札幌市南 ニュース。 札幌・南区「住宅街」近くにクマ出没(HBCニュース)

札幌・南区「住宅街」近くにクマ出没(HBCニュース)

札幌市南 ニュース

更新日:2011年2月28日 ニュース 「雪あかり」見学会が実施されました 南区内の各地域で、イルミネーションやアイスキャンドルなどによる 「雪あかり」の取り組みが盛り上がりつつありますが、この取り組みを今後さらに広げることを目的として、関係者による「雪あかり見学会」が2回に分けて実施されました。 参加者の方々は、工夫を凝らした各地の「雪あかり」を興味深そうにご覧になり、自分達の地域での取り組みへの参考とされた様子でした。 <第1回目> とき 平成22年1月30日(土曜日) 見学場所 南沢地区(南沢福祉会館前)、藻岩地区(中ノ沢会館、藻岩北会館、硬石山福祉会館ほか) 参加人数 24名 南沢地区(南沢福祉会館前) 藻岩地区(川沿9条3丁目) <第2回目> とき 平成22年2月6日(土曜日) 見学場所 芸術の森地区(札幌市南老人福祉センター) 参加人数 35名 芸術の森地区(札幌市南老人福祉センター) 見学の後、センター内で情報交換会を実施 全道のシーニックバイウェイ関係者に、南区の取り組みをPRしました 北海道のシーニックバイウェイ関係者が集い、情報交換などを行うイベント「シーニックバイウェイ 全道会議2009」において、札幌南シーニックバイウェイの取り組みを紹介しました。 大型スクリーンによる活動発表の他、PRブースでも取り組みを紹介し、参加者の方々は南区での様々な取り組みに関心を持たれた様子でした。 とき 平成21年11月28日(土曜日)、29日(日曜日) 場所 生活支援型文化施設 コンカリーニョ(札幌市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス1F JR琴似駅直結) 大型スクリーンで活動を紹介 PRブースも設置 商店街の方々へ、シーニックバイウェイに関する講演を行いました 南区内の商店街の方々で構成されている、南区商店街連絡協議会(会長:大磯 英太郎氏)の研修会において、ルート運営代表者会議の福士会長が、札幌南シーニックバイウェイをテーマとした講演を行いました。 参加者の方々は、シーニックバイウェイの連携した取り組みについて聴講し、南区の良さを再確認するとともに、シーニックバイウェイへの理解を深められたご様子でした。 とき 平成21年11月11日(水曜日) 18時00分~19時00分 場所 札幌市南区石山東3丁目7-27 居酒屋 仙 参加者 40名 資料の説明を行う福士会長 講演を熱心に聞く参加者の方々 滝野すずらん丘陵公園で「南札幌オクトーバーフェストinたきの」が開催されました 札幌南シーニックバイウェイでは、南区の魅力をPRすることを目的として、「南札幌オクトーバーフェストinたきの」を開催しました。 会場の滝野すずらん丘陵公園「こどもの谷」エリアにて、じゃがいも袋詰め大会、南沢産蜂蜜を使ったパンケーキづくり、昔あそびコーナー、エコバッグづくり、クイズ大会、定山渓温泉足湯体験、農産物販売、鉢植え講習など、幅広い世代が楽しめるプログラムを多数行い、多くの方に南区の魅力を体験していただきました。 札幌商工会議所ボランティアガイドや地元住民の案内で、南区に残る貴重な歴史・文化資源について学びました。 とき 平成21年10月9日(金曜日) 見学場所 エドウィン・ダン記念館、石山緑地、定山渓郷土博物館、定山渓温泉街、旧黒岩家住宅(旧簾舞通行屋) 参加人数 36名 <エドウィン・ダン記念館> 北海道酪農の発展を支えた偉人についての資料を展示 <石山緑地> 軟石採掘場跡。 実際の採掘経験者が、当時の写真で解説 <定山渓郷土博物館> 定山渓地区の成り立ちや生活の移り変わりなどを紹介 <旧黒岩家住宅(旧簾舞通行屋)> 当時の宿場の様子と簾舞の歴史資料について見学 南区の6スポットをめぐるツアー「子供も大人も大満足!水辺と生き物を学ぶコース」が開催されました モニターツアー第3弾として、自然学習をテーマとしたバスツアーが開催されました。 参加者は(社)北海道自然保護協会や各施設の職員のガイドにより、南区が誇る豊かな自然や、生息する生き物について学習しました。 とき 平成21年9月19日(土曜日) 見学場所 真駒内公園(屋外競技場ほか)、札幌市豊平川さけ科学館、紅桜公園、藻岩山展望台、関口雄揮記念美術館、滝野すずらん丘陵公園(滝野の森ゾーン) 参加人数 32名 <真駒内公園> 公園内で観察された生き物や樹木について説明を受ける <札幌市豊平川さけ科学館> エサやり体験の他、真駒内川生息の生き物についても学習 <紅桜公園> 風情ある庭園内でニジマス釣りなどを体験 <藻岩山展望台> 山頂展望台より、札幌の街並みを一望 <関口雄揮記念美術館> 館内カフェで休憩後、北海道の自然を描いた日本画を鑑賞 <滝野すずらん丘陵公園 滝野の森ゾーン> クラフト体験や森林ガイドツアーを実施。 写真は「森見の塔」 南区の6スポットをめぐるツアー「これはオススメ! 南区の旬の果物と特産品を知るコース」が開催されました モニターツアーの第2弾として、南区が誇る旬の野菜や果物、その他様々な特産品や施設めぐりをテーマとしたバスツアーが開催されました。 とき 平成21年9月13日(日曜日) 見学場所 札幌市保養センター駒岡、札幌市アイヌ文化交流センター、定山渓温泉街、佐々木観光果樹園、関口雄揮記念美術館、札幌芸術の森 参加人数 32名 参加者は「今回のツアーで南区に色々な所があることを知った」「なかなか足を運ぶことが出来なかった所へ行けて良かった」と話していました。 <札幌市保養センター駒岡> 毎月第2・第4日曜日開催の「こまおか朝市」を見学 <札幌市アイヌ文化交流センター ピリカコタン> アイヌ民族の生活・歴史・文化を楽しみながら学ぶ <定山渓・二見吊橋>より豊平川を眺める 「定山渓 山野草の会」一條氏の解説で渓谷を散策 <佐々木観光果樹園> 豊平峡ダム近隣の果樹園で、もぎたて苺やプラムを堪能 <関口雄揮記念美術館> 館内カフェで休憩後、北海道の自然を描いた日本画を鑑賞 <札幌芸術の森> 美術館をはじめとした様々な施設を見学 「 南区朝市&観光フェア」が開催されました! 札幌南シーニックバイウェイでは、南区PRの一環として「南区朝市&観光フェア」を開催しました。 「ねんりんピック北海道・札幌2009」の協賛イベントとして行われたもので、全国から訪れた選手団や観戦客に南区の魅力をPRしました。 とき 平成21年9月6日(日曜日) 10時~14時 場所 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 屋外特設会場 内容 朝市(南区産農産物、喜茂別町産じゃがいも、など)、定山渓足湯体験、制作・体験コーナー(エコバック、ラベンダー香り袋づくりなど)、喫茶&お土産品販売コーナー(南区産りんごジュース、ラベンダー石鹸、南沢はちみつ販売など)、南区情報コーナー(パネル展示、パンフレット配布など) 立ち寄った方々は「いいお土産が買えて良かった」「面白そうな所が色々とあるんだね」と感心しながら会場を後にしていました。 会場:真駒内セキスイハイムアイスアリーナ前 南区産農産物販売その1 南区産農産物販売その2 喜茂別町の特産品販売(じゃがいも、豪雪うどんなど) 制作・体験コーナー(エコバック) 制作・体験コーナー(ラベンダー香り袋) 東海大の学生が運営した物販コーナー 南区産の土産物販売 数量限定の南沢はちみつも販売 定山渓温泉の足湯体験は大好評でした 南区PRコーナー 滝野すずらん丘陵公園のマスコットキャラクター「きのたん」 南区花めぐりバスツアーが開催されました とき 平成21年7月18日(土曜日) 見学場所 滝野すずらん丘陵公園、南沢ラベンダーまつり(東海大学キャンパス)、エルクの森ガーデン 参加人数 41名 南区内には数多く花の見どころがありますが、その中から厳選された3か所を見学しました。 1 滝野すずらん丘陵公園 ボランティアガイドの説明による園内散策や、エコバックづくりを体験。 2 南沢ラベンダーまつり(東海大学キャンパス) 日本におけるラベンダー栽培発祥の地・南沢にて、東海大学と地元住民の方が連携して開催している「南沢ラベンダーまつり」を見学。 東海大学の西村副学長が、ツアー参加者への案内をされました。 3 エルクの森ガーデン 野菜摘み取り体験や、サラダ・パウンドケーキの試食会を実施。 参加者は、「いろいろな体験ができて楽しかった」「札幌にこんな所があるのかと驚いた。 次回も参加したい」と話していました。 滝野すずらん丘陵公園 エコバックづくり 南沢ラベンダーまつり(東海大キャンパス) ラベンダーまつり会場の様子 エルクの森ガーデン入口 サラダやケーキの試食会 なお、9月には「果物と特産品を楽しむツアー」及び「水辺と森の生き物を学ぶツアー」、 さらに10月には「歴史的スポットと紅葉を鑑賞するツアー」が実施予定です。 第3回全体会議が開催されました とき 平成21年6月15日(月曜日) 開催場所 真駒内総合福祉センター 参加人数 55名 シーニックバイウェイ「候補ルート」の審査結果について報告するとともに、今後の「指定ルート」申請に向けた課題について説明を行いました。 また、今後の活動予定の確認、各参加団体の情報交換などが行われました。 市内初となるシーニックバイウェイ「候補ルート」として登録されました とき 平成21年5月13日(水曜日) 場所 シーニックバイウェイ北海道推進協議会 第6回会議 札幌南シーニックバイウェイルート運営代表者会議では、今後の地域活性化に向けた取り組みを整理し、平成21年3月にシーニックバイウェイの「候補ルート」申請を行っていました。 このたび、シーニックバイウェイ北海道推進協議会が開催され、南区のエリアが市内初の「候補ルート」として登録されることとなりました。 今後は、次のステップである「指定ルート」の申請に向けて、区内の協力関係を深めるとともに、大都市・札幌ならではの特色ある取り組みを展開していきます。 広域的な花街道づくり 各施設・団体の特色ある取り組み 「シーニックバイウェイ スタンプラリー in 南区」が始まりました とき 平成21年4月25日(土曜日)~10月31日(土曜日) 場所 南区内の14スポット 内容 14スポットのうち8ヵ所以上のスタンプを集めて応募すると、抽選で下記の賞品をプレゼント 賞品 定山渓温泉ペア日帰り入浴券(合計60名)、南区産の旬の果物(合計60名)、南沢蜂蜜(合計60名) チラシ 折りたたむとポケットサイズに 14スポットのスタンプは、 札幌市立大学デザイン学部が制作 札幌南シーニックバイウェイルート運営代表者会議では、南区の魅力を広くPRし、区内の回遊を促進するとともに、地域経済の活性化を図るため、下記の14スポットにおいてスタンプラリーを実施します。 いずれかのスポットでチラシと応募用紙をもらい、14スポットのうち8ヶ所以上でスタンプを押した方には、抽選で温泉入浴券や南区の特産品をプレゼントします。 賞品の抽選・発送は、7月中旬、9月中旬、11月中旬の3回に分けて行います。 どなたでも1回のみ応募できますが、早めに応募された方は抽選回数が増えますので当たるチャンスが広がります。 なお、チラシは、各スポットのほか、北海道さっぽろ観光案内所(JR札幌駅西側コンコース北口)、観光文化情報ステーション(地下鉄南北線大通駅 北側改札口横)、各区役所などでも配布しています。 紅桜公園• 道立真駒内公園、屋内・屋外競技場• 札幌市豊平川さけ科学館• 藻岩山展望台• 札幌芸術の森• 関口雄揮記念美術館• 国営滝野すずらん丘陵公園• 札幌市保養センター駒岡• とれたてっこ南 生産者直売所• 札幌市アイヌ文化交流センター• 札幌市定山渓自然の村• 各果樹園• 市内初の「候補ルート」の申請が行われました とき 平成21年3月4日(水曜日) 場所 シーニックバイウェイ北海道推進協議会(事務局) 札幌南シーニックバイウェイルート運営代表者会議では、ルート運営活動計画(骨子)を整理し、「シーニックバイウェイ候補ルート」の申請を行いました。 今後もシーニックバイウェイの取り組みを通じて、南区の魅力を広くアピールし、地域への誇りの醸成、さらには、地域活性化を目指します。 全体会議が開催されました とき 平成21年2月26日(木曜日) 開催場所 真駒内総合福祉センター 参加人数 60名 シーニックバイウェイ「候補ルート」の申請に向けて、必要書類を確認するとともに、今後のスケジュールについて意見交換を行うため、全体会議が開催されました。 また、メンバー全員から一人ずつ今後の抱負の発表もあり、「区内の連携をさらに深めよう」「南区の魅力をアピールしていこう」との声がありました。 景観づくり部会の皆さん 地域づくり部会の皆さん 観光空間づくり部会の皆さん 南区雪あかり発表会が開催されました とき 平成20年12月21日(日曜日) 開催場所 南区民センター 参加人数 57名 アイスキャンドルやイルミネーションなどの「雪あかり」の取り組みについて、広く区民にPRするとともに、ノウハウなどの情報交換を行うことを目的に、各地域の事例発表を行いました。 参加者からは、「各地域でどのような取り組みが行われているか知ることができた」「次回は、キャンドルづくりなどを実際に体験してみたい」との声がありました。 テーマ別の部会が開催されました• 12月上旬に第3回目となる部会がそれぞれ開催されました。 参加者は、「明治から昭和にかけての歴史を知ることができた」「今日はじめて足を運んだところが多かった」と話していました。

次の

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況等/札幌市

札幌市南 ニュース

住民はクマに遭遇しないよう対策を始めています。 体長1メートルほどのヒグマ。 15日午前5時ごろ、札幌市南区中ノ沢の農園で見つかりました。 「こっち側から歩いて来て、こういう具合に来たらしい。 この辺で写ってる」(中田農園・中田浩二さん) クマは、アライグマ監視用に設置した動く物に反応して、自動撮影するカメラに映っていました。 南区中ノ沢では、今月に入ってクマの目撃情報が9件にのぼっています。 「先ほど警察から言われて急遽(クマよけの鈴を)つけた方がいいよと」(中田農園・中田浩二さん) クマが出た農園の中田さん一家は、クマよけの鈴をつけることにしました。 さらに、電気柵も追加注文しました。 「(札幌市から)これじゃだめと言われてる。 (クマが)ここを通り抜けちゃう」(中田農園・中田浩二さん) これまでは、柵を飛び越えるシカ対策として、1メートルほどの高さに電線を通していましたが、クマが下をくぐらないよう、地面から30センチおきに3本の電線を通すことにしました。 「クマは悪いことしてる気ないから。 いじめる気はないんですけど、人間とばったり会ったら大変」(中田農園・中田浩二さん) カメラに写っていた写真は1枚で、クマは農園を荒らすことはなく、すぐに立ち去ったとみられます。 南区中ノ沢の住民は、クマが農作物の味を覚えたり、人に慣れたりする前に、クマを近づけない対策を始めています。

次の

今月だけで9件の目撃情報…札幌市南区中ノ沢でクマ出没相次ぐ 北海道

札幌市南 ニュース

札幌市南区中ノ沢地区で7月に入ってから、クマの出没情報が相次いでいる。 14日までに8件に達し、このうち11〜13日の5件は体長約1メートルの子グマで、同一個体とみられる。 畑の作物の被害などはなく、市は「人慣れした個体ではない」としているが、現場に看板を設置するなどして注意を呼び掛けている。 「自宅近くの畑でエンドウ豆を収穫していたら、3メートルくらい前をクマがすーっと横切り、ぞっとした」。 中ノ沢の無職久保田孝一さん(85)は11日午後2時すぎ、体長約1メートルのクマを畑で目撃し、付近をパトロールしていた警察官に通報したという。 久保田さんは14日午前、クマが身を隠す場所をなくすため、自宅や畑の周囲の草を刈った。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の