カリモク 60 k チェア。 Kチェアのこと

カリモク60 Kチェア|北欧インテリア通販サイト greeniche

カリモク 60 k チェア

1962年、初めての自社製品として開発された、カリモクの椅子の第一号です。 当時、木製パーツだけで製造していた輸出向け家具の中から、最もシンプルなものを選び、日本の住宅向けに改良がほどこされました。 比較的値ごろな価格と扱いやすさ、シンプルなデザインから、旅館のロビーや中小企業の応接間など法人需要に支えられて、時代や流行が激しく移り変わる中でも、Kチェアは一度も廃番になることなく、今日まで生産が続けられてきました。 もともとは輸出用家具をお手本にデザインしたため、組み立て式で軽く、コンパクトに輸送ができる構造になっています。 そのためパーツごとの交換が可能。 長年使い込んでシートだけがへたってしまったり、片方の木肘部分だけタバコで焦がしてしまったり、そんな時も必要なパーツだけ取り寄せて交換することができるので、より長く使い続けることができるのです。 Kチェアが誕生してから6年後の1968年、より良い座り心地、重厚感を追求して総張り椅子であるロビーチェアが開発されました。 60年代、欧米式の生活習慣に憧れ、洋家具が生まれだした頃、ターゲットを絞った商品開発やマーケティングという概念はまだ、日本にはありませんでした。 椅子といえば「座る」という機能を純粋に考え、万人受けするフォルムである必要があったのです。 そうして、この普遍性の代名詞ともいえるロビーチェアが誕生しました。 80年代からはKチェアと同様に業務用として公官庁や病院などの法人需要が主になっていきました。 普遍的な構造とデザイン、そしてパーツごとの交換や修理が可能なロビーチェアは、時代に応じた座り心地の改良を何度も行いながら、現在まで、一度も廃番になることなく作り続けられています。

次の

【口コミ】カリモク60のKチェアを買って分かった3つのメリット|HSPの繊細革命

カリモク 60 k チェア

カリモク60の家具は昭和に作られた家具のシンプルなデザインをそのまま受け継ぎ、何十年経っても色褪せることがなくモダンさも兼ね揃えた魅力的なインテリア家具です。 カリモクは元々1940年に初代社長の加藤正平氏が愛知県刈谷市で木工所を創業したのが始まりです。 1947年に「刈谷木材工業株式会社」設立。 それから輸出家具などの木部製品の製作を経て、1962年に自社製品の生産・販売、そして1964年に「カリモク家具販売株式会社」で全国展開しました。 そして2010年には刈谷木材工業株式会社とカリモク家具販売株式会社を統合して「カリモク家具株式会社」となりました。 そこでカリモク60の家具を実際に購入して使ってきた僕が、本気でレビューします! 目次• カリモク60はどんなブランド? カリモクは1960年代に会社を設立していますので、そこから「カリモク60」とブランド名にしたようです。 カリモク60の家具は、デザイン性や品質、耐久性の高い物作りで人気のブランドです。 カリモク60 家具の品質は? 昭和の香りがプンプンする雰囲気を醸し出すデザインは男性や女性にも受けがいいですね。 1960年代当時のシンプル且つ、普遍的なデザインは使う者の心を捉えて放しません。 つまり飽きがこないから長く使えるわけです。 木部製の触り心地は非常に滑らかで、角の面取りも抜かりがなく触っていて気持ちがいいです。 大まかなところは機械で加工し、細部は職人が丁寧にしっかりした仕事をしてるのがよく分かります。 実際にショウルームなどに行くと分かると思いますが、画像を見ただけでは分からない、その家具が持つ魅力や細かなディテールも触れることで得られる情報量が多いと思います。 カリモク60のイスに張る布地の中に「モケットグリーン」という布地があるのですが、皆さんも見たことがある人はいると思いますが、この布地は電車やバスなどの座席シートにも使われているもので、耐久性や摩耗にとても強いです。 カリモク60を使ってみて実際どうだったのか カリモク60を購入したのが今から約3年前。 その当時長年使った古い家具の買い替えを検討中で、新宿にあるカリモク60のショールームに行ってみることに。 ロビーチェア モケットグリーン 3シーター 新宿ショールームで出会ったモケットグリーンのロビーチェアに目が釘付けになりました。 光の当たり具合でモケットグリーンの表情が変わり、とても見栄えします。 触ってみて感触を確かめたり、座り心地を確かめたりしてこれだ!ともう即決でしたね。 自分の部屋にも合わせやすそうでしたので購入決定!気に入ると決断は早い方です! 実際に使ってみると、、、ハッキリ言ってしまいますが、、、 すごく良い!座り心地も高さもほぼ全てが納得できたロビーチェアでした。 約3年間使ってまったく飽きがこないこの使い心地やデザイン。 これもすごく良い味を出していて、木目調のあたたかい感じがするテーブルです。 作りもしっかりしていることはもちろん、どんな部屋に置いても合わせやすいシンプルさが僕はとても気に入ってます! DテーブルとDチェアも購入 カリモク60+のDテーブルとDチェア。 ダイニング用のテーブルとイスも同時に購入してしまいました。 これは本当に調子に乗ってしまって、予算オーバーの買い物でしたw まぁ勢いのある時に、衝動買いしないとなかなか買えないですよね〜値段もそこそこするしw でも購入して正解!でしたね。 使い心地は本当に良いです! このイスも座り心地が本当に良いです!固めの座面ですが、お尻も痛くならない絶妙な硬さなんですよね。 柔らかすぎるイスは逆に疲れるし、腰にもよくありません。 あとは肘掛けの木部分の触り心地がもう滑らかで、すごく気に入ってしまいました。 椅子の高さやテーブルの高さが計算され尽くした使い心地の良さを実現しています。 気になる方は是非一度試してみてください。 カリモク60のデメリット カリモクの家具は品質にこだわり、デザイン性にも優れていますが、 やはり気になるのがお値段です。 ハッキリいうと高いですね。 でも国産のメーカーが本気の家具を作ればこのぐらいの値段は普通です。 簡単に買えるような値段ではありませんが、一生物だと思えばとても良い買い物ではないでしょうか。 安さが売りの家具メーカを最近よく見かけますね、それが悪いとは言いませんが。 やはりシンプル イズ ベストなんですよ結局のところは。 品質を取るか安さを取るかは人によって考え方も違いますからね。 感想 もう3年間使っていますが、未だに飽きがこないですね。 やはりそのシンプルなデザインと職人が細部にまでこだわり丁寧に仕上げたカリモク60の家具は本当に良いです! 自信を持ってお勧めできます!.

次の

カリモク60のKチェアとロビーチェアの座り心地などを比較してみました

カリモク 60 k チェア

カリモク60 Kチェアの魅力 カリモクが、日本人の為に製造した初めての自社製品『Kチェア』 カリモク60のアイコン的存在のKチェアは、実は『カリモク家具』が日本国内向けに生産を行った初めての自社製品です。 それまでは、主にアメリカへ輸出するための家具部品の製造を行っていましたが、そこで得たノウハウを集結させて 日本人のための日本人による家具として開発されました。 当時のカタログでもコンパクトな3人掛けソファとして紹介されていたKチェアは、そのとおり非常にミニマルなデザインです。 ちょっぴりUSAテイスト香る、でも、何処をとっても非の打ち所のないスタンダードなシルエットで、 1962年に発表されてから、幾度となく生産中止に追いやられそうになりながらも、その普遍的な存在と 絶対的な支持を得続けて、今に至るまで生産が続けられています。 「カリモク 60」のKチェアは組み立て式です。 組み立て式にすることで、人件費を削減することでよりコストを抑えています。 しかしながら、誰でも組み立てができるようパーツ数は5点、プラスドライバーがあれば女性でも10〜20分程度で行える簡単な作業です。 カリモク60Kチェアへの愛着が深まる作業ですので、是非トライしてみてください。 ロングライフデザイン『Kチェア』の安心サポート体制 カリモク60のKチェアなら、安心のサポートでいつまでもカリモク60のある暮らしをお楽しみ戴けます。 例えば、パーツごとに購入ができるので、小さなお子様がおられるご家庭では、アームに傷がついてしまっても、 お子様が成長されてからアームだけを交換できます。 また、万が一通常のご使用方法で、家具が破損してしまった場合も、 カリモク60の安心の3年サポートにより商品の修理や交換をさせて戴きます。

次の