このnfcタグをサポート。 タッチだけでWi

android

このnfcタグをサポート

AndroidのスマホやiPhoneの設定画面などで、「NFC」という単語を目にしたことはないだろうか? 近年では、多くのスマホにこの「NFC」が搭載されている。 では、この「NFC」とは、いったいどんな機能なのか。 おサイフケータイのように、電子マネーを決済する機能と思っている人も多そうだが、それは大きな間違いだ。 この記事では、そんなNFCの機能や使い方について解説する。 スマホのNFCとは「かざすだけ」の通信機能 NFCとは「近距離無線通信規格」の1つで、正式名称を「Near Field Communication」という。 「近距離無線通信規格」と聞くと、なんだか難しそうだが、要は「かざすだけで周辺機器と通信ができる技術」だ。 その通信範囲は0~10cmほど。 かなり近い距離でしか通信できない。 そのイメージだと、スマホをかざして電子マネーを決済する「おサイフケータイ」を想像しがちだが、じつは日本では、まだNFCによる電子マネーの決済はできないのだ。 では、日本の「おサイフケータイ」は、どうやって決済しているのだろうか? 現在、採用されているのは、国際標準規格のNFCのチップではなく、SONYが開発した「FeliCa」という日本独自の規格のチップだ。 このFeliCaには、NFCの近距離通信技術に加え、独自の管理システムやセキュリティ機構が、チップに組み込まれている。 通信速度がNFCよりも早いため、日本のおもな電子マネーは、このFeliCaを採用している。 このように日本では、FeliCaが広く普及しているため、電子マネーのモバイル決済は、ほぼFeliCa決済しかできない。 NFCとFeliCaは同一視されがちだが、NFCは「かざして通信できる技術」、FeliCaは「NFCを用いた非接触型ICカード技術」と、分けて考えるのが正しい。 近年では、このFeliCaを搭載したNFC対応のスマホも増えてきている。 そのNFCで一体何ができるのか。 その利用方法を以下にピックアップしてみた。 ・ICカードの情報を読み取る NFC搭載のスマホをICカードにかざすことで、その情報を確認できる。 具体的には、Suicaやnanacoなど、電子マネーカードの残高確認などだ。 ただし、そういった情報を読み込む際は、専用のアプリが必要になる。 ・周辺機器との接続 BluetoothスピーカーやヘッドホンがNFC対応であれば、スマホをかざすだけでペアリングが可能。 そのほかのNFC対応の周辺機器も、手持ちのスマホがNFCに対応していれば、簡単にペアリングできるようになる。 自分のスマホがNFC 対応かどうかを調べる方法 このように便利なNFCだが、当然ながら、自分のスマホが対応していないと使えない。 これを調べるには、どうすればいいだろうか? そんなときは、ステータスバーのクィック設定欄や、設定画面の「無線とネットワーク」を確認してみよう。 手持ちのスマホがNFCに対応しているなら、下の写真のようにNFCマークやNFCの設定欄が表示される。 それ以外にも、スマホのメーカー公式サイトにアクセスし、スペック情報からNFC対応可どうかを確認する方法もある。 機種変したい端末がNFC対応か調べたいときは、この方法が一番確実だ。

次の

NFCタグの活用例 その1|Juwwa株式会社|note

このnfcタグをサポート

【NFCをカンタンに説明】 今回は NFC について。 そして FeliCa との違いについても説明していきます。 NFC(エヌエフシー)とは Near Field Communication の略で、 近距離無線通信の規格のひとつです。 範囲は「10cm」程度と本当に近距離での通信が可能な非接触型の無線通信です。 「かざして通信」とも言われています。 【NFC ができること】• ・ 【ご注意】:「できること」に解説が必要な機能もあります。 詳細は各項目内容をお読みください。 そして通信データ量も少なくて済むので他の無線機器との 接続のための認証のために使われます。 例えばスマートフォンと機器や機器とを無線接続する際に必要な認証を行うために通信を行います。 予め、NFCに対応している機器の情報(パスワード等)をスマートフォンに読み込ませておくことで、パスワード入力などの必要なく認証作業を行えるため簡単に無線接続が行えます。 「認証」の例としては「ルーターとの接続」などがあります。 Wi-Fiは通信距離がそれなりに長いので接続する際にはSSIDとパスワードの入力が必要です。 しっかりとしたパスワードを入力しなければならないので面倒に感じる方も多いでしょう。 しかし NFC の機能を使うと簡単で安全に接続することが可能になります。 例えばこれはWi-Fiルーターとスマホを接続するための「NFCタグ」です。 Wi-Fiルーターに同梱されているシール状の「NFCタグ」でスマホとNFC通信が可能です。 タグにはWi-Fiルーターと接続するためのやパスワードが書き込まれており、まず NFC通信でスマートフォンで読み取ります。 難しい知識は不要です。 Wi-Fi接続時にはスマートフォンがNFCタグから読み取った情報を元に自動で認証してくれます。 筆者も実際に認証と接続をしてみましたがあまりに簡単なので驚きました。 このように近距離無線通信で必要な情報のやり取りができるのがNFCの特徴です。 通常、Wi-Fiルーターのようにパスワードで守られた無線機器との接続は「面倒でわかりにくい」ものです。 しかし「認証」のみ、NFCで行うことで難しい操作や面倒なパスワード入力を無くし、Wi-Fiルーターと接続できるようになっています。 また、スマートフォンと相性がよく最近、普及しつつあるBluetooth対応機器(スピーカーやイヤフォン等)でもNFCを使った接続認証ができる製品が増えてきています。 ご注意:認証機能が使えるのはNFCに対応している機器に限ります。 スマホをかざすだけで電子決済可能なおなじみの便利機能。 NFCと聞いて真っ先に思い出すのはこの機能ではないでしょうか。 しかし、NFC通信規格のはずのおサイフケータイですが 実際に使われているのは「FeliCa(フェリカ)」です。 「え?どういうこと?」と不思議に思いますよね。 ちょっと説明を加えましょう。 《NFC と FeliCa の違い》 実は FeliCa は「NFC規格の中のひとつ」でソニーの独自規格なのです。 しかしNFCの機能だけではおサイフケータイ等の決済はできません。 日本ではおサイフケータイやSuicaなど交通系ICカードの主流が FeliCaベース となっているため、2018年4月時点では NFCチップのみ搭載のスマートフォンではFeliCaベースの電子決済ができないのです。 なので現在、移行段階として「NFCとFeliCaの両方を搭載」から「完全にNFCへ移行」の最中となっているようです。 ご注意:こちらのAndroid ビームに関する記事内容は Android4. 0 から Android 9 までのAndroid端末での情報となります。 目の前にいる相手に連絡先を渡したい時や、写真数枚を仲間と直接シェアしたい時に役立つ「NFCを使った通信」です。 SNSやオンラインストレージが流行っている現在、あまり使う機会がないかもしれませんが、ガラケー時代の「赤外線通信」と似た感覚で使える通信機能です。 1以降はファイル転送時にBluetoothを用い通信速度が上がりました。 しかしAndroid 4. 0と4. 1以降では規格が異なってしまうため Android ビームのNFC通信はできません。 スポンサーリンク 関連記事•

次の

Sony Japan

このnfcタグをサポート

NFCの使い方(スマートフォンでのNFCタグ書き込み・活用方法) NFCタグを使うためには、まずお持ちのアンドロイド携帯にNFCが搭載されている必要があります。 NFCタグに機能を登録するときは、サンワサプライの提供する専用アプリがありますので、スマートフォンのみで全ての設定を完了させることができます。 あとは作成したシールを好きな場所に貼って、スマホをかざすだけです。 これは機器側の仕様です。 また、あらかじめ対応機器のNFC機能をONにしておく必要があります。 NFCタグとは NFCタグとは、NFCという通信技術規格を使用した非接触のICチップを埋め込んだもので、タグにNFC対応スマートフォンをかざすだけでアプリを起動するなどのプログラムを記録できます。 専用アプリで対応スマートフォン用のタスクなどを書き込めるので、簡単にオリジナルのNFCタグを作成・活用することができます。 NFCタグにはアプリの起動はもちろん、Wi-FiやBluetooth機能のON・OFF、マナーモードやサイレントモードなどへの切り替え、電話やメッセージ(SMS)の送付など、様々な動作を記録することができます。 例えば、スマホ用の地図アプリを起動するよう記録したタグを車載ホルダーに貼りつけておけば、スマートフォンを車載ホルダーに置くだけで地図アプリが起動されます。 その他の面倒な操作を行う必要は一切ありません。 このように決まった場所で決まった動作をさせたいときに最適の製品です。

次の