結婚式 欠席 マナー。 結婚式の欠席理由はどうする?マナー違反にならない対応を紹介するよ!

結婚式を欠席…失礼のない結婚式招待状の返信マナーは? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

結婚式 欠席 マナー

<目次>• 先に予定が決まっていたら…… 半年前から計画を練って楽しみにしていた海外旅行と結婚式の招待が重なってしまった!なんていう時は、出席するか欠席するか、かなり悩みますよね。 予定を変更できるものなら変更したほうがよいのですが、長期の休暇を取っていく海外旅行の場合、なかなかそうも行かないはず。 旅行の計画を取りやめて結婚式に出席するか、結婚式は欠席して旅行に出かけるか、この場合、正解はないと思います。 たとえば、友人と一緒に行く計画で、すでにツアーなどを申し込んでしまっているような場合には、旅行を取りやめると友人にも迷惑がかかってしまいますので、結婚式を欠席するという方向になるのかなと思います。 ただ、理由が理由ですので、招待した側は「私の結婚式よりも旅行のほうが大切なのね」と思うことは確実。 よほど上手に説明しない限りはその後の人間関係にヒビが入る恐れも……。 もちろん、招待状には本当の理由は書きませんが、どこからか情報は相手に伝わるものと考えておいたほうがいいでしょう。 身内の不幸があったばかり 父母や兄弟姉妹が亡くなった直後などに結婚式の招待状が届いたら、どうすればよいのでしょうか。 身内の不幸の場合は、喪が明ける四十九日を過ぎるまでお祝い事には出席しないのが一般的なマナーです。 結婚式の日付が四十九日を過ぎているというのなら、出席しても問題はありません。 ただ、身内をなくした心の傷が深く、とてもお祝い事に出席する気持ちにはなれないというのであれば、四十九日を過ぎていたとしても欠席して構わないと思います。 このケースで欠席する場合も、理由をはっきりと書く必要はありません。 「ご結婚おめでとうございます お招きいただきどうもありがとうございます やむを得ない事情により欠席させていただきます」と書き添えておきます。 微妙な人からのご招待 微妙な関係の人からの招待はどうするべきか? 「えっ?なんでこの人から招待状?」という話、意外によくききます。 ここ5年は年賀状のやり取りしかしていなかった学生時代のサークル仲間、挨拶を交わす程度の付き合いしかない同僚、仕事上でしか接点がない取引先etc. まあ、招待する側にもいろいろ事情があるのでしょうが、突然招待されても困ってしまいますよね。 結婚式に出席するには、当然ご祝儀が必要になってきます。 「あまり親しくない人のためにご祝儀は払いたくない」というのであれば、欠席しても構わないのではないかと思います。 このケースで欠席する場合、理由をストレートに書くわけにはいかないので、「どうしても都合がつかず」とか「残念ながら先約があり」と理由をぼかして、お祝いの言葉とともに書き添えるといいと思います。 お金がないのでできれば欠席したい 遠方での結婚式、あるいはリゾートウエディングや海外ウエディングなどは、交通費や宿泊費がどうなるのかは気になるところ。 遠方から出席する人の交通費や宿泊費については、新郎新婦側が全額負担するのがマナーといわれていますが、費用負担が膨大になる場合は一部しか負担してくれないこともあります。 また、リゾートウエディングや海外ウエディングの場合、「旅行も兼ねてよかったら来てもらえないか」というスタンスを新郎新婦がとる場合、交通費や宿泊費は招待客が負担するということも。 ご祝儀に加え、交通費や宿泊費まで負担するのは、家計的にちょっと厳しいというのであれば、欠席を選択しても構わないでしょう。 とくに、海外ウエディングの場合は、スケジュール調整などハードルが高いため、欠席をしたとしてもそれほど恐縮するほどではないと思います。 なお、遠方からの出席の場合、交通費や宿泊費を負担してくれるかどうか、新郎新婦側が申し出てくれないこともあります。 こちらからはなかなか聞きにくいものですから、申し出がない場合は、自分で負担することを覚悟したほうがいいと思います。 あるいは、「こちらで新幹線のチケットや宿泊ホテルを手配してしまってかまいませんか?」と聞いてしまうのもひとつの方法。 「こちらのほうで手配します」という答えが返ってくれば費用は負担してくれるということですし、「そちらでご手配よろしくお願いします」と言われれば、費用はこちら持ちということになるのではないでしょうか。 さて、この場合の招待状の返信は、「どうしても都合がつかず」とか「残念ながら先約があり」で大丈夫でしょう。 欠席しようかどうか迷っている場合は…… 出席か欠席か悩む場合はまず連絡を 出席するにしろ、欠席するにしろ、招待状はなるべく早めに返信するのが礼儀です。 でも、出席しようか、欠席しようか、迷いに迷ってなかなか結論が出せな~い!という時には、返事を待ってもらってもいいと思います。 その場合は、取り急ぎ相手に電話をして、「スケジュールがあいまいで出欠が決められないのですが、お返事はいつまで待っていただけますか?」と確認します。 なお、一度出席すると返事をした後で、「やっぱりや~めた」というのは、相手に大変迷惑がかかりますので絶対にやめましょう。 そして、「出席する」と決めたら、晴れやかな気持ちで結婚式に臨むこと。 「ホントは来たくなかったんだよね~」という気持ちでは、お互いに不幸ですから。 文章には句読点は入れないで では最後に、招待状の返信の注意点を一つ。 それだけでは味気ないのでメッセージを添えるわけですが、メッセージを書く場合は句読点は入れないようにします。 これは「お祝い事には区切りをつけない」というところからきています。 句読点を入れる部分は一字あけにして、読みやすいように。 また、段落の一字下げもしません。 *欠席時のご祝儀については、こちらの記事をチェック! 【関連記事】•

次の

結婚式の欠席マナーと気持ちが伝わる伝え方・断り方【お呼ばれ編】

結婚式 欠席 マナー

この記事では、 結婚式を欠席する時の理由とキャンセルメールの例文について紹介します。 今年もの季節がやってきますね。 キラキラとしたお友だちの幸せな便りとともに、結婚式や披露パーティーの案内状が届くころではないでしょうか。 「おめでとう!しあわせになってね!」という気持ちはあるものの、 どうしても結婚式には出席できない事情があるときや、気が進まないときってありますよね。 私にも経験がありますが20代半ばから後半のころは、友人や会社の先輩後輩だけでなく、おまけに親戚までも結婚ラッシュでした。 そのころ私といえば、まだまだ子どもにも手がかかるときでしたので、結婚式だけでなく、披露宴にもなかなか出席することができませんでした。 出席ができないことが「もうしわけない」ということと、どうやってこのことを伝えようかと、 返信やお詫びにとても苦心した覚えがあります。 今回は、どうしても欠席しなければならないあなたに、「失礼にならない言いわけ」と「欠席の返事をするための例文」をご紹介いたします。 友人の結婚式を欠席するのに失礼のない理由とマナーある断り方 「結婚式に出席できない」というケースはわりと普通にあるようなのですが、 ストレートに言ってしまうと、お相手に対して失礼になってしまう場合もあります。 ここでは失礼にあたらず、 角もたたない「言い訳」と「伝え方」がとても大切になります。 正直に伝えてもいい結婚式の欠席の言い訳 ゲストにとって「ポジティブ」な理由の場合は、伝えてもいいです。 結婚式を欠席する理由その1:仕事 お仕事をされている方なら、これが一番角がたたずにいい理由ですね。 仕事をしている方なら誰でも発生しうる事だからです。 「どうしても外せない事由」を添えてお伝えしましょう。 結婚式を欠席する理由その2:妊娠、出産 これは事実でないと伝えられない理由にはなります。 相手の方にとっても妊娠や出産はこれから起こりうることなので、素直に受け止めてもらえます。 たとえ妊娠初期でもつわりが酷くて何も食べられず、入院するケースもあるので本当にツライ場合は、症状も含めはっきり伝える事をおすすめします。 結婚式を欠席する理由その3:子どもの体調や行事など ひとりで置いていけない年齢のお子さまでしたら、十分な理由になります。 「当日、預けられる人がいない」や「子どもの体調がすぐれない」ということも言いわけになります。 また、小学生以上のお子さまでも、「 学校行事と重なってしまった」もよくある事ですね。 結婚式を欠席する理由その4:結婚式の日程のかぶり その他、意外とあるあるなのが 「結婚式が重なってしまった」です。 結婚式って、お日がらをみておこなう方が多いので、「大安」の土日だと日本中の至る所で結婚式がされています。 これらは、お相手にも納得していただけるような「言いわけ」ではありますが、都合がつかないことはしっかりお詫びをし、お祝いの品やご祝儀は別の機会に渡すようにする方がいいです。 断りたい場合でも正直に伝えない方がいい結婚式の欠席の言い訳 結婚式に「水をさす」ような理由の場合は、ストレートに伝えるのは控えましょう。 「都合により行けない」とぼやかして伝えることがおすすめです。 結婚式を欠席するダメな理由その1:本人の体調不良 「体調不良について」は、お相手の方との関係性にもよると思いますが、一般的には伝えない方がいいです。 自分にとっては本当につらい病気でも、 なかなか相手には伝わりにくく理解されにくいです。 この時も、別の理由か「都合により」とぼやかしておくといいでしょう。 結婚式を欠席するダメな理由その2:金銭的な問題 「金銭的なこと」は、やはり関係性にもよりますが、なかなかストレートには伝えづらいですよね。 たとえ、多数の結婚式が重なり、生活していくのが苦しいとしても、 結婚式をする友人からは納得してもらえないでしょう。 この時も同じように別の理由か「都合により」とお伝えすることがいいですね。 結婚式を欠席するダメな理由その3:元彼・元彼など男女関係 元カレ、元カノには会いたくないから行きたくない、というパターンですね。 こういった「男女関係」などに関する欠席は、ご友人関係や同級生のご結婚の時には、たまにあるようです。 これも、理由にはならないので「都合により」とお伝えしましょう。 結婚式を欠席するダメな理由その4:忌みごと その他、「忌みごと」も、喪が明けるまでは慶事ごとを避けることが一般的です。 ストレートにお伝えすることは控え、「都合により」とお伝えすることがいいでしょう。 そして返信ハガキには、ひとことそえて返信したいものです。 そこで次に、返信するメールやLINEの例文をいくつか紹介していきますので、参考にしてみてください。 結婚式や披露宴を欠席する時のお詫びメールやLINEの文例!理由別の例文集 案内状には、「都合により欠席」と記入することで返信できますが、やはり、お詫びの言葉をそえてお断りをするのも、社会人としてのマナーになります。 メールやLINEなどで事前にお詫びのメールを送ったのち、欠席の返信ハガキが相手に届くようにしましょう。 そんなメールやLINEを送る際の「理由別のお断りメール文例」をご紹介いたします。 【仕事を理由にする場合の例】 お招きいただきありがとういございます。 当日は大切な仕事のイベントが重なり欠席させていただきます。 会場の都合があるため、イベントの日程を変更できないことご理解下さい。 この度はご結婚おめでとうございます。 【妊娠、出産などを理由にする場合の例】 ご結婚おめでとうございます。 せっかくお招きいただきましたが、子供から手を離せない状況ですので残念ながら欠席させていただきます。 お祝いの品を用意しましたので、気にいっていただけると嬉しいです。 【結婚式が重なってしまったことを理由にする場合の例】 お招きいただきありがとういございます。 あいにく親戚の結婚式と重なりまして、残念ながら欠席させていただきます。 末長い幸せをお祈り申し上げます。 ご結婚おめでとうございます。 【理由をストレートに伝えられない場合の例】 ご結婚おめでとうございます。 せっかくお招きいただいたのですが、やむ得ない事情により残念ですが欠席させていただきます。 別途、電報を贈らさせていただきますのでよろしくお願いいたします。 ご自身の行けなくなった理由に近い例があったら、参考にしてみてくださいね。 また、結婚式不参加のメールを送っただけでは不安な場合には、結婚式に参加せずともご祝儀や電報だけ送るのもありですので、今後の友達との関係も考えて検討してみてください。

次の

結婚式の欠席マナーについて教えください。

結婚式 欠席 マナー

01|結婚式に欠席するときの 連絡マナーとは? 結婚式をする人の立場になって考えて できるだけ早く、直接おわびを伝える 結婚式は、新郎新婦にとって人生のビッグイベント。 その式に招きたいと思ってくれたことに、まず感謝する気持ちが大切です。 欠席しなければならないときも、結婚式をする人の立場になって考えましょう。 s 欠席することが早めに分かれば、他の人に声を掛けられます e。 日を置いてからでは、次に声を掛ける人に誰か欠席した人の代わりと思われかねません。 欠席するときは、 s 電話を入れて直接自分の言葉でおわびを伝えます e。 欠席の理由は仕事や出張、海外旅行など前もって決まっていることであれば、理由をきちんと伝えます。 s 法事など悲しみ事や縁起の良いことでない場合は、理由をあいまいに e しておきます。 返信はがきを送る前にメールや電話で連絡をして s 招待状を送る前に打診されたときに欠席するつもりなら、その際に伝えます e。 s 招待状を受け取った後に出席できなくなったときには、できるだけ早く伝えることが大切 e です。 分かった時点ですぐに電話かメールをします。 ゲストを選び直すのはとても大変なので、 s 半日でも数時間でも早く伝える e ようにしましょう。 欠席の理由としては、出張や旅行、法事や祭事などさまざまあると思いますが、悲しみ事の場合は「やむを得ない事情で」とあいまいにしておきます。 その後に返信はがきでも残念な気持ちを伝えます。 予定はないものの行く気持ちがない場合は、予定があるかのように伝えるのが思いやりです。 「ご結婚おめでとうございます。 お招きいただいてありがとうございます。 せっかくお声掛けいただいたのに、その日はあいにく先約がありまして……お伺いできず本当に残念です」と伝えましょう。

次の