クラム チャウダー 作り方。 魚貝たっぷりクラムチャウダーレシピ・作り方20選

シェフが教える最高においしい「クラムチャウダー」の作り方

クラム チャウダー 作り方

クラムチャウダーは、クリーミーでまろやかなコクが味わえる人気メニューです。 満足感は高いですが味が重たすぎないため、夕食だけでなく朝食としても人気ですよ。 野菜や魚介の栄養もたっぷり摂取できます。 クラムチャウダー 材料• 殻付きあさり 200g• きのこ 50g• 玉ねぎ 25g• じゃがいも 50g• 人参 25g• ベーコン 4枚• 牛乳 200ml• 小麦粉 大さじ1• 水 150ml• 白ワイン 大さじ2• バター 30g• 塩胡椒 少々 クラムチャウダー 作り方• 1あさりは砂抜きをし、30分おきます。 2きのこをみじん切りに、人参とじゃがいもを5mm角に切ります。 玉ねぎは薄切りに、ベーコンは1㎝角にしましょう。 3熱した鍋にバター10gを溶かし、白ワインとアサリを入れてアルコール分を飛ばします。 4水を加えてふたをして蒸しましょう。 アサリの口が開いたら、蒸し汁とあさりの身に分けてカラを外します。 5残りのバター20gを入れて加熱し、他の具材を加えてよく炒めます。 6小麦粉を少しずつ加え、その都度混ぜましょう。 7あさりの煮汁を加え、煮立たせます。 8あさりの身と牛乳を入れ、塩胡椒で味を整え完成です。 小麦粉がきちんと炒められていなかったりダマになっていると、粉っぽさの残る味わいになってしまいますよ。 しっかりと小麦粉を炒めることで、クリーミーな味になります。 是非試してみてくださいね。 酒の旨味がアサリに凝縮され、ふっくらとした食感になりますよ。 白ワインで蒸すと味に統一感が出ます。 クラムチャウダーに合うおかずで献立を組み立てましょう! クラムチャウダーには、洋食の味付けのメニューがよく合います。 今回紹介したおすすめのおかずやサラダ、付け合わせなどを、献立作りの参考にしてくださいね。

次の

魚貝たっぷりクラムチャウダーレシピ・作り方20選

クラム チャウダー 作り方

1 あさりを塩水に浸して新聞紙をかけ、砂抜きをする。 終わったら貝同士をこすり合わせるようにして洗っておく• 2 じゃがいもは皮を剥いて1㎝程度のさいの目にカットして水にさらす。 玉ねぎはみじん切り、ベーコン、人参は1㎝程度のさいの目にカットする• 3 鍋に水を入れ、あさりを入れて茹でる。 貝が開いてきたら火を止めてスープを漉し、身を貝から外す• 4 鍋を熱してバターを溶かし、玉ねぎを炒める。 玉ねぎの色が変わってきたらベーコン、人参、じゃがいもを順に入れて炒める• 5 具に火が通ったらあさりの茹で汁とブイヨンを入れてひと煮立ちさせる。 牛乳、塩、粉チーズを入れて味を整え、あさりの身を加えて沸騰直前で火を止める.

次の

シェフが教える最高においしい「クラムチャウダー」の作り方

クラム チャウダー 作り方

美味しく作るコツとは?【クラムチャウダー】の作り方 あさりの出汁とバターのコクがきいた「クラムチャウダー」。 濃厚なミルクの味が冷えた身体を温めてくれる。 家でも簡単に作ることができるので、ぜひ試してみてほしい。 今回はクラムチャウダーの作り方のコツやアレンジ料理についてご紹介する。 クラムチャウダーの食材選び あさりまたはハマグリ クラムチャウダーの「クラム」は二枚貝を意味する。 本場アメリカではハマグリが使われることが多いが、日本の一般的な家庭では簡単に手に入るあさりを用いることが多い。 ちなみにチャウダーとは、「大鍋、煮込み」を表すフランス語が語源であるといわれており、スープとシチューの中間的な立ち位置である。 野菜類 クラムチャウダーには野菜も欠かせない。 彩りのよい人参やホクホクとした食感が美味しいじゃがいも、甘みのある玉ねぎなどがポピュラーである。 ほかにほうれん草やかぼちゃ、コーンなどを入れてもいいだろう。 キノコ類 キノコ類を加えると旨みが増し、さらに味を深めてくれるだろう。 ほかの食材にはない独特の食感も楽しい。 クラムチャウダーには、しめじやマッシュルームがよく合う。 ベーコンまたはハム 食べごたえがほしい場合はベーコンやハムなどを加えるのもよい。 脂身が溶け出て、いっそうコクが増すだろう。 ただし、脂質が高くなりがちなので、ベーコンやハムを入れる場合はバターの使用量を減らすなどの工夫をするとよい。 クラムチャウダーの基本の作り方 下準備 クラムチャウダーに限らず、あさりを使用するときは砂抜きをしよう。 面倒だがこの作業を怠ると、食べたときにジャリっとした食感が残ってしまう。 あさりの砂抜き あさりの殻の表面をこすってよく洗う。 3~3. 5%程度の塩水を作る(例:水200mlに塩6~7g程度)。 やや深めのバットなどに網をのせ、そのうえになるべく重ならないようにあさりを並べる。 バットと網がない場合は、ボウルとザルでもOK。 あさりの頭が少し出るくらいまで塩水を流し入れる。 ふたや新聞紙、アルミホイルなどを覆いかぶせて砂をはかせる。 スーパーで購入したものであれば2~3時間程度、潮干狩りでとったものは半日程度で砂が抜ける。 砂抜きが終わったあとは水を捨て網またはザルにあげたまま、塩水をはかせるため30分程度置く。 クラムチャウダーの作り方 あさりは砂抜きをしておく。 野菜、キノコ類は1cm角に、ベーコンまたはハムは1cm幅に切る。 鍋にバターを溶かし、ベーコンまたはハムを炒める。 脂が出てきたところで野菜、キノコ類を加えて炒め合わせる。 野菜がしんなりしてきたら小麦粉をふり入れて全体に絡め、あさりを加える。 水、洋風スープの素を加えて野菜が柔らかくなるまで煮る。 牛乳を加えて温め、塩こしょうで味を調える。 クラムチャウダーを美味しく作るコツ 食材は同じ大きさに 火の通りにムラがないように、野菜やキノコは同じくらいの大きさにカットしよう。 目安はあさりの身の大きさだ。 野菜などは1cm角程度にそろえることで火の通りがよくなり、食べやすくもなる。 小麦粉をしっかりと絡める 小麦粉は全体になじむようによく炒めよう。 塊が残っているとダマができてしまうので注意が必要だ。 牛乳を入れたら沸騰させない 牛乳は沸騰させると膜が張ったり、分離したりする。 コクや旨みが失われてしまうため、牛乳を加えたあとは全体が温まる程度にし、沸騰させないように気を付けよう。 クラムチャウダーのアレンジ料理 ついつい作りすぎてしまったクラムチャウダーは、ほかの料理に変身させることができる。 どれも簡単にできるのでチャレンジしてみよう。 リゾット、グラタン、ドリア リメイク料理の大定番。 ごはんやチーズがあれば簡単にできる。 仕上げに黒こしょうをふりかけるのがおすすめだ。 パスタ 茹でたパスタを絡めるだけでできるので、とにかく簡単だ。 味が薄まる可能性があるので、塩こしょうなどで調整しよう。 コロッケ 水溶き小麦粉でクラムチャウダーにとろみをつけ、クリームコロッケにしてみよう。 クリームコロッケは一からタネを作ろうと思うと面倒だが、あまりものでできるとなれば挑戦しやすい。 タネはなるべく硬めに仕上げよう。 結論 クラムチャウダーの作り方について紹介した。 一見手が込んでいるように見えるクラムチャウダーだが、あさりの砂抜きさえ完了すれば、あとはあっという間に仕上がる。 さまざまな食材が入るクラムチャウダーは栄養満点なので、ぜひ一度作ってみてはいかがだろうか。 【関連記事】•

次の