さつまいも。 さつまいもの苗が枯れている

さつまいも ランキングTOP20

さつまいも

ある程度暖かいところで取れるので、日本では西日本が中心です。 ヒルガオ科だけに、そっくりの花が咲きます。 とは言っても、本州ではめったに咲くことはなく、咲いてもほとんど受粉せず種が出来ません。 最初は1604年に琉球に伝わったとされています。 その後100年近く経ってから種子島に伝わり、1700年代初めに薩摩藩が栽培を始めるようになりました。 琉球や鹿児島など九州各地では中国から伝わってきた芋と言う事で「唐芋(からいも)」と呼ばれるようになりました。 そして1732年の「享保の大飢饉」が西日本を襲います。 そんな中サツマイモが一気に注目を集める事となり、江戸幕府の目にとまり徳川吉宗によって起用され、青木昆陽らによって江戸にも広まったとされています。 なので、関東では薩摩藩から伝わった芋なので「薩摩芋(さつまいも)」と呼ばれるようになったようです。 鹿児島と言えば「芋焼酎」と言うほど浸透し、各家庭でも作られていたそうです。 鹿児島で焼酎に使われるサツマイモは一般的に食用となっている品種とは少し違い、皮の色が白い小金千貫などが主に用いられてきました。 いつもと違うこういったサツマイモを使うだけでも変化があって話題になりそうです。 皮をむく手間がかかることもあり、大部分は家畜の飼料や肥料にされているようですが、昭和のはじめには家庭の食宅にもよく出されていたようです。 最も沢山生産しているのはやはり何と言っても鹿児島で、全国の約4割を生産しています。 その多くは焼酎の原料にもなっているのでしょう。 次いで茨城県、千葉県となっています。 サツマイモは全国全ての都道府県で作られてはいますが、北海道や青森など寒い東北地方ではその量がとても少ないです。 収穫は8月ごろから始まり11月くらいまでです。 ただ、採れたてがおいしいとは限らず、2~3ヶ月貯蔵して、余分な水分を逃がしてからのほうが甘みが増してホクホクとした美味しい物になるそうです。 なので、旬は10月~1月頃。 品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 紅隼人 紅赤 紫唐芋.

次の

お家で簡単にプランターでさつまいもを育てる方法

さつまいも

ある程度暖かいところで取れるので、日本では西日本が中心です。 ヒルガオ科だけに、そっくりの花が咲きます。 とは言っても、本州ではめったに咲くことはなく、咲いてもほとんど受粉せず種が出来ません。 最初は1604年に琉球に伝わったとされています。 その後100年近く経ってから種子島に伝わり、1700年代初めに薩摩藩が栽培を始めるようになりました。 琉球や鹿児島など九州各地では中国から伝わってきた芋と言う事で「唐芋(からいも)」と呼ばれるようになりました。 そして1732年の「享保の大飢饉」が西日本を襲います。 そんな中サツマイモが一気に注目を集める事となり、江戸幕府の目にとまり徳川吉宗によって起用され、青木昆陽らによって江戸にも広まったとされています。 なので、関東では薩摩藩から伝わった芋なので「薩摩芋(さつまいも)」と呼ばれるようになったようです。 鹿児島と言えば「芋焼酎」と言うほど浸透し、各家庭でも作られていたそうです。 鹿児島で焼酎に使われるサツマイモは一般的に食用となっている品種とは少し違い、皮の色が白い小金千貫などが主に用いられてきました。 いつもと違うこういったサツマイモを使うだけでも変化があって話題になりそうです。 皮をむく手間がかかることもあり、大部分は家畜の飼料や肥料にされているようですが、昭和のはじめには家庭の食宅にもよく出されていたようです。 最も沢山生産しているのはやはり何と言っても鹿児島で、全国の約4割を生産しています。 その多くは焼酎の原料にもなっているのでしょう。 次いで茨城県、千葉県となっています。 サツマイモは全国全ての都道府県で作られてはいますが、北海道や青森など寒い東北地方ではその量がとても少ないです。 収穫は8月ごろから始まり11月くらいまでです。 ただ、採れたてがおいしいとは限らず、2~3ヶ月貯蔵して、余分な水分を逃がしてからのほうが甘みが増してホクホクとした美味しい物になるそうです。 なので、旬は10月~1月頃。 品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 紅隼人 紅赤 紫唐芋.

次の

さつまいもの旬の時期はいつ?さつまいもの種類についても紹介! [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

さつまいも

さつまいもの旬の時期を知って美味しく食べよう 旬、と聞くと収穫の最中や直後かと思われるでしょうが、さつまいもはちょっと違います。 さつまいもの旬は収穫の最中と収穫の2ヶ月後です。 さつまいもは、9月~11月頃に収穫されますが、その後2ヶ月ほど貯蔵して、水分を飛ばすと、甘さが増して、よりおいしくなります。 つまり、収穫直後と収穫2ヶ月後の2回、旬があるのです。 主な産地は、鹿児島県、茨城県、千葉県、宮崎県、徳島県です。 さつまいもの種類をご紹介 さつまいもは皮が赤く、中身が黄色い品種が主流になっています。 最近は、中身が赤系の紫芋や紅芋などが、お菓子に使われるようになり、身近なものになってきていますね。 さつまいもと言えばこれですね! 紅あずま: 皮は濃い赤、中身は濃い黄色で、繊維が少なく、甘みのある品種のさつまいもです。 関東地方を中心に出回っており、お菓子の材料としても、家庭料理の素材としても使われている、メジャーなさつまいもです。 切り口は薄い紫ですが、加熱すると鮮やかな赤紫色になります。 紫いも: 紫いもとは総称で、皮の色は紅・赤・白で、中身が赤紫色のさつまいものことです。 鮮やかな紫色は、今注目のポリフェノールの一種、アントシアニンです。 紅あずまと比べると、甘さが抑えられており、粘性があります。 お菓子の素材としても人気があります。 ずんぐりとして、まるまるとしています。 安納芋(あんのういも): 種子島にて、昔から伝わるさつまいもで、鹿児島で生産されている品種です。 皮は赤褐色、中は淡い黄色のさつまいもです。 強い甘みのあるさつまいもで、口にふくむと、かぼちゃかと思うような味がする、珍しいさつまいもです。 紅赤(べにあか):紅あずまと似た特性を持つさつまいもで、焼き芋用として食べられています。 紅芋(べにいも):沖縄の特産物と言えば紅芋。 肉質が赤や紫で、食物繊維、カルシウム、ポリフェノールの含有量が抜群に高いさつまいもです。 【関連記事】•

次の