ポケモン ソード シールド 攻略 メタモン。 【ポケモン剣盾】5V(6V)メタモンの厳選方法まとめ【ポケモンソードシールド】|GAMY

【ポケモン剣盾】メタモンの入手方法・6Vメタモン厳選方法

ポケモン ソード シールド 攻略 メタモン

メタモンの出現場所 メタモンを捕まえるには、基本的にワイルドエリアの「 」にいるシンボルエンカウントか、「 」のマックスレイドバトルかの2通りです。 マックスレイドバトルの方が高個体値メタモンが出やすいので、厳選をする際はストーンズ原野でレイドバトルをして捕まえましょう。 メタモンのレイドバトル出現ポイント• ワイルドエリア内の育て屋と向かい合い、壁伝いに左(男性が居る方)へ向かいます。 レンガの柱を越え、更に進むと袋小路のようになっているスペースがあり、そこにある巣でメタモンが出現します。 メタモンは星に関わらず光が渦巻いているタイミングでしか出現しない可能性が非常に高いです。 げきりんの湖の出現場所 げきりんの湖の草むらで、メタモンがシンボルエンカウントとして出現することがあります。 草むらに隠れていて見えにくいので、他のポケモンと戦闘にならないよう避けつつ探しましょう。 ここに出るメタモンはレイドバトルに比べて高個体値のものが出にくいため、個体値の厳選よりは性格厳選の用途で捕まえるのがいいでしょう。 穴掘り兄弟で手に入れる場合は副産物もついでに入手できますが、時間がかかるため、手っ取り早く入手したい場合はワットショップで購入しましょう。 紫の太い光が出たらメタモン確定なので、そのままレイドバトルに挑みましょう。 メタモンでない場合も、一度倒さないとねがいのかたまりは再使用できないため、倒すか捕獲してしまいましょう。 自分の満足のいく結果がでるまで、2~4の作業を繰り返しましょう。 ジャッジ機能はクリア後に解放 ポケモンの個体値が確認できる「ジャッジ機能」は、クリア後にバトルタワーで解放することができます。 まだストーリーをクリアしていない場合は、先にジャッジ機能を解放してからメタモン厳選をしましょう。 メタモンの夢特性について マックスレイドバトルで入手できるメタモンは、夢特性 隠れ特性 の「 」を持っていることがあります。 かわりものは、バトルに出た際に相手のポケモンに変身する効果を持っているので、「 」で1ターン消費することがなくなり、ランクバトルでも運用できるレベルになります。 メインメニュー•

次の

メタモンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ソード シールド 攻略 メタモン

目次 メタモンの入手方法と厳選のやり方まとめ• メタモンの入手方法・入手場所 ポケモン 剣盾 ソードシールド ではメタモンはワイルドエリアの一定の場所で、エンカウント、マックスレイドバトルで捕まえることができます。 ストーンズ原野の巣穴で出現 「ストーンズ原野」のポケモンの巣穴「J」でメタモンが出現します。 巣穴の光が 太い線なら確定でメタモンが出現するのでこまめにチェックしましょう。 なお巣穴の光が細い線ではメタモンは出現しません。 また、メタモンはストーンズげんや以外ではマックスレイドバトルで出現しません。 げきりんの湖で野生が出現 メタモンは「げきりんのみずうみ」の草むらでシンボルエンカウント、レアエンカウントでも低確率で出現します。 マックスレイドバトルと同様にこちらも粘る必要があり、Vが確定していないので厳選にはやや不向きです。 また、げきりんのみずうみに行くための「ロトムじてんしゃ」は9番道路で入手可能です。 誰かと交換する ほかのプレイヤーとポケモン交換をすることでメタモンを入手することもできます。 とくにメタモンは厳選しているプレイヤーが多いため、「厳選の余り」も発生しやすくよく交換に出されています。 交換したい場合は掲示板で募集をしてみましょう。 夢特性メタモンの入手方法 夢特性のメタモンは「ストーンズ原野」のポケモンの巣穴「J」で稀に出現します。 メタモンの夢特性「かわりもの」はメタモンを場に出すだけで相手のポケモンに変身できる強力な特性で、スカーフを持たせたメタモンでステータスが上がった状態の相手のポケモンに変身し、上から殴ることが可能です。 ランクバトルでもよく使われるので、育成したい方は是非入手しましょう。 なぜメタモン厳選する必要があるの? メタモンで卵を産ませる メタモンは卵(タマゴ)を生ませたいポケモンと一緒に「あずかり屋」に預けることで、その卵を生ませることができる特別なポケモンです。 そのため6Vなど強いポケモンが欲しい場合は、まず強いメタモンを入手する必要があります。 性格厳選がしやすい メタモンを複数もっておけば、狙った性格のポケモンを捕まえまくって、そのポケモンに かわらずのいしを持たせて性格を遺伝させるといった作業がなくなるので今後の性格遺伝が非常に楽になります。 「いじっぱり、ひかえめ、おくびょう、ようき」といったメジャーな性格は最低でも捕まえておきましょう。 6Vメタモンの効率的な厳選方法 高個体(6V)メタモンの効率の良い厳選方法や手順を紹介します。 ジムバッジを8つ集める 高個体のメタモンが出現する星5のマックスレイドバトルはジムバッジを8つ持っていないと挑戦することができません。 星4のマックスレイドバトルは3V以上確定、星5のマックスレイドバトルであれば4V以上が確定なので先にストーリーを進めてからメタモン厳選をすることをおすすめします。 ねがいのかたまりを集める 4V以上のメタモンを厳選するには「ねがいのかたまり」が大量に必要になります。 1つ3000Wと中々高いので、わざレコードの回収ついでにW(ワット)もこまめに集めましょう。 星4~5のメタモンとマックスレイドバトル ストーンズ原野の上マップのJの位置に配置されているポケモンの巣穴で太い線が出ると、星4~5のメタモン(4V以上確定)が確定で出現します。 線が出ていない場合は、集めたねがいのかたまりを使って、太い線が出るまで粘ります。 出現したメタモンはダイマックスポケモンに対して効率良くダメージを与えられる「ムゲンダイナ」で周回すると良いでしょう。 個体値を確認 マックスレイドバトルで捕まえたメタモンは、ポケモンボックスから個体値を確認しましょう。 個体値から逆算する手もありますが、ジャッジ機能を解放することでより楽に個体値の確認が可能です。 6Vは確率が低いのでまずは5Vを目指す 6Vメタモンは星5のマックスレイドバトルで狙うことができますが確率はかなり低く、非常に時間がかかるためまずは5Vを目指しましょう。

次の

【ポケモン剣盾】メタモンの厳選方法と出現場所【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ソード シールド 攻略 メタモン

もくじ• メタモンの出現場所 野生で出現する場所 メタモンは、 ワイルドエリアの「げきりんの湖」の草むらに出現します。 草むらに出現する方は、低個体値の確率が高いのでおすすめできません。 ただ、孵化厳選で性格を合わせる目的であれば、野生のを大量に捕まえるのはありです。 マックスレイドバトルで出現する場所 マックスレイドバトルでは、 ストーン原野の東端の巣から出現します。 ハシノマ原っぱの「預かり屋」に飛んで、壁沿いに左側に進み、くぐれる場所から北に進んだ先の草むらの奥です。 この場所で 「太い光の柱」が出ている場合のみに、3V以上のメタモンが出現するようになっています。 特に強くはないので、適当にLvの高いポケモンを出しておけば勝てます。 個体値の詳細は以下からご確認ください。 高個体値メタモンの簡単な厳選方法 確定で出す方法 高個体値メタモンは、野生ではなくマックスレイドバトルで狙いましょう。 先ほども紹介した場所で 「太い光の柱」を出せば、3V以上のメタモンが確定で出現します。 この「太い光の柱」は確定で出す方法があります。 ワイルドエリア8か所にある光の柱を全て消す• ストーン原野の東端の巣に「ねがいのかたまり」を入れる• 確定でメタモンが出る太い光の柱が出現する この方法の場合は、 光の柱の出ているすべての場所で マックスレイドバトルに勝利せねばなりません。 マックスレイドバトルにスムーズに勝てる環境にない場合は、おすすめはできない方法ですね。 「ねがいのかたまり」は、 ワットショップで3000Wで購入したり、トーナメントの初回報酬などでゲットできます。 「ねがいのかたまり」の数に余裕がある場合は、確定ではないが以下の方法を使ってみて下さい。 確率で出す方法• ワイルドエリアの「太い光の柱」を消す• ストーン原野の東端の巣に「ねがいのかたまり」を使う• 「太い光の柱」が出ればメタモン確定 「太い光の柱」は、ワイルドエリアに一か所しか存在できません。 太い光の柱を消すことで、新たな太い光の柱を出すことが可能です。 ただし、 太い光の柱は低確率でしか出現しないので、何度も戦った後に「ねがいのかたまり」を使う事になります。 「ねがいのかたまり」は安くはないですし、この方法はワット数に余裕がないとおすすめはできませんね。 他のトレーナーのところに参戦してゲットする この方法は、ワイルドエリアで 「YY通信」のインターネットにつなぐと可能になります。 YY通信につなぐと、他トレーナーの情報がステッカーで知れて、 マックスレイドバトルのステッカーから他のマックスレイドバトルにも参戦可能です。 メタモンを狙っているトレーナーは多いですし、自分で出すよりは他力本願の方が効率が良かったりします。 YY通信のステッカーをこまめに確認し、メタモンが出たら直ぐに参戦するようにしましょう。 【危険性あり】メタモンリセマラの解説動画.

次の