通風の予防• ガンの腫瘍の形成の抑制• 抗菌作用(カンジダ症の予防や水虫の治療など)• ぜんそくの予防• HIV感染予防• 疲労・ストレス回復• 活性酸素の減少により肌の美容効果 と、これでもか!と思うほどの効果が期待できます。 アホエンオイルの作り方 【用意するもの】• オリーブオイル 100cc(エキストラバージンオイルがオススメ、米油・植物油でもOK)• 耐熱性コップ• 保存容器 【手順】• 鍋にお湯を沸かし、耐熱性のコップにオリーブオイルを入れて湯煎して温めます。 にんにくを薄くスライスするか、みじん切り、またはすり潰します。 オイル全体が冷めてきたら、にんにくを濾して取り除いて完成です。 アホエンオイルは、多く摂り過ぎても問題はありませんが、一日小さじ一杯程度の摂取で十分です。 アホエンオイルは、生野菜や、たれ類、調理済みの料理などにかけることが基本で、「アホエン」を消滅させないためにも、加熱することは避けてください。 保管は冷暗所で、一ヶ月は持ちます。

次の

アホエン

アホエン 効果

アホエンはニンニクに含まれている化合物の1つで、血小板凝集抑制作用があるとして1984年に発見されて非常に話題になった成分です。 アホエンという呼び名はスペイン語のニンニク意味するajo アホ)がその由来となっています。 アホエンオイルは、良質のオリーブ油(エクストラバージンオイル)を60〜80度Cに温め、ニンニクを入れてその成分を抽出したもので、特に、脳の活力を高め、老化防止に高価が期待されることが知られています。 ほんの少量を摂取するだけで有効成分が吸収され易いのが特徴です。 ご家庭でも簡単に作れますので、インターネットなどを参考に、ぜひ、ご活用下さい。 ニンニクは食物の王様、もっとも高い免疫効果。 もちろんその評価は高く、ガン予防のみならず、老化防止などでも期待されています。 ニンニクに含まれているガルリシン、セレンは、ガンの発生を防ぐ。 ガルリシンはT細胞を活性化させ、免疫力を高める。 ニンニクは抗酸化作用があり老化防止。 ニンニクは血糖値を低下させるほか、悪玉コレステロール値も低下させる。 ニンニクは血小板が固まるのを防ぎ、血液をサラサラにします。 ニンニクは肝臓を保護し肺を守り、気管支炎やぜんそく症状を緩和する。 アホエンオイルのニンニクは脳細胞を活性化させる。 ニンニクは大腸菌に対し強力な殺菌作用が極めて強い。 高血圧、高血糖、高脂血豆、冠動脈の血管硬化の治療効果が期待される。 アホエン養分は、胸腺や肺臓の重量と臓器の指数を高める効果がある。 これはリンパ器官の細胞を増殖させる。 ニンニクはリンパ球の若返りを回復。 中国の医療チームが、ウガンダのエイズ患者にニンニクを使った治療で症状が明らかに改善された。

次の