りそな 銀行 住宅 ローン。 りそな銀行が2020年6月の住宅ローン金利を発表/最新金利と金利推移

価格.com

りそな 銀行 住宅 ローン

りそな銀行不動産担保ローン/りそなフリーローン 有担保型 りそな銀行不動産担保ローン/りそなフリーローン 有担保型 とは りそな銀行不動産担保ローンは、りそな銀行が提供している個人向けの不動産担保ローンです。 りそな銀行はりそな銀行ホールディングス傘下の都市銀行で、メガバンクに次ぐ規模の都市銀行であり、個人向けのサービスに力を入れています。 りそな銀行不動産担保ローンは、りそな銀行フリーローン 有担保型 という名称で提供されています。 個人向けの不動産担保ローンとなっており、借入資金は投資資金以外のプライベート資金であれば自由に利用することができます。 借り換えやおまとめ利用もできませんので注意が必要です。 りそな銀行不動産担保ローンの大きな特徴は「銀行不動産担保ローンの信頼性」「上限金利が低金利であること」「利用条件が厳しい」「事務手数料5万円(税別)」「最長30年の借入が可能」「最高1億円の借入が可能」「健全な消費性資金(教育資金、マイカー資金、結婚資金、介護資金等) のみ利用が可能」というものが挙げられます。 銀行の不動産担保ローンとして高額借入、低金利、長期借入が可能ですが、その分かなり審査が厳しい、利用条件が厳しい設定となっています。 利用条件には「前年の税込年収が200万円以上の方が利用可能」「返済負担率35%以内」「勤続または営業年数が1年以上の方」「団体信用生命保険に加入されない場合、法定相続人1名以上を保証人にする必要がある」「団体信用生命保険加入時は金利0. 3%の上乗せ」となっています。 つまり、いくら担保にする不動産の価値が高くても、年収が400万円なら、年間140万円の返済額までの借入しかできないということです。 住宅ローンと似た商品設計の不動産担保ローンとなっています。 高年収、勤続年数が長い、大企業勤務という信用力の高い方におすすめできる不動産担保ローンです。 借り換え、おまとめ、事業資金には利用できないので注意が必要です。 りそな銀行不動産担保ローン/りそなフリーローン 有担保型 商品概要 金融機関名 株式会社りそな銀行 本社所在地 東京都 プラン名 不動産担保ローン 下限金利 2. 上限金利が低金利であること• 銀行が提供する不動産担保ローンの信頼性• 最長30年の借入が可能• 最高1億円の借入が可能 りそな銀行不動産担保ローン/りそなフリーローン 有担保型 デメリット• 事業資金には利用できない• 借り換え、おまとめには利用できない• 前年の税込年収が200万円以上の方しか利用できない• 返済負担率35%以内までしか借りられない• 勤続または営業年数が1年以上の方しか利用できない• 団体信用生命保険に加入されない場合、法定相続人1名以上を保証人にする必要がある• 団体信用生命保険加入時は金利0. 3%の上乗せ• 健全な消費性資金(教育資金、マイカー資金、結婚資金、介護資金等) のみ利用が可能 りそな銀行不動産担保ローン/りそなフリーローン 有担保型 おすすめポイント 個人利用を前提としているため、事業性資金の利用はできませんし、借り換え、おまとめ利用も出いません。 また、利用条件がかなり厳しく設定されています。 健全な消費性資金(教育資金、マイカー資金、結婚資金、介護資金等) のみ利用が可能• 前年の税込年収が200万円以上の方しか利用できない• 返済負担率35%以内までしか借りられない• 勤続または営業年数が1年以上の方しか利用できない• 団体信用生命保険に加入されない場合、法定相続人1名以上を保証人にする必要がある• 団体信用生命保険加入時は金利0. 3%の上乗せ と「住宅ローン」と似た商品設計になっているため、信用力が高くないと、不動産担保があったとしても借りられない可能性が高く「審査は厳しい」と考えておいた方が良いでしょう。 審査に不安のある方にはおすすめできません。 りそな銀行不動産担保ローン/りそなフリーローン 有担保型 金利 不動産担保ローンの中では上限金利はかなりの低金利設定です。 変動金利で金利は半年ごとに見直されます。 下限金利 2. 上限金利が低金利ということは、それだけ審査は厳しく見ているということですし、申込み条件の厳しい設定を見ても、審査の難易度は高いことが推察されます。 りそな銀行不動産担保ローン/りそなフリーローン 有担保型 融資可能額 不動産担保ローン融資可能額は100万円~1億円です。 不動産担保ローンの中では一般的な設定と言えます。 融資金額最低 100万円 融資金額最大 10,000万円 担保掛目最大 - りそな銀行不動産担保ローン/りそなフリーローン 有担保型 事務手数料 事務手数料は5万円(税別)です。 商品設計が住宅ローンと同じですので、2ヶ月ほどかかる可能性もあります。 【利用者】 来店• 【不動産担保ローン会社】 ご相談• 【利用者】 申込• 【不動産担保ローン会社】 審査• 【不動産担保ローン会社】 審査結果の通知• 【利用者】 ご契約• 【不動産担保ローン会社】 入金• 【利用者】 融資額の受取.

次の

りそな銀行の住宅ローンの金利・手数料を調査【ダイヤモンド不動産研究所】|ダイヤモンド不動産研究所

りそな 銀行 住宅 ローン

メガバンクと比較すると健闘しているりそな銀行。 最近はネット専用住宅ローンにも力を入れているのですが、「ネット銀行との大きな違いは疾病保障が無料で付いていない」という点です。 例えば、 auじぶん銀行は「がん診断保障」と「全疾病保障」が無料でついて、年0. 410%(全期間引下げプラン)という超低金利です。 ネット銀行の老舗であるソニー銀行もがん50%保障を付帯させ、年0. 507%(変動セレクト)と低金利を打ち出していまし、新生銀行も長期固定金利の金利をかなり引き下げていますので、金利設定は もう一声といったところです。 りそな銀行の特徴は? まず、りそな銀行について簡単に解説しておきます。 りそな銀行は旧あさひ銀行と大和銀行などが合併して誕生した銀行です。 個人向けの銀行サービスに力を入れていて、例えば2015年にはりそな銀行間で24時間の振込みできるようになりました。 また、支店窓口の営業時間を17時まで延長したり、銀行口座開設での印鑑廃止にも積極的です。 住宅ローンにおいても、ネット専用住宅ローンを取り扱っているだけでなく、住宅ローンの審査を土日も進めてくれたり、他の銀行よりとのサービスの差別化に積極的です。 最近でも、2018年6月から一般的に富裕層向けの金融商品とされている運用一任商品「ファンドラップ」を30万円から利用できるようにするなど、りそな銀行は金融サービス全体で活発な動きを見せています。 なお、ネット専業銀行の躍進で住宅ローンのシェアが減少傾向にあるメガバンクに比べると、りそな銀行(正確にはりそなホールディングス全体)の住宅ローンは堅調で、様々なりそな銀行の努力が実を結んでいると言えるでしょう。 りそなホールディングスの住宅ローン残高推移(同社のIR資料より引用) それではりそな銀行の住宅ローンのメリットとデメリットを解説したいと思います。 ここでは基本的にネット専用住宅ローンに関する解説だと思ってください。 最初にデメリットから確認していきましょう。 りそな銀行の住宅ローンのデメリット 疾病保障が無料で付帯しない ネット銀行の住宅ローンは病気や怪我を保障する医療保険・生命保険に似た疾病保障を無料で付帯させるものが一般的になっています。 りそな銀行にも「団信革命」という疾病保障がありますが、割引もあったりしますが、通常金利に0. 3%の金利上乗せが必要です。 住宅ローンを年0. 5%(変動金利)以下で借りられる時代なので、団信(疾病保障)の利用で年0. ネット銀行の住宅ローンにセットされている無料の疾病保障に比べると充実した保障内容になっている商品ですが、費用感・費用対効果の観点でデメリットに感じる人は多いと思います。 新規購入と借り換えで適用される金利が違う りそな銀行のネット住宅ローンは新規と借り換えで適用される金利が異なりますので注意しましょう。 特に新規借り入れ時に人気の変動金利は借り換えの方が金利が低く、借り換えに人気の10年固定金利などは新規借り入れの方が金利が高く設定されることも多くあります。 新規借り入れは変動金利・10年固定金利は借り換えが選ばれやすいのですが、りそな銀行の住宅ローンの金利設定はその真逆で、利用者が多い方の金利が低くなっていることは1つのデメリットと言えます。 なお、2020年6月現在の適用金利は 新規借入 借り換え 変動金利 0. 470%~ 0. 429%~ 10年固定金利 0. 645%~ 0. 645%~ となっています。 変動金利は借り換えの金利が低く、10年固定金利は同じになっています。 なお、上記の金利は 疾病保障が付帯しない金利なので注意が必要です。 メガバンクや地方銀行の住宅ローンと比較するときはほぼ同じ条件と思って良いのですが、例えば、新規借り入れ時に疾病保障サービスの団信革命を付帯させると変動金利で0. 全疾病保障とがん50%を無料で付帯させることができる三菱UFJ銀行とKDDIが出資するは変動金利で年0. もちろん、金利上乗せ負担している分、疾病保障のサービス内容は充実していますが、金利差も大きくなってしまっています。 住宅ローンの審査結果で金利が変わる りそな銀行だけのデメリット・落とし穴ではなく、メガバンクや地銀の住宅ローンに共通していることですが、りそな銀行の住宅ローンは審査の結果で適用される住宅ローンの金利が変わってくるので注意が必要です。 低い金利に魅力を感じた人がりそな銀行の住宅ローンに申し込んで審査に通ったとしても、最優遇金利を適用してもらえず、想像以上に高い金利になってしまった・・・というような事態になる可能性は十分あります。 だからと言ってりそな銀行が簡単に金利を下げてくれるわけではありませんので、りそな銀行以外のネット銀行などの住宅ローンの審査にも合わせて申し込みをしておくようにしましょう。 (どの銀行の住宅ローンに申し込むにせよ、住宅ローンの仮審査申込を1社しかしないというのは得策ではありません。 ) クレジットカードの作成、給与受け取り口座の指定が必要 りそな銀行の住宅ローンを低金利の金利プランを新規購入時の借入で利用するには、クレジットカードの申し込みや給与振込みを申し込む必要があります。 住宅ローンの金利を低くするためにこのような取引条件をセットにして、自分たちの口座の利用から抜け出しにくくする戦略は、メガバンクや地銀の住宅ローンに共通してあります。 ネット専業銀行などこうした条件設定がない住宅ローンが低金利で存在することを考えるとこれはデメリットと言えます。 銀行が販売したい商品をセット利用するのは銀行側の事情であって、 住宅ローンを利用する人のことを考えた商品設計とは言えません。 保証料が必要 りそな銀行の住宅ローンを借りるためには、りそな銀行指定の保証会社による保証を得る必要があり、保証を得るにも保証料を支払わなければなりません。 保証料は金利上乗せ型にすると年0. 2%の金利上乗せ、一括前払い型とすると35年返済、3000万円借り入れの場合、618,420円(100万円あたり20,614円)程度の支払いが必要となります。 ただし、保証料を銀行が負担することにしているだけで保証料以上の事務手数料がかかるという仕組みになっています。 りそな銀行の住宅ローンのメリット 団信革命の保証はまずまず充実している りそな銀行の団信革命は5大疾病はもちろん、理由を問わず所定の状態になった場合に、住宅ローン残高がゼロになるものです。 やっかいなのは団信革命を利用するには年0. 3%の金利上乗せが必要な点です。 auじぶん銀行、住信SBIネット銀行などが扱う全疾病保障も全ての病気や怪我を保障していますが、保険金の受取条件は団信革命の方が良いので、0. フラット35は店舗でのみ取り扱い りそな銀行でもフラット35の取り扱いをしていますが店舗での申し込み、手続きのみとなっています。 このためお忙しいご家庭には使い勝手が悪い言ってよいでしょう。 ARUHIは来店不要の商品設計となっており、りそな銀行を上回るフラット35の取り扱いシェアを有しています。 もちろん、全国にあるアルヒ店舗での申し込み・相談も可能です。 マイホームマイバンクプランの活用で10,000ポイントがもらえる りそな銀行の住宅ローンではマイホーム マイバンク プランを利用すると提携する大手ポイントサービスを10,000円分がもらえます。 Tポイント、楽天ポイント、ビックカメラ、nanacoポイントなど使い勝手がよいポイントがプレゼント対象なのでマイホームを手にしたあとに新生活に利用できてうれしいですね。 店舗での相談が可能 りそな銀行の店頭にて住宅ローンの相談が可能となっています。 店頭で「WEB申込限定プラン見ました」と告げればネット専用住宅ローンと同じ金利が適用されます。 ネット専業銀行と違い店舗で住宅ローンの相談ができるのは心強いですね。 WEB限定金利なはずなのに店舗も利用できるのはちょっとずるいですね。 【最後に】 以上のように、りそな銀行の住宅ローンは利用を検討するのに十分な商品スペックを持っているとよいでしょう。 しかし、住宅ローン金利が住宅ローン審査結果より変わるなどのデメリットもあり、りそな銀行以外の住宅ローンにも同時に申し込みを行ったほうが良いでしょう。 三菱UFJ銀行とKDDIが出資するが提供する住宅ローンは審査結果により金利が変わることもなく、 ガンと診断されるだけで住宅ローン残高が半分になるがん50%保障団信と病気やケガなどの理由を問わず、180日以上の入院をすると住宅ローン残高がゼロになる全疾病保障の2つの疾病保障が無料で付帯されています。 【参考】りそな銀行の住宅ローン金利推移 いずれも借り換え時の最優遇金利。 変動金利 10年固定金利 20年固定金利 2020年6月 0. 645% 0. 645% 0. 645% 0. 600% 0. 650% 0. 650% 0. 650% 0. 600% 0. 600% 0. 550% 0. 600% 0.

次の

住宅ローン

りそな 銀行 住宅 ローン

(2017年8月2日更新) 人気銀行の住宅ローンの疾病保障を徹底比較! 今、住宅ローンは歴史的低金利が続いています。 各銀行間での金利引き下げ競争も激化、これ以上の金利引き下げは困難な状況まで低金利が進んでい言われることも多くあります。 そもそも疾病保障とはどういったものかご存知でしょうか?一般的な団信は死亡時にしか保障(保険金で住宅ローンを返済してくれる)されません。 その一方、医療の進化・高度化により、 以前の医療技術であれば死亡していたような病気でも、最新技術を利用した治療を継続することで生活が出来るようになってきています。 ただし、このような 治療には多額の費用が必要となります。 こうした現在の医療事情や、がんをはじめとする現代的な病気に対する保障をしてくれるのが最新の住宅ローンに付帯している疾病保障です。 医療保険と生命保険に近い保障と考えていただくのが分かりやすいかと思います。 今回疾病保障に注目した主な理由は以下の3つです。 (1)疾病保障が充実した住宅ローンを活用し生命保険料を節約するなど、家計のバランスを再検討できる• (2)低い金利だけでない、最新の住宅ローンへの借り換えの価値を再確認できる• また、今回は疾病保障に力を入れているイオン銀行と大手銀行の中で積極的に商品開発を進め、ユニークな住宅ローン商品を扱っているりそな銀行の3銀行を比較してみましょう。 ガンと診断され、その後の治療やお仕事のことを考えながら、住宅ローンの返済をするのは大変なことだと思われます。 イオン銀行とりそな銀行はガンと診断されただけで住宅ローン残高がゼロになります。 住信SBIネット銀行ではガンにより就業不能な状態が12ヶ月経過しなければならないという点でかなりハードルが高そうです。 3大疾病に該当する残りの脳卒中・急性心筋梗塞についてみると、イオン銀行とりそな銀行は60日以上の就業不能な状態が続いた場合に、住宅ローン残高がゼロになりますが、住信SBIネット銀行は12ヶ月の経過が必要です。 最後に高血圧症・糖尿病・慢性心不全・肝硬変・慢性膵炎を見ると、りそな銀行は保障対象外であることに留意したいですね。 なお、2017年6月より住信SBIネット銀行の疾病保障が全疾病保障とパワーアップしており、すべての病気や怪我への保障を開始しました。 保険料は引き続き無料となっており、住宅ローンの借り入れや借り換えをする方には強力な選択肢となっています。 最後に経済面での比較をしてみましょう。 まず、イオン銀行とりそな銀行の疾病保障は有料となり、借り入れ金利に上乗せして支払う必要があります。 一方で住信SBIネット銀行は無料です。 この差は、ガンと診断された場合に即住宅ローン残高がゼロになるという点に集約されますが、住信SBIネット銀行の幅広い疾病保障も魅力的な保障となっています。 この意味で有料の疾病保障付き住宅ローンは家系にガンの方が多い、保障をしっかりして万が一の際に家族に心配を掛けたくないという方の商品と言えます。 では具体的な費用をシミュレーションしていますので参考にしてください。

次の