妊娠 初期 下痢。 妊娠超初期症状チェック!兆候はいつから?生理前との違い【医師監修】

妊娠後期の下痢の原因とは…?正しい対策方法についてもご紹介!

妊娠 初期 下痢

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠1~4ヶ月にあたる妊娠初期は体内のホルモンバランスが急激に変わるので、体調も変化しやすくなります。 つわりに悩まされる妊娠さんが多いですが、実は下痢も妊娠初期症状の一つとして現れることがあります。 今回は、妊娠初期の下痢について、原因や対策、流産を引き起こす可能性があるのかどうかをご説明します。 妊娠初期の下痢の原因は? 妊娠初期に下痢が起こりやすいのには、いくつかの理由があります。 下記に、妊娠初期の下痢の主な原因をご紹介します。 ホルモンバランスの変化 妊娠が成立すると、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる女性ホルモンの分泌量がどんどん増えていきます。 そのため、消化機能が弱って下痢が引き起こされることがあります。 消化不良によって便秘が起こることもありますが、妊婦さんによっては下痢がひどくなったり、便秘と下痢を繰り返したりするようになります。 つわり 妊娠初期につわりの症状が現れると、味の好みの変化や食欲不振などから、食べられるものや飲めるものが偏ることがあります。 「脂っこいものばかりを食べすぎて胃腸に負担がかかる」「冷たい飲み物ばかりでお腹が冷える」といったことが原因で下痢が起こりやすくなります。 関連記事 妊娠初期の下痢の対処法は? ここでは、妊娠初期の下痢の対処法や予防法をご紹介するので、できることから実践してみてくださいね。 胃腸に負担をかけない 妊娠中の便秘対策には食物繊維を含む食べ物がおすすめですが、下痢のときは胃腸への負担を軽くするため、食物繊維は避けましょう。 また、香辛料を多く含む食べ物や飲み物は刺激が強いので、おすすめできません。 冷え対策をする お腹を冷やすと下痢になりやすいだけでなく、風邪などの体調不良を引き起こす原因になります。 妊娠初期のうちから体を冷やさないように、腹巻でお腹を温めたり、防寒着やひざ掛けを常備したりしましょう。 つわりでお風呂に入るのがつらいときは無理する必要はありませんが、湯船に浸かって体の芯から温めてから寝床につくのもいいですね。 妊娠初期に下痢が続くときの注意点は? 妊娠初期に下痢が起きたときは、下記の点に気をつけてください。 脱水症状に注意 妊娠初期の下痢で注意したいのが、脱水症状です。 下痢が続くと、どうしても体内の水分が不足してしまいます。 さらに、妊娠初期のつわりがひどいと十分に水分を摂れないこともあるため、ますます脱水症状が進んでしまいます。 つわりや体調不良で食べ物を口にできないときでも、氷を舐めたりストローで水を飲んだりと、水分補給だけは欠かさないようにしましょう。 なお、つわりの症状が悪化し、脱水症状や栄養失調になって「妊娠悪阻(おそ)」と診断されると、入院治療が必要となることもあります。 関連記事 妊娠初期の下痢が心配なときは病院へ 妊娠初期に下痢になるのはよくあることなので、あまり心配しすぎないようにしましょう。 ただし、ノロウイルスのような食中毒や風邪の症状が見られるときは、感染症の恐れもあるので早めにかかりつけの産婦人科医に相談してください。 場合によっては、内科の受診を勧められることもあります。 また、激しい腹痛が続いたり出血があったりした場合は、切迫流産や流産の兆候の可能性もあるため、すぐに産婦人科を受診してください。 下痢が長く続くと体力が落ちてしまったり、肛門に負担がかかって痔になってしまったりすることもあるので、早めに対処してストレスの少ない妊婦生活を送れるといいですね。

次の

妊娠初期の下痢 ゼクシィBaby|妊娠初期の下痢についての説明や妊婦さんの体験談

妊娠 初期 下痢

妊娠後期に下痢の症状に悩む人はとても多いものです。 腹痛を伴う下痢だと余計に赤ちゃんの状態が気になってしまいますよね。 下痢が長引くと流産の原因にならないか不安になることもあるでしょう。 結果からお話しすると、妊娠後期の下痢が流産の原因になることはほぼないといわれています。 妊娠初期であれば、下痢が続くと腸の蠕動に伴って子宮も収縮することがあり、ひどい下痢の場合は多少の注意が必要といわれていますが、妊娠後期に下痢が原因で流産になることは少ないようです。 さほど気にしなくても赤ちゃんに問題はありません。 しかしそうはいっても、赤ちゃんに近いデリケートな場所ですから気になってしまうものだし、当然改善したい不快なものですよね。 では、実際にどのような原因が妊娠後期の下痢には潜んでいるのか、原因を探っていきましょう。 妊婦さんは、比較的普通の人より冷えやすいです。 特に妊娠後期は子宮の圧迫や十分な運動が難しいことから、血行不良になりやすいです。 そのような血のめぐりの悪さが、下痢の原因となることもあります。 冷えは女性の敵といいますが、妊娠中はとにかく身体を温めるように心がけましょう。 冷えた身体は下痢だけでなく、難産の原因にもなってしまいます。 これは冬だけでなく夏の妊婦さんにも気をつけてほしいことですね。 身体を温める食事メニューを考えたり、できる範囲で運動をしたり、ゆっくり湯船につかったり、腹巻や靴下などの衣類にも気をつけたりすることも良いでしょう。 この先どんどんお腹は大きくなっていきます。 今から自分なりの「冷え対策のコツ」をしっかりと身につけておきましょう。

次の

妊娠超初期症状は風邪や下痢も? 妊娠に気づきにくい時期に注意すること|ウーマンエキサイト

妊娠 初期 下痢

一般的な妊娠検査薬では、生理予定日の一週間後から検査することができます。 生理予定日当日から使用できる早期妊娠検査薬もあるため、併せて検討しましょう。 産婦人科を受診するタイミングは生理開始予定日の2週間後あたりが目安です。 com 病院はいつ行けばいい? 気になるお金のこと産婦人科で検査をしてもらう前に知っておきたいことは、「妊娠は病気ではない」ということ。 病気ではないので、経過が順調であれば健康保険は使えません。 初回の健診時には、健康保険が使えないので、1万円くらいはかかるとみておいたほうが安全です。 com 妊娠超初期に風邪のような症状が出るのには、妊娠にともなうホルモンバランスの変化や自律神経の乱れが関係しているからと言われています。 とくに妊娠超初期にはプロゲステロン(黄体ホルモン)の増加により高温期が続く状態になり、これが熱っぽさを感じる原因になります。 また、ホルモンバランスの変化が免疫力の低下をもたらし、鼻水や鼻づまりが引き起こされることもあります。 妊娠初期症状と風邪の症状には、さまざまな違いがあります。 微熱、熱っぽさ(基礎体温が高いままである)• 体のだるさ• ぼーっとするなどのだるさ• 倦怠感• 強い眠気• 鼻水、鼻づまり• 喉の渇き• 乳房の張りや痛み• 出血(着床出血)• 下腹部のチクチクした痛み• ニオイに敏感になる• イライラしたり、涙もろくなったりなど情緒不安定になる• トイレが近くなる(頻尿) 妊娠初期に、下痢や便秘、おならの回数が増えるなどの消化器系の悩みを抱える方も多いようです。 その原因のひとつは、妊娠すると黄体ホルモン(プロゲステロン)がたくさん分泌されることによります。 黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑えると同時に、腸の働きまで抑制してしまいます。 そのため腸内に便やガスが溜まったり、下痢などの症状を引き起こしたりするのです。 その場合、激しい腹痛や吐き気、寒気を伴う下痢には注意が必要です。 食中毒・ウイルス性腸炎・急性腸炎・感染性胃腸炎などのなどの可能性もあるため、早めに医療機関を受診しましょう。 また下痢をすると腹圧がかかることもあり、流産しないか心配になりますよね。 ネット上でも下痢と流産の関係性について書かれた記事がありますが、下痢が原因で流産になることは考えられません。 ただ下痢による脱水症状などで身体に負担がかかってしまいますので、しっかり水分補給を行いましょう。 喉の痛みや咳 風邪はウイルスが原因で発症するので、ウイルスのはたらきを抑制したり体内の免疫機能が働いたりするために発熱したり、喉の炎症による痛みや咳が現れたりしますが、これらは妊娠初期症状では発症しません。 com 流産とは、妊娠22週未満に妊娠が終わってしまうことで、自然流産の発生頻度は約15%です。 妊娠12週未満を早期流産、12週以降22週未満を後期流産と区別します。 後述する「切迫流産」は、流産ではありません。 妊娠初期に、少量の性器出血や軽度の下腹部痛があり、子宮口が未開大であるときは、「切迫流産」と診断されます。 切迫流産とは、出血や腹痛が原因で診察を受けた場合につく病名。 流産発生の危険があり、安静や入院しての治療が必要な場合があります。 切迫流産は、不安になってしまう名前ですが、まだ流産してしまったわけではなく、妊娠を継続できるケースも多いので、パニックにならず、お医者さんの指示に従いましょう。 com 妊娠中のママの体内は水分量や免疫力が低下しており、タバコや副流煙に含まれる化学物質や有害物質、一酸化炭素などの影響を受けやすくなっています。 ・ママの体内に確保されている水分量の変化 ・お産直後、出血を止めるために血が固まりやすく変化 上記のような状況で喫煙を行うと、前置胎盤、胎盤異常といった妊娠合併症のリスクや全治胎盤を引き起こす割合が高まると言われています。 また産後には子宮頸がんなどの発がんリスクが増加する可能性もあります。 妊娠期間中の喫煙はママの身体だけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼす場合があります。 赤ちゃんにさまざまな発育不良が起き低体重児となったり、ママには、子宮内の羊水量が少なくなったり、流産や早産のリスクが高まったりなど、妊娠の継続自体が危ぶまれる可能性があります。 また赤ちゃんが生まれた後にもさまざまな疾患の原因になる可能性があるうえ、乳幼児突然死症候群(SIDS)で命を落とすリスクが高まります。

次の