ルシ hl。 ルシファーHL 闇属性攻略まとめ【グラブル攻略】

【グラブル】ルシファーHL攻略メモ~土属性編成と立ち回り ~

ルシ hl

青石を引き、モバミじゃんけんでも1勝が限界ですこんばんは。 前回の記事が水十天衆の話で、そこでルシHLに挑みたいならカトル優先という話をしました。 そこで今回はルシに挑むに当たり最も気楽な水属性攻略について話していこうと思います。 キャラさえ揃っていればめちゃ簡単なので、是非ともチャレンジしてみてください!• 参戦条件 ルシに挑むに当たり、どの属性でも必要な条件はこんな感じ。 全員のHPが30000以上• デバフ抜きで無属性木人に1ターン1000万ダメージが出せる これだけは必要不可欠です。 1000万試練は全解除しなくても勝てるのですが、だからといって前提条件をクリアしていないのに参戦してはいけません。 アビポチ全開フルチェ等で1000万出せない火力では、流石に火力が低すぎます。 野良で何度か遭遇したパターンです。 逆に言えば最低限これさえ達成していれば、 マグナ編成でも問題ありません。 ここに100%カットループを行う水属性限定の条件を加えます。 リリィ・ リミテッド ・最終カトルを持っている• ガーネット又はカーオンを合わせて2枚持っている• 七星剣 水 又はミュルグレスを1本持っている これでOKです。 リリィはサプチケ対象、はリミテッドなので敷居は高いですが、カトルはで取得できます。 また、カーオンの方が火力も上げられるため強いですが、ガーネット2枚でも問題ありません。 また、3ターン目の動きのためにせめて七星剣が欲しいですね。 詳しくは後ほど。 ルシファーHARDに挑むうえで、全属性で一番敷居が低いかもしれません。 や季節限定キャラがいなくてもいいので。 実際の編成 自分はマグナがめちゃ弱なので具体的な編成は示せないのですが、HPは基本的にオールドオベロンで確保するみたいですね 3本編成の人をよく見かけます。 また、メイン武器には七星剣かミュルグレスを装備しましょう。 火力、HPを簡単に盛るにはやはりヴァルナ編成が楽ですね。 でヴァルナ・ディビジョンを入手していた人ならそれでも問題ありません。 最悪、無凸でもなんとかなります。 主人公アビはクリアオール、ディスペル、シールドワイアです。 実践ではリリィの2アビやカトル1アビ、更に10ターン経過していれば4アビも使えるのでダメージの上乗せは簡単です。 なので杉玉は必須ではありません。 リミ武器の代わりにオベロンを積んでも構いません。 あれば楽だし火力も増せるので持っていれば入れない理由はないです。 不安な人は、面倒ですけど10ターン奥義オフでリロ殴りしてからカトル4アビを使用して試してみてください。 また、水属性ではも必須ではありません。 味方の為に入れているだけなので、他の強い石でも構いません バハムートとかとか。 黒はポースポロス対策や味方のためのクス加速、パラロス受けをしたい人はあるといいですね。 こちらも必須ではありません。 HPは見にくいですが 最低ラインがの32996です。 2本目のミュルグレスが入っている枠とかに終末4凸を入れれば更に増やせます あまり意味ないけど。 とりあえず、HPさえ稼いでおけば火力はなんとかなることが多いです。 100%カットループのやりかた やり方は簡単です。 最初に2アビで敵の属性攻撃を火に変換します。 また、 クスを受けることが前提です。 怖い人は常に味方全員の火属性ダメカが切れていないか確認すると良いと思います。 このループには召喚石の召喚が不可欠です。 そのため、他の参戦者が浮かす石に注意する必要があります。 水属性はディスペルも不足しないし、HP回復も自前で十分であるため、浮いているディスペル石やを拾ってしまうと、迷惑をかけてしまうことになります。 そのため、なるべくどうでもいい石が浮いているときや何も浮いていない時に使用しましょう ただし、何ターンも動かないくらいなら割り切って拾いましょう。 攻略チャート 100%カットループのスタートはカーオンを持っているかどうかで変わってきます。 今回はどちらも紹介します。 ファラを待って または使って から攻撃は大前提。 安定性が増しますね。 鞄しかない場合はリリィの3アビを使うなどして2ターン耐えればループに入れます。 他の属性はループなどしていないですし、2ターンは問題なく耐えられます。 3T目に主人公奥義が溜まっていない場合 質問がありましたので追記します。 3T目に主人公奥義が溜まっていない場合の対処法は2つあります。 シールドワイアで本体のCT技をズラす まず考えたい対策がこれです。 ここでCTをズラしてしまえば、クスのみで耐える事が可能です。 この場合、奥義OFFをキチンと行っていれば流石に次の4T目には主人公奥義は使えると思うので、 3T目:ファラのみで殴り HP次第でオール使用。 シールドワイアが外れた場合 この場合、ちょっと火力を落とすことで調節します。 この時、 敵がオーバードライブになってから殴ること。 そうすることで敵の特殊技がイブリースになり、 バフ全消去を喰らいません。 つまりリリィ1アビは消去されません。 更に春風で弱体効果も1つ回復してくれる為、クリアオールやリリィ3アビで立て直しやすいです。 ここで2回目のイブリースorパラダイスロストだが、ここまでずっと奥義OFFなのでフルチェイン可能、つまりカトルの奥義スロウが羽にのみ入ってイブリース確定します。 カーオン未所持ならこのターンはクスのみで耐えて、8T目からループ開始です。 6T目まで奥義を全く使わないため貢献度は落ちますが、キャラが落ちるよりは断然良いのでしっかり6T目まで奥義温存しましょう。 いくつか注意点をあげますと、• クリアオールを要求されたら使う• パラダイスロストは全属性ダメカ無効• ルシファーは本体OD時、本体と羽のCTが両方ともマックスの時にパラダイスロストを使用します。 リリィ1アビと石を使えば出来るが、その後のループが途切れる ワイアやカトルの奥義スロウで遅延しましょう。 ワイアの場合、外れた場合は仕方ないのでリリィ1アビのみで耐えましょう 余裕で耐えられます。 また火鞄でも余裕で耐えられ、HPが25000くらいあればカーオンのみでも耐えられます。 ただし、 2アビのカウントが1減ります。 見落とすと後々壊滅する原因になるので注意してください。 ずっと無敵な水が免除されても意味がないどころか迷惑になるので 絶対に踏まないでください。 羽を先に撃破するか、試練を先に全解除するかは部屋の人と相談して下さい。 因みに羽先撃破の方が圧倒的にクリア率が高いです。 理由については最後に書きます。 試練先部屋ならまず本体にアビダメぶっぱからのフルチェ、その後羽殴り。 羽先部屋ならとにかく羽殴り。 羽撃破のタイミングで奥義ゲージを全員マックスにしておきましょう。 それでは注意点• ポースポロスは強化効果消去してくる• パラダイスロストは全属性ダメカ無効• 羽先撃破ルートなら羽撃破まではそもそも発動しないです。 強化効果消去は、火属性ダメカを消してきます。 そのため、1人だけループから外れてしまう訳です。 ただし、 2アビのカウントがなくならない様に注意。 無くなってしまったら黒を使うか、リスキーながら再使用可能になるまでターンを回しましょう。 パラダイスロストは全属性ダメカ無効なので、HPによっては召喚石の効果だけでは壊滅します。 また、ダメージを受けるので2アビのカウントが全員1減ります。 2アビの効果がきれていないかの確認は必須です。 慣れないうちはスロウで回避しましょう。 慣れてきたらリリィ1アビで受けるのもいいですね。 解除を待ちましょう。 ここまでがルシファーHARD最大の難関です。 これを突破すれば勝ちも同然です。 注意するのはポースポロスのみです。 羽先撃破ルートなら、羽撃破の直後に1000万試練を解除しましょう。 このルートなら、確実に10ターンも経っているのでカトルの4アビも使えますね。 むしろノーダメージなので楽ですね。 それでは注意点• 召喚不可になる• バトルの経過ターンが2〜3になる• 赫刃レベルを3以下に抑える• リリィの2アビは使わない• 勿体ないので。 ディスペルで赫刃レベルを下げたり、ワイアのスロウ効果を使ってとにかく赫刃レベル下げを怠らない様にしましょう。 リリィの2アビを使うと、累積デバフを最新にしてしまいます。 本体トリガーで最新のデバフは消されるので、絶対に使わないように。 全員が殴り終わったら、ファラ殴りしましょう。 これで〆ですね。 まとめ ごちゃごちゃと色々書いてきましたが、注意すべき点は他の属性と比べて圧倒的に少ないです。 パラダイスロスト• 奥義ゲージの管理 こんなもんです。 他属性ではポロス以外のトリガー全てに注意しなければならないので、こんな簡単にはいかないです。 最も参戦のハードルが低い水で、ルシファーHARD挑戦してみてはいかがでしょうか? ランクがある程度低くても、自発すればいいのでね 流石にランク185の味方全体HPアップLBは欲しい。 なくても勝てるけど編成の難易度が少し上がる。 それではまた次回お会いしましょう! ばいば~い! 羽先撃破が良い理由 おまけです。 水以外の人にとって、本体トリガーはかなり痛い攻撃です。 更に試練開始後から羽撃破までの間、本体のCT技が赫刃レベルを2も上げる・アポカリプスに変化します。 ガンガン赫刃レベルが上がります。 水以外はかな~り辛い状況になります。 なので全力で羽撃破に集中して短いターンで羽を撃破した方が結果的に楽にクリアできるのです。 因みに羽先撃破かどうかはクト出発前に決めておいた方がいいですよ。 意思統一してないと不意打ち喰らってしまうので 水以外の人が。 KoshianFOB.

次の

ルシファーHL キャラ構成

ルシ hl

ルシファーHLの土マグナの立ち回りについてけっこう聞かれることが多いので、いっそのことブログにしちゃおうと思い、雑にですがまとめてみました。 拙い文章で申し訳ありませんがよかったら読んでみてください。 前提として今回の記事で土マグナが担当する試練は3. 11とします。 他にも、羽根の70トリガーを超えたあとにグラビティを入れる回し方などもありますので、あくまで一例としてご覧になってください。 70以降はパラロスを受けるまでグラビを絶対に入れないよう、パーティ全員で事前に連絡を取っておきましょう ここで禁断の果実を味方に付与、ルシファー本体の福音の鐘を剥がします。 この辺りから奥義をオフにし50の試練に備えます。 がない場合はもう1〜2ターン早くからから貯めた方が確実かも また、ルシ本体の特殊を受けた際の裂傷、恐怖 奥義ゲージが上昇しなくなる状態 虚脱 行動不可 はこまめにクリアオールを投げてもらって消えたのを確認してから動くようにしましょう。 パラロス受け用にCTを調整しているので恐怖等の見落としにより3. 8の試練を消せない場合普通に詰みます。 ここまでこれればあとは試練を超えるだけです やバハを投げたり、オクトーの1を打つなりして試練越えの準備をします。 この際、ルシ本体に他の属性がダメアビを先に打ってしまうと土が本体95トリガーのポースポロスを受けてしまうため、ユリウス、アニラ以外のデバフは控えるようにしましょう。 もし95を踏んでしまう際はサラのかばうやレフィーエの3などを切ったり、、水鞄を打ってケアしましょう。 HPが5万程度あれば耐えれると思います。 ここまでくれば土の仕事はほぼ95パーセントくらい終了です。 ルシ本体85のHPトリガーに気を付けつつ、羽根から順番に倒していけばクリア出来ると思います。 下にCTトリガーの簡単な表載せるので参考に して頂けると幸いです。 火力は高いので1000万出すのは楽になるかも。 また1アビのグラビも基本的には打つことないですがパラロス受け調整がうまくいかない場合は有効なこともあるかも?です 使ったことないのであんまり分かりません。 追記:他の方の記事や、自分自身の経験を元に召喚石についての記事を少し修正致しました。 試練突破と同時に95を踏むケースが想定より多く、や水鞄の重要性をきちんとお伝え出来ていなかった点は申し訳ありませんでした。 *一応僕のやつです いかがでしたでしょうか? 色々書きましたが、結局のところ失敗しながら数をこなして慣れていくのが1番なので、ビビらずに何度も挑戦していきましょう。 追記:思ったよりも反響があったので僕のおすすめブログ記事貼っておきます Eldred.

次の

【グラブル】ルシファーHL攻略メモ~土属性編成と立ち回り ~

ルシ hl

ルシファーHLの攻略メモになります。 いつも自分が使っている土の編成と、立ち回りで注意しているポイントを纏めておきます。 自分用の備忘録の意味合いが強いですが、クリアを目指している方などの参考になればなと思います。 土は、マグナ編成が強力なため編成を用意することが簡単で、役割も「オーバーチェインの試練(試練8)を解除する」という比較的簡単なもののため、 初心者が選択しやすい属性です。 この記事でも試練開始までの立ち回りを重点的に書いていきます。 使用編成 アビ・キャラ アビリティはいつもの三つ。 クリアを抜いてかばうも可。 オクトー 試練8 オーバーチェイン を達成するために必須。 ゴブロ 1アビカット、奥義ディスペルに加え、2アビ無敵でパラロス受け 試練11に達成 も出来ちゃう凄いキャラ。 ほぼ必須。 水着ブローディアもルシHL適正が高いため、所持している場合は選択となります。 こちらは全体かばうや累積防御アップ、スロウなどより受け性能が上がっていますが、ルシHL攻略に重要なディスペルが無いという欠点もあります。 ファランクスを待たなくても動けるターンが増えたり、かばうで単体技を抜けられる点が魅力。 その他候補• 水着ゴブロ:ゴブロと選択。 個人的には慣れるまでは通常ゴブロの方がおススメ• サラーサ:試練7 無属性200万ダメージ を土が担当する場合に必要。 立ち回りが少し難しくなるため注意。 水着ヴィーラ:1アビでのスロウとディスペル、2アビでの回復が強力。 立ち回りやすくなるが、サラと種族が被っているので使いやすい方を選ぶと良い。 マキラ:1アビの消去不可バフ、2アビのデバフ 連撃率DOWN 、4アビのオルポ追加と使い勝手が良い。 バアル:かなり安定するが、ゴブロと種族被りするのでおススメしにくい。 ゴブロが居ない場合の代用枠として最低限の性能は持っている。 キャサリン:魅了が行動阻害として優秀。 キャラ枠の都合上あまり使われないけど選択肢としてはアリ。 装備 マグナ編成です。 左下の宝剣アンダリスは、ゴブロ刀4本目を持っていないので入れています。 これでもHPは足りているのですが、刀4の方が安定するためおススメです。 メインゼノウォフ剣は奥義の属性転換が強いため固定です。 ウリエル持ってないですが、持っているなら必ず入れましょう。 終末武器の凸数やゴブロ刀の本数によっては、片面ではHPが足りないことがあります。 その場合は両面編成にしましょう。 ギルガメッシュは、メイン武器のゼノウォフ剣の奥義効果と相性が良いです。 4凸なら確定枠としても良いと思うのですが、無凸の場合は黒麒麟の2枚目やバハ・ルシなどの石と選択しましょう。 立ち回り 初動 土パは試練開始までにオーバーチェインの準備をする必要があるので、初動が特に重要となります。 自分の場合は、 1T:ファラ、オクトー13、本体にディスペル、ゴブロ3、オルポ飲み 4T:光パからルシが飛んできている場合は拾う。 としています。 あとは羽根の特殊技一回目 マルス を受けた上でオーバーチェインの準備をして、試練に備えるようにしましょう。 まあ大体は闇がパラロスは担当してくれるので保険ぐらいの心持ちでよいでしょう。 試練開始直後に、土がオーバーチェイン試練を達成出来ないと基本的にその討伐は失敗します。 そのため、裂傷などのデバフにより行動が出来なくなったときは直ぐにクリアオールを要求するようにしましょう。 最後に、ルシHLは6人がしっかり役割を果たして攻略するようにデザインされていることから、 中々手が出しにくいようなコンテンツだと思います。 ですが、実際に挑戦してみないと分からないことも多いので、練習部屋などを立てるなどして積極的に挑戦してみてください。

次の