イオンモバイル 乗り換え。 イオンモバイルでMNP予約番号を発行してから乗り換えよう!|転出するための手続きもわかりやすく解説

ドコモからイオンモバイルに乗り換えてみた実際の流れ①

イオンモバイル 乗り換え

生活にかかる費用を節約するためには、まず負担となる固定費を節約し見直さなければなりません。 その中でもすぐに効果を実感できるのが「通信費」。 いわゆるインターネットやスマホ代、固定電話などですね。 特にスマホ代は大手キャリアから格安スマホ会社に乗り換えることで、大幅にすることができます。 実は私も大手キャリアであるdocomoから楽天モバイルに乗り換え、スマホ代を月8,000円以上も節約することに成功しました。 それを見た私の両親が「スマホ代を安くしたい!」と格安スマホへの乗り換えを強く希望したので、両親にあった格安スマホ会社を探すことにしました。 そこで候補にあがったのが「イオンモバイル」。 手頃な値段でスマホが使えるという理由ももちろんですが、大手スーパーが提供しているというところにも惹かれました。 イオンモバイルを選んだ理由 全国に200店舗以上あるスーパー、イオンが提供している「イオンモバイル」。 格安スマホはネット契約が主流ですが、イオンモバイルは全国にある200以上のイオンに実店舗があるため、契約から修理まで顔を見て直接やり取りができます。 実家の両親は普段からスマホを使い慣れていますが、通信量や速度制限などの知識は全くありません。 さらに今回はSIMカードと同時に端末の購入も予定していたので、店舗がすぐ近くにあるイオンモバイルに決めました。 不明点や万が一故障してしまっても、買い物ついでに寄れるイオンであれば気軽に相談できますよね。 また、イオンモバイルの最大の魅力といわれているのが契約縛りのなさ。 格安スマホでも契約から1年未満の解約は違約金が発生する場合が多いですが、イオンモバイルは契約の縛りもなく、いつ解約をしても違約金は発生しません。 このようなことにもメリットを感じ、イオンモバイルを契約することにしました。 手続きの流れ MNP予約番号を発行する まずは電話番号を乗り換え先の会社でも使えるようにするために、「MNP予約番号」を取得します。 本来ならdocomoのマイページより取得ができますが、両親ともに今までほとんどアクセスをしていなかったのでパスワードが不明…。 そこで今回は直接docomoに電話をかけて聞くことにしました。 docomo回線を使っている場合、端末から「151」をかけるだけでインフォメーションセンターに繋がります。 電話をかけMNP予約番号の取得をお願いすると、やはり引き止められましたが…(機種変更時に利用できるポイントを数万円分付与すると言われました) しかし、ポイントをもらっても毎月の支払額が安くなる訳ではないのできっぱりとお断りし、きちんと予約番号を発行してもらいました。 ただ、どうしても断りづらい場合があるので、なるべくマイページにアクセスして取得する方が良いと思います。 また、今回は更新月での解約のため違約金がかかりませんでしたが、更新月とその翌月(24~25か月)以外は9,500円(税抜)の違約金が発生します。 とはいえ更新月を待たず、違約金を払ってでも乗り換えた方が安くなることが多いので、ひとまず以下の記事を読んでタイミングを確認してみてくださいね。 イオンモバイルへMNP転入 取得したMNP予約番号のほかに、身分証明書やクレジットカードを持ってイオンモバイルに向かいました。 イオンモバイルの毎月の料金支払いはクレジットカード決済のみ。 基本的にどのカードブランドでも利用できますが、おすすめはやはりイオンカード。 イオンモバイルに乗り換える際に端末も購入すると、24回までの分割手数料が無料になります。 イオンカードは年会費無料で作れるクレジットカード。 もちろんわたしの両親も、イオンカードで毎月の料金支払いをしています。 またMNP転入時、契約するプランも選ばなければなりません。 イオンモバイルのプランは他社とは違い音声プランは1GB、2GB、4GB・・・と細かく分かれています。 普段どのくらい使っていたか、大手キャリアのマイページより確認しプラン選びをするようにしましょう。 詳しいプラン内容はこちらの記事で紹介しています。 両親の場合は自宅にWi-Fi環境が整っていたということもあり、ひとまず音声2GB(1,380円)プランを契約することにしました。 また父はこれを機に端末も新しくする予定だったので、3万円ほどのオススメ端末を購入しました。 契約時に受けた確認事項は全部で10項目 初期費用 イオンモバイルに転入する際はSIMカード代として3,000円(税抜)が発生します。 これは必ずかかるものなので把握しておくようにしましょう。 キャリアメールの停止 格安スマホの場合、キャリアメールを使うことができません。 大手キャリアで使用していた場合はアドレス変更の連絡やフリーメールアドレスの取得などを事前に済ませておくとスムーズです。 利用期間と違約金 音声SIMを契約した場合、契約後180日以内に他社へMNP転出をすると8,000円(税抜)の違約金が発生します。 また181日以降の転出は3,000円(税抜)が発生。 契約縛りはありませんが、この金額は注意しておくべきですね。 同一名義の契約数 音声通話SIM、データ通信SIMの両方ともに同一名義は5回線までが上限となります。 マイページについて 契約翌日よりログインが可能。 紙での利用料金明細は有料になるので、マイページで毎月の利用料金を確認することをおすすめします。 通話料金 30秒ごとに20円が発生しますが、これは他の格安スマホ会社と同じになります。 しかし、音声プランを契約している人だけが使える「イオンでんわ」というアプリを経由して発信すると30秒当たりの通話料が10円になるので、必ずインストールしておくようにしましょう。 日割り計算 申込み月は全て日割り計算となります。 ユニバーサル料金は初月無料、翌月より約2円が加算されます。 解約とMNP予約番号 契約は日割り計算となりますが、解約時は1か月分丸々発生となります。 またイオンモバイルから他社へMNP転出する場合、予約番号の発行に数日かかる恐れがあります。 海外での利用について 音声通話やSNSは利用できますが、データ通信は利用できません。 また音声通話やSNSも利用料金が高くなるので注意が必要です。 月々の支払 クレジットカード決済のみ、イオンカード以外も利用が可能です。 以上の10項目を説明され、大丈夫であれば同意書にサインします。 その後回線の開通工事に入りますが、所要時間は約1時間とのこと。 その間にイオンで買い物ができたので、無駄なく時間をつぶすことができました。 乗り換え完了!果たして使い勝手は・・・? 予定通り1時間程で回線工事も終わり、SIMカード代と端末代を支払いました。 支払いが済めば全ての契約手続きが完了となりますが、SIMカードを入れ替えた後にインターネットに接続するための初期設定「APN設定」が必要になります。 端末をイオンモバイルで購入した場合は必要ありませんが、自分で端末を用意する場合は設定が必要です。 とはいえ設定が詳しく書かれた書類をもらうことができるので、Wi-Fi環境でQRコードを読み込み指定されたプログラムをインストールするだけととってもカンタン! 万が一自宅にWi-Fi環境が整っていない場合は、イオンモバイルの店舗内やフリーWi-FIを利用してインストールしておくようにしましょう。 まとめ 両親あわせて17,000円も払っていたスマホ代が、なんと3,000円以下(一人1,500円)に抑えることができました。 月々14,000円の節約なので年間で168,000円も節約に成功! これって結構豪華な海外旅行に行けてしまう額ですよね。 気になる通信速度ですが、やはりWi-Fi環境ではない場所だと遅いかなぁといった印象。 特にyoutubeなどの動画や画像を多く掲載しているサイトは、きちんと表示されるまでに時間がかかります。 外で見る人はモバイルWi-Fiを持っているとストレスなく視聴できるはずです。

次の

イオンモバイルの機種変更方法・手順【2020年最新】注意点・キャンペーン紹介!

イオンモバイル 乗り換え

Contents• イオンモバイルに合うスマホ端末を用意する(SIMサイズも確認) イオンモバイルのSIMを使いたい場合、 差し込むスマホ端末がイオンモバイルに合わなければなりません。 これは、イオンモバイルの動作確認端末ページで確認することが出来ます。 ワイモバイルも例外ではありません。 ワイモバイルショップで購入したスマートフォンにはSIMロックがかかっている可能性があります。 この場合、SIMロックを解除する必要があります。 SIMロック解除が必要な機種かどうかは下記で調べることが出来ます。 これらの詳細、SIMロック解除が必要な機種・解除方法は下記で確認出来ます。 自動音声応答サービスは、下記のいずれかで利用可能です。 ワイモバイル携帯電話から:116(無料)• 一般電話から:0120-921-156(無料) これら詳細は下記で確認できます。 この MNP予約番号は15日間有効で、この15日間以内に以降でお伝えする下記2つを行う必要があります。 イオンモバイルのSIM購入(購入時にMNP予約番号が必要となる)• イオンモバイルのAPN設定(設定することでワイモバイルが解約される) イオンモバイルのSIMを公式サイトで注文する イオンモバイルは店舗よりWEBキャンペーンで注文すると割安になるケースがあります。 本人確認書類(運転免許証などの画像)• ワイモバイルで取得したMNP予約番号• クレジットカード(支払いの為) 滞りなく行えば、SIMの到着は早ければ数日、遅くても1週間以内には届きます。 端末内にあるデータを移行する準備をしておく ( 同じスマホを引き続き使うのであればこの作業は不要です。 ) 電話帳を移行する準備をする。 電話帳のデータの保存先は、• iPhoneであれば、iCloud(Apple社)• Androidであれば、Googleアカウント(Google社)かスマホ本体(SDカード) となっています。 iCould、Googleアカウントに情報があれば、ユーザーIDとパスワードで新しいスマホ端末でも復元できます。 Androidでスマホ本体(SDカード)に電話帳情報があるのであれば、SDカードでデータを移すことになります。 なお、自分で紙にメモし再度登録するなどでもOKです。 写真・画像・音声ファイルを移行する準備をする スマホ本体にある写真・画像・音声ファイルは、SDカードに保存しておきます。 または、クラウドストレージ(iCould、Google Drive、Dropbox・・・など)にアップロードしておきます。 イオンモバイルのSIMが届いたら、LINEの引き継ぎの準備をする LINEの引継ぎは、登録時の違いなどでやり方が異なります。 メールアドレスとパスワードで登録した人• Facebookで登録した人• (電話番号を変更する人) これら詳細は、下記を参考にして下さい。 なお、この設定が成功した時点で、ワイモバイルとの契約が自動的に解約されたことになります。 スマホ端末がAndroidの場合 APN設定の大まかな流れは、下記の通りです。 使う予定のスマホ端末にイオンモバイルのSIMを挿入して、電源を入れる。 数分後、スマホ端末で通話およびデータ通信可能か確認する。 イオンモバイルのAPN情報は下記の通りです。 タイプ1 タイプ2 イオンモバイルのSIMはタイプ1、タイプ2に分かれます。 この詳細は下記を参考にして下さい。 使う予定のスマホ端末にイオンモバイルのSIMを挿入して、電源を入れる。 Wifi接続をする。 ( Wifiによるネットワーク接続環境が必要です。 アクセス後ダウンロードが始まり、終了したらインストールする。 数分後、スマホ端末で通話およびデータ通信可能か確認する。 構成プロファイルの保存先URL、その他詳細は下記を参考にして下さい。 」とありますが、各自でハサミなどでカットし破棄しても構いません。 返却しなかった際の違約金もありません。 下記が詳しく解説されています。 Twitter・Facebook・Instagramなどのアプリの設定をする Twitter・Facebook・Instagramなどのアプリは、新しい端末でインストールして、利用していたユーザーID、パスワードでログインすればそのまま引き継ぎされます。 以上で終了です。 お疲れ様でした!.

次の

ドコモからイオンモバイルに乗り換えてみた実際の流れ①

イオンモバイル 乗り換え

転入も!転出も!イオンモバイルのMNP乗り換え手順と2つのポイント 「キャリアや格安SIMサービスを利用していて、イオンモバイルに乗り換えたい」 「イオンモバイルから別のサービスに乗り換えたい」 と思った時、意外につまずく事が多いのがMNPではないでしょうか。 ご存知の人も多いと思いますが、MNPは「携帯電話番号ポータビリティ制度」とも呼ばれ、今の携帯電話番号をそのままに他社サービスへ乗り換える事ができる仕組みです。 しかし、MNPは何やら面倒そう・・・と思っている人も多いはず。 筆者自身、最初の携帯会社乗り換えは、MNPが面倒で番号を変えて知人に知らせる方法を選びました。 ただ、MNPは実際やってみるとそこまで難しくありません。 数十人の知人や家族に番号を知らせるのも結構な手間ですよね。 そこでこの記事を参考にして、イオンモバイルでのMNP手順を全て押さえておきましょう! それでは参ります。 イオンモバイルへMNP乗り換え(転入)のポイントは2つ イオンモバイルへのMNP乗り換え(転入)には2つのポイントがあります。 まずひとつめは、 MNP予約番号の有効期限が10日以上あること。 2つめは MNP予約番号発行時の名義と、イオンモバイルの申し込み登録の名義が同一であることです。 また、申し込みには• 本人確認書類(運転免許証など)• クレジットカード(月額料金の支払いのため)• MNP予約番号 が必要です。 ポイント1:MNP予約番号の有効期限が10日以上あることが条件 イオンモバイルへのMNP乗り換え(転入)は、MNP予約番号の有効期限が10日以上ある事が条件です。 そのため、MNP乗り換え(転入)するのには、日にちに余裕を持って申込みをしなければなりません。 また、MNP予約番号の発行は申請してから発行されるまで数日(4〜5日程度)かかる事がよくありますので、お急ぎの場合は注意が必要です。 ポイント2:MNP予約番号発行時の名義と申し込み登録の名義が同一であることが条件 2つめのポイントは、MNP予約番号発行時の名義とイオンモバイルへの申し込み登録の名義は同一でなければなりません。 たとえ家族であっても、名義が違うMNP予約番号の登録では申し込みできませんので注意しましょう。 イオンモバイルにMNP乗り換えする手順3つ イオンモバイルにMNP乗り換えする方法には• 契約即日お渡し店舗でのMNP乗り換え• 後日配送お渡し店舗でのMNP乗り換え• インターネットでのMNP乗り換え の3つがあります。 ここでは手順をそれぞれに分けて書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。 パターン1:契約即日お渡し可能!店舗でのMNP乗り換えSTEP イオンモバイルの店舗には「ご契約即日お渡し店舗」と「後日配送お渡し店舗」の2つがあります。 イオンモバイルを契約してからすぐにスマホを使用したい人はご契約即日お渡し店舗へ行くのをオススメします。 まず、店舗へ向かう前に必要書類を準備しておきましょう。 STEP1. ご契約即日お渡し店舗へ来店する お近くにあるイオンモバイルのご契約即日お渡し店舗へ来店し、希望の商品を選びます。 イオンモバイルの公式ホームページ内にある「店舗受け付けシート」を持参すると15~20分の時短になります。 STEP2. 契約手続きを行う 店舗で受け付けを済ませたら契約手続きのためにプラン、オプションなどを記入します。 契約内容によって準備する必要書類が違ってくるので、前もっての確認が必要です。 MNP乗り換えの場合は「本人確認書類・クレジットカード・MNP予約番号」が必要です。 STEP3. 商品を受け取る 契約した内容の商品をその日のうちに受け取れます。 パターン2:後日配送お渡し店舗でのMNP乗り換えステップ 後日配送お渡し店舗は、その名のとおり後日商品をお渡しする店舗なので、店舗で商品を選んだりスタッフに質問したりできますがその日のうちに商品を受け取ることはできません。 また、後日配送お渡し店舗では、SIMタイプ1(NTTドコモ回線)の契約のみが行えます。 STEP1. 後日配送お渡し店舗へ来店する お近くにあるイオンモバイルの後日配送お渡し店舗へ来店し、商品パッケージを購入します。 STEP2. 申込書へ記入し郵送する 商品パッケージ同包の申込書に必要事項を記入し、本人確認書類のコピーと一緒に郵送します。 STEP3. 商品が発送される 申込書の投函から通常5日~10日ほどで商品を受け取ることができます。 初期設定は完了して届きますのですぐに利用できます。 なお、MNP乗り換えの人は開通してから商品が手元へ届くまでの間は、今まで使用していた端末が使えなくなるのでご注意ください。 パターン3:インターネットでのMNP乗り換えSTEP 手軽にインターネットでMNP転入するのもオススメです。 時間や場所を選ばないインターネットは日中思うように時間が取れない人にオススメな手段です。 STEP1. 公式ホームページで商品を選択する 公式ホームページのメニュー「新規お申し込み」をクリックし、「WEBで申し込む」を選択し、購入方法やSIMの種類、端末の種類などを選びます。 画像引用: STEP2. イオンスクエアへ会員登録後に商品購入する へログインもしくは会員登録をしてから商品を購入します。 また、イオンスクエアへの会員登録にはメールアドレスが必要です。 STEP3. 本人確認と料金プランの選択 運転免許証などの本人確認書類をアップロードし、回線契約を行います。 契約内容によって準備する必要書類が違ってくるのですが、MNP乗り換えの場合は「本人確認書類・クレジットカード・MNP予約番号」が必要です。 本人確認書類とは 本人確認書類とはおもに以下の6つが使われますが、健康保険証のように補助資料が必要な場合もありますのでご注意ください。 公共料金領収書(電気・ガス・水道料金の領収書)• 住民票(マイナンバーが入っていないもの)• 戸籍謄本(現住所と本籍が一致している場合に限る) また、上記のもすべては発行日から3ヶ月以内のものに限りますので日付の確認をしましょう。 STEP4. 商品が発送される 契約完了後約3日~7日で商品が届きます。 なお、MNP乗り換えの人は開通してから商品が手元へ届くまでの間は、今まで使用していた端末が使えなくなるのでご注意ください。 MNP乗り換え(転入)は以上のとおりです。 次はMNP乗り換え(転出)を説明します。 イオンモバイルから転出のポイントは3つ イオンモバイルから転出のポイントは3つあります。 ポイント1つめは、 MNP転出には転出手数料が発生するということです。 2つめのポイントは、 MNP予約番号申請後4~5日程度の日数がかかることです。 3つめのポイントは、 MNP転出できるのは音声通話SIMのみということです。 また、MNP転出をする場合は、イオンモバイルからMNP予約番号を発行することが必要で、マイページもしくはお客様センター(0120-025-260)で申請ができます。 その後、他社へのMNP転入手続きが完了となりましたら、イオンモバイルは解約になります。 その際に転出手数料が発生しますので下記の表でご確認ください。 ポイント1:MNP転出には転出手数料が発生 イオンモバイルでは、3000円以上の転出手数料が発生します。 契約日より90日以内に転出する場合には、特に大きな額の手数料が設定されていますので、なるべく 契約日の91日以降にMNP転出するようにしましょう。 (事例)2018年7月1日以降に契約した回線をMNP転出する場合 MNP転出手数料は、次の通りです。 ポイント2. MNP予約番号申請後4~5日程度の日数がかかる MNP予約番号を申請後4~5日程度でで転出用MNP予約番号を確認できます。 イオンモバイルに限らずMVNOの場合、大手キャリアのauやdocomoなどのようにMNP予約番号をすぐに発行することはできません。 ですから、日にちに余裕を持った申請をすることが大切です。 ポイント3. MNP転出できるのは音声通話SIMのみ ご存知の人も多いと思いますがMNPとは携帯番号ポータビリティ制度のことなので、音声通話SIMのように通話のできる電話番号でなければMNP転出することができないのです。 3ステップで完了!イオンモバイルからのMNP転出 イオンモバイルからのMNP転出は3つのステップで完了できます。 イオンモバイルからMNP予約番号を発行するためには、マイページまたはお客様センター(0120-025-260)からMNP転出の申請をしますが、お客様センターは電話受付なので、今回は自力で行うマイページでの方法に焦点を当てて説明していきます。 STEP1. マイページを開き、下へスクロールして自分の電話番号をタップする を開いたら、下へスクロールします。 画像引用 すると自分の携帯電話番号があるので、そこをタップして次の画面へ進みます。 STEP2. 「MNP転出」の項目をタップする 画面が変わって表示される「MNP転出」の項目をタップします。 また画面が変わり、転出手数料などの確認画面になるので、内容をよく読んで確認をしたら「同意する」にチェックを入れましょう。 STEP3. 「MNP予約番号を申し込む」をタップして完了 最後は「MNP予約番号を申し込む」をタップして完了です。 申請してから4~5日程でMNP予約番号がマイページに届きます。 その後、他社へのMNP転入手続きが完了となりましたら、イオンモバイルは解約になります。 まとめ 今回の記事では、イオンモバイルのMNP乗り換え(転入・転出)のポイントと手順について説明してきました。 公式ホームページを見ても、情報が足りなくて困ってしまった時には是非参考にしていただきたいです。 それでは、重要なポイントを振り返ってみましょう。

次の