ご返事いただきありがとうございます。 「早速のご返信」の意味と使い方・敬語|目上/ビジネス/メール

敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

ご返事いただきありがとうございます

もとになる語「返信」に「~してもらう」の敬語(謙譲語)「お(ご)~いただく」をつかうと「ご返信いただく」という敬語になります。 したがって意味は「返信してもらい~」と解釈できます。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてます。 あわせると意味は「返信してもらい、ありがとう」• ご返信いただき =「返信してもらい」の意味の敬語(謙譲語)• すると「ご返信いただきありがとうございます」の意味は… 「返信してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「ご返信いただきありがとうございます」の敬語の種類について。 この項目はかなりマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 たとえば、• ちなみに謙譲語とか尊敬語ってなに?の解説はすこし後にあります。 「ご返信いただく」にかぎらず・・・ 「お(ご)〜いただく」は 「〜してもらう」の敬語(謙譲語) 使い方はたとえば、• 「ご返信いただく」であれば「(上司なり目上に)返信してもらう」の意味• 「ご連絡いただく」であれば「(上司なり目上に)連絡してもらう」の意味• 「ご指導いただく」であれば「(上司なり目上に)指導してもらう」の意味 というように使います。 あるいは単に「〜していただく」とし、• 例文「返信していただく」• 例文「連絡していただく」• 例文「指導していただく」 のように使っても丁寧です。 意味はどちらもまったく同じ。 ビジネスメールなど文書では「お(ご)〜いただく」をつかうとよりカチッとした文章になります。 いっぽうで会話や電話対応など堅苦しい敬語がもとめられないシーンでは「〜していただく」でも十分に丁寧ですね。 お(ご)〜する お(ご)〜します• 〜いたす 〜いたします• お(ご)〜いたす お(ご)〜いたします• お(ご)〜申し上げる お(ご)〜申し上げます• お(ご)〜差し上げる お(ご)〜差し上げます• 〜していただく 〜していただきます• お(ご)〜いただく お(ご)〜いただきます• 〜させていただく 〜させていただきます• たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 【注意事項】 ・「させていただく」「申し上げる」「差し上げる」は日本語としておかしい表現になる時もあり、何でもかんでも使える訳ではありません。 ・丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方です。 ご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 お(ご)~だ お(ご)~です• お(ご)~になる お(ご)~になります• ~される ~されます• ~なさる ~なさいます• お(ご)~なさる お(ご)~なさいます• ~してくださる ~してくださいます• たとえば「連絡」「指示」「利用」「報告」など。 【注意事項】 ・「〜される」は受け身形との混同をまねくことがあるため要注意。 ・丁寧語「です・ます」とくみあわせて「お(ご)〜です」「お(ご)〜になります」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 文字どおり「返信してもらいありがとう」というお礼フレーズなので、そのようなビジネスシーン(メールなど)で使います。 上司・目上など社内にかぎらず社外にも使える丁寧な敬語フレーズですね。 例文「ご返信 賜りありがとうございます」• 「いただく」「賜る」はどちらも「もらう」の謙譲語ですが、よりカチッとした言い回しは「賜る」のほうです。 とくにビジネス文書や手紙・公式な挨拶シーンで使われることの多い敬語フレーズ。 丁重なメールに仕上げたいときにどうぞ。 相手に著しく負担をかけた時は「恐縮」を使う 上司や目上などの相手にとんでもなく負担をかけてしまったときには… 「ありがとう」だとイマイチしっくりこないですね。 こんなときには申し訳なくおもう気持ちをしめすフレーズをもってくると丁寧です。 とくに上司・目上や取引先にいちじるしく負担をかけたときには以下の例文をつかうと好感度UP。 ご返信+恐縮(申し訳なく思うこと) 「ご返信いただき誠に恐縮です」 「ご返信いただきまして誠に恐縮でございます」 「ご返信くださいまして誠に恐縮でございます」• ご返信+恐れ入る(申し訳なく思う) 「ご返信いただき大変恐れ入ります」 「ご返信いただきまして誠に恐れ入ります」 「ご返信くださいまして誠に恐れ入ります」 こんな感じでつかうと丁寧なビジネスメールになります。 他にもある丁寧な「ご返信」の例文 お礼のシーンで「ありがとう」ばかりつかっていては敬語ビギナー。 お礼をしめすフレーズは他にもいろいろあります。 中級〜上級者むけですが、代表的な言い換え例文だけを紹介しておきます。 例文「ご返信いただき感謝申し上げます」• 例文「ご返信頂きお礼申し上げます」• 例文「ご返信頂き深謝いたします」• クッション言葉を添えるとなお丁寧 ビジネスメールのお礼をより丁寧にするためのコツ。 「ご返信」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってくるとなお丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずご返信いただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずご返信いただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずご返信〜」• 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 見積書を拝受いたしました。 早々にご返信いただき誠にありがとうございます。 それではいただいた見積をもとに社内で検討を進めて参ります。 今後も何かにつけてお力添えいただくこともあるかと存じますが、その際にはよろしくお願い致します。 よろしくお願い申し上げます。 総務部・ノマドです。 アンケート回答を拝受いたしました。 早々にご返信いただき誠にありがとうございます。 それではいただいたアンケート結果を個別に集計し、結果がでましたらご報告申し上げます。 よろしくお願いいたします。 使い方に迷ったときのご参考にどうぞ。 「ご返信」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずご返信いただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずご返信いただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずご返信〜」• 「 ご返信いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご返信くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認。 ご返信いただきありがとうございます 意味は「返信して もらいありがとう」 敬語は「~して もらう」の 謙譲語「お(ご)~いただく」を使用。 ご返信くださいましてありがとうございます 意味は「返信して くれてありがとう」 敬語は「~して くれる」の 尊敬語「お(ご)~くださる」を使用。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご返信いただく=返信していただく」なのか「ご返信くださる=返信してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご返信いただきありがとうございます」「 ご返信くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 お礼では「ご返信いただき〜」が一般的 わたしの経験上ではお礼のビジネスシーンにおいては「お(ご)〜いただきありがとう」という敬語フレーズを使うことが多いです。 おっさん営業マンのたわごとですので無視してもらって構いませんけど… 本来はどちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく vs. くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご利用 くださりありがとうございます」 「 ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

次の

「早速のご返信」の意味と使い方・敬語|目上/ビジネス/メール

ご返事いただきありがとうございます

「早々のご対応」の意味と敬語 「早々」の読み方は「そうそう」「はやばや」 「早々」は「 そうそう」「 はやばや」という二つの読み方が存在します。 「早々」は「はやばや」と読むのが、古くからの慣用読みで、「はやはや」と読むこともありますが、かなり稀です。 このように、「早々」は漢字の読み方によって、使い方に少々違いがありますが意味は同じです。 「早々ご対応」の場合は「そうそう」と読みます。 「早々」の意味は「すぐ・直後」「できるだけ物事を行おうとする気持ちを表す 「早々(そうそう)」の場合は、名詞と副詞の二つの品詞があります。 「早々のご対応」の場合は、副詞として使用されています。 「ご対応」は「対応」の尊敬語なので社外でも使える 「ご対応」は、「 相手や周囲の状況に応じて物事を行う」という意味の言葉です。 「対応」という言葉に尊敬を表す接頭語の「お」をつけた尊敬語であるため、目上の人や、社外でも使用することができる言葉です、 また、話し言葉としてだけではなく文章でも使用することができる丁寧な言葉なので、ビジネスメールでの返信の際にも使用できます。 「早々のご対応」のメールでの使い方と例文 「早々のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早々」は、「 早々のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 例文 「ご多忙の折、早々のご対応ありがとうございます。 大変助かりました」 「早々のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただき今週中にお返事いたします」 「早々のご対応、感謝申し上げます」 「早々にご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早々にご対応ありがとうございます」は、「早々にご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、「 〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早々にご対応を頂き」とも書かれることがありますが、「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの 動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早々にご対応いただき誠にありがとうございます」 「先日は、お忙しいところ早々にご対応いただき誠にありがとうございます」 「予期せぬトラブルだったにも関わらず早々のご対応とアドバイスをいただき誠にありがとうございます」 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 例文 ・早々のご対応感謝いたします。 ・突然の依頼にも関わらず早々にご対応いただきお礼申し上げます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 例文 ・お忙しい中早々のご対応ありがとうございます。 ・ご多忙の折早々のご対応いただき感謝申し上げます。 「早々のご返信」もよく使う 「早々のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 例文 ・お忙しい中早々のご返信ありがとうございます。 ・突然の連絡だったのにも関わらず早々のご返信感謝申し上げます。 自分が目上に対応するときは「早々にご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「 早々に対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早々にご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 例文 「恐れ入りますが早々にご対応いたしますので少々お待ちいただけますか」 「何か問題があった場合は早々にご対応いたしますのでご安心ください」 「お客様からのご期待に応えられるよう、早々にご対応いたします」 「早々のご対応」の使用上の注意点 「早々の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早々の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に 尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早々のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早々のご対応いただき」は誤った日本語 「早々のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早々のご対応をいただき」または「 早々ご対応いただき」になります。 「早々[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早々のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早々のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早々のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早々のご対応」の類語・言い換え 早速のご対応 「早速」の読み方は「 さっそく」です。 「早速のご対応」の場合の「早速」は、「対応」という動詞を修飾している副詞として使用されています。 副詞での「早速」の意味は ・すぐに ・直ちに ・すみやかに ・対応が早いさま となります。 つまり、「早速のご対応」は「 対応が素早いこと」を意味する言葉であるといういことがわかります。 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 迅速なご対応 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することが可能です。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「 早急のご対応」は「非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早々のご対応」の英語 「早々の」の英語は「prompt」「swift」「speedy」など 「迅速な」を意味する英語には、 ・promt ・swift ・speedy ・quick などがあります。 ちなみに「迅速な対応」という意味で「fast」を使うのは不自然です。 「fast」は「人や物体が継続的に速い」という意味なので、返信などの一時的な行為に対して使うのは誤りとなります。 感謝の表現は「I appreciate... 」がビジネスシーンでは一般的 感謝・お礼の表現で最も一般的なのは「 Thank you for... 」ですよね。 ビジネスシーンでは「 I appreciate... 」という表現がより一般的です。 「早々の対応」の英語の例文.

次の

「お心遣いありがとうございます」の意味と目上への使い方、返信、類語、英語

ご返事いただきありがとうございます

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。 2005年から配信してい る無料メールマガジン 【仕事のメール心得帖】 今週は、 気になる言い回しについてです。 「正しいのか間違っているのか分からず、無意識に使用している書き言葉」 についての質問があり、幾つか文例を挙げてくださっているものから 順に回答していくことにします。 <Persianさんからの質問-2>————————————— 「ご丁寧なご対応をありがとうございました」 「ご丁寧なご返信をいただき、ありがとうございました」 「ご丁寧にご連絡をいただき、ありがとうございました」 —————————————————————— 相手からの返信に対するお礼のメールです。 上記の三つの文の中では、真ん中の 「ご丁寧なご返信をいただき、ありがとうございました」 が適切ではないでしょうか。 ただ、「ご丁寧な」「ご返信」と「ご」が続くので このような場合、「ご丁寧な」は敢えて使わず「丁寧なご返信をいただき」としてよいでしょう。 私は「ありがとうございました」を 「ありがとうございます」と現在形に書き換えて返信することが多いです。 状況にもよりますが、「ご丁寧な」に代わる言葉として 「早速ご返信をいただき、ありがとうございます」 相手が何かしらの行動をとってくれた場合には 「ご対応いただき、ありがとうございます」 時間が経過したことに対するお礼や、 お礼の言葉を述べることでそのメールを結びとする場合は 「ありがとうございました」がふさわしいと思うのですが 私自身は、意識的に「ありがとうございます」を使うようにしています (パソコンの辞書登録にも「ありがとうございます」だけ登録し、 「ありがとうございました」は未登録)。 現在形の方が臨場感があるというか、 ダイレクトに感謝の気持ちが伝わる気がするからです。 ただ、これは人によって感じ方が違うと思うので、 あくまで参考までに。 上記の解説も、「これが正しい」ということで挙げているのではなく 文章の書き方の一例、書き方のバリエーションの一つとして ご覧いただければ幸いです。

次の