神棚 鏡。 「神棚」にやってはいけないこと5つ

神棚の鏡

神棚 鏡

種類 [ ] 神棚には3種類ある。 一般的にみられるのは小型の神社を摸した 宮形(みやがた)の中にや氏神札、崇敬神社のを入れるもので、これは 札宮(ふだみや)といい、狭義にはこれを神棚と呼ぶ。 の家などの神葬祭を行う家には、祖先の霊をまつるための神棚があり、これは (みたまや)という。 他に、よりも神の依り代としての意味合いが強い「御神体」をまつる神棚もある。 その場合は神棚ではなく「」を授与した神社のとみなすほうが自然だ、とする考え方もある。 以下、札宮(狭義の神棚)について説明する。 設置場所 [ ] 神棚は、できるだけ明るく清浄な場所の 、最上階(または上に上階の床のない箇所)の天井近くに南向きまたは東向きに設置するのが良いとされる。 最上階への設置が困難な場合があるため「雲板」や「雲文字」が用いられる。 「雲板」は神棚を設置する神棚板の上部に取り付けられている雲形に彫刻されている部材である。 また、「雲文字」は「雲」、「天」、「空」の木製の抜き文字あるいは紙製の書き文字を天井部分に取り付けるものである (注:も参照のこと)。 設置場所がなくやむを得ずタンスの上にまつる場合は白い布か白い紙を敷いて神札を置くのが望ましいが 、トイレと背中合わせになる場所や、人の出入りが激しい扉の上などは避けなければいけないと言われている。 それ以外にも同じ部屋で神棚と仏壇の向かい合わせの設置は好ましくないとされている。 神棚は家の中のある意味神社であり、神棚の正中には不浄なものがないようにすることが望ましい。 神具 [ ] 神具としてだるまが飾られることも多い. 神棚の正面には、左右にを立てた榊立て、を配し、神棚の前方にをかける。 このほか折敷、土器、瓶子、水玉、真榊(まさかき、ミニチュア)、(金幣)などが神具セットに含まれている場合があり、ほかにも各家庭でさまざまな(、など)が飾られている例が珍しくない。 なお、を置く理由は諸説ある。 神は鏡のようにあるがままを見通すものであるとか、あるいは鏡のように見る人によって違って見えるものであるからそのつもりで神の前に立てという意味であるという説や、自らの中にある神性と向き合えという意味であるとする説、あるいは鏡は太陽の光を反射するように神の光を映すものであるとする説、など。 神饌(お供え) [ ] (お供え)としては、米、酒、塩、水が基本であるが、そのほかに乾物、野菜、果物、菓子類などが供えられる。 米、酒、塩、水は毎朝、榊は月に2度(通常は1日と15日、ほかに祀っている神札の祭神にゆかりの日)新しいものと取り換えるのがよいとされている。 ほかに、合格通知や祝物の熨斗紙などが捧げられる場合もある。 神饌の置き方は、米・塩・水の場合、向かって左から水・米・塩、または向かって左から手前に水・塩、奥に米とする。 米・酒・塩・水の場合、向かって左から水・酒・米・塩、または向かって左から手前に水・塩、奥に酒・米、もしくは向かって左から手前に水・塩、真ん中に酒・酒、奥に米とする。 また、獣肉や乳製品、ネギ属の野菜は供えるのを控えることが多いが、地域や祭神によってはこれらを供える場合もある。 神へ供えた食べ物は後で「お下がり」としていただくようにする。 拝礼 [ ] 神饌を供えたら家族そろって日ごろの神の加護を感謝し、これからの安全と幸福を祈るのが望ましいが、これができない場合は各自外出前に祈ってもよい。 が推奨する神棚への拝礼方法はと同様「」であるが 、「二礼四拍手一礼」などさまざまな流儀がある。 また、「神棚拝詞」というを唱えるのも良いとされている。 神職でなくとも良い(神職を呼ぶ際は宅神祭と呼ばれる)。 神棚拝詞 此の神床に坐す 掛けまくも畏き 天照大御神 産土大神等の大前を 拝み奉りて 恐み恐みも白さく 大神等の広き厚き御恵を 辱み奉り 高き尊き神教のまにまに 直き正しき 真心もちて 誠の道に違ふことなく 負ひ持つ業に励ましめ給ひ 家門高く 身健に 世のため人のために尽さしめ給へと 恐み恐みも白す (読み) これのかむどこにます かけまくもかしこき あまてらすおおみかみ うぶすなのおおかみたちのおおまえを おろがみまつりて かしこみかしこみももうさく おおかみたちのひろきあつきみめぐみを かたじけなみまつり たかきとうときみおしえのまにまに なおきただしき まごころもちて まことのみちにたがうことなく おいもつわざにはげましめたまい いえかどたかく みすこやかに よのためひとのためにつくさしめたまえと かしこみかしこみももうす 拝礼の順序 [ ] 一般的な神棚を拝する際の順序を以下に示す。 忌中の時 [ ] 身内に不幸があった時は、50日間神棚の扉を閉め、白い紙を貼って隠し、お供え・拝礼もしてはならない。 「赤不浄」といって、出産や月経の穢れを「血の忌み」とし、「死の忌み」に関しては「黒不浄」と呼ぶ。 かつて、この不浄期間中、女性は神事に携わることが禁じられており、参拝することも、神棚の前に出ることも許されなかった(前書 88ページ)。 神職の家では厳しくこの忌みを守るが(前書 88ページ)、これらの考え方は、男子が神事を司るようになって現れたとも考えられ、女性の神職が中心となって祭りを行うの島々では、こうした穢れの意識が希薄であると指摘される(前書 88ページ)。 武道道場の神棚 [ ] 現代ののにはよく神棚が祀られているが、の道場は神棚ではなく、『』や『』などから「剣の神、武の神」とされた「」()と「」()の二柱の神名、さらに幕末期には思想の高まりとともに「」()を中央に加えた三柱の神名を書いた掛け軸が床にかける神床であった。 道場に神棚が祀られるようになったのは以降のの影響である。 (11年)、主催の体育運動主事会議において、「道場ニハ神棚ヲ設クルコト」という答申が行われ、の道場への神棚設置が義務化された。 その下にが掲揚され、の際に神拝が行われるようになった。 後、が学校教育への武道を禁止し、(昭和21年)1月12日に理事長から都道府県支部長宛に「神殿、神棚等撤廃ニ関スル件」が発せられ、神棚は撤去された。 ただし現代においても一部の国公立校、多くの私立校では神棚が祀られている。 祀り方などの相違点 [ ] 神棚の祀り方においては、細部まで完全に統一された形式というのは存在しない。 たとえば、は神のであり、神を直接見るのは畏れおおいとする神道の考え方に従って、神棚の扉を常時閉めておくべきと主張する人もいれば、神札は神とその人(家)との絆であるから、逆に常時開けておくべきと主張する人もいる。 また、一宮形の神棚においては、通常、神札は前から伊勢神宮の札を重ねて入れるのが良いとされるが、たとえばなどは逆に、伊勢神宮の札を奥にするのが良いとしている。 神棚の上部前面に雲の形の板を取り付けるまつり方もある。 これらの形式の細かい点においては、などにおいて尋ねて確認するのが良いとされるが、心がこもっていればいかなる形式でも良い、とする考え方もある。 最近は、神棚の形も自由でよいという考え方から、例えばは『未来の神棚デザインコンテスト』を開いている。 神棚の歴史 [ ] を祀るを設けた最古の記述は『』にある。 すなわち「がを統治することになった時、の御頸珠を御倉板挙之神として棚に奉斎した」とある。 の最盛期といわれる中期頃から、病気や疾病、地震、火災、天災など、それらをのが起こすものと考えられ、を起こすの存在を鬼に例えて恐れたといわれる。 鎌倉時代前期に著された「陰陽道旧記抄」に「竈、門、井、厠、者家神也云々」とあり、井戸、竈、厠など、病気に直結する場所を神格化させて、諸々のから祟りをうけぬようを行っており 、竈神、門神、井戸神、厠神など、様々な場所の神を宅神とした崇めていた歴史がある。 また、宮城を造営する際、君主が世界を支配するために天(神)と繋がる中心点が重要であるとしてを建て、代表的なものに、がある が、建物の(中心点)が、万物の根源、陰陽の根源とつながるものと考えられ、万物には当然のごとく神が宿ることから、そこに建てる重要な柱をと呼ぶことになる。 地方によっては、の神をお祀りすることからともいい、太い柱を大黒柱と一概にいうわけではない。 正殿に見られる(しんのみはしら)も、日本の神が、木や柱を依り代(よりしろ)とするため、神が依り憑く ひもろぎ としている ため、古来は神棚ではなく、家の中心とする柱やそれぞれの場所(井戸、厠、門、竈)に手を合わせ 現代の神棚のように崇めていた。 神棚が日本の歴史に登場するのは、近世江戸時代中期頃である。 もともと神道では神とは常在のものでは無く、人が祀る時に初めて現れるものとされる為、神の常在を前提とした神棚の成立はそう古いものでは無く、古代日本には神棚は存在しない。 なお、『神道大辞典』では「鎌倉時代から室町時代初期(中世)にかけて伊勢両宮の神官等が神符を各地に配布する頃に神棚が誕生した」と説明している。 江戸時代にはや富士に参詣する事が観光旅行として庶民に広まっており、この時、旅行案内人としての役割を担った存在に おし がある。 御師は身分的には百姓と神職の中間に位置づけられて、全国にお神札 ふだ を配布しながら伊勢神宮への信仰を勧めた。 信仰を勧める戦略の一つとして、御師はというものを考案する。 これは伊勢神宮のお神札を家庭で祀ることの出来る物であり、これが今で言う神棚に当たる。 神棚が各地の神社の御師によって広められることで、やがて庶民の間に、神道上の慣習として定着するようになった。 神棚と家相の関係 [ ] では、家の中心点を 「()」「」「神棚」「一家の主の」「商店は」「は」 など、15を超える中心点の流派があり 、神棚を置く場所自体がその家の中心とする考えがあった。 またまで絶大な権力をもったは「一家の主の正寝を中心」としていたため、正寝に神棚を置いたり、特に武家は玄関に神棚を祀っていた歴史がある。 神棚と仏教の関係 [ ] 仏教(主に)でも御札は神棚に祀る。 その場合、神道の神札とは別けて祀る場合と、同時に祀る場合が存在し、祀る順番も合わせて厳密な決まりは無い(高野山真言宗の場合) 明治維新までの神仏習合の影響が大きいことが理由である。 脚注 [ ]• 『ビジネスマンの常識 神社のしくみと慣習・作法』2007年、日本実業出版社、、114ページ• , p. 小野迪夫、金子善光『祝詞必携』2004年、戎光祥出版、、87ページ• 三橋健『ビジネスマンの常識 神社のしくみと慣習・作法』135ページ• 神田明神『神社のおしえ』小学館、196ページ• 他多数共著 『民俗の事典』 1972年 88ページ• 剣道専門分科会編『剣道を知る事典』123頁、• 『神社本庁教学研究所神道のしきたりと心得』1990年2月5日神社本庁発行全224頁中63頁• , p. 『神道大辞典』臨川書店1937年7月19日全1474頁中356頁• , p. 参考文献 [ ]• 『神道』〈〉(原著2006年12月4日)、初版。 2009年5月3日閲覧。 小池康寿『日本人なら知っておきたい正しい家相の本』プレジデント社、2015年11月。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 関連項目 [ ]•

次の

神鏡

神棚 鏡

神棚を立派に祀りたいと思ったら設置したいところですが、どこに置いたらいいのか、そしてどういう意味で置くのか気になりませんか? 今回は神棚と鏡について書いてみたいと思います。 神棚のどの位置に置くの?絶対必要なの? 楽天市場の神棚にちょうどよさそうなものがあったので貼ってみます。 鏡は写真のように神棚の中央に、そして神棚に階段があれば階段の上に設置するのが通常です。 神棚の扉は開けておく派だという人は扉を開けた状態で鏡を置いてみましょう。 扉が当たって鏡が置けないという場合は階段の下でも良いと思います(たぶん大丈夫だと思いますけど)。 楽天の画像リンクが消えてしまったときのためにこっちで用意した画像も貼っておきます。 ポイントとしては• 中央に置く• 階段の上に置く(置けなかったら下でもよい)• お供え物よりも神棚に近い位置に置く といったぐらいで場所に関しては対して難しいことは無いと思います。 絶対に無いとだめ? 鏡は絶対に無いと駄目かというとそんなことはありません。 神主が神事を行う際にも鏡の無いところで行うこともありますし、全ての神棚に鏡があるわけでもありません。 神棚をお祀りする人の好みです。 なぜ鏡を置くのか 日本書紀の中に記されている三大神勅(さんだいちょくゆ)というものがありまして・・・ 天照大御神が孫のニニギノミコトに対して命令みたいな感じで言った3つ内容があるんです。 ニニギノミコトが天から地上へ降りるに際しての言葉だったのですがその3つについてちょっと書いてみます。 天壌無窮(てんじょうむきゅう)の神勅 豊かに葦が茂っている国(日本のこと)は私の子孫が代々治めるべき地であるのでそこへ行って治めなさい みたいな内容。 こうして日本を治めたニニギノミコトの子孫が天皇家といわれています。 宝鏡奉斎(ほうきょうほうさい)の神勅 この鏡を見ることは私を見るのと同じことだと考えて鏡をお前が住む宮殿内に一緒にお祀りしなさい みたいな内容。 ちなみにこの鏡は時代を経て「やっぱり自分と一緒のところに祀るのは恐れ多いわー」ということになり、いろいろ場所を探した結果、伊勢が良いということになり、伊勢神宮建立のきっかけとなりました。 齋庭の稲穂(ゆにわのいなほ)の神勅 高天原にある稲穂をおまえに任せるぞみたいな内容 鏡を太陽と考えた? こうした3つの神勅があるのですが、注目すべきはやはり宝鏡奉斎の神勅。 鏡を自分のことだと思って祀りなさいってことですが、天照大御神様は太陽の神様、そして鏡は太陽の光を反射するというのは関係ない話ではないでしょう。 昔の人は光を反射する鏡を太陽に近い物だと考え、御神体としてお祀りしたのではないでしょうか。 こうして鏡は神社や神棚に置かれるようになったんだと思われます。 ただ、人の目につく場所に置かれているわけですから御神体とは別のものとして考えるべきですね。 自分のことを振り返るため? 鏡は人の姿を映すので自分を振り返るためにあるという人もいます。 これは姿かたちといった見た目の問題では無く、鏡を通して普段の自分の生活を振り返ってみて、恥ずかしくない生活ができているのかとうことです。 まあ、普段の生活はいろいろありますけれども・・・まっすぐな心で神様にお参りできれば良いですね。 自分たちの御先祖様を見る? これは神主の友達が言っていた話です。 あるとき、崇敬者の方から「鏡が曇ってしまって曇りが落ちないんだけどどうしたら良いか」という質問がありました。 そこで友達がしていた説明は• 日本人のご先祖はニニギノミコトが天から降りてきたときに一緒に降りてきた神様たち• 曇った鏡を見ると自分の姿がぼやけて映る• ぼやけて映る姿から自分たちと同じ人の形をした神様たちをイメージする というものでした。 自分は「なるほどそういう考えもあるのかー」と新鮮な気持ちでした。 はっきり映らない鏡というのにも意味があるんだなと。 神棚の鏡が曇って困ってる皆さん、 鏡がきれいに越したことは無いけど曇ってても大丈夫ですよー!! ただ、「それでも曇ってるのはちょっとなー」と思ったり、あまりにも汚れがひどくなってきたら取り替えましょう。 鏡はどうやって処分するの? 鏡の処分についても考えてみましょう。 神棚に置いていたものですから「そのまま処分するにはちょっと・・・」と思う人も多いかもしれませんが、お札では無いのでゴミとして処分して構いません。 神社に持って行っても鏡はお焚き上げできないので神社の人も困るんじゃないでしょうか。 どうしても気になるという人はお祓いだけしてもらって自分でゴミに出すという形だったら神社でお祓いしてもらえるかもしれません。 ご祈祷になるのでおそらく5000円前後かかると思いますが。 神主さんが常駐している近くの神社に電話をして「神棚の鏡を処分したいんですけど、ゴミに出すのは自分でやるのでお祓いだけしてもらえませんか?」などと聞いてみるといいかもしれません。 神鏡の素材について 神棚に置く鏡は素材もいろいろあるようです。 ホームセンターなどで売られている神棚用の小さな鏡はちょっと安っぽいですよね。 しかし神棚や神具の専門店になると真鍮板にクローム鍍金を施したもの、高級なものになると銅と錫で出来た白銅鏡や青銅鏡などがあるようです。 価格等については宮忠さんのページが参考になるかもしれません。

次の

神棚を掃除すると開運する?掃除方法や掃除頻度について解説!|終活ねっとのお坊さん

神棚 鏡

やっていけない2:神棚にしばらくお参りしていない 「朝と夜、一日2回のお参りをしない」「お供え物を上げない」など、神棚を放置するのはよくありません。 毎日が難しかった3日に1回、一週間間に一回は自分自身ルルを頼んで神棚にいらっしゃった神様に手を合わせるようにしてください。 日々のお参りを続けることが難しいようであれば、まだあなたにとって神様をお迎えするのにふさわしい時期ではなかったのかしれません。 改めてまた「神棚をつくりたい」と思うときが来るまで、神棚を取り下げましょう。 神棚をやめるときには、そのまま放置せず次の記事を参考に取り下げてください。 やっていけない3:ホコリをかぶったままにする 神様は穢れのない清浄な場所を好まれます。 いつ神社に行っても清々しいのは、日々清掃をして清浄な空間にしているからです。 神棚は年に2回の大掃除を行いますが、宮型や棚板にホコリがついていたらこまめに拭き掃除をしてください。 やっていけない4:余計なものを置く 祭祀に関係のないものは極力置かないようにしましょう。 たとえば一攫千金を夢見て買う宝くじや、預金通帳など。 金運の御神徳を神様からいただきたい、という意味なのでしょうが神棚は日々、神様へ感謝の意を捧げるための祈りの場所です。 こうしたものは置かないようにしてください。 逆に昇進の内示や賞状などを神棚に上げるのは問題ありません。 「神様のおかげをもちまして」と神様に嬉しいことがあった奉告をしましょう。 このとき感謝の心を必ずお伝えするようにします。 やってはいけない5:神棚に足を向ける 神棚をお祀りするリビングや和室。 家族団欒を楽しむ場所ですから、ソファでくつろいだりすることもあるでしょう。 そのとき、家族の足が神棚の方角に向かないように気をつけてください。 神様へ足を向けるのは不敬にあたります。

次の